そら いろ そらうた そら の お と ed。 OP&ED主題歌担当 ぱれっと最新作「9

「9

そら いろ そらうた そら の お と ed

白泉学園1年生で、兄と同じ学園に通っている。 性格はウザかわ系。 テンション高めで、兄とのやり取りはボケとツッコミが激しいので、好みが分かれそう。 兄呼称は非常に多彩。 兄に対しては遠慮がなく、口も結構悪いので、喧嘩友達のような感じ。 一見、社交的で誰とでも仲良くなれそうな雰囲気を持ってますが、兄いわく、実際は臆病で人見知りらしい。 天のCG枚数は21枚。 内訳はイベントCG13枚に、HCG8枚。 天が背中のを見せるCG、ベッドで天の手を握ってあげるCG、EDのCGがお気に入り。 「うわ~、マジでショック受けてる。 お~、よちよち。 元気だちてね~」 「おやおや~? 寂しいのかな~? 泊まって欲しいのかな~? も~、にぃにったらシスコン~」 「でもあたしは……お兄ちゃんを怖がったりしないし、責めたりしない。 絶対にしない。 なにがあっても、誰がどう思っても、お兄ちゃんはあたしにとって、最高の大好きなお兄ちゃんだから」 兄について 主人公。 白泉学園2年生。 家族構成は両親と妹の4人家族だが、兄は事情があってマンションで一人暮らしをしている。 性格は、エロゲでよくあるテンプレ学園モノの主人公。 作中で活躍するシーンがあまりなく、見せ場もヒロインに取られがちなので、無能で頼りないイメージが強い。 ビジュアルが非常にモブっぽく、最初主人公だと気づきませんでした。 妹想いなところはあるし、兄として決して悪くはないんですが、凄く良いというほどでもないです。 優柔不断で煮え切らない態度を取ることが多いので、あまり見てて楽しいタイプの主人公じゃないですね。 「お礼もこれで最後にしろよ。 妹助けに行くのは、兄貴なら当たり前だ」 (それになにより、一番許せないのは。 俺の大事な妹を、こんなにも怯えさせたことだ……!) 「兄貴だからな。 妹を助けるのに、理由なんか必要ない。 いつも一緒だ。 大丈夫。 俺がついてる」 シナリオ 物語は主人公が2年に進級した半月後から開始。 最初に前作のあらすじのようなものがあって、 前作未プレイでも何となくは把握できるようになっています。 前作のヒロインである九條 都(くじょう みやこ)が、学校が火の海になるのを鎮火して事態を収束し、主人公と協力して仲間探しを始めるところからスタート、ということのようです。 天がユーザーだとわかって都に紹介したり、都が家に食事を作りに来たり、天が兄の部屋に泊まりに来たり、天と二人で地元の歴史を調べてみたり、敵らしき人物に天が捕まったりという感じで序盤は進んでいきます。 (ここからネタバレあります。 未プレイの方はお気をつけ下さい) 中盤は敵の情報集め。 敵の仲間の一人である春風(はるか)先輩として仲間に引き入れようとしたり、相手の情報を探ったり、ゴーストと対決したりと色々あるのですが、テンポの良かった前半に比べ この辺はどうも引き伸ばし感が強くて、間延びした印象がありました。 終盤は、天に関する記憶関係と「」との決着。 選択肢によって分岐し、EDは2種類。 1つは正規ENDで、もう1つはBADEND。 正規ENDの方では、一応事件は解決しますが、この世界は無数の世界に枝分かれしていて(いわゆる)、今回の話はあくまでその枝分かれの1つに過ぎないので、まだ謎があって先があるような終わり方。 天との関係自体はちゃんと綺麗にまとまって終わっています。 (ネタバレここまで) まとめ 可もなく不可もなくという表現がピッタリくる出来。 決して悪くはないんですけど、すごく良い出来かと言われると……。 天のハイテンションな性格は個性的で良いし、ちゃんと可愛い部分もあるのですが、どうにも空気を読まないというか、 ここは真面目にやって欲しいというシーンでもふざけたりするのがマイナス。 テンションの上下が激しくて、さっきまでふざけてたかと思うと、いきなりしおらしくなったりするので、読んでて感情的についていけない部分がありました。 もうちょっとギャップを上手く使ってほしかったですね。 両想いになった後のイチャラブが短いのも残念。 兄妹描写に関しても、どこかで見たようなシーンや台詞回しが多く、新鮮味に欠けました。 兄妹描写が上手い人の描くテキストというのは、読んでて兄妹に対する愛やこだわりが感じられるものなんですが、 このライターさんのテキストからはそういった「熱」みたいなものがあまり感じられなかったです。 シリーズモノですが、話自体はキリのいいところで終わっていますし、この作品単体でも楽しめます。 ただ、話の中でちょくちょく前作の出来事とおぼしき話が出てきたり、あからさまに次回作への引きがあったりするので、ちょっとモヤっとするものはありました。 絵と妹のキャラは良かったんですが、テキストが合わなかったのが残念 お気に入り度(10点満点) 9.

次の

OP&ED主題歌担当 ぱれっと最新作「9

そら いろ そらうた そら の お と ed

These artifacts granted special abilities to those that possessed them. There was an incident where someone abused these powers and turned people into stone. Kakeru, who has a strong sense of responsibility, lent his assistance to Miyako in seeking the culprit. His innocent imouto Sora also joins them in the investigation into the serial petrification incidents as they unveil a mysterious group and hidden feelings. [From ]• Scenario• Character design• Artist• Background• Composer• Sound production• Director• Vocals• OP "Sora no Kioku", ED "Koko ni Aru Sora"• Staff• Graphics• Sound director• Special thanks• Producer• Script• Script• Sound director• Special thanks• Movies• Special thanks• Programming, Script• Lyrics for all songs• Scenario• Artist• Background• Vocals• OP "Sora no Kioku", ED "Koko ni Aru Sora"• Character design• Composer• Sound production• Director• Staff• Graphics• Sound director• Special thanks• Producer• Script• Script• Sound director• Special thanks• Movies• Special thanks• Programming, Script• Lyrics for all songs• Scenario• Character design• Artist• Background• Vocals• OP "Sora no Kioku", ED "Koko ni Aru Sora"• Composer• Sound production• Director• Staff• Graphics• Sound director• Special thanks• Producer• Script• Script• Sound director• Special thanks• Movies• Special thanks• Programming, Script• Lyrics for all songs.

次の

9

そら いろ そらうた そら の お と ed

この項目には性的な表現や記述が含まれます。 もお読みください。 Android プロデューサー T-YAM 、河岸昌行 ディレクター 猫屋敷三月 キャラクターデザイン シナリオ 音楽 エンディングテーマ 「みえないかたち」 ジャンル 恋愛アドベンチャー 発売日 を参照。 DVD-ROM版とCD-ROM版は。 この項目には、一部のコンピュータやで表示できない文字( ハートマーク)が含まれています ()。 『 そらのいろ、みずのいろ』(英:Color of the Sky, Color of the Water)は、にの・Ciel(シエル)より発売されたアダルトゲーム。 および、それを原作としてにのブランド・ひまじんより発売されたアダルトアニメ。 公式略称は「 そらみず」。 アダルトゲーム版 [ ] 概要 [ ] 発売の『』から1年ぶりの新作となる本作は、に存在する県立学園とその周辺を舞台にの補習とを通じて知り合った2年生の男女4人が繰り広げる、他人のそれとは少し違う真夏の恋物語を描いたである。 は、「 誰にも言えない、わたしたちの秘密の夏」。 製作 [ ] 発売の2004年5月号に見開きで第一報が掲載された 後、同年には「すぺじゃに共和国」(制作発表当時のスペースプロジェクト各ブランド公式サイト)に紹介ページが開設された。 それに伴い、ヒロインの 水島朝と 空山菜摘芽のに過去のスペースプロジェクト作品でも知られるとが起用され、前回作『After... 』で汐宮香奈美を演じていた芹園 が朝を、2003年発売の『落ち葉の舞う頃』でハルカ=リヒテンバインを演じていたみる が菜摘芽をそれぞれ演じることが発表された。 その他、同年発売の2004年5月号や同年発売の2004年7月号、同年発売の2004年8月号にも、カラーページで本作の特報が大きく掲載された。 また、すぺじゃに共和国の紹介ページでは、前述のCD-ROMに収録された自己紹介や作品紹介のボイス、デモムービー(低解像度版)が広告展開に続いて公開された。 同時期にでも公開された これらのうち、デモムービー(高解像度版)は同年のデモムービー部門で第5位を記録している。 発売後には、同年発売の2004年8月号に本作の特集ページと攻略ページが同時掲載された ほか、同年発売のPC Angel2004年9月号に攻略ページが掲載された。 企画は、スケジュールの都合で季節を絞るというところから始まり、検討を経て冬となった『After... 』に対して夏となった本作では、肌の露出も考慮して部活は水泳部に決まった。 白と青がメインのコンセプトとされており、の要素もそういった流れから導入されている。 開発は、本作以前から数々のアダルトゲームのやで知られるが率いていた有限会社アールピーエム をはじめ、数社が担当した。 当時、同社と東京事務所を共有していた有限会社スノーフレイク の代表である谷本敦が「猫屋敷三月」名義 でディレクター、Tonyの同僚である山田まさあき がアシスタント・ディレクターをそれぞれ担当し、キャラクターデザインや原画のTonyと共に下請けの各社による協力を得て開発されている。 作中で流れるムービーは、有限会社スタジオ最前線 の代表であると彼の同僚である斎藤久典 が担当した。 なお、グラフィックや背景原画への協力についてはアニメ作品でも知られる有限会社獏プロダクション の本田修 や彼の同僚のほか、下請けの各社を介する形でのグラフィッカーやなども名を連ねている。 詳細はを参照。 2003年発売の『』など、本作以前から数々のアダルトゲームのシナリオで知られるによる本作のシナリオは、からまでの42日間が1日単位で区切られており 、周回プレイごとに主人公の 最所弌と彼の友人にして準主人公 の 海野十三の個別視点(それぞれ、「HAJIME Side」「JUZO Side」と呼称 )や、彼ら両方の共同視点(「Both Side」と呼称 )へ描写を切り替えられるシステムとなっている(そのため、物語を全視点から把握するためには最低でも3周する必要がある)。 物語中盤までは夏休みの・(芹園には、「夏休みの日々がしっかり描かれていて楽しかったうえ、ご飯関係も詳細に描かれていた」旨を述懐されている )・(一定額以上を稼げるか否かも、エンディングの分岐に関わる )といった日常、そしてそれらにおける弌・十三・朝・菜摘芽の両親や関係者などによる込み入った家庭の事情もうかがえる様子が、物語とは無関係なやなどを多々交えながら濃密かつ延々と描かれており、それ以降にようやく朝や菜摘芽のシーンを堪能できる構成となっているが、そのCGについては弌や十三の顔を見せないようにを組むことで、周回プレイ時における別パターン(詳細は後述)の該当シーンへの流用を効かせた部分が散見される(CG作成の時点で急に流用を効かせようと弌や十三の顔を消去したのではなく、線画作成の時点ですでに彼らの顔を見せないようにレイアウトを組んでいたことが、『』〈、詳細はリンク先を参照〉に収録された各線画で確認できる)。 また、セックスシーンについては自らの意中の相手と惹かれ合うに至った弌と朝、十三と菜摘芽(別パターンでは弌と菜摘芽、十三と朝)ら男女2組がそれぞれ1組ずつ耽るノーマルセックス以上に、互いの意中の相手とも惹かれ合うに至った彼らが一堂に会して明け暮れるやといったアブノーマルセックス(複数プレイ) へ重点が置かれている うえ、スワッピングに至ってはシナリオの主題でもあったことが、それを経て到達するへの攻略ルートで描かれている(そのため、スワッピングを回避するように攻略を進めていくと、トゥルーエンドへは到達できないようになっている)。 こういった各種セックスも含め、弌・十三・朝・菜摘芽が身も心も打ち解け合いながら織り成す恋愛や成長を描いたシナリオのうち、芹園とみるがそれぞれ演じたやの数量は膨大なものとなり、芹園の台詞は「2013年までに演じてきた作品中、最多記録」旨を述懐される10,000ワード 、みるの台詞は「台詞の多さから記憶に残っており、収録期間中には夢に見るほどだった」旨を述懐される9,000ワード にも達したという。 なお、セックスシーンについては、芹園に「3Pや4Pがあるなんて思わなかった」「複数プレイはより濃厚だけど、ただエロさだけが増えたわけでなく、愛も切なさも複雑になっていった気がする」旨も述懐されている。 ただ、前述の各種セックスを経て到達するやを描いたやこそ用意されている ものの、会話シーンや通常イベントの中には人物CGはおろか背景CGすら用意されず黒画面とのみで描かれたものが存在していたり、も専用CGが用意されず背景CGやテキストのみで簡素に描かれたものばかりであった ため、前述の周回プレイを前提としたシナリオの長さやイベントの多さに対してCGが少ないことを、プレイヤーへ印象付ける一因となった。 また、アダルトゲームの取り扱い店舗・専門誌・で本作のが「純愛」と発表されていた うえ、各店舗へ配布された初回版の発売の告知チラシに掲載されたCGや、すぺじゃに共和国内の紹介ページで公開された朝と菜摘芽のサンプルボイスに、スワッピングや4Pの最中であることを意味するものが用意されなかったり 、同紹介ページにおいては弌(別パターンでは十三)・朝・菜摘芽による3Pを描いたCGが数点公開された ものの、弌・十三・朝・菜摘芽によるスワッピングや4Pを描いたCGは後述のスペシャルプライス版発売前の秋にリニューアルされた後でも公開されていない など、スワッピングや4Pの存在が実質上ほぼ隠匿状態にあった。 それに加え、本作では『After... 』と違って体験版が制作されなかった ためにプレイヤーは物語序盤の内容に触れることも叶わず、発売間近に公開されたDVD-ROM初回版のジャケット裏でも、事後の余韻に浸る弌・十三・朝・菜摘芽が全裸で重なり合いながら横たわっている姿 を描いたCGが1枚だけ、女子用制服を着ている朝の大きな立ち姿に隠れるような構図で小さく掲載された程度である。 同様の隠匿は内の紹介ページ や内の紹介ページ でも行われており、後者では発売から7年以上も経過したになってようやく、スワッピングや4Pを描いたCGも公開に至った。 そのため、発売後しばらくの間はCGの少なさと相俟って予想外の設定や展開に憤ったプレイヤーの一部から、佐々木の個人サイト「奥さん、嘘屋です」 のへ作品や彼を批判する書き込みが相次いでいた。 なお、に発売された版 、に発売された版 、2013年に発売されたスペシャルプライス版 では、スワッピングや4Pを描いたCGがそれぞれジャケット裏で普通に公開されているほか、後述の版でも各社の作品紹介ページで普通に公開されている。 についても、テキストの内容と合致しないCGが表示されるなどのの多さに加え、右やに非対応などの操作性の悪さといった不具合が目立っており、すぺじゃに共和国は初回版の発売直後の2004年に修正を公開したが、その後も前述の不具合をなかなか解消できずに修正パッチの更新を重ねることとなり 、3年後の2007年に販売を開始したDL版 を経てなお6年後の2010年にも修正パッチを更新するに至った。 評価 [ ] 作品自体は具体的な売り上げ本数こそ公表されなかったものの、DVD-ROM初回版がGetchu. comのセールスランキングにて2004年6月分で第3位 、同年上半期分で第18位 、同年年間分で第39位 、の全国美少女ソフト売り上げランキングにて同年6月16日 - 6月30日分(こちらはDVD-ROM初回版とCD-ROM初回版を合算)で第3位 、DVDPG版がmintsの2007年4月の月間売り上げランキングにて第1位 といった高セールスをそれぞれ記録しているほか、DL版がの年間商業ランキングにて2007年度で第2位の『隷嬢学園 〜煉獄の学舎〜』 Psy-chs にの差を付けて圧倒したという第1位 を皮切りとして2010年度まで毎年100位以内にとどまっていた うえ、商業ゲーム総合ランキングにて時点で総計第2位 、時点で総計第3位 、そして1月現在でも総計第4位 といった高セールスをそれぞれ記録している。 また、DL版は の美少女ゲーム年間ランキングでも2007年下半期分での第6位 を皮切りとして上半期まで毎回100位以内にとどまっていた ほか、でも2007年ランキングで第20位 、ランキングで第36位 、ランキングで第64位 、累計ランキングで第16位 など、各DL販売サイトにて高セールスをそれぞれ記録している。 以上のような物議を醸した作品ではあるが、Tonyによるヒロイン2人は、前述のシナリオや(現:)の『』()などで知られるによる音楽と相俟って、多大な人気を得た。 また、それを受けて制作された版はのによる監修(上巻のみ)やのによるキャラクターデザインと相俟って、一般に肩を並べるほどの高セールスを記録したうえ、DL販売の普及以降にはアダルトアニメ版の高セールスに応じてアダルトゲーム版が再評価される動きも出ている。 詳細はを参照。 物議についてはムック『』(2010年、詳細はリンク先を参照)に収録されたロングインタビューでも「今『そらみず』に手を加えるとしたらどうなりますか?」という質問を通じてそれとなく触れられており、前述のコンセプトがシナリオに活かされると期待するも叶わなかったTonyには「僕にしてみたら、圧倒的にボリュームですね」、彼の答えに同意してスワッピングに疑問を持ったCielのプロデューサーのT-YAM には「主人公のみに焦点を当ててヒロイン2名とのラブラブにしたほうがよかったのかなーと。 OVA版みたいに(笑)」とそれぞれ述懐されている。 ヒロイン2人の高い人気から、関連商品は菊田の「IN THE SKY ON THE WATER」 をはじめによる各種商品が2010年まで発売されるなど、多角に展開されている。 詳細はを参照。 その一方、・・は1月現在でも行われていないが、小説化についてはアダルトゲーム版発売当時に話があったものの「売れねえだろ」という理由で立ち消えとなったことが、「奥さん、嘘屋です」の掲示板で佐々木によって明かされている。 発売後 [ ] なお、佐々木は本作の後もCielの『』 (2004年)やの『に〜づまはセーラー服 〜ダーリンは担任教師〜』 (2005年)などのシナリオを、Tonyは本作の後もの『』 (2009年)やCielの『』 (2009年)などの原画を、そして菊田は本作の後もPuzzleboxの『さくらリラクゼーション 〜四姉妹とのラブラブ同居性活〜』 (2005年)や『に〜づまはセーラー服 〜ダーリンは担任教師〜』 などの音楽をそれぞれ担当することとなる。 また、にがセガの用RPG『』(2014年)のを発売する際 やにアールビバンが第15回中国国際アニメ・ゲームフェアにてTonyのサイン会を開催する際 にも、それぞれTonyの代表作として『シャイニング・シリーズ』や『フォルト!! 』と共に本作が挙げられているほか、2015年にでTonyへのロングインタビューが行われた際にも、ライターのブラボー!秋山の注目作として『Room with Lina』() や『』()と共に本作が挙げられている。 発売歴 [ ]• - 初回版 、初回版• CD-ROM初回版は発売前に済み。 再生産無し。 - DVD-ROM初回版ロットアップ• - DVD-ROM通常版• - 『Ciel Limited Collector's Box』• TonyがCielでを担当した『』『』『』『そらのいろ、みずのいろ』『』の5作品をDVD-ROM2枚に収録し、1箱にまとめたボックス仕様パッケージ。 - DVD-ROM通常版ロットアップ• - 『Ciel Limited Collector's Box』ロットアップ• - 版• ディレクションはinazuma、やは、発売は、販売はがそれぞれ担当。 の機能的制約ゆえに周回プレイや視点切り替えは再現されておらず、セーブやロードは入力で代用されている。 また、DVD-ROM版やCD-ROM版の修正後に実装された画面非表示高速スキップ機能が実装されていないため、プレイ時間の有用な短縮は事実上不可能となっている。 ジャケット画にはDVD-ROM初回版と同じものが流用されている。 - 版• - 版• 移植は 、発売はmints、販売はGPミュージアムソフトがそれぞれ担当。 の性能や多機能に合わせて画質がDVDPG版よりも向上されたうえに周回プレイや視点切り替えが再現されたほか、DVDPG版に無かった環境設定の変更機能やセーブ・ロード機能が実装されたため、プレイ時間の有用な短縮が可能となっている。 ジャケット画にはCD-ROM初回版と同じものが流用されているほか、「推奨」と表記されている。 『Ciel Limited Collector's Box』に収録された5作品のDVDPG版を収録し、1箱にまとめたボックス仕様パッケージ。 - スペシャルプライス版• ジャケット画にはDVD-ROM初回版と同じものが流用されているが、縁には水色の枠が追加されており、裏側のデザインも異なっている。 - 『Ciel Complete Box』• 初回製造のみの限定版。 - 『SP-JANIS REPUBLIC SPECIAL PACK』• DL版 も、『すぺじゃに共和国スペシャルパック』のタイトルにてDMM. R18独占販売で同時発売された。 - 版• Androidアプリ専門ブランド「Re-Pro! 」のSeason2 第1弾『After... -Android ver. -』(2015年配信開始) に続き、第2弾としてDMM. R18独占販売で配信が開始された。 ストーリー [ ] 海と山に挟まれた小さな・玖珠井市。 そこに存在する県立学園・東台校のとある教室では、部部員の 最所弌と 水島朝が、・教師にして水泳部のでもある 伊部本一郎のもとで、夏休みの補習授業を受けていた。 その最中、弌は朝に幾度となく話しかけるが、彼女からの返事はいずれも素っ気無い。 1学期に隣町からしてきたばかりの朝には、弌はまだ異質な存在でしかなかったのである。 一方、照り付ける日差しの下で弌と朝の補習が終わるのを待っていた水泳部部員の 海野十三は、1人で実習畑の水やりに勤しむ部部員の 空山菜摘芽に一目惚れしていた。 やがて菜摘芽は、実習畑で獲れたを持って水泳部を訪れる。 菜摘芽と打ち解けていく弌と十三は、なかなか打ち解けられない朝と菜摘芽を案じ、彼女たちを1泊2日のへ誘う。 4人一緒に行動したその日をきっかけに、弌・十三・朝・菜摘芽は夏休みの暑く長い日々における・・といった行事を介して親交を深め合っていくが、それと並行して他人とは少し異なる男女4人での熱い恋物語へも足を踏み入れる。 その一方、各自の込み入った家庭の事情や、朝と菜摘芽についてはそれが原因で決定していた夏休み明けの転校も明らかとなる中、想いを打ち明けてついにはまで至った彼女たちに対し、普通の恋愛におけるやを超越した想いすら抱くまでに至っていた弌と十三は、自分たちに対して同様の想いに至っていた朝や菜摘芽との距離をさらに縮め、共に他の誰よりも深く身も心も打ち解け合っていく。 そんな秘め事も経た夏休みの折り返しを過ぎて久しく、弌・十三・朝・菜摘芽は残り少ない日々を4人一緒に過ごしながら、他人の介入する余地が存在しない境地でさまざまなセックスに明け暮れ、やがてそれぞれの未来を迎えるのだった。 登場舞台 [ ] 玖珠井市(くすいし) 海と山に挟まれ、とを主要とする小さな。 人口は約3万人とそれなりの規模であるが、近年では減少中。 昔ながらの手付かずな自然に加え、 ・・ に恵まれているほか、こそ運行されている ものの、都会の喧騒とはほぼ無縁である。 そういった理由からも、の所々ではが用いられている。 には市民による夏祭りが行われ、参加者はを締めてを羽織った姿となる。 地名、地形、背景、産業、そして登場人物たちの会話から、やなどの地方をモデルに設定したことが示唆されている。 また、姿の朝がへ沈みゆく夕陽に照らされる砂浜に佇む姿から、西側に開けた地形でもあることが示唆されている。 上記の地方要素に加え、のに企画・開発されたという理由もあり、弌たちが表立って携帯電話を用いる姿は描かれていない。 東台校(あずまだいこう) 玖珠井市に存在する県立学園。 1学年に3クラス、全生徒数は300人ほどと、やや小規模。 生徒たちには、 東校(ひがしこう)という略称で呼ばれる。 男子用制服は一般的なにである が、女子用制服は白色の生地を基調としてその胸元へ紺色のや、腰へ付き、やへ藍色の細い線をそれぞれあしらった、風となっている。 なお、女子用は一般的なにであり、体育用具室では白いをの代わりとして、この姿を活かしたも描かれる。 敷地はやや高台に位置しており、から校外を見渡す構図では遠方に山々が、近辺には田畑がそれぞれ描かれている。 物語の主な舞台であり、照り付ける日差しの下で弌・十三・朝・菜摘芽の背丈よりも高く伸びた をはじめ大量のや が立ち並ぶ実習畑に隣接するプールやプール更衣室、そしてそれらの周辺施設は4人の会話や各種セックスに高頻度で用いられるが、敷地の全域や施設 についてはアダルトアニメ版の方が詳細に描かれており、デザインこそ一部異なるもののそちらを根拠とすることで理解できる要素も存在するため、を参照。 登場人物 [ ] キャラクターデザインについては、T-YAMによれば、朝は一発、女子用制服もほぼ一発でそれぞれ決まったため、『After... 』のような初期デザイン絵は存在しない。 これほどキャラクターがあっさり決まったことは初めてであり、魅力的だったという。 また、菜摘芽の黒いや十三の容姿、そして弌・十三・朝・菜摘芽が揃って締めることになるといった要素には、の趣味や熱烈な要望が活かされている。 なお、Tonyの朝への思い入れは深く、「もっとも自分らしいキャラと自負する」 「一番ビジュアル的には好き」 とのこと。 朝はCielの広報担当のcam2からも「Tony氏デザインのCielタイトルの中でもトップクラスの人気を誇る」と評されている ほか、には後述の『Ciel Limited Collector's Box』の発売を記念してCiel公式サイトで行われた同梱『Ciel All Characters Book』の表紙争奪キャラクター人気投票にて第1位を記録し、Tonyの描き下ろしによる新規絵でその表紙を飾っている。 名はヒロインのみ公表されている。 部に所属。 サラサラでの短髪、淡い茶色の瞳、そして幼少時から女子と見紛うばかりの端正な顔立ちを併せ持つ優男であるが、身体は水泳によっても割れるほど引き締まったガッチリ体形であるうえ、した際にはに収まりきれないほどたくましくなるの持ち主でもある。 校内では男子にも女子にも軽々しく話しかけるとして知られるが、実は他人への気遣いに長けており、も読める性格。 を営む両親と共に暮らす自宅は、両親が物語開始時点ですでに旅行中であるため、弌が一人暮らしを満喫中。 なお、両親のの経緯から、であることが示唆されている。 十三とは旧知の仲であり、前述の性格は彼から尊敬される理由にもなっているが、十三の優秀な学業成績や男性としての魅力には、ひそかにも抱えている。 学業成績はあまり良い方でなく、夏休みに本一郎のもとでの補習を受けていた最中、自らと同じく補習を受けていた朝に興味を持つ。 恋愛には器用な方であるが、朝とは一緒の時間を過ごせる水泳部部員であるにもかかわらず接点に恵まれていなかったためもあり、今回の補習をきっかけに仲良くなろうと、ムードメーカーならではの口調で彼女を口説きまくる。 そのため、物語開始当初の朝からの好感度は最低に等しい。 遊び心は豊富に持っており、についても「遊泳部」と称するほど遊びを交えながら行っている。 精力やについてもそれなりに一丁前であるため、物語中盤以降は朝や菜摘芽とのセックスにそれらを活かし、性的なタガが外れた彼女たちをさらに焦らしたり蕩けさせる、さまざまなプレイを繰り広げていく。 また、エンディングによっては姿の朝とのの際に姿が描かれることとなる。 水泳部の紅一点。 女子生徒たちの中では高めの背丈の腰まで伸ばしたストレートの黒髪、淡い茶色の瞳、凛とした雰囲気の整った顔立ち、そして制服や を押し上げる型のと対照的な細い腰に程良い太さの長い生脚が目を惹く、な肢体を併せ持った美少女である。 なお、は生えておらず、セックスシーンでは周りを菜摘芽と対比するようなアップ構図も散見される。 が得意という家庭的な一面に明朗快活な の気質を併せ持つが、基本的にはの であり、物語開始当初のは弌・十三・菜摘芽よりも幼い。 出身地こそ玖珠井市であるものの、1学期に隣市から転校してきた直後という立場や前述の容姿に加え、白い制服の下に着用している純白の やスクール水着型の跡が眩しい小麦色の素肌を見て言い寄ってきた男子生徒たちをすべて無愛想に振ったことが災いし、校内では男女双方から孤立中。 なお、プライベートのは白の。 夫婦仲の冷めた両親と暮らす自宅は、地元で有力な「水島工務店」を経営中。 そこへ菜摘芽の父の件も重なり、物語序盤は罵詈雑言を繰り返すほど彼女のことをうとましく思っている。 弌についても物語序盤は冷淡に見ているが、キャンプをきっかけとして弌・十三・菜摘芽の人となりに触れるうちに態度を軟化させ、4人一緒の行動を楽しむなどの精神的成長を見せるうえ、弌や十三と同室での着替えすらも平気で行うようになる。 物語中盤以降は性的なタガが外れ、それまでの幼さからの反動に弌や十三との環境も相俟ってに忠実となり、菜摘芽と共に彼らとのを貪り合うセックスに明け暮れていく。 また、エンディングによっては想定外の妊娠 にも動じず、悦ぶようになる。 部に所属。 長い先端を垂らさず赤いでそれぞれ輪型に巻き結わえたの栗髪、淡い茶色の瞳、まだ幼さが残る整った顔立ち、そして朝とは対照的に制服やスクール水着を押し上げないと細い腰に黒いストッキングを穿いた細い脚が目を惹く、な肢体を併せ持った美少女である。 なお、陰毛は普通に生えており、セックスシーンでは女性器周りを朝と対比するようなアップ構図も散見される。 1年時の3学期に出身地のから転校してきたが、は無い。 口癖は「ふやぁん」。 の横に存在する広大な面積の実習畑を怠慢な他の部員たちに代わって1人で管理しており 、実習畑への水やりのため、を被って夏休みも登校中。 弌へは朝の転校以前から秘めた思いを持ち続けており、彼に嫌われたくないという思いや余計な波風を立てたくないという思いから、弌の前では笑みを絶やさないように心掛けている。 弌たちと一緒に水遊びを楽しむこともあるが、基本的にはで泳げない。 なお、プライベートの水着はピンクの。 素肌が白いこともあって周囲からは控えめかつ清楚と思われているが、実はセックスへの興味が人一倍強いうえ、白い制服の下には前述の黒いストッキングや黒い柄のを着用している など、男性の視線には朝よりも敏感かつ積極的なとしての一面を持っている。 なお、8月冒頭のアルバイトでは合計10万円以上を稼がないと失踪し、物語はを迎えてしまう。 物語中盤以降は朝と同様に性的なタガが外れ、彼女と共に弌や十三との快楽を貪り合うセックスに明け暮れていくが、前述の一面を持つゆえに朝よりもアブノーマルかつ大胆なプレイや、華奢な身体を活かせるなを好む。 また、エンディングによってはツインテールを解き、ストレートとなる。 弌と同じく水泳部に所属。 がかった銀色の短髪、黒斑のをかけた淡い茶色の瞳、そして基本的に糸目の地味な顔立ちを併せ持つ少年であるが、身体は弌と同様のガッチリ体形であるうえ、たくましい巨根の持ち主でもある。 普段からとを着込んだ姿で過ごすうえ、誰を呼ぶ際にも相手の名前に「先生」を付けたり、周囲から「変人」と評されるちょっと変わった口調でさまざまなを披露する一方、落ち着いた物腰で優秀な学業成績を維持する真面目さと、弌との悪乗りを楽しむ不真面目さを併せ持つ。 また、日曜日には午前中のあらゆるを欠かさず見るという一面も持つ。 口癖は「何か面白い話はないですか?」。 両親をすでに亡くしており、自宅に祖父母と暮らしているが、物語開始時点で入院中の祖父に祖母が付き添っているため、実質的には一人暮らし中。 弌とは旧知の仲であり、朝に「じゃないの」と笑われるうえに周囲から自分たちの名前にちなんで「殺し屋コンビ」と呼ばれるほど意気投合している一方、弌の性格を尊敬して自らを未熟とも思っている。 物語序盤は前述の変人ぶりに加え、弌と同様に興味を持った朝から変人ぶりゆえの興味を持たれたり菜摘芽に一目惚れして戸惑うなど、恋愛に不器用な脇役でしかないが、周回プレイ以降は準主人公 であることが明かされ、弌とは異なる一面から男性としての魅力や頼もしさも見せるようになる ほか、彼と同様に朝や菜摘芽とのさまざまなプレイを繰り広げていく。 また、エンディングによってはウェディングドレス姿の菜摘芽との結婚式の際に姿が描かれる ほか、弌たちと合同でへ行くこととなる。 アダルトアニメ版には登場しない。 その他の人物 [ ] 伊部 本一郎(いんべ もといちろう) 古文・の教師。 白髪の頭髪や眉毛を生やしてを手にした、が間近な初老の男。 教え子たちからは「いんべサン」と呼ばれ、親しまれている。 弌と朝が受ける補習授業のほか、水泳部のも担当しているが、部活へはあまり顔を出さずに部員たちを優しく見守っている。 ただし、その言葉には老齢ゆえのに起因するような重みのあるものも含まれているため、朝などに恐れられてもいる。 未だに平教師なのは、とある理由による。 アダルトアニメ版には登場しない。 最所 紺子 弌の母。 物語開始間近まで旧姓は 三国(みくに)だったが、小料理屋の常連客だった最所と結婚したため、現在の姓となった。 弌を連れていることからも普通はと見なされる状況でありながら、紺子曰く「初婚」という複雑な家庭の事情ゆえ、弌の実父の姓名については不明。 容姿は設定されていない。 アダルトアニメ版には登場しない。 水島 夕衣(みずしま ゆい) 朝の母。 かつてはを経て朝をしたが、現在では夫に複数人のの存在がうかがえることもあって夫婦仲は冷めきっており、への秒読みに入っている。 容姿は設定されていない。 アダルトアニメ版には登場しないが、存在は示唆されている。 詳細はを参照。 菜摘芽の父。 水島工務店をはじめ地元が推し進める建設が玖珠井市の海洋を破壊すると危惧しており、否定的な態度を取っては工事を何度も中断させている。 名前や容姿は設定されていない。 アダルトアニメ版には登場しない。 スタッフ [ ] 作中や『』での表記 による。 エクゼクティブ・プロデューサー - 堀田巌• プロデューサー - T-YAM 、河岸昌行• ディレクター - 猫屋敷三月• アシスタント・ディレクター - 山田まさあき• キャラクターデザイン、原画 -• シナリオ -• プログラマ - B. rabbit、TAGE、魔王信長• グラフィック - Layer、石崎隆二、佐々木謙之、やべあきら 、裏羅、鈴城文也、平キイ子、本田修 、山口忍、本田利恵子、加納保宏、松澤和哉、山崎豊、明宮村、のぐやそ• 背景原画 - みゃうみゃう、もんすけ、G7 、ミツルギ、ZUKI(樹) 、湯本はこね、ニシダルミ• スクリプト - 逆神紅夜 、関本浩之、天獄、屋宜竜徳、水銀黒毛猫、森川瑞生、小笠原尚仁、AYA• サウンド -• ムービー - 、斎藤久典• 3Dモデリング - 田沼康弘、広富正靖• 音楽ディレクター - 柏木章俊• 収録スタジオ - 有限会社スターサイクル• 音声制作担当 - 塚本晶子• 音声制作 -• SPECIAL THANKS - 株式会社、有限会社アンスピーカブル 、有限会社スタジオ最前線 、合資会社、有限会社獏プロダクション 、有限会社タイニーアート、有限会社、株式会社、STUDIO ATOMS、STUDIO Aversion• 製作、販売 - Ciel• 詳細はを参照。 関連商品 [ ] IN THE SKY ON THE WATER 音楽を担当した菊田裕樹が、DVD-ROM版とCD-ROM版の初回特典音楽CDをもとにを施し、没曲などを追加した完全版。 より発行。 線画ページはが最小限に抑えられているため、の描写が製品版よりも詳細に把握できるようになっている。 TonyWORKs Cielクロニクル 『』『』『』『そらのいろ、みずのいろ』『真章 幻夢館』『』に前述の『Ciel Limited Collector's Box』も加えた7作品の販促用描き下ろし画を収録した画集。 より発行。 巻末には、TonyとT-YAMへのロングインタビューも収録されている。 の発売を経てには化されており、 や で販売されている。 ボックス盤 Ciel Limited Collector's Box 詳細はを参照。 Ciel Complete Box 詳細はを参照。 すぺじゃに共和国スペシャルパック 詳細はを参照。 原型師は硫黄泉。 塗装済み完成品で、より発売。 ギガコレ(GIGA Pulseコレクション)第19弾 PVC塗装済み完成品で、より発売。 水島朝フィギュア 通常版 DVD-ROM初回版ジャケット画をもとに制作され、下記製品の祖となった品。 ギガコレ初のである。 限定版 通常版とは違い、髪や制服をクリア彩色に変更するなどの改修が施された流通限定品。 2ndバージョン 下記の空山菜摘芽フィギュアvol. 1の発売記念限定品。 AタイプとBタイプの2種が制作され、それぞれ髪の彩色や身体の日焼け跡などが異なる。 空山菜摘芽フィギュア vol. 1 AタイプとBタイプの2種が制作され、それぞれ髪の彩色や身体の日焼け跡などが異なる。 脚パーツを差し替えて水島朝フィギュアと組み合わせることで、2体による状態も成立できる。 vol. 2 AタイプとBタイプの2種が制作され、それぞれ服の彩色や身体の日焼け跡などが異なる。 半身パーツや付属パーツは、vol. 1との差し替えも可能。 あいらぶ麻雀 『水島朝編』と『空山菜摘芽編』の2種。 移植作品ではなく、朝と菜摘芽をキャラクターに用いただけので、より配信。 らぶ彼女!! 移植作品ではなく、朝と菜摘芽をキャラクターに用いただけの、、。 より配信。 内容によっては、『フォルト!! 』のヒロイン4人 と共演する。 そらのいろ、みずのいろ 大切な君を守るため。 Condom 外箱の装飾にDVD-ROM初回版ジャケット画を用いたで、製品色はグリーン。 12個入り。 が製造、が販売を担当。 本編開始よりも少し前における、菜摘芽の胸に秘められた心情が描かれている。 裏庭の乙女たち DVD-ROM初回版やCD-ROM初回版の初回特典として、音楽CDやミニ設定集と共に同梱されたに収録されているボイスドラマ。 本編終盤における、朝と菜摘芽が弌や十三にも明かさなかった心情が描かれている。 発表期間 2006年7月28日 - 収録時間 各巻30分(DVD版) 単巻60分(版) 話数 全2巻(DVD版) 全1巻(BD版) その他 画面サイズなどは以下の通り。 画面サイズ• 、(DVD版)• 、(BD版)• (DVD版)• (BD版) DVD初回限定版には、上下巻それぞれに 同梱特典あり。 - 概要(アニメ) [ ] 本作は、同名タイトルのを原作に『』(以降、『ヴァルキリー』と表記)と同じく、のブランド「ひまじん」のデビュー作 として企画された。 収録時間は各巻30分、全2巻。 製作(アニメ) [ ] とには『』や『』といったに加え、(当時)の美少女ゲーム誌『』の表紙などで知られるのが起用された。 それに伴い、企画発表の直後である10月に関係各社や関係店舗へ配布された第一報には、『ヴァルキリー』紹介面の裏へ黒田が描き下ろしたヒロインの 水島朝と 空山菜摘芽の制服姿が掲載された。 しかし、そのまま順調に制作が進行して同年に発売となった『ヴァルキリー』とは違って本作の制作は難航したため、当初それよりも1か月早い同年に予定されていた発売日は、チラシへ掲載されたを皮切りとして延期に延期を重ねることとなる。 には本作以前からの数々のアダルトアニメ作品で知られる、にはアダルトアニメ版『』で知られる演出家のサトウトシハルがそれぞれ起用された が、サトウは延期を重ね始めてからまもなく降板して本名の「郷敏治」名義で本編の第一原画を担当するにとどまり 、彼の後任には本作以前から数々のアダルトアニメ作品で知られるや土支田板三 が監修やとして起用され 、制作を引き継いでいる。 音楽にはアダルトゲーム版と同じく、が起用された。 アダルトゲーム版の曲だけでなく、アダルトアニメ版のために制作された新曲も用いられている ほか、エンディングテーマ「みえないかたち」を挿入歌としても用いる(上巻のみ)など、アダルトアニメとしては珍しい音楽演出が盛り込まれている。 内容については、アダルトゲーム版で主人公の 最所弌の友人にして準主人公 だった 海野十三や、彼らを見守る教師にして脇役だった 伊部本一郎の存在を完全に抹消し 、物語の前半部分を占めていたの日常描写を大幅に削減することで、人間関係とシナリオが再構築されている。 また、アダルトゲーム版ではで述べたようにゲームシステムとの兼ね合いもあり、朝と菜摘芽が同格のヒロインとして描かれていたが、アダルトアニメ版では上下巻とも朝の視点やが菜摘芽のそれらよりも多く用いられている うえ、下巻には弌が後述の意欲や願望を打ち明けながら朝を抱く描写が盛り込まれているのに対し、同じ状況で菜摘芽を抱く描写は一切盛り込まれておらず、弌が後述の意欲や願望を叶えた果てに迎えるであろう結果を、朝が自分の願望を自覚させられると共に恥じらいながら懸念するなど、主人公へ想いを寄せるヒロインとしての描写は菜摘芽以上に強調されたものとなっており、実質的に朝がメインヒロインとして描かれている。 セックスシーンについても、上巻では朝が弌へ想いを寄せるようになったきっかけが彼女の転校当日の直後から始まるように再構築されたことで、物語開始時点にはすでに菜摘芽と合意のうえで弌を共有するようになっていた朝がプール更衣室で彼とのセックスに耽ったり、終盤の夜にはそこでセックス中の弌と菜摘芽の様子を朝が水島家の自室で想像しながらに耽ったりと、アダルトゲーム版よりもはるかに早い時点から盛り込まれている。 それに際し、朝と菜摘芽による共有を満喫する一方で彼女たちをアダルトゲーム版よりも明確に愛し始め、個別のセックスだけでなく でも愛し合いたい意欲を見せるだけにとどまらず、ついには本気で両方ともさせたい願望を持つに至る弌のやについては、上下巻とも朝と菜摘芽のこそ存在しないものの、彼女たちが嬌声に交えて弌のの状態を感じたまま口走る ほか、時には結合部から彼のが弾けるように溢れて余韻へ移行した後も溢れ続ける など、アダルトゲーム版とは似て異なる形で子作りに励むようになる弌と、彼の覚悟に動揺しながらも妊娠を期待して悦ぶようになる朝と菜摘芽を描く 、アダルトアニメならではの誇張描写が盛り込まれている。 こういった再構築・増強・誇張描写により、下巻ではアダルトゲーム版に無かった、弌・朝・菜摘芽のが描かれるに至っている。 その他、配色や背景も一部は再構築されている。 配色については、アダルトゲーム版では登場人物たちの瞳がいずれもほぼ同様の淡い茶色だったが、アダルトアニメ版ではそれぞれ明確に異なる色へ変更された。 背景については、アダルトゲーム版では一部のCGしか用意されず視覚的な全容は不明だった東台校や水島家の構造が、アダルトアニメ版では明確に設定されて全景が映るシーンも盛り込まれているため、それらにおける登場人物たちの位置も把握しやすくなっている。 特に東台校の再構築は、校内で行われる弌・朝・菜摘芽のセックスが、他人へ露呈しない理由の補強にもつながっている。 詳細はを参照。 前述したように上巻で難航した本作の制作は、下巻では一般作品との兼ね合いからさらに難航した。 ,Ltdも同作の下請け(正確には、親会社のを介してからの孫請け)作業で多忙となったため、発売予定時期を過ぎても続報すら出ない日々が続く。 やがて2007年6月、ひまじんは月末をもってアダルトアニメ制作から撤退することを突如表明した。 本作をはじめ制作中だった作品は、上巻の販売を担当した有限会社を通じてひまじんと同じくゑにっくのアダルトアニメブランドの1つ「ハレンチレストラン・アムール」(以降、「アムール」と表記)からの発売になる可能性があることや、販売形式も店頭販売ではなく通信販売のみになる可能性があることを告知した後、公式サイトを閉鎖してしまう。 さらに2007年7月にはBugBug2007年8月号 誌上で、黒田がスケジュールの関係 から下巻の作画監督を降板することと、その後任にはアダルトアニメ版『顔のない月 -No Surface Moon THE ANIMATION-』やテレビアニメ版『』のキャラクターデザインと総作画監督などで知られるが就くことが告知された。 なお、この就任について石原は、BugBug2008年7月号 に掲載された下巻特集記事『緊急特集!! そらのいろ、みずのいろ』で、「黒田さんの上巻から引き継ぐに当たって、黒田さんのような華やかな画は難しいと考えていたところ、下巻に関しては独自にやっていいということでそれならばと参加しました」と述べている。 にはBugBug2008年4月号 誌上で、下巻のパッケージ版が同年6月発売予定であることと、発売はゑにっくの業務を継承した新会社「株式会社」のアダルトアニメブランドの1つ「2匹目のどぜう」からになることが告知された。 また、同年には2匹目のどぜう公式サイトで上巻再発売版と下巻の公式通販の受付が開始されたうえ、下巻込みで声優陣を一新したと受け取れる上巻再発売版の紹介文が掲載された。 アダルトゲーム版の発売からもすでに2年1か月が経過していたが、初回限定版は高セールスを記録する。 では発売と同時にセールスランキング第1位となり、順位の浮き沈みの激しいアダルトアニメ部門においては珍しく第1位を長期間維持し続けたほか、初回限定版がロットアップとなった後も通常版が8月までベスト50位内にランクインし続けていたが、同年6月末でひまじんがアダルトアニメ制作から撤退したために同年5月出荷分を最後にとなり 、セールスランキングから消失した。 しかし、初回限定版と通常版の累計は1万本を超える高セールスを記録していたことが、下巻の販売を担当したから発表されたコメント「瞬殺一万本セールスAVアニメ」 により、明らかとなっている。 また、DVD版上下巻の累計は4万本を超える高セールスを記録したことが、版(詳細は後述)の発売決定の際に明らかとなっている。 2匹目のどぜう公式サイトと同時に上巻再発売版と下巻の予約受付を開始したでは、週間ランキングに初登場以来10週に渡って下巻初回限定版がアダルトアニメ部門第1位を、上巻再発売版もほぼ第2位を維持し続けたうえ、発売後の5月時点で下巻通常版と上巻再発売版がベスト20位台にそれぞれランクインしていたほか、Getchu. comでも予約受付を開始した直後に下巻初回限定版がアニメランキング第1位となる など、好調な滑り出しを見せた。 また、Getchu. comでは発売後に下巻初回限定版が上巻初回限定版と同様にセールスランキング第1位となったうえ、その後も約8か月間に渡って下巻通常版と上巻再発売版がベスト50位内に連続ランクインしていた後、1月現在でも上巻再発売版が作品の1つとして紹介されている など、今回も高セールスを記録している。 当初、DVD版の販売はタキ・コーポレーションが担当していたが、付けで事業を停止した後は同社の映像事業を継承したが引き続き担当している。 については上巻の開始当初、も担当していた模様。 のDVDレンタルでは高評を得ており、特に上巻は2007年上半期ランキングで第5位となったため、特集ページでは当時の人気であるやの出演した作品に肩を並べる形で紹介されている。 また、下巻はの累計アニメアダルトDVDランキング(2002年10月1日 - )でも高評を得ており、2017年10月13日時点で第1位を記録していた うえ、1月時点でも第1位を維持している。 DVD版下巻の発売後、BD化やは長らく行われていなかったが、そのうちBD化については上下巻をBD1枚に収録してに発売予定であることが、同年に発表された。 しかし、同年には2匹目のどぜう公式サイトで同年への発売延期が発表された。 それに先んじて同年5月8日からは各店舗でBD版の予約受付が開始され、DMM. R18の2014年上半期アニメランキングでは第56位 、同年10月31日の発売を経た下半期アニメランキングでは第18位 、年間アニメランキングでは第22位 となっている。 また、Amazon. その後、Getchu. comの2014年度アニメ年間ランキングでは第36位 、2015年度アニメ年間ランキングでは第93位 となっている。 一方、DL販売については上巻がに での独占先行販売を経て、同年には 、 、 、 、にはDMM. R18 でも通常販売が開始された。 また、下巻が3月13日にDLsite. com での独占先行販売を経て、同年にはDL. Getchu. com 、Gyutto. com 、DiGiket. com 、Melonbooks DL 、にはDMM. R18 でも通常販売が開始された。 いずれも、エイ・ワン・シーのDL販売専門ブランド「PoROre:」(ポロリ)による販売となっており、上巻の音声はDVD初回限定版やDVD通常版と同じく旧声優陣となっている。 その後、DLsite. com独占先行販売版は2015年ランキングで上巻が第19位 、下巻が第24位 、2016年ランキングで上巻が第38位 、下巻が第48位 、DL. Getchu. com販売版は2015年度上半期商業ランキング(アニメ)で上巻が第28位 、下巻が第43位 、2015年度下半期商業ランキング(アニメ)で上巻が第35位 、下巻が第77位 、Gyutto. com販売版は2015年年間アダルトアニメ売れ筋ランキングで上巻が第29位 、下巻が第46位 、2016年年間アダルトアニメ売れ筋ランキングで上巻が第84位 、下巻が第63位 をそれぞれ記録している。 また、DMM. R18通常販売版はアニメ動画2015年上半期作品ランキングで上巻が第19位 、下巻が第21位 、アニメ動画2015年上半期シリーズランキングで第8位 といった好調な滑り出しを見せた後、アニメ動画2015年下半期作品ランキングで上巻が第29位 、下巻が第24位 、アニメ動画2015年下半期シリーズランキングで第13位 、アニメ動画2015年年間作品ランキングで上巻が第17位 、下巻が第16位 、アニメ動画2015年年間シリーズランキングで第9位 、アニメ動画2016年上半期作品ランキングで上巻が第34位 、下巻が第30位 、アニメ動画2016年上半期シリーズランキングで第16位 、アニメ動画2016年下半期作品ランキングで上巻が第73位 、下巻が第79位 、アニメ動画2016年下半期シリーズランキングで第42位 、アニメ動画2016年年間作品ランキングで上巻が第66位 、下巻が第68位 、アニメ動画2016年年間シリーズランキングで第28位 、アニメ動画2017年上半期シリーズランキングで第59位 、アニメ動画2017年年間シリーズランキングで第60位 、アニメ動画2018年上半期シリーズランキングで第29位 、アニメ動画2018年上半期作品ランキングで上巻が第62位 、下巻が第60位 、アニメ動画2018年年間シリーズランキングで第36位 、アニメ動画2018年年間作品ランキングで上巻が第72位 、下巻が第71位 、アニメ動画2019年上半期シリーズランキングで第45位 、アニメ動画2019年上半期作品ランキングで下巻が第88位 、アニメ動画2019年年間シリーズランキングで第63位 となるなど、今回も高セールスを記録している。 アダルトアニメ版のDL販売の開始を記念し、DiGiket. comでは2015年3月13日から同年までアダルトゲーム版のDL版の半額キャンペーンが行われた。 また、DL. Getchu. comでは2011年度から第100位以下に降下していたアダルトゲーム版のDL版が、アダルトアニメ版のDL販売の開始から5か月後に発表された2015年度上半期商業ランキングで第16位に再浮上した。 DL販売版の開始から3か月後の2015年には、DVD廉価版を同年に発売予定であることが、エイ・ワン・シーのアダルトアニメ廉価版専用ブランド「Re:Price」で告知された。 ジャケット原画は上下巻とも黒田による新規描き下ろしとなるが、前述の経緯からDVD版下巻はジャケット原画も石原が担当していたため、黒田が下巻に関わるのはこれが初である。 には、のオタクニュース・ポータル「」の「エロアニメで観るエロゲーの世界」で紹介され、DVD版上下巻の累計4万本超の高セールスやアダルトゲーム版からの再構築・増強・誇張描写を理由に「エロゲ原作エロアニメの最高峰といってもいい」と高評されている。 発売後(アニメ) [ ] なお、上巻の監修とを担当した高橋は、その発売後に監督を担当した版『』(2009年12月 - 2010年11月)やテレビアニメ版『』(2010年10月 - 同年12月)といった一般向け作品でもアダルトアニメに迫るセックスシーン を盛り込み、本作が代表作の1つに数えられると共に注目されることとなる。 また、キャラクターデザインと上巻の作画監督を担当した黒田はアダルトアニメ版『』(2009年8月 - 2011年5月)でもキャラクター原案を担当したほか、アダルトアニメ版『』(2010年9月 - )でもキャラクターデザインと作画監修を担当し、本作が代表作の1つに数えられると共にアダルトアニメのファンから引き続き注目されることとなる。 発売歴(アニメ) [ ]• ジャケット原画は黒田和也による描き下ろし。 上巻ダイジェスト映像を収録したDVD『エロシーンリプレイ特典DVD』を同梱。 詳細はを参照。 ジャケット原画は黒田和也による描き下ろしであるが、絵柄は初回限定版とは異なる。 本編DVDのみ。 72の企業ブースで先行発売。 一般発売については不明。 同日発売の『』の初回限定版を、アムールの公式通販で購入した時のみ同梱されていた非売品。 単品発売については不明。 ヒロイン2人の声が、DVD版とは別の声優で再収録されている。 ジャケット原画は黒田和也による新規描き下ろし。 旧声優陣の音声に加え、下巻の新声優陣による音声も収録した仕様。 本編DVDのみ。 ジャケット原画は石原恵による描き下ろし。 詳細はを参照。 ジャケット原画は石原恵による描き下ろしであるが、絵柄は初回限定版とは異なる。 本編DVDのみ。 ジャケット原画は黒田和也による新規描き下ろし。 DVD版上下巻のオリジナルマスターをし、BD1枚に収録した版。 上巻部分はDVD再発売版に準拠したダブルキャスト仕様。 DVD上下巻初回限定版に同梱されていた各特典DVDの内容も『ひと夏の思い出』と題して収録。 パッケージ内には「キャラクター設定資料集」(全16ページ)と「設定資料集」(全16ページ)を同梱。 なお、エイ・ワン・シーの公式通信販売のみ、後述のカバーとのセット版も取り扱われる。 音声はDVD初回限定版やDVD通常版と同じく旧声優陣。 内容はDLsite. com独占先行販売版と同じ。 WMV形式。 com独占先行販売版 )• WMV形式。 Getchu. 内容はDLsite. com独占先行販売版と同じ。 WMV形式。 内容はDLsite. com独占先行販売版と同じ。 WMV形式。 R18通常販売版 )• 内容はDLsite. com独占先行販売版と同じ。 WMV形式。 ジャケット原画は黒田和也による新規描き下ろし。 DVD廉価版。 内容はDVD再発売版と同じ。 本編DVDのみ。 ジャケット原画は黒田和也による新規描き下ろし。 DVD廉価版。 内容はDVD通常版と同じ。 本編DVDのみ。 なお、エイ・ワン・シーの公式通信販売のみ、後述の抱き枕カバーとの上下巻セット版も取り扱われる。 そのプール更衣室の出入口横では、薄いの裏に隠れて制服を肌蹴させた水泳部部員の 最所弌と 水島朝が、セックスに耽っていた。 しかし、その最中に女子部部員の みずき・ かなみ・ ようこ・ なぎさが入室してきたうえ、テニスウェアへ着替え始める。 朝は驚くが、弌はスリルも楽しもうと4人を呼んだことを明かし、セックスを続行する。 弌のに2か月前の転校当日からの日々を思い出した朝は、4人が着替え終えて更衣室を出た直後にたまらず大きな嬌声を上げながらを迎え、彼と結合したまま悦び惚けるのだった。 その後、プールサイドには無言でを浴びる姿の朝へ何度も頭を下げる弌、には彼の様子に失笑する女子テニス部部員4人、そして花卉園芸部の実習畑には弌と朝を静観する部員の 空山菜摘芽が、それぞれ居た。 朝はプールサイドで弌に抱かれた先夜の件も回想していたところ、表情の変化からそれを看破されたうえに欲求不満と見なされ、再び更衣室へ連れ込まれて先刻以上に激しく抱かれてしまう。 やがて、何度もの絶頂を経た朝は弌のにまみれた全裸で横たわるが、彼の優しい言葉に気を良くして弌の股間へ顔を埋め、自らの意思で彼を求め始める。 そんな朝の背後には、いつの間にか菜摘芽が立っていた。 驚いて振り返った朝は冷然とした菜摘芽の言葉に思わず目を背けてしまうが、弌の股間へ顔を埋めて求める姿に気を取り直し、彼女の横へ続く。 朝と菜摘芽は互いに譲れない想いから2人同時に弌へを捧げた身であり、一緒に居られるこの夏休みの間だけ彼を共有するという約束を交わしていたのだ。 その夜、夜闇の中に明かりの灯った更衣室では、菜摘芽が昼間の朝よりも積極的に弌とのセックスに耽っていた。 同じ頃、水島家では朝が自室ので昼間の件を回想するうちに昂奮してしまい、弌と菜摘芽の光景を想像しながらに耽っていく。 やがて絶頂を迎えた朝と菜摘芽は余韻に浸りながら、それぞれ弌への想いに耽るのだった。 その注水中のプールサイドでは、女子テニス部部員4人がシャワーを浴びようと、テニスウェアを脱ぎ始める。 しかし、プール槽内の一角では、弌と菜摘芽が姿でセックスに耽っていた。 4人がプールを出た後、菜摘芽は注水開始前にもプール槽内で弌と耽っていたセックスの始終を回想しながら注水完了間際に再び絶頂を迎え、彼と結合したまま壁へ身を預けてさらなる余韻に浸るのだった。 一方、校内の女子の一室には、注水開始前のプール槽の底で自分の転寝中に菜摘芽とのセックスを経てを提案してきた弌へを食らわせた後、今も怒り心頭でへ放尿する朝の姿があった。 放尿を終えた朝は、前後の室内へ入ってきたかなみとなぎさによる弌への性的興味の告白を耳にし、焦りも覚える。 その夜、水島家で母の 夕衣の帰宅を待つ朝の自室へ、弌が現れる。 が近いことを挙げる朝を抱いて絶頂を迎えさせた弌は、彼女をでも抱きながら、離別を阻止するためにも朝と菜摘芽の両方をさせたい願望や、自らはして働く覚悟を明かす。 朝は自分たちの妊娠が弌を「縛る」ことを懸念するが、たまらず絶頂を迎えて彼の胸板へ崩れ落ちると、菜摘芽よりも先に妊娠した可能性への複雑な想い、そして弌だけのものになれた悦びに包まれるのだった。 その後日の夜、弌・朝・菜摘芽は共に姿で夏祭りへ出かける。 で嬉々として戯れる朝を余所に、弌は菜摘芽の誘いに応じてので2人だけのセックスに耽り始めるが、前戯が終わる頃にはその様子を察して朝が現れ、菜摘芽と一緒に抱いてほしいと弌に望む。 ほのかな月明かりの下、朝と菜摘芽は弌の腕の中で立て続けに悦びながら、彼を共有した日々を回想していた。 それから数年後。 親元から独立していた朝と菜摘芽は、私服姿でとあるのへ降り立つ。 の先には、で迎えに来た弌が立っていた。 朝と菜摘芽は嬉しさに互いの手を取り合い、弌のもとへ駆け出すのだった。 登場舞台(アニメ) [ ] 玖珠井市 で述べた再構築のため、全容をうかがえる描写はアダルトゲーム版以上に存在せず、断片的に描かれるのみとなっている。 また、アダルトゲーム版の発売からまもなく制作が開始されたという理由もあり、弌たちが表立ってを用いる姿はやはり描かれていない。 上巻ではアダルトゲーム版と同じ構図でへ入浴中の朝と菜摘芽の姿が描かれるが、こちらも再構築によって野菜の持ち込みやへの出発など入浴以前における彼女たちの接点が一切描かれず、至った理由が不明となっているうえに入浴中の会話内容もまったく異なっており、弌への想いを打ち明けて対立したうえで夏休みの間だけ彼を共有する約束を交わす、朝と菜摘芽の姿が描かれる。 また、下巻では昼間のにて弌と朝のセックスが描かれるほか、夜のやにて夏祭りや弌・朝・菜摘芽のが描かれる(詳細はそれぞれ後述)。 なお、アダルトゲーム版には弌・十三・朝・菜摘芽が共に全裸となるセックスシーンがさまざまな場所に存在するが、アダルトアニメ版で弌と朝が共に全裸となってセックスを行うのは水島家の浴室だけであり、他の場所では弌・朝・菜摘芽の全員かいずれかが、でセックスを行う。 そういった変更が加えられたためもあり、アダルトアニメ版に弌と菜摘芽が共に全裸となるセックスシーンは存在しない。 また、アダルトゲーム版には弌(別パターンでは十三)と朝のセックスシーンに彼らの体格差が無視されている(身長178cmの弌や身長179cmの十三よりも、身長163cmの朝の方がやや大柄に描かれている)もの が存在していたが、アダルトアニメ版では全編に渡って設定画通りの体格差で描かれており、前述したように弌と朝が全裸でセックスを行う水島家の浴室では特にそれが確認できるようになっている。 「」も参照 東台校 で述べた再構築のため、全容をうかがえる描写はアダルトゲーム版以上に存在しており、いくつもの施設が描かれている。 ・・に囲まれた広大な敷地 のうち、・・実習畑は・・を見下ろせる位置に存在する。 敷地内に、テニスコート用の設備以外に独立したは設置されていない。 アダルトゲーム版と同様に弌・朝・菜摘芽の各種セックスが描かれるプール更衣室やプールは路地を挟んでテニスコートと隣接するため、プールサイドのシャワーコーナー共々水泳部だけでなく女子テニス部にも用いられる。 また、実習畑はプールとテニスコートの両方に横並びで隣接する。 アダルトゲーム版では朝や菜摘芽の衣装の1つに過ぎなかったうえ、細部の構造はTonyの設定画で簡単に説明されているだけだった風型の女子用制服についても、アダルトアニメ版では詳細に設定されており、朝・菜摘芽・女子テニス部部員4人の着替えや弌とのセックスを通じて多岐に描かれ 、構造を詳細にうかがえるようになっている。 また、朝のやについても、アダルトアニメ版ではそれぞれ詳細に設定されており 、上巻で彼女が女子用制服から着替える際に裸体へスクール水着をいきなり着るのではなく、まずはスイムショーツを穿くという工程や、着替えて水泳を開始した以降も尻の食い込みを直す際には隙間からスイムショーツが覗くという、緻密な描写が盛り込まれている。 「」も参照 プール更衣室 アダルトゲーム版では窓は小さなものが1つだけで、壁際の脱衣棚付近だけにが敷かれており、床の大半は壁と同様にむき出しとなっていた が、アダルトアニメ版では路地側の壁とプール側の壁、そしてその間の側壁にそれぞれ大きな窓が存在することに加え、路地側の天井にはすら存在する うえ、床の大半にはすのこ状の水切り が敷かれている。 また、アダルトゲーム版では横になって水面に浮かぶことも可能なほどの が持ち込まれており、更衣室内でのセックスの際にもの代わりとして用いられる光景が散見されていた が、アダルトアニメ版ではビーチマットが持ち込まれておらず、更衣室以外のシーンにも登場しない。 路地側から階段を介して男女別に分割配置されており、上巻のみで用いられる。 そのうち、男子用は朝と菜摘芽が同時に弌へを捧げる回想シーンの3P に、女子用は彼女たちが弌と個別に耽る本編のセックスにそれぞれ用いられていることが、全体の外形や各室内の差異から判別できる。 また、女子用は薄いで仕切られた出入口横の部分が序盤で弌と朝のセックスに、終盤で弌と菜摘芽のセックスにそれぞれ用いられるが、前者では床に敷かれたバスタオルをベッドの代わりとして展開されるさまざまなの影が窓からの入射光によってカーテンへ映り込むにもかかわらず、女子テニス部部員4人がそちら側へ振り向かないうえに弌と朝の存在にすら気付かないため、何も露呈しないという理由付けがされている。 それに加え、中盤ではプール側の出入口付近や室内の中央部分が弌と朝の2回目のセックス に用いられるほか、室内のではアダルトゲーム版と同じ構図で弌へのに耽る朝と菜摘芽も描かれる が、で述べた再構築のために発生理由は異なる。 プール 作中(特に下巻でのセックスシーン)の描写から、アダルトゲーム版と同様の標準的な用(プール槽の長さが25m、深さが2m)であることが確認できる。 上巻では朝がプールサイドでシャワーを浴びる際や、彼女の回想シーンで描かれる2か月前の弌との馴れ初め、そして彼に心を開いていく朝が何枚もの写真を撮影される過程に用いられるほか、弌と朝が前述の街灯の不備に乗じて夜にはプールサイドでもセックスに耽っていることが描かれる。 また、テニスコートとの間に敷かれている路地は、弌にプール更衣室へ再び連れ込まれた朝がそのまま彼とのセックスに延々と耽っている(約束を守らずに弌を独り占めし始めた)ことを実習畑で察した菜摘芽が、を被ったまま更衣室へ向かう際に描かれる。 下巻では序盤から中盤にかけ、プール槽内で姿や姿での回想シーンを交えながら2回行われる弌と菜摘芽のセックス(菜摘芽の妄想内における弌と朝のも含む)に用いられるうえ、そのうちの2回目と並行して女子テニス部部員4人がプールサイドでシャワーを浴びる際にも用いられる。 また、2回目ではかなみがなぎさに水を浴びせられる際、そばのプール槽の縁には両手で掴まりながら弌とのに耽る菜摘芽の指が明確に映るにもかかわらず、上巻のプール更衣室と同様に女子テニス部部員4人はそちら側へ振り向かないうえに弌と菜摘芽の存在にすら気付かないため、何も露呈しないという理由付けがされている。 なお、それから続く弌と菜摘芽の水中背面立位 は膣内射精によるモヤを含めてアダルトゲーム版と同様に描かれるが、構図は異なる。 DVD上巻再発売版ジャケット画では、浅く張られた水が陽光を反射するプール槽内でに背中を預けて座りながら微笑む、全裸の朝が描かれている。 この画は、後により発売されたのもとにもなった。 詳細はを参照。 渡り廊下 1階の外と同じく、校舎と体育館を接続している廊下の1つ。 正門と運動場やテニスコートなどを接続している外通路と交差する、外廊下の真上に設置されている。 上巻の朝の回想シーンでは、正門から下校していく生徒たちを余所にプールへ向かう朝と、彼女を呼びながら追いかける弌が外通路を経てここを通過した直後、女子テニス部部員4人が階下の弌のそばに立っている朝を気にせずに弌を呼び止めて自分たちとのデートへ誘うが、4人とものそばに立っていたことから、彼に制服の部分の中を越しに覗かれながらはぐらかされてしまう。 水島家(みずしまけ) 朝が母の夕衣と共に住む、洋風の3階建て一軒家。 上巻では朝がに耽る自室以外は一切描かれていないが、下巻では前述した一軒家であることや、周囲がやなどを挟んで立ち並ぶ木々・・隣家に囲まれていることが、朝が夕衣の帰宅を待つ夜の家屋の外形で確認できる。 また、その屋内には知人たちの開いてくれたお別れ会へ参加する夕衣の書き置きが残された、朝が自室でのセックスから続けて弌に誘われる形で泡まみれのセックスに耽る形式のも、それぞれ描かれている。 水島工務店の経営についてはアダルトゲーム版と同様であることが、上巻冒頭でプール更衣室の脱衣棚に置かれた店名入りのタオルからも示唆されているが、設定資料にはこのタオルをのように巻いた朝の姿も描かれたものの本編には登場せず、前述の脱衣棚にブラジャーとタオルが映るだけに留まっている。 朝の自室 夜に水島家の外形が映るシーンや明かりの灯った朝の自室内が映るシーンから、水島家の3階に存在することが確認できる。 また、朝の自室については仕様の洋室であることに加え、室内に弌の撮影した何枚もの朝の写真が貼られたが立ててある学習机や、上巻で彼女がのような姿勢でオナニーに耽るベッド、そして通常窓とは別にに面した天窓も存在することが確認できる。 なお、下巻では上巻からの日数経過に伴って朝の写真が一部変更されているうえ、のそばの壁にはが追加されている が、後者については彼女が後述の砂浜の回想中に室内へ上がり込んでいた弌に椅子の上で抱かれてを迎えた直後、自分たちの妊娠も彼の目的に含まれていたことを知って脱力中の姿に見切れて映るカレンダーの表記から、作中の時代が2007年7月以降であることが示唆されている。 また、いずれのセックスの際にも浴槽側の壁には、のを置いてなお充分な余裕を有する浴室幅のすら存在することが確認できる。 なお、浴槽にて弌へのフェラチオに耽る朝がほぼ俯瞰から映る際や、その後に背面立位のに耽る彼らが斜め俯瞰から映る際には、それぞれペイウインドウに屋外の木々や敷地しか映っていないうえ、洗い場にて騎乗位の果てに絶頂を迎えた朝が弌の胸板へ崩れ落ちる際にも、浴槽を隔ててほぼ真正面から映るベイウインドウには屋外の木々やその合間から覗く夜空しか映っていないため、浴室の位置は隣家に面した方向ではなく、朝の自室の横や下でもないことが示唆されている。 砂浜 下巻の水島家で自室のベッドに横たわった朝が、自身のについて独りごちながら回想する砂浜。 アダルトゲーム版に容姿無しで登場した先のやその関係者たちは、一切登場しない。 朝の自室のコルクボードには、アダルトゲーム版と同じ構図で姿の彼女が夕陽に照らされる砂浜に佇む写真が貼られていることが確認できるほか、その後の回想シーンではの合間に存在する無人の砂浜で制服姿からトライアングルビキニ姿へ着替えた直後の朝を制服姿の弌が押し倒し 、第三者の視線を気にしながら焦る彼女を白昼堂々と抱いて絶頂へ導くセックスが描かれる。 境内(けいだい) 下巻終盤で弌が朝や菜摘芽と共に姿で訪れる、玖珠井市の夏祭り会場。 ほのかな月明かりの下、明るい臨時電灯に照らされるはやで賑わっているが、参加者たちや来場者たちがを締めたりを羽織ることはない。 参道の裏側は木々が立ち並ぶ暗がりとなっており、街灯の明かりすら届かない奥部には、本堂の1つやとうかがえる木造の建物が存在する。 弌は嬉しそうに屋台を見て回る朝を余所に、水島家での件や夏休み明けの別離の件を菜摘芽と話した後、茶化して浴衣の上から尻を撫でたことをきっかけに欲情した彼女の誘いに応じ、2人きりのセックスを行おうと無人の本堂へ忍び込むが、前戯を終える頃には彼らの様子を察知して合流した朝が夏休みの最後の夜を理由として3Pを望み、 での3Pへ発展する。 その際、木の幹に身を預けて浴衣を肌蹴させた朝と菜摘芽が生尻を突き出しながら弌を誘う姿 を経て、彼が縁側へ横並びで横たわった朝と菜摘芽に対して階段から段差を利用し、性器の高さを合わせながら結合していることが確認できる。 とある駅 下巻で、少し大人びた私服姿の朝と菜摘芽が降り立ち、同じく少し大人びた私服姿の弌と再会する駅。 駅名は不明であるが、一足先に反対側のので待っていた菜摘芽が後から降り立った朝とを挟みながら向き合うのホームの背景、ホームを発っていくに酷似した 、親元から独立した互いの成長ぶりを報告し合う彼女たちの会話、手にしているなどの荷物、そして改札口の先にで迎えに来ていた弌を見て「ただいま!」と呼びかけるから、路線についてはをモデルとして設定したこと、駅については玖珠井市内に存在すること、そして朝と菜摘芽については弌とのを開始することが、それぞれ示唆されている。 登場人物(アニメ) [ ] アダルトゲーム版から引き続き登場している者に関しては、変更点のみ記述する。 名は上巻のヒロインのみ公表。 上巻音声再収録版、上巻再発売版、下巻では別人が演じており、非公表。 ただし、弌だけはすべての版において非公表ながら同一の声優が演じている。 主要人物(アニメ) [ ] 最所 弌 声 - 非公表 瞳の色は緑へ変更された。 補習を受ける様子やに励む様子、そして家庭の環境や事情をうかがえる様子は無く、部部員としての姿のみが描かれている。 また、弱気な一面を見せる様子も無いことから、十三の魅力の一部を結果的に併せ持つ存在となっており、自らをセックスで共有する朝と菜摘芽だけでなく、朝の転校以前からの友人である女子部部員のみずき・かなみ・ようこ・なぎさにも、異性として意識されている。 上巻では朝へを向けたり彼女や菜摘芽とセックスを行う際も制服姿のままであり、上下巻ともセックスの際にはアダルトゲーム版以上のや精力を発揮して一度に何回も朝や菜摘芽を求めるうえ、彼女たちへ躊躇せずに大量のを行うことが多くなった。 特に、上巻では弌がまったく休まずに朝を求めていることが彼女の台詞から、下巻では弌が朝や菜摘芽の望む以上の頻度で日々励んでいることが彼女たちの台詞から、それぞれ示唆されている。 なお、口調については女子テニス部部員4人との会話時も含めてアダルトゲーム版での口癖を一切用いなくなったうえ、普段は朝や菜摘芽とのセックスへの意欲ゆえに軽口を叩いて朝の顰蹙を買うこともあるが、彼女たちとのセックス中は後述の想いも相俟って極端に口数が減り、甘い口調で囁く程度になる。 朝や菜摘芽との関係については、上巻では同時にとなった 彼女たちを交互に抱いて軽口を叩くだけであるが、下巻ではにも意欲的な言動を見せる一方、朝や菜摘芽を両方とも本気で愛する言動、彼女たちとの離別に勘付いてそれを阻止するためにも両方をさせたい願望、そして2人と我が子たち を養うためにして働く覚悟など、アダルトゲーム版とは似て異なる形でやを超越した想いすら見せるようになる。 それに伴い、さまざまな場所で朝と菜摘芽を以前にも増して立て続けに抱く うえ、その後日のでは水島家での件を知った菜摘芽の欲情を煽って彼女の方から自分を誘うように仕向け、で彼女との2人きりのセックスを始めた後、朝と菜摘芽からその場で望まれた3Pにも即座に応え、彼女たちとの思い出を締めくくる。 また、では駅にて朝と菜摘芽を出迎えて笑顔で駆け寄られるなど、彼女たちとの相思相愛ぶりが数年を経ても不変であることが描かれている。 素肌の色は日焼けしていない部分が若干明るく変更され、日焼けしている部分とのが強調された。 出身地や転校元は不明であるが、転校当日は上巻のプール更衣室でのセックス当日から2か月前であることが明確に描かれている。 また、弌と同じく補習を受けている様子は無く、水泳部部員としての姿のみが彼のカメラ越しに描かれている。 3階建ての一軒家で夕衣と暮らしており、夏休み明けに再転居や再転校が決定しているが、弌にはまだ打ち明けていない。 についてはアダルトゲーム版と同様の白い無地 に加え、青と白から成るの色柄 も着用している。 プロポーションについてはアダルトゲーム版よりも強調された描写から、「極上の肢体」 や「顔負けの肉体」 と評されるほどになっており 、上巻では菜摘芽と同時に弌へを捧げた 以降、毎日のセックス中に彼から受けるによっての張りが以前よりも増した ことを、自宅の自室のベッドに座りながら愚痴る描写が存在する。 また、下巻ではの姿でプールに落ちて全身ズブ濡れとなった際や、自宅の浴室にて弌との混浴セックスに耽る際、それぞれ乳房を強調された描写が存在する。 菜摘芽との関係については、上巻では弌を共有して競い合うだけであるが、下巻では彼女よりもかなみやなぎさの方へ対抗心を燃やし、自らの独占欲を恥じて嫌悪する一面を見せる。 また、砂浜や自宅での強引なセックスを遂行した弌については怒りながらも愛しく思う一方、彼の願望や覚悟に応じて露呈した自らの妊娠願望については悦びながらも菜摘芽への後ろめたさを口にするなど、複雑な一面を見せる。 3Pや妊娠については、菜摘芽よりも露骨な懸念を抱えている。 しかし、下巻中盤以降は前述の理由からも懸念が解かれ始め、終盤には弌の願望や覚悟と菜摘芽の想いをそれぞれ再認識し 、彼女を交えて弌に抱かれる際にも抵抗せずにでなど、積極的な一面を見せる。 また、エピローグでは親元から独立しており、菜摘芽と手を取り合って弌のもとへ駆け出していく。 関西出身の設定は削除され、幼少時から弌のことを知っており、現在でも想い続けている。 家庭の環境や事情は不明であり、朝と同じく夏休み明けに弌との離別が決定している が、彼にはまだ打ち明けていない。 下着についてはアダルトゲーム版と同様の黒いこそ着用しているものの、やは淡桃色のものを着用しており 、アダルトゲーム版で描かれた黒いを着用することはない。 プロポーションについてはアダルトゲーム版よりもやや豊満なものへ変更されており、の前でしゃがんでいる際や弌とのセックスの際には特にそれが見て取れる など、朝との体格差はアダルトゲーム版ほど顕著なものではなくなった。 なお、部については他の部員たちの存在がうかがえないうえ、実習畑の草花や野菜も日常の背景の一部に過ぎず、弌や朝のもとへ持参することもない。 朝との関係については、上巻では同時に弌へ処女を捧げた 後に彼を共有して競い合うだけであるが、下巻では朝にプロポーションのを感じたり、弌とのセックスの際にもあったりとさまざまに背伸びしたがる 一方、弌の視線に無防備過ぎる朝のことを気遣って彼女から煙たがられるなど、複雑な一面も見せる。 3Pや妊娠については、前者は下巻終盤で朝と共に生尻を突き出して弌を誘うまでに至り、後者は上下巻とも膣内射精が行われた際に驚きの表情を浮かべる程度であるなど、朝ほど露骨な懸念は抱えていない。 特に、上巻終盤では後背位での絶頂後に膣内から零れ落ちていく弌の精液を悦び惚けた表情で眺める菜摘芽の姿をしながら物語が終了するうえ、下巻終盤では浴衣越しに尻を撫でられた ことをきっかけとして弌を2人きりのセックスへ誘うなど、その最中に現れた朝を交えて行う3Pも含めて彼女よりも寛容かつ弌共々積極的な一面を見せる。 また、エピローグでは親元から独立しており、朝と手を取り合って弌のもとへ駆け出していく。 その他の人物(アニメ) [ ] みずき 声 - 非公表 アダルトアニメ版オリジナルの登場人物 で、女子テニス部部長。 姓は不明。 黄色の瞳、やや褐色の素肌、そして朝に引けを取らない高めの背丈かつグラマーな肢体に、尻まで届くウェーブの入ったボリューミーな栗髪や、彼女と同様の白い下着が映える美人。 男子テニス部 共々、(自らや後述のかなみたちはプールでの遊戯も兼用)のために夏休みも登校中。 かなみたち共々、弌とは朝の転校以前から冗談を言い合える友人である。 かなみやなぎさほど明確には描かれていないが弌への好意を持っており、上巻では彼とのセックスに耽る朝の回想シーンで渡り廊下から階下の弌を自分たちとのデートへ誘った際、彼に制服の内を覗かれたことにあわてながら後ずさるほか、弌とのセックスに耽る菜摘芽の妄想には彼の言葉に応じたかのように、かなみたちと共に下着姿で現れる。 人の気配には極めて鈍感である。 上巻ではプール更衣室で脱衣棚に置かれていた朝のや、なぎさに摘み上げられた朝のブラジャーを不思議に思いながら周囲を見渡すが、カーテンのすぐ向こう側でセックス中の弌と彼女の存在に気付かないうえ、下巻ではプールサイドでシャワーを浴びるためにテニスウェアを脱ぐ際、すぐ斜め下のプール槽内でセックス中の弌と菜摘芽の存在にも気付かないほどであり、のに耽る彼らの上方に下着姿で尻を突き出すことすら行っている。 また、後者ではようこと同様の恥ずかしがり屋でもあり、人目を気にする自らやかなみを余所にさっさと全裸となったなぎさを見て驚くうえ、シャワーを浴び終えた後は休みだったはずの男子テニス部部員たちの接近に気付いたかなみたちの言葉に驚き、彼女たちと共にあわててプールから逃げ出してしまうが、このことが注水開始前に耽っていた弌とのセックスを回想していた菜摘芽を、ラストスパートへ突入させるきっかけとなる。 かなみ、ようこ、なぎさ 声 - 3人とも非公表 3人とも『』からのゲスト出演で、女子テニス部部員。 原典における詳細は、や該当項目を参照。 人の気配に極めて鈍感なのは、みずきとほぼ同様である。 上巻ではなぎさがプール更衣室の脱衣棚に置かれていた朝のブラジャーに気付いて歓声を上げる が、カーテンのすぐ向こう側でセックス中の弌と彼女の存在には3人とも気付かないうえ、自分たちが更衣室を出ていく際に自らを抑え切れなくなった朝の嬌声が聞こえても、ふと首を傾げるのみである。 下巻ではすぐ斜め下のプール槽内でセックス中の弌と菜摘芽の存在に3人とも気付かず、全裸のなぎさが逃げるようこのパンティーを脱がそうと引っ張りながら追いかけ 、テニスウェアをなかなか脱ごうとしないかなみにで水を浴びせてブラジャーが透けるまで全身ズブ濡れにさせるほか、その後の女子トイレではかなみとなぎさが朝の存在に気付かないまま交わした会話により、弌がかなみとなぎさから性的興味を持たれていることが判明する。 また、それを聞いた朝はその夜に自宅へ上がり込んできた弌との混浴セックス中にかなみやなぎさへの対抗心を燃やし、更衣室で弌とのセックスに耽る彼女たちの姿を妄想してしまうが、このことが朝の抱えていた3Pや妊娠についての懸念を解くきっかけとなる。 なお、みずき共々上巻にはでの部活(の素振り)に更衣室内での弌と朝のセックス(2回目)を、下巻にはプールサイドでの遊戯(脱衣やシャワー)にプール槽内での弌と菜摘芽のセックス(2回目)をそれぞれ同調させながら進行させるという演出が盛り込まれている。 また、上巻UMD音声再収録版パッケージには作中での姿が朝や菜摘芽のそれに混ざる形で用いられている。 水島 夕衣 上巻では夫との離婚や朝との夏休み明けの転居を控えていることが彼女の回想中の台詞から示唆されるだけで、夕衣自身については名前が挙がらないうえに存在すら示唆されていないが、下巻では朝に留守番をさせて知人たちの開いてくれたお別れ会へ出席する際に「帰宅が遅くなるので先に寝て良い」旨を記した書き置きにより、存在は示唆されている。 しかし、これを残されたにもかかわらず戸締まりを忘れていた朝の不用心さ(自室へ上がり込んできた弌にも指摘されている)が、彼女と菜摘芽を両方とも本気で愛するゆえに妊娠させたい願望を持つに至った弌を、夜の水島家へ上がり込ませるための追い風となる。 また、下巻エピローグではとある駅のホームで菜摘芽と互いの成長ぶりを報告し合う朝の台詞から、夕衣が朝の独立を了承したことが示唆されている。 スタッフ(アニメ) [ ] 作中の表記や各紹介ページ による。 企画 - 盛こかん• 監修 - (上巻、上巻再発売版)• 監督 - 土支田板三 (下巻)• 脚本 - たかはし薫• 絵コンテ - 高橋丈夫(上巻、上巻再発売版)、土支田板三(下巻)• 演出 - 土支田板三(上巻、上巻再発売版)• オリジナルキャラクターデザイン -• キャラクターデザイン -• 作画監督 - 黒田和也(上巻、上巻再発売版)、(下巻)• 色彩設計 - ひのさとみ• 色指定検査、特殊効果 - 酒井弥生(上巻、上巻再発売版)、内田敦也(下巻)、髙木典幸(下巻)• 美術設定 - 佐藤平助• 美術ボード - 吉永萌太• 背景 - 竹松美穂• CGディレクター - 松井信哉• 音響監督 - 倒海底王• 音響効果 -• 音響制作 -• 音楽 -• 編集 - AMGA 、西重成• VTR編集 -• 広報 - 安斎真彦(上巻)、天手毛天 (上巻再発売版、下巻)• デザインワークス - 天手毛天• プロデューサー -• アニメーションプロデューサー - 天手毛天(上巻、上巻再発売版)、中塚裕治、畠山譲(下巻)• アニメーション制作 - (上巻、上巻再発売版)、2匹目のどぜう(下巻)• 製作 - ひまじん(上巻)、(上巻再発売版)、2匹目のどぜう(下巻)• 発売 - ひまじん(上巻)、エイ・ワン・シー(上巻再発売版、下巻、版、DVD廉価版)• 関連商品(アニメ) [ ] IN THE SKY ON THE WATER 音楽を担当した菊田裕樹の。 詳細はを参照。 そらのいろ、みずのいろ 水島朝 水着Ver. CLUB40 Vol. 2 下巻の作画監督を担当した石原恵が、の74で発表した。 表紙を石原描き下ろしの朝が飾っており、誌面には下巻のや修正原画が多数収録されている。 同年には、の店頭や通販でも発売された。 そらのいろ、みずのいろ 水島朝 抱き枕カバー BD版の発売記念に初めて制作されたカバーで、より発売。 表裏を黒田和也描き下ろしの朝が飾っている。 当初はBD初回限定版との期間限定セット通販のみであったが、には単品通販が開始された。 備考(アニメ) [ ] エロシーンリプレイ特典DVD 上巻初回限定版に同梱された初回特典DVD。 映像は上巻の本編からセックスシーンを中心に、作中の時系列を無視して再編集された約10分の短編であるが、2部にチャプターが割り振られたシナリオは本編終了後の時点における朝の回顧という設定で書き下ろされており、音声は新規に収録された彼女のものだけになっている。 この音声には、淫語が本編よりも多く無修正で用いられており、それに伴ってセックス中における朝のがやや大胆なものへ変更された結果、彼女がこの時点でする可能性を強く意識していた(ただし、後に下巻中盤であらわにする菜摘芽との同時期妊娠への懸念よりも、自分だけの妊娠への期待を多分に交えた言い回しとなっている)ことも示唆されている。 映像は上下巻の本編から朝と菜摘芽のセックスシーンを中心に、作中の時系列を無視して再編集された約11分の短編であるが、チャプターは彼女たちに1部ずつ割り振られており、セックス中における朝と菜摘芽の淫語混じりのモノローグを、新規に収録された音声で聴ける内容となっている。 また、菜摘芽のモノローグは弌のを貪欲に求める大胆さから、本編の表面では朝ほど意識する様子が見られなかった妊娠する可能性を、内面では彼女と同様に強く意識していたことが示唆されている。 上巻では回想シーンでの弌との明るい会話やプール更衣室での着替え、そしてでの素振り、下巻ではプールサイドでのシャワーや朝の妄想内における弌とのセックス(陽子を除く)など、数々のシーンで物語に華を添える。 なお、声優は原典のアダルトゲーム版やコンシューマ版とは別人が担当している。 誌面特集 キャラクターデザインと上巻の作画監督を担当した黒田和也は本作が初の18禁作品である うえ、上巻発売時点ですでにの表紙原画をから8年間も担当していることで知られる。 しかし、下巻の誌面特集は2008年7月号 に下巻特集記事『緊急特集!! そらのいろ、みずのいろ』こそ掲載されたものの、こちらは黒田の降板の影響を受けて黒田描き下ろしの朝や菜摘芽が表紙を飾ることは無かったうえ、黒田描き下ろしのピンナップや下巻フィルムコミックも用意されず、巻中の全2ページモノクロだけにとどまった。 なお、のアダルトアニメ誌『』2008年8月号では『』や『』 と並んで下巻の紹介記事が掲載されたうえ、付録DVDにはその予告も収録された。 その他、BugBug増刊のDVD BugBugではVOL. 5 の表紙を黒田描き下ろしの朝が、VOL. 11 の表紙を下巻の作画監督を担当した石原恵描き下ろしの朝と菜摘芽がそれぞれ飾ったうえ、VOL. 5の誌面を黒田描き下ろしの朝と菜摘芽のピンナップ が、VOL. 11の誌面を石原描き下ろしの朝と菜摘芽のピンナップ がそれぞれ飾っている。 脚注 [ ] [] 18歳未満閲覧禁止の内容も含む。 注釈 [ ]• スペースプロジェクト公式サイトなどで用いられている。 なお、「そらいろ」と略すとを指すので注意。 仕様のため、自己紹介や作品紹介、ボイスドラマについては一般のでも聴けるようになっている。 朝と菜摘芽の姿を1枚に掲載したアダルトゲーム版のジャケット画と同じ絵柄のB2サイズポスターや、玖珠井市の海を背景として彼女たちの立ち姿を個別に掲載した絵柄のスリムポスターが制作されている。 配布会会場には、当時に所属していた芹園も個人的に訪れていた模様。 後述するように、このコンセプトはシナリオに活かされなかったが、アダルトアニメ版では偶然にも朝のパンティーの柄として陽の目を見ることとなった。 本作以外にもスペースプロジェクトの各作品を担当した後、「黒猫招福」名義でhourglassの『』 や『』 を担当している。 2013年現在ではTonyの制作集団アルビオンワークスに所属。 ただし、DVDPG版だけはハード上の制約から周回プレイの再現や視点の切り替えが不可能なため、最初から統合された内容となっている。 ただし、必ずしも弌や十三の首から上を見切ったレイアウトを組んでいるというわけではなく、朝が右乳房を左手で鷲掴みにされながら左乳首を吸われて喘ぐCGでは相手の鼻や口元が 、朝が音楽室で背面立位に耽るCGでは相手の口元が 、朝が上で背面に喘ぐCGでは相手の頭髪や左耳が 、菜摘芽が左乳房を右手で鷲掴みにされながら右乳首を吸われて喘ぐCG(左右反転CGもあり)では相手の鼻や口元が それぞれ見えているが、どれも線画作成の時点ですでに相手が弌なのか十三なのかは判別できないように描かれている。 作中では「野合」と称されている。 番組『』第12回ゲスト出演時に発言しており、ドラマCD『アキハバラ発!ぷらてぃあ放送局Vol. 2』に収録されている。 次回作『真章 幻夢館』では、体験版が制作されている。 プログラムには、修正パッチVer. 3相当の修正を実装済み。 2011年度では100位以内から落ちたものの、第185位を記録している。 インタビューが行われた2009年12月 時点ではこのように語り合っていたが、その後はアールピーエムの消滅に伴ってTonyとスペースプロジェクトが疎遠になったこともあり、実現には至っていない。 ただし、DVDプレーヤーによってはハード自体の機能による早送りや巻き戻しが可能。 タイトルロゴでの表記。 販売サイトの一部では、後述のDL版と同じく『すぺじゃに共和国スペシャルパック』と表記されている所もある。 そのため、現実では地方都市の分類上最小の地方中小都市に相当する。 フィギュア『500円カプセル デジタルギャルズパラダイス そらのいろ、みずのいろ』の制作に際してTonyが描き下ろした設定画によれば、ふんどしはのと同様の締め方と指定されており、有名な所としてが例示されている。 開発当時における現実の九州地方で「玖珠」を含む地名は大分県のや、山間やの地形や背景は大分県の(後の)や長崎県の海岸、産業や人口減少は長崎県の全域が該当する。 野菜については弌・十三・朝・菜摘芽の食事のほか、彼らの4Pにも用いられる。 理科準備室 ・体育用具室 ・屋上 ・音楽室 ・ などが登場するものの、それらの全容を人物抜きで確認できる背景CGは用意されていない。 物語開始時点ですでに水泳部が県大会を敗退して当年度の活動目的を失っており、弌・朝・十三以外の部員たちは活動していない旨が説明されている。 ただし、このエンディングにおける朝は弌よりも十三が本命という意識が強いため、式場で並び立つ弌は世間体を取り繕うための代役に等しくなっている。 乳房を支える細いが背中を交差するようにつながっており、背中の大部分が露出したややの競泳型。 アダルトアニメ版の朝の設定資料では、「競泳水着」と明記されている。 担当声優の芹園は収録当初、朝にはクールで細めな声が似合うと思っていたため、「もっとサバサバしてください。 江戸っ子みたいに」というオーダーに驚いたとのこと。 セックスシーンによっては、乳房用付きの黒いも着用している。 紐で結ぶタイプであるため、結びが緩いと水中でいつの間にか解けてしまい、外れることとなる。 朝は部活用のに、店名入りのを常備している。 この着替えについては、菜摘芽と共に耽る弌や十三とのセックスの舞台にプール更衣室を多用することへの、理由付けの1つにもなっている。 菜摘芽も交えてのスワッピングや4Pに明け暮れた結果、自らは父が弌か十三か不明な子を妊娠する。 菜摘芽の父が地元と対立したことが原因で、親に愚痴られた他の部員たちが菜摘芽をうとんじた結果でもある。 溺れるCGこそ用意されていないものの、プールの飛び込み台に立って平然と飛び込み姿勢を取る朝の横で、恐る恐る飛び込み姿勢を取る菜摘芽を描いたCGは用意されている。 シーンによっては、ストッキングと同じレース柄のも着用している。 とは無関係。 弌と同様の体形や巨根は、前述の流用を効かせるためでもある。 その結果、朝には甘えられるようになる。 弌や朝よりも目立つその様子は、T-YAMに「十三さんが中身的に持ってちゃったって感じですね」と評されている。 開発当時におけるパオンの取締役副社長。 同人サークル「アーデルハイド」を主宰する。 本作の背景原画を一部担当した 後、主に や で活動している。 本作以外にも、数々の作品を担当しているシナリオライター。 本作の後、スペースプロジェクト作品では『』 (2006年)や『フォルト!! 』 (2009年)でそれぞれシナリオを担当することとなる。 株式会社フェンネルに所属する。 スタジオ・ハードデラックス代表取締役社長の高橋信幸()が1998年に開業した会社。 後年には株式会社化されたが、現存していない模様。 2014年までは単なるであった が、同年末に法人化して 株式会社映音空間となった。 リメイク版『フォルト!! A』までに登場した、佐伯藍、杉山澪、伊達・ウィングフィールド・黎子、羽山璃花の4人。 その後に発売された『フォルト!! S 〜新たなる恋敵〜』で追加された神和住真夜は『らぶ彼女!! 』シリーズには登場していないため、含まれていない。 厳密には『ヴァルキリー』と『』の間に入る第2作。 開設当初のひまじん公式サイトでの告知ページにおける記述と画像ファイル名や、後述のチラシにおける『TRUE BLUE』の記述から、それが確認できる。 チラシにも、「顔のない月のサトウトシハル監督最新作」という記述が存在する。 本作にはこのような関わりに終わったが、郷自身はテレビアニメ『』( - 、動画)や劇場版アニメ『』(1984年、原画)の頃から名を連ねているベテランアニメーターである。 高橋は上巻の監修、土支田は上巻の演出と下巻の監督をそれぞれ務めた。 上巻で、弌と朝がセックス中のプール更衣室へ入室してきた女子テニス部部員4人の会話から、水泳部部員は弌と朝の2人だけであることが示唆されている。 また、朝が転校してきた当日の回想シーンでは弌を中心にクラスの面々が映るが、そこにも十三や本一郎の姿は無い。 特に、物語終盤のモノローグについては上下巻とも朝が担当している。 その後、この記述はBD版のジャケット裏にも用いられている。 ただし、アダルトゲーム版で見られたような弌・朝・菜摘芽が3人同時に身を絡め合う形での3P は、アダルトアニメ版では上下巻とも描かれていない。 そのため、上巻のプール更衣室で2回目のセックス中には、昂奮した朝が正常位における弌の腰の使い方を「にキス」と言い表すなど、物理的にまずありえない状態も含む。 朝との絶頂時に溢れ続けることについては、彼女がパンティー越しに弾けるほど大量のを迎えることも理由となっている。 上巻のDVD初回限定版の発売当時から作品の説明文に盛り込まれている一文「清純可憐な美少女たちが淫らに囀り、いやらしい言葉を口にしながら射精をねだる」 も、下巻での変容への示唆となっている。 特に下巻では、弾けるような大量の射精を終えてなお勃起を維持している弌のペニスが、朝や菜摘芽の視界や結合部での実感を経て彼女たちをさらに昂奮させるなど、弌の意欲や願望を反映した連続セックスが心身ともに可能であることが明確に描かれる。 この時点では伏せられていたが、『怪物王女』の後も『』のキャラクターデザインと総作画監督で手一杯であることが、2007年8月に判明した。 そのため、下巻は登場人物の絵柄はもとより、素肌のの付け方も上巻とは大きく異なっている。 菜摘芽については周辺の描写まで変更されており、朝と同様に事実上だった上巻から一転してアダルトゲーム版での設定に準拠したを追加されたことが、越しの本編やDVD BugBug VOL. 5 に掲載されたピンナップ(陰毛とは無修正)でも確認できる。 当初の発売予定日に合わせ、BugBug2014年8月号の表紙にはストレートの黒髪・青の瞳・白のトライアングルビキニ・張りのある乳房といった朝に酷似する容姿の美少女を、黒田が描き下ろしている。 どちらの作品とも、主人公やヒロインのを見せないようにレイアウトを組むことでモザイク処理を回避しているうえ、『あきそら』ではヒロインの1人の手中から弾けるように迸る主人公の大量射精、床から天井を垂直に見上げた視点で主人公の顔や局部を白く覆い隠していく彼自身の滴らせた精液、主人公視点での構図の、主人公へのやを経て彼の精液まみれとなったヒロインの1人の恍惚描写、『ヨスガノソラ』では主人公と各ヒロインによるさまざまなピストン運動、各ヒロインによるやフェラチオを示唆した描写などが散見される。 また、どちらの作品とも主人公の相手によってはが成立している。 特に前者では、本作の下巻で実現しなかった黒田との連携が全3巻に渡って実現したためもあり、セックスシーンと併せてさらなる注目を浴びることとなった。 後者では、本作の下巻で実現しなかったももいとの再連携が実現している。 初回流通分のみ不良品が混じったために「設定資料集」が外付け(店頭での手渡し)となるが、二次流通分以降には同梱されている。 R18がの再生サポートを終了したため、それ以降はDMM Playerでしか再生できない。 菜摘芽の全裸すらほぼ皆無となっており、上巻では露天風呂で朝と対峙して弌の共有を約束する回想シーンや、彼女と共に弌へ処女を捧げる3Pの直前と翌朝の1シーンのみ(なお、DVD BugBug VOL. 5の誌面には、後者とは無関係の状況における全裸3P中の1シーンを黒田和也が描き下ろしたピンナップが存在する。 詳細はを参照。 )に過ぎず、下巻に至ってはまったく存在しない。 菜摘芽の全裸が描かれるのは、下巻のDVD初回限定版のジャケット画のみである。 プール更衣室内のビーチマット上での後背位 など。 線画に添えられたラフ画では設定画通りの体格差で描かれていることから、クリンナップの際に大柄へ描き直されたことがうかがえる。 そのほか、上巻の夜のプールサイドで制服姿の弌が四つん這いのパンティー1枚姿の朝を愛撫している光景が引きの構図から映り始めた際には、フェンス越しの彼方に大きな山々が確認できる。 つまり、プールは敷地内で最も高い位置に配置されたため、元々密室であるプール更衣室や、プールサイドよりも低い位置であるプール槽内で主に行われる弌・朝・菜摘芽のセックスが、プール外の教員たちや他の生徒たちへ露呈しない理由の1つにもなっている。 作中に男子トイレは登場しないが、女子トイレについては朝・なぎさ・かなみが縦に並ぶ放尿シーンから、どれも和式であることが確認できる。 なお、アダルトゲーム版では女子トイレが登場せず、男子トイレのが背景の一部として登場するだけであった。 線ファスナーについてはその単純な構造ゆえに多く描かれており、特にプール更衣室での対面座位の際には、ピストン運動中に弌が朝のを堪能しながら彼女の制服のスライダーを咥えて下ろした結果、乳房が制服から零れるように露出するというシーンが、弌の視点も交えたアップで描かれる。 スクール水着やスイムショーツの設定画も他の衣服や下着の設定画と同じく、BD版パッケージに同梱の設定資料集へ収録されている。 ただし、プール更衣室の2回目のセックスシーンでは最初から最後までスイムショーツを描き忘れられるというミスが生じており、背面立位の際に引っ張られたスクール水着の隙間から覗いていないうえ、正常位の際に脱がされたスクール水着の裏地やそのそばにも描かれていない。 路地側の窓は朝が弌にで絶頂を迎えさせられる際に高々と掲げられながら震える彼女の左足の彼方へ映り込み、天窓は弌へ同時に処女を捧げた朝と菜摘芽が彼に寄り添いながら翌朝の陽光を浴びる際にその横長い形が投映されるなど、それぞれが空間の演出要素やの代用としても設定されている。 上巻中盤で弌との2回目のセックスを経て彼の精液まみれとなった全裸の朝がうつ伏せて横たわっているシーン や、終盤で弌との対面立位から後背位へ菜摘芽が移行した際に脱がされた彼女の制服と共に床が映るシーンから、表面だけをすのこに似せた凹凸形状の水切りシートであることが確認できる。 ただし、アダルトゲーム版で水遊びの際に見られた については、DVD廉価版上下巻の各ジャケット画 でプールサイドに置かれており、朝と菜摘芽が東台校の制服を肌蹴させながら横たわる背景として描かれている。 それゆえ、弌がプールサイドでシャワー中の朝を女子用へ再び連れ込む際には、プール外の路地から自分たちを見ていた女子テニス部部員4人がテニスコートへ練習に戻った隙を見て行ったことが示唆されている。 プール側の出入口付近では、弌にスクール水着の上半身を脱がされた朝がガラスへ押し付けられての背面立位を強いられるが、激しく喘ぐ朝の上半身がプールサイドから丸見えに等しい状態であるにもかかわらず、前述の各施設の位置が幸いして何も露呈しない理由となっている。 ただし、アダルトゲーム版で更衣室の反対側のプールサイドに存在していた、プール槽まで見渡せる階段式の観客席 は、アダルトアニメ版には存在しない。 東台校の項でも述べたように、プール槽内でのセックスが露呈しない理由付けが再構築によって徹底されている。 ただし、描かれるのは制服姿の弌が四つん這いのパンティー1枚姿の朝を愛撫して そのまま潮吹きさせるまでに過ぎず、アダルトゲーム版のように2人とも全裸となっての騎乗位 でセックスを完遂するまでは描かれていない。 主要人物たちの自宅はアダルトゲーム版にも登場しているが、それぞれの基本設定をもとに描かれる程度の背景に過ぎず、主な舞台となったり全景を把握できるほどではない。 ただし、写真もカレンダーもによっては描き忘れられるというミスが生じている。 弌のそばへ腰かけてのから、浴槽に浸かってのやを経て、そのままを迎える。 縁に両手を付いて乳房を湯に浸けながら尻を突き出した朝の後方へペニスを勃起させた弌が悠々と立てるうえ、挿入後のピストン運動中 には上半身を屈めて彼女の乳房を背後から鷲掴みにしたままピストン運動を続行できる。 ただし、浴槽で朝が弌へのフェラチオに耽るシーンと洗い場で騎乗位に耽るシーンでは、洗い場のの数が異なるというミスが生じている(手前から浴槽の方向へ貼られた数が、前者では縦に3枚、後者では4枚)。 天井高についても、室内1回目のセックスの開始直後に朝と浴槽で浸かりながらに耽ったうえで彼女を抱きしめたまま、その場で立ち上がって朝の彼女の乳房を背後から愛撫する弌の彼方に壁と天井の継ぎ目が描かれているため、190cm以上にもおよぶことが確認できる。 また、室内2回目のセックスで煽り構図になった際にも、朝の彼方に描かれているからベイウインドウやにかけて存在する壁の充分な余裕から、天井高が相当に高いものであることが確認できる。 朝が弌のそばへ腰かけて右手で手コキを行う際にも彼女の左乳房の彼方に夜空を含むベイウインドウが映るが、作中では左乳房の乳首以前でトリミングされてベイウインドウの奥行きがわかりにくいのに対し、2匹目のどぜう公式サイトのDVD下巻紹介ページ やDVD下巻のジャケット裏などで公開されているサンプル画像では、手コキの快感に耽る弌の方が右半身をトリミングされて朝の左乳房は乳首まですべて見えているため、ベイウインドウの奥行きがよくわかるようになっている。 ただし、海の家については、上巻のソフマップ用特典にその室内とうかがえる背景が描かれている。 朝は制服の下にトライアングルビキニをあらかじめ着ていたため、制服をまくり上げた際に両手の自由が利かなくなる一瞬の隙を狙われる形となり、その姿勢のまま抵抗できず押し倒されている。 この砂浜でのセックスも、弌が朝を妊娠させたい願望から励んだものであることが、前述した彼女の自室から浴室にかけての連続セックス中の会話から示唆されている。 境内はアダルトゲーム版にも登場しているが、用意されたのは実質的に立ち絵用の背景CGのみであり、本堂でのセックスシーンには専用CGどころか体育用具室での3Pのような背景差し替えCG(プール更衣室でのセックスシーンから背景を体育用具室へ差し替えたもの)すら用意されておらず、プール更衣室でのセックスシーンがほぼ丸ごと流用されている。 厳密には縁側のうち、参道と接続された付近。 朝と菜摘芽が同様の姿勢で主人公の視点から注目されるシーンはアダルトゲーム版にも存在するが、彼女たちの状況・配置・服装は異なる。 その外形や配色から、をモデルに設定したことがうかがえる。 アダルトアニメ版の紹介ページで「最 初弌」という誤記 が散見されるが、本項ではアダルトゲーム版での表記 や2匹目のどぜう公式サイトでの表記 を正式としている。 その際には、巨根についてもアップ構図などで上巻以上に強調された描写が盛り込まれており、プール槽内での菜摘芽とのセックスや水島家での朝との連続セックス では彼女たちが巨根に接する顔や手との対比からも、それらを凌駕する大きさまで勃起したうえで大量の射精へ至る姿が確認できる。 特に下巻では、プール槽の底にて転寝中の朝の横で菜摘芽を平然と抱いたこと も含め、独占欲を刺激されて立腹した朝が女子トイレ内にて弌の軽口を回想しながら「浮気者!」と酷評する一因にもなっているが、終盤にはそれが転じて後述の願望や覚悟を彼女たちが受け入れることへつながっていく。 朝との混浴セックス中のモノローグによれば、彼女と菜摘芽にそれぞれ出産して欲しい人数は1人どころか、2人でも3人でも構わない模様。 上巻での日々を経て、下巻では白昼の砂浜で朝を押し倒して1回抱き、その後日の昼間にプール槽で菜摘芽を2回抱いて朝を嫉妬混じりに怒らせたうえ、同日の夜には水島家で前述の想いを明かしながら朝を3回(いずれも、作中で弌の射精を確認できる回数)抱いている。 その結果、心身ともに弌の願望や覚悟を深く知った朝は、後述するように懸念を解くこととなった。 黒田によるキャラクターデザインの時点で、肌の塗り分け指定が明確に設定されている。 朝が転校してきた当日を回想した際、東台校の斜め俯瞰全景に「二ヶ月前」というが表示される。 とを着用時。 東台校の制服を着用時のパンティー。 なお、ブラジャーは白い無地。 本編以外の版権画ではこれに限らず、淡桃色のブラジャーや黒いストッキングなども着用している。 DVD廉価版上巻 のジャケット画でも、本編とは異なるセクシーなデザインの淡桃色のブラジャーやパンティーを着用している。 レンタル用パッケージではジャケット裏の作品解説の一部がセル用パッケージのそれから差し替えられており、上巻の朝を「モデル顔負けの肉体」と評する記述が追加されている。 女子テニス部部員4人が朝のブラジャーを見て、その大きさから彼女のものと確信する描写すら盛り込まれている。 詳細はを参照。 普通に着られるはずのキャミソールを胸元で跳ね上げるほど張っており、改めて着るのも一苦労となっている。 愚痴る際には、乳房の張り具合を直上から目の当たりにした朝があきらめ気味の吐息を漏らす一方、昼間のプール更衣室で後背位によって揺さぶられた様子を回想してしまい、再燃した昂奮や弌とセックス中の菜摘芽への羨望からベッドでオナニーに耽るというシーンが描かれる。 全身ズブ濡れとなった際には、肢体に体操着が貼り付くことや乳房が体操着越しに透けて見えることを朝が愚痴り、カメラを向ける弌の視線に恥じらって身をよじるというシーンが描かれる。 混浴セックスの際には、朝の手コキやフェラチオの上達ぶりを褒め称えた弌がパイズリへ移行した彼女を途中から抱き寄せ、腰を使った果てに煽り構図で挟射を遂行するというシーンが描かれる。 なお、後者のシーンはそれに並行して描かれるかなみやなぎさへの対抗心や妄想と併せ、弌からのに昂奮した朝がを経て背面立位へ移行し、彼を受け入れる理由にもなっている。 特に、下巻ではプール槽の底にて3Pを提案してきた弌に怒りの平手打ちを食らわせている。 自宅の浴室にて弌との混浴セックス中、当初はモノローグで彼の言い表す愛情に嬉しさを覗かせながらも自分たちの妊娠で弌を束縛してしまうことへの懸念を覗かせていたが、その後は浴槽での背面立位から洗い場での騎乗位を経て再認識に至り、後者で結合したまま懸念を解いて絶頂を迎えている。 離別の理由も不明であるが、離別自体は上巻の露天風呂にて朝と対峙した際の回想シーンの台詞で示唆されている。 DVD廉価版下巻 のジャケット画では、アダルトゲーム版と同様の黒色のブラジャーやパンティーを着用している。 ただし、ロンググローブ自体は黒田によるキャラクターデザインの作業時点でアダルトゲーム版に沿った形状に設定されていたことが、DVD上巻初回限定版発売前のDVD BugBugのVOL. 5 で公開された菜摘芽の線画や、発売後の彼の同人誌『しまほっけ10』などで公開された菜摘芽のピンナップから確認できる。 後者の場合、菜摘芽の乳房が豊かな量感を伴いながら弾んだり、弌の手で鷲掴みにされながら柔らかく歪むなど、アダルトゲーム版と違って貧乳ではなくそれなりの豊乳であることが、明確に描かれている。 こういったアダルトアニメ化の際における体形変更は、他のアダルトゲーム原作作品にも散見される。 上巻では台詞による言及すらされていないが、下巻では菜摘芽がプール槽内での1回目のセックスで勃起させた弌のペニスを中に眺めながら、「大きくさせるのは好き。 園芸部だもん。 」とささやく台詞が存在する。 プール槽内での1回目では、転寝中の朝の横で仰向けとなった弌へ彼のスクール水着越しにすら行ってみせるが、これは勃起していくペニスへのモザイク処理をスクール水着で回避すると同時に、改めて弌が巨根の持ち主であることを描くシーンにもなっている。 また、その後には菜摘芽が弌へのを経て自分のブラジャーを外し、体操服をまくり上げて露出させた豊かな右乳房を彼の胸板へあてがいながら、朝(姉)のことが好きなのにもかかわらず彼女の横で自分(妹)による愛撫に応じて勃起した弌への「お仕置き」と称し、自分の右乳首で彼の左乳首を愛撫するという描写すら存在する。 その際には、意地悪ゆえに尻尾を隠していることを確かめるという理由付けがされており、小悪魔であることを茶化されている。 境内の縁側にて朝が正常位を経て後背位で弌に抱かれ終わった直後、うつ伏せて脱力した彼女の上半身からカメラがトラックアップすると、すぐ左側を見やった朝の視線の先へすでに後背位で弌に抱かれ始めた菜摘芽が映るという描写が存在する。 『After... 本編へは登場しないが、下巻のプールサイドでシャワーを浴びようとしていたみずきたちの台詞から、男子テニス部部員の存在が示唆されている。 なぎさが自分の胸の位置に掲げた朝のブラジャーを見て、自分よりもはるかに豊満なそれが朝のものであることを、他の3人と共に改めて確信する。 まもなく、パンティーを手放されたようこはその反動で下着姿のみずきとぶつかり、共に転んでいる。 エイ・ワン・シーのプロデューサー。 これ以外にも、本作のタイトルを冠してTonyや黒田の絵柄を用いた抱き枕カバーや、コスプレ衣装などが他社から発売されているが、どれも非公式に制作されたものである。 アダルトアニメの本編への参加は本作が初であるが、版権画への参加は『』(2003年7月 - 同年12月)が初である。 製品版では『対魔忍アサギ Vol. 4 闇に舞うくノ一』へ変更された。 保健室とうかがえる室内のベッドで全裸の朝と菜摘芽が身を絡め合いながら、菜摘芽に組み敷かれた姿勢の朝へ膣内射精を終えてなお勃起中の弌のペニスが、結合を解いた後も精液が溢れ出る彼女のと何本もの白い雫によってつながったまま、すぐ上で弌の右手によって尻を掴まれながら自らの右手で膣口を開いている菜摘芽の方を向く…といった、とある3P中の1シーンを描いた内容。 アダルトアニメ版上巻の高い人気を反映し、後のDVD BugBug 極 VOL. 1 の再録ページでは最初に掲載された。 なお、黒田は後に『しまほっけ9』でアダルトアニメ版の本編にこういう形での3Pが存在しないことを挙げ、妄想で構わないと言われて不慣れながら描いたことを明かしている。 東台校の制服姿の朝と菜摘芽がブラジャーを外しながら横並びで四つん這いとなり、それぞれパンティーを半脱ぎにしながら乳房にまでを濡れそぼらせた膣口や無修正の肛門、そして開いた股間から天地逆に覗く火照った顔を弌(読者)へ向ける…といった、とある3P中の1シーンを描いた内容。 アダルトアニメ版下巻の高い人気を反映し、DVD BugBug 極 VOL. 1 の再録ページではDVD BugBug VOL. 5 掲載分に続いて掲載された。 出典 [ ] ウェブサイト [ ]• 2015年8月15日, at the. kouyasakugami - より。 tenteketen - より。 書籍 [ ] 『原画集』は『』、『クロニクル』は『』の略。 『クロニクル』151頁より。 『原画集』23頁より。 『クロニクル』149頁より。 『原画集』18頁より。 『原画集』19頁より。 『クロニクル』151頁 - 152頁より。 『クロニクル』150頁より。 『原画集』12頁より。 『原画集』32頁より。 『原画集』12頁 - 14頁より。 関連項目 [ ]• - Cielの前回作。 ヒロイン3人が本作のアダルトアニメ版へゲスト出演している。 - Cielの次回作。 アダルトゲーム版の原画集を本作と共有している。 - Cielの完全新作としては本作から5年ぶりの作品。 ヒロイン4人が『らぶ彼女!! 』で朝や菜摘芽と共演している。 外部リンク [ ] すべて年齢確認あり。 ゲーム• アニメ•

次の