エクセル 1行目 消えた。 【Excel(エクセル)術】空白行をまとめて削除する方法

エクセルでヘッダーや先頭行の見出しを固定印刷する方法|Office Hack

エクセル 1行目 消えた

スポンサーリンク 「この行と この行の間に 1行入れたい」 「この列と この列の間に 3列入れたい」 などなど、そんな時には行や列の挿入を行います。 行や列の挿入時にポイントとなるのが、行や列の選択。 「セルの範囲選択と何が違うの?」という方は、まずは「」をご覧ください! 行の挿入 まずはポイントから。 挿入した行や列は、選択した行や列の 前に入ります。 例えば、7行目と8行目の間に1行入れたい場合には、 選択した行の前に入るので、8行目をします。 では3行目(担当者、4月、5月... の行)と4行目(大沢さんの行)の間に1行入れたい場合はどうでしょう? 正解は4行目をします。 (練習ファイルを操作しながらご覧の方は、早速4行目を選択してください。 ) 行を選択したら、選択したのところで右クリック、[挿入]をクリックします。 担当者、4月、5月... の行と、大沢さんの行の間に1行入れることができました! 新しく挿入した行は、その上の行と同じ書式(セルの色などの飾りつけ)になっていることがわかります。 ここで、挿入した行のところをよく見ると、左の図のような黄色いハケのマークが表示されていることが分かります。 これはスマートタグというものなのですが、これをクリックすると、 選択肢が表示されます。 例えば[下と同じ書式を適用]をクリックすれば、 挿入した行が、下の行と同じ書式になります。 [書式のクリア]を選択すれば、余計な書式の付いていない、まっさらな行になります。 このスマートタグは、行や列を挿入した直後に表示されます。 別の操作をした時点で、このスマートタグは消えてしまいますので、挿入した行の書式を、上に合わせるのか、下に合わせるのか、はたまた余計な書式はいらないのかは、挿入した直後にすぐに選んでしまいましょう! スポンサーリンク 複数行の挿入 []ボタンをクリックして、 行を挿入する前の状態に戻してから、先に進みましょう。 さて、今度は、3行目と4行目の間に3行分 入れたいとします。 選択した行の前に入るわけですから、4行目を選択するのはOKですね? ですが、複数行を挿入したい場合は更にここからがポイント! 今回の場合、3行分 入れたいわけですから、選択しなければならない4行目から、4、5、6行目と、3行分 選択します。 先程と同様、選択した行の、行番号のところで右クリック、[挿入]をクリックすれば、 3行分 挿入することができました! もうお気づきですね? このページの一番最初にご覧いただいた行の挿入では、1行分しか選択しなかったので、1行しか挿入されなかった。 今回は 3行分の選択をしたので、3行挿入された、というわけです! もちろん挿入後は、必要に応じて、スマートタグで書式の調整をしてください。 列の挿入 再び[]ボタンをクリックして、 行を挿入する前の状態に戻してから、先に進みましょう。 列を挿入したい場合も、ポイントは行の挿入と同じです。 挿入した列は、 選択した列の前に入ります。 というわけで、D列とE列の間に1列 挿入したい場合には、E列をしますし、 A列とB列の間に1列 挿入したい場合には、B列をします。 (練習ファイルを操作しながらご覧の方は、早速B列を選択してください。 ) 選択した列の、のところで右クリック、[挿入]をクリックすれば、 1列 挿入できました! 行の挿入の時と同様、スマートタグが表示されるので、書式を左の列に合わせるのか、右の列に合わせるのか、はたまた書式をクリアするのかを、自分の必要に応じて選択します。 再び[]ボタンをクリックして、 列を挿入する前の状態に戻してから、先に進みましょう。 「A列とB列の間に3列 入れたい」という複数列を挿入したい場合も基本は同じ。 挿入した列は、 選択した列の前に入るわけですから、B列を選択するのはもちろん、今回は3列挿入したいわけですから、選択しなければならないB列から、B、C、D列と 3列分 選択します。 先程と同様、選択した列番号のところで右クリック、[挿入]をクリックで、3列分 挿入できました! Excelの操作でとても大切なことは、セルを選択するのか、行を選択するのか、列を選択するのか、ということです。 今回は、 同じ右クリックで[挿入]の操作なのに、行を選択していたら行が挿入されたし、列を選択していたら列が挿入されました。 初心者の方には特に「選択」の操作を意識していただきたいな〜と思っています。 そして今回ご紹介した行や列の挿入の操作をしているはずなのに、左の図のようなダイアログボックスが表示された場合には、行や列を選択しているのではなく、セルを選択してしまっています。 「」、「」、それぞれのページで選択の違いについてご確認ください!.

次の

Excelで列が消えた時の対処法!【再表示する方法を解説します】

エクセル 1行目 消えた

結合されているセルがある 下の赤枠の場所は結合されています。 このような状態でフィルターをかけると、結合した部分の最上部のデータだけしか抽出されません。 下の画像は「東京本店」で抽出したものです。 「11行目」だけ抽出され、「12行目」は無視されているのが分かります。 このような時は、セルの結合を解除して、必要なデータを埋めてからフィルターを使用しましょう。 フィルターや並べ替えが必要な表の場合は、セル結合を使用するのは避けた方が無難です。 この機会に表全体の見直しをした方が良いかもしれません。 まとめ オートフィルターが正常に働かない場合の原因は、エクセルの表の自動範囲がこちらの思った範囲になっていないことが1番多いのではないでしょうか。 ここで紹介した2つが原因でない場合は、データの形式にも注意してみてください。 日付に見える場所が、実は文字列として入力されていることがあるかもしれません・・・。 そもそも、 最初の1文字目に空白を入れてしまっているような、データ入力ミスの可能性もありますよ。

次の

エクセルの先頭行を全ページ固定で印刷する方法|タイトル行の設定

エクセル 1行目 消えた

状況によって原因が複数考えられます 文字を入力した後に「エンター」キーを押して「セル」を移動すると文字が消える事があります。 しかし、この謎も設定を変更するだけでちゃんと解決することができます。 自分ではなくて、別の人が作成したものを、修正するって言う感じのときです。 会社であったり、町内会のファイルを引き継いだり。 エクセルの、「セル」には、「1行しか入らない」と思われがちですが、2行目に入れることも可能です。 セル内で「ALT」というのを押したまま「エンター」を押すと、「セル」の中で改行されます。 そうすると文字が2行目で隠れてしまいます。 それを表示させるには「無駄な1行目」を削除する必要があります。 下記の絵のような現象です。 赤色の部分に文字を入れておりますが、表示されていませんね。 これは無駄な改行が入っているということです。 解決方法• 表示されない「セル」をクリックします• 「青枠」の部分をクリックします• キーボードの「Delete(デリート)」を押します。 (ひょっとしたら「DEL」と書いてあるかもしれません)• 最後に、「エンター」を押します これで解決できます。 【原因2】文字が白になっている 「闇夜の黒牛」という言葉を聞いたことありますか? 真っ暗闇の中に真っ黒な牛がいるのです。 黒の中の黒なので全く見えないんですね。 同じような現象が起きています。 白の背景で白の文字になっているというパターンです。 書いたつもりで「消えた」のではなく「見えない」という状態って言う事です。 いつの間にか「文字」を「白色」にしたのでしょう。 割と、操作を行なっているとよくあることです。 下記の絵をご覧ください。 「赤枠」の中に「あああ」と書いてあるのですが、表示されていません。 解決方法 【1】「文字が消えたセル」をクリックします。 【2】「フォント」を押します 【3】黒を選びます これで解決です。 【原因3】実は別のセルに入っていた 「セル」に文字が表示されないのは「文字の横」に「空白」がたくさんあることが原因だということがあります。 基本的に、「セル」の中の文字は「数式バー」というところに表示されます。 下記のような感じです。 ところが、下記のようなイレギュラーなケースがあります。 初心者に多い「空白」を使った方法です。 それによって、「A1」に「文字」を入れることによって、「B2」の文字が消えてしまう事になります。 この辺は、エクセルの仕組みを理解していないと理解が難しいと思います。 理解が難しい方は下記の解決方法だけを見ると良いでしょう。 解決方法 【1】「A1」に文字を入れる 【2】「B2」にも再度文字を入れる これで解決です 【原因4】エクセルの不具合 上記全てを試したのにそれでも文字が表示されない場合には、エクセルの一時的な不具合が原因だということがあります。 【1】エクセルを保存します。 【2】保存したファイルを再度開いてください 「セル」に文字が打ち込めるか確認してください。 「セル」に文字が打ち込めたら新規で開いたエクセルを保存せずに閉じます。 ワードで文字が消える原因をお探しの方はこちら 今回はエクセルのお話でしたが、ワードでも同様に「文字が消える」という現象が起きます。 その現象の解決方法は書きに書いております。 下記をクリックで飛びます。 まとめ 今回は、エクセルで文字が消える原因についてお話してきました。 無事に解決できれば幸いです。

次の