インゲン 栽培。 インゲンマメの栽培方法と育て方のコツ

平莢いんげん(モロッコインゲン)育て方☆種まき(4月・5月・6月)

準備した畝に、2列で、25~30cm間隔の点まきにします。 収穫の終えた畑に種を蒔くより、ポット苗を植えることで日数を短縮できます。 収穫は 種まきからわずか2ヶ月で出来、初心者にもおススメ。

Next

インゲン(いんげん豆)の栽培方法・育て方のコツ

春巻きは4〜5月、夏まきは7月中旬〜下旬に行うようにしましょう。 それでも病気が出てしまった場合には 早期発見が重要で、見つけ次第病気が出ている葉を取り除くか、病気に有効な薬剤を使用するのもおすすめです。

Next

つるありインゲンの育て方を徹底解説!

発芽がそろったら、1本間引きし、2本立ちにします。

つるなしインゲンの育て方

14日目• つるなし種 つるなしインゲンは生育期間が短いため、開花が始まったら1度だけ化成肥料などを施しましょう。 。 13日目• モロッコインゲンにつく害虫のアブラムシを食べてくれる家庭菜園の味方! 家庭菜園の野菜を害虫のアブラムシから守ってくれる益虫です。

インゲンの種まき〜収穫までの育て方!栽培時期や病気・害虫の対策|育て方Labo(育て方ラボ)

寒冷地(東北等) :7月中旬~9月下旬• つるありインゲンの畝幅は100センチから120センチ、つるなしインゲンの畝幅は75センチで作ります。 13日目• 【肥料】 本葉が5枚になった頃と収穫が始まる頃の2回、追肥と土寄せをします。

Next

【初心者】インゲンの栽培・育て方(支柱の立て方や連作障害など)|【簡単】家庭菜園の始め方と初心者におすすめグッズ

。 なお、つるあり種は30〜60日間は収穫が可能ですが、つるなし種は10〜15日間と比較的収穫期間が短いです。

平莢いんげん(モロッコインゲン)育て方☆種まき(4月・5月・6月)

長い期間収穫ができ、毎朝一定量が次々に収穫できます。

Next

インゲン(つるあり)の育て方!肥料・摘芯・支柱など栽培のコツをわかりやすく解説

そして、1週間寝かせたら堆肥や肥料を混ぜてさらに1週間寝かせ、土の表面にビニールマルチを張ってから植え付けていきます。

Next