ルー・リード。 ルー・リード (Tシャツ)

ルー・リードが80年代の最後に放った大名盤「ニューヨーク」

ルー・リード

全 25商品 1- 25表示• 6,800円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,500円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,500円 内税• 3,980円 内税• 3,980円 内税• 3,980円 内税• 3,980円 内税• 3,980円 内税• 3,650円 内税• 3,650円 内税• 3,650円 内税• 3,650円 内税• 3,650円 内税• 3,650円 内税• 3,650円 内税• 3,650円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 3,000円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 3,980円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,450円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,000円 内税• 3,450円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,450円 内税• 3,450円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 2,500円 内税• 3,000円 内税• 2,800円 内税• 2,800円 内税• 2,800円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,500円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 2,980円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,500円 内税• 3,200円 内税• 6,800円 内税• 6,800円 内税• 6,800円 内税• 3,500円 内税• 3,650円 内税• 3,900円 内税• 4,650円 内税• 4,500円 内税• 4,500円 内税• 4,200円 内税• 4,500円 内税• 5,980円 内税• 4,000円 内税• 4,000円 内税• 5,600円 内税• 5,600円 内税• 5,600円 内税• 5,600円 内税• 3,650円 内税• 3,900円 内税• 3,900円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 3,200円 内税• 1,980円 内税• 4,200円 内税• 3,800円 内税• 2,850円 内税• 2,850円 内税• 2,850円 内税• 2,850円 内税• 2,850円 内税• 2,850円 内税• 2,850円 内税• 2,850円 内税• 2,800円 内税• 7,500円 内税• 7,500円 内税• 期限を過ぎると、返品をお受けできない場合がありますので、ご注意ください。 キャンセル、変更をご希望の場合はご注文後すぐにご連絡ください。 ご連絡が7日以内に行われなかった場合、返品を受け付けられない場合がありますので予めご了承ください。 Tシャツ類、CD、DVDをお買い上げの場合のみご利用いただけます。 その場合も送料は520円のままです。 その点ご了承の上ご利用ください。 時間帯指定をご希望の場合はゆうパックをご利用ください。 ご注文後、イプシロン決済画面へ移動いたしますので決済を完了させてください。 安心してお支払いをしていただくために、お客様の情報がイプシロンサイト経由で送信される際にはSSL 128bit による暗号化通信で行い、クレジットカード情報は当サイト ブルーラインズ では保有せず、同社 イプシロン で厳重に管理しております。 ご了承ください。 商品代引きをご希望される場合はゆうパックをお選びください。 代金を以下の口座へお振り込みください。 なお、ご注文後にお伝えする発送可能日から2週間以内にお振り込みください。 よろしくお願いいたします。

次の

今さらながら、ルー・リードの追悼特集号を読んでみた

ルー・リード

ルー・リードにとって大きな節目となったアルバム「ニューヨーク」 僕がルー・リードを初めて観たのは1990年7月。 15年振りの単独公演ということもあり、ファンにとってはまさに待望の来日だった。 最新アルバム『ニューヨーク』からの曲を中心としたセットリストで、ステージから放たれるヒリヒリとした緊張感が客席にも伝わり、静かだが濃密な空気に満ちたライヴだったと記憶している。 『ニューヨーク』は、ルー・リードにとって大きな節目となった傑作だ。 一切の虚飾を廃した鋼のようなサウンドは、無駄がなく、驚くほど研ぎ澄まされている。 そして、幾度となく推敲を重ねたであろう歌詞は、恐るべき完成度を誇り、ルー・リードの全キャリアにおいても最高の部類に入るだろう。 モノローグのように語られるヴォーカルは、まるで憑き物が落ちたかのようで、凄味は確実に増していた。 バックの演奏に呼応して自然と発せられる言葉は独特のグルーヴを生み出し、修羅場をくぐり抜けた者だけが持ちうる深い説得力に、ただただ圧倒されるばかりだ。 CDブックレットの裏には、「58分(14曲)を本や映画のように座って聴くべきもの」とクレジットされている。 おそらく、ルーなりに期するものがあったのだろう。 タイトルのニューヨークとは、ルーの故郷であり、アイデンティティを形成した街だ。 後に彼は自分の音楽を「ニューヨークで生きる男の叙事詩」と称している。 そして、これ以降、ルー・リードの音楽はさらに贅肉を削ぎ落し、あたかも真実のみを語るかの如く、ますます研ぎ澄まされたものとなっていく。 アンディ・ウォーホルの死、ジョン・ケイルとの再会、そしてニコの死… そうした変化のきっかけとなったのが、ポップアートの奇才アンディ・ウォーホルの死だった。 ルー・リードは、ウォーホルのバックアップを受けて、1967年にヴェルヴェット・アンダーグラウンドのメンバーとしてデビューしている。 しかし、ほどなくして袂を分ち、1987年2月22日にウォーホルがこの世を去るまで、遂にふたりの関係が修復されることはなかった。 ルーも40代半ばを過ぎ、これまでの人生を振り返ることもあったのだろう。 1987年4月、ウォーホルの追悼式で、やはり疎遠だったヴェルヴェッツの元メンバー、ジョン・ケイルと再会。 その約1年後、ふたりはウォーホルに捧げる作品について話し合うと、1988年12月には彼の人生を題材にした新曲を揃え、1989年1月にコンサートをふたりだけで開催している。 このプロジェクトは、後に『ソングス・フォー・ドレラ』として作品化されたばかりか、誰もが予想しなかったオリジナルメンバーによるヴェルヴェット・アンダーグラウンド再結成ツアーへと繋がっていく。 『ニューヨーク』は、こうした一連の動きの中でレコーディング(1988年5月〜10月)、リリースされたアルバムだった(1989年1月10日発売)。 その制作途上において、ヴェルヴェッツ時代にヴォーカルを分け合ったニコが、1988年7月18日に亡くなっている。 ピークを迎えるそのキャリア、新しい一歩を踏み出したルー・リード かつての仲間達の死が、そして最後まで関係を修復できなかった後悔が、ルーの創作意欲を強く刺激したのは想像に難くない。 ルーはこれまでの人生と未来を見つめながら、サウンドを研ぎ澄まし、言葉には推敲を重ね、ニューヨークを舞台にした男の歌を綴っていったのだろう。 1990年7月の来日公演。 ルーの後ろでドラムを叩いたのは、ヴェルヴェッツ時代の同僚モーリン・タッカーだった。 そして、ジョン・ケイルとの『ソングス・フォー・ドレラ』も、このとき一夜だけのスペシャル公演として実現している。 今思えば夢のような出来事だ。 80年代が終わり、90年代が幕を開けたとき、ルー・リードもまた大きな節目を迎えていた。 自らの半生を精算し、新たな一歩を踏み出していた。 その成果は、次作の『マジック・アンド・ロス』や『セット・ザ・トワイライト・リーリング』となって結実し、ルーのキャリアは何度目かのピークを迎えることになる。 あの頃、ルー・リードが生み出した強靭な音楽は、死後6年以上が過ぎた今も色褪せることなく、鋼鉄のような鈍い光を放ち続けている。

次の

今さらながら、ルー・リードの追悼特集号を読んでみた

ルー・リード

ルー・リード、本名ルイス・アラン・リードは1942年の3月2日、ニューヨーク州ブルックリンの病院で生まれた。 父親が税理士で家はロングアイランドのフリーポートにあり、リードは裕福な家庭で育っていく。 最初に触れた音楽は、8歳か9歳の頃に親から習わされたクラシック・ピアノだった。 しかしそれよりも興味を引いたのは、ラジオから流れてくる音楽だった。 はじめはポップスばかりだったが、50年代半ばになると、生涯に渡ってずっと好きだったというドゥー・ワップ、そしてロックン・ロールが流れてくるようになった。 リードは、ラジオから受けた影響についてこのように話している。 「ラジオでロックンロールを聞いていなかったら、この世に意味のある人生が存在するとは思えなかっただろう。 (中略) 映画は心に響かなかった。 テレビもだめ。 ラジオが俺を救ってくれたんだ」 リードを特に惹きつけたのは、ロックンロールで何度も繰り返される典型的なスリーコードだった。 「あの最も基本的なロックンロールのコード進行ほど感心したものはほかにない。 (中略) 耳について離れないあのコード進行にメロディを乗せられたら素晴らしいと思わないか? それに、ひとつのコードからもうひとつのコードへの進行と同じくらい、シンプルでエレガントで内容のあるリリックが加わったら素晴らしいと思わないか?」 ラジオからスリーコードのギターの弾き方を学んだルー・リードは、高校に入るとバンドを組んで人前で歌うようになった。 そして1964年にジョン・ケイルと出会うと、その翌年にヴェルヴェット・アンダーグラウンドを結成したのだ。 1967年にリリースされたデビュー・アルバム『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ』は、シンプルなロックンロールのコード進行の魅力が十分に詰まった内容となっている。 ルー・リードが残した数々の作品の中で、特にシンプルなロックンロールを味わえるのが1989年のアルバム『ニューヨーク』だ。 70年代以降、リードはロックンロールを継続しつつも、ノイズ音楽やジャズ、ファンク、そして80年代に入るとシンセサイザーやドラムマシンを取り入れるなど、積極的に新しい要素を取り入れていった。 しかしそういった野心的な創作活動は、一般のロックファンには中々受け入れられず、80年代後半にはメインストリームとは無縁のアンダーグラウンドな存在となっていた。 『ニューヨーク』はそんなイメージを払拭し、1973年のアルバム『ベルリン』以来のヒットを記録、今ではルー・リードの代表的なアルバムのひとつに数えられている。

次の