猫 よ け 効果 絶大 ブログ。 猫よけには水しか効果絶大なものはない!猫よけスプリンクラー私の口コミ

本の断捨離の効果は絶大! : Worlds end ~セミリタイアな日々~

猫 よ け 効果 絶大 ブログ

猫よけは猫に優しい方法で… わたしは猫が好きですが、猫を好きでない方もいらっしゃることは知っています。 野良猫を見ただけで嫌な気分になる人だっていますよね。 猫は、人の庭にウンチやおしっこするし… 喧嘩して騒ぐし… 生ゴミ荒らすし… 嫌われるのは、猫にも責任があります。 そういうわけで、世の中には、猫を追い払う方法が俗説を含めいろいろ流布しています。 効果があるもの、ないもの、いろいろです。 わたしがお願いしたいのは、 猫を怪我させずに追い払ってね、ということ。 この記事はそんな趣旨で書いています。 猫よけペットボトルの効果 ペットボトルは効果なし いつのまにか世間に広まった猫よけペットボトルは、実は効果がありません。 猫はそのペットボトルを踏んづけて通っていきます。 かつて日本のテレビは、 猫はキラキラ光るものを警戒する。 ペットボトルに水を入れて並べておくと、日光でキラキラするので、猫を寄せ付けない。 という説を流布していました。 そのせいで、日本の街には、あちらこちらに、水が入ったペットボトルが置かれています。 ですが、ペットボトルが危険物でないことは、猫でもわかります。 猫にとってペットボトルは、ただの「物」です。 石ころと同じです。 ちなみに、この猫よけペットボトルのルーツは海外の「犬よけガラス瓶」なのですが、その「犬よけガラス瓶」自体も、起源を調べると 都市伝説(デマ)であることが判明しています。 猫は夜にもやってくる ペットボトルに効果がない理由を、ひとつあげておきます。 ペットボトルは、強い光がないとキラキラしません。 日本の年間日照時間は1,978時間。 これは1年間(8,760時間)の約2割です。 つまり、1年のうち「ペットボトルに日光があたってキラキラ」している時間は2割です。 残りの8割の時間帯は、ペットボトルはキラキラしません。 夜行性の猫に対して、日光で稼働するシステムが機能するわけがないのです。 猫よけペットボトルは、単なる都市伝説。 100本並べても猫はやってきます。 猫よけペットボトルの弊害 猫よけペットボトルには、弊害もあります。 火事の危険性• 詐欺の標的にされる ペットボトルの丸みを帯びた部分がレンズのように日光を集めて、住宅の外壁が発火する事件がおこっています。 東京や名古屋ほか全国で発生しています。 「 収れん火災」と言って、。 また、ペットボトルが家の周りにぐるっと並べてある家は、詐欺師にマークされます。 「信じやすい人が住んでいる」と思われるのでしょう。 怪しげな飛び込み営業が頻繁にやっきてきたりします。 ペットボトルはさっさと片付けて、他の方法を考えてみましょう。 猫を追い払う3つの方法 手軽に導入できる猫よけの方法を3つ御紹介します。 いずれも 猫を傷つけない、猫にやさしい追い払い方です。 超音波式• 自動スプレー式• 薬剤散布式 それぞれ一長一短があります。 超音波式 猫駆除装置 周波数25kHz以上の超音波は、人間には聞こえませんが、猫の耳には聞こえます。 この猫と人間の聴力の違いを利用した機器が、 超音波式の猫駆除装置です。 猫よけ装置としては現在もっとも売れ筋です。 装置中央の白い小さな丸は動体センサー。 左右の大きな丸はLEDフラッシュライトです。 猫やカラスなどの小動物が前を通ると、超音波の騒音とフラッシュライトで威嚇します。 人間の耳には聞こえない超音波なので、夜中に大音量で鳴っても近所迷惑になりません。 電源は、昼間はソーラーパネル、夜間は充電池から供給され、24時間、猫の侵入を監視します。 電池を使わないので、 維持費はゼロです。 噴射式 猫駆除装置 多少のランニングコストをかけてでも確実に猫を追い払いたい場合は、 スプレー噴射式の猫駆除装置をお勧めします。 フマキラーが販売する「猫まわれ右 びっくりスプレー」は、24時間駆動の赤外線センサーで猫を感知し、 無害・無臭のスプレーを噴射します。 音とスプレーで威嚇して追い払う仕組みです。 噴射するのは毒物ではなく、あくまで「びっくりさせる」のが目的の 無害のスプレーです。 言ってみれば水鉄砲で塀のうえの猫を打つようなものなので、猫を傷つけることなく追い払えます。 手で持って簡単に移動できるので、ゴミの日にゴミ袋のまえに立てておけば、猫やカラスへの対抗手段にもなります。 スプレーのコストを節約する裏技 ただし、スプレー1缶の噴射可能回数は50回です。 交換用スプレー缶は約1000円なので、噴射1回あたりの費用は20円です。 やってくる猫が多ければスプレーの消費が早くなり、コストがかさむ恐れがあります。 コスト節約の裏技として、パソコン用のエレコムのエアダスターを流用すると、1缶 350ml が400円以下なので、 噴射1回あたり5円程度で済みます。 もっとも、Amazonのユーザーレビューによれば、1回スプレーを喰らった猫は二度とやってこないそうです。 猫の行動範囲は100m程度なので、頻繁に猫が来ている家でも、個体数はせいぜい数匹です。 10回も噴射すれば、今きている猫はほぼ寄り付かなくなる計算です。 よほど猫まみれの街に住んでいない限り、コスト的にも大丈夫のようです。 薬剤で猫を駆除する製品 猫が嫌がる化学成分で追い払う商品もあります。 粒剤を地面にまいて使います。 人間はハーブ系の微香を感じるだけですが、猫はその臭いを嫌がって近寄らないとのことです。 一度びっくりさせれば、あとは電源を切っておいても、猫が恐れて近寄らないというレビューもあります。 フマキラーの メーカー保証が1年あるので、故障も安心。 そう考えるとコスト的にもまずまずだと思います。 手で持って移動できるので、 ゴミの日には ゴミ袋の前に立てておきましょう。 猫やカラスと戦ってくれるはずです。 そして、どれだけ猫を追い払っても、1匹の猫も怪我させない…そういう意味でも使いやすい製品です。 毒エサを撒くのは犯罪行為です 最後に付記しておきますが、野良猫を駆除するために毒エサを使うのは絶対にやめてください。 猫を毒殺すると犯罪になります。 相手が野良猫でも同じです。 「動物愛護法違反」で二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金です。 さらに、その猫が他人の飼い猫だった場合は、刑法上の「器物損壊罪」になり、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金です。 ニュースで、公園で猫が殺され、警察が調査中という話を聞いたことがあると思います。 たとえ野良猫でも、殺せば犯罪になるのです。 それだけのリスクを犯して猫を殺傷しても、空いたナワバリには、すぐに次の猫がやってきます。 結局、状況が改善することはありません。 猫が来ないようにするには、 効果が長期間持続する先述の3つの方法をおすすめします。

次の

【最強】おすすめ「猫よけグッズ」5選|野良ネコの糞尿被害に効果絶大!ホームセンターで買えるグッズ

猫 よ け 効果 絶大 ブログ

猫ブームですか? インターネットは猫に支配されてるそうですね。 それでは便乗企画、 「猫よけ対策はこれだ!」始めます。 プロローグ 自宅の庭に、猫が糞しにやって来ます。 これがとても臭い、しかも1度マーキングすると、同じ場所に何度も何度も排便・・ トイレじゃないって(怒)! そんな訳で15年闘い続けた記録を書きます。 ペットボトル(光り物) 中に入れた水が、光に反射してピカピカして猫が近寄らない。 え~本当?簡単なので最初に試しました、しかし全く効果なし。 誰だよこんなデマ流すの。 ペットボトルの上を飛び越えて逃げるのを何度も見ましたよ。 他にも光を反射する物、例えばCD、100円ショップで売ってるビー玉付のぶら下げる商品、全く効果なし。 昔は効果が有ったのでしょうか?、光の反射が必要だから、そもそも太陽光が強い時間帯でしか有効じゃない気がします。 とにかく無意味だから、道路の隅にペットボトル置くのは止めましょう。 竹酢 糞を同じ場所にする習性があり、糞した場所を不快にする作戦。 これ効果あります。 しかし、雨降ったらおしまい。 また、ケチって薄めて撒くと効果が薄い。 効果の高い原液は人間も臭い、我慢比べになります。 匂いが数日しか持続しないから、費用対効果は微妙ですね。 猫よけ剤 使い方は竹酢と同じ。 科学の力で持続力も長い、1回ぐらいの小雨でも大丈夫。 問題は、人間にも効果絶大、嫌な匂いが持続します。 我慢できない、大量に撒くと近所迷惑です。 大雨が降らなければ、効果が持続でき、有難い商品ですが、 それなりにお値段するし、1週間もすると、匂いのしない場所を見つけて糞。 自宅の窓を開けると臭いし、長期の継続利用は難しいと思われます。 結論、何もしない 猫が不快な環境にすればいい、そうです、庭の草取りしなければ、草ぼうぼうで猫はやってきません。 人もやって来ません。 もしかしたら、草むらに潜んでいる可能性ありますが、糞はされない。 ・・・それでいいの? 救世主現る:超音波マシーン 何年も猫と戦い続けていたある日、近所ので超音波猫よけの商品発見。 なんで車関係のお店に?しかも売れないのか埃かぶってる。 当時7000円ぐらいした記憶有ります、 効果が未知数なので、購入まで数日悩みました。 では、効果の結果。 この機器の警戒範囲に猫の糞が無くなりました。 素晴らしい!驚きました。 商品はGDX-M、電池タイプの超音波発生器。 何故か猫の形をしています。 俺の縄張りだと言っているのか。 前の顔の部分から超音波照射、 センサーに反応すると「パチッ、キーー」って音がします。 横、猫です。 しっぽはドラ〇もん? 後ろは、ハローキ〇ィっぽい。 猫だからね。 しっぽが起動スイッチになっています。 満足です。 難点は発動センサーのエリア外では無意味な点と、電池が切れると効果が無くなる。 当然ですが、電池交換の時期を忘れない事が重要です。 電池が切れると・・・何か違和感。 何!? 花見が始まる。 以上 2回目に続く。 motagp.

次の

猫よけに効果絶大なアイテムはどれ?

猫 よ け 効果 絶大 ブログ

一般に、猫の行動範囲は範囲50メートル、100メートルと狭い範囲で行動します。 このエリア内に「食事場所」「トイレ」「仲間の猫との社交場」「寝床」を決めて生きる縄張りの動物です。 猫同士の威嚇対戦や抗争に見られるように、自分の縄張りへの執着心が非常に強いのが特徴です。 飼い主の都合で引っ越すことになった飼い猫。 自分の臭いをつけ慣れ親しんだ家から離れるのは、「死ぬほどのショックである。 」とも言われます。 このように、猫はそれぞれの「マイ場所」に対する執着心、意識が他の動物に比べても非常に強いわけです。 いわゆるテリトリー(縄張り)意識と言うものです。 木策液や忌避剤をまいても、トゲトゲを置いても、芝生からコンクリートに変えても、その上にまでウンチをするのは、場所に対する強い執着心、縄張り意識の現われです。 また、追い払おうと試みたり、その他の方法で猫よけしようものなら、今まで被害のなかった場所に糞をされたりマーキングをされたり、逆に攻撃がエスカレートすることがあるように、場所に執着する意識の強さに気づかされます。 猫よけ基本原則 「たまたま糞をされた」というケースは別にして、庭などが、すっかり「猫のトイレ化」してしまっている場合は、コーヒーカス、忌避剤はじめ、1回や2回何かをしたからと言って、そう簡単に縄張りをあきらめるほど、猫の執着心は弱くありません。 猫の縄張り化を解除する方法は、猫のシツケがヒントになります。 猫のシツケは飼い主も苦労することがあるほど、ときには根気のいる大変な作業になります。 そのシツケの基本は、「 悪いことをする度に叱る。 そして、学習するまで繰り返す。 」です。 このシツケをノラ猫に応用します。 例えば、人力で行うなら、糞をしようとしているその瞬間、 「こらっ!」と叱る。 翌日も、その次の日も。 見つけ次第、やられる前に、ひたすら追い払う。 「ここは不快な場所なんだ。 」ということを学習するまで繰り返します。 猫が学習する期間は、個体差があるため、共通した期間はありませんが、おおむね2週間が目安になります。 「ちまたの猫よけ猫撃退 糞退治策一覧」 300人以上の方にご協力頂いたアンケートを元に集計した実際に行われた猫よけの具体策と、その手法、メリットやデメリットなど。 猫よけ策 根拠や具体的手法 期待度 メリット(効果) デメリット ペットボトル 乱反射する太陽光を嫌がる。 根拠がない(獣医談) - 効果例なし 美観を損ねる。 夜は光がない。 虫眼鏡効果で火災の原因になることも。 コーヒーカス ニオイを嫌がる? - 瞬間的効果ある例もあり。 雨で流れる。 正露丸 ばらまく。 フタを開けたペットボトルなどに水を少し入れ浸す - 効果例なし 雨で流れる。 くさい。 ニンニク みじん切りにしてまく - 効果例なし 雨で流れる。 とうがらし みじん切りにしてまく - 効果例なし 雨で流れる。 香辛料 まく - 効果例なし 雨で流れる。 ニコチン液 タバコの吸殻を水に溶かして溶液を作る - 効果例なし クサイ。 禁煙ブームでタバコ入手困難? 人がくさい。 悪臭が拡散し、近所とのトラブルに発展した例あり。 センサーで猫を感知し、ネコの嫌がる超音波で、侵入するたびに自動で追い払う。 耳が良い人はうるさく聞こえる場合があるる。 猫好きの攻撃対象になる恐れがある。 植物が枯れる? 費用がかかりすぎる。 10万円以上使った人も。 販売側がお金の無駄と言っていた。 環境汚染。 植物にも害。 人にもにおってしまう。 超音波式 (輸入品) センサーで感知し超音波を発する。 周波数の(音の)変動なし。 短期的には効果あり。 最終的に慣れる。 故障率が高い? 返品できない。 価格不明。 死角には届かない。 入手先不明。 超音波式 (国内他社) センサーで感知し超音波を発する。 周波数の(音の)変動なし。 短期的には効果あり。 最終的に慣れる。 返品できない。 死角には届かない。 クレームが原因? 生産停止。 トゲトゲ 侵入場所や被害場所に設置し歩行を困難にさせる。 設置した場所は基本避ける。 塀の上などには有効。 広範囲に設置する場合費用がかさむ。 美観を損ねる。 退けられたり、噛みちぎられり、トゲの上への糞、などの報告もある。 苦情 飼い猫の場合、飼い主に苦情を言う。 猫屋敷、ヤバイ人、付き合いのある飼い主の場合言えない・・・ 地域猫 ボランティアが餌付けし、捕獲し去勢避妊手術。 年月がかかる。 地域ぐるみで取り組む必要がある。 猫嫌いな人には理解されない場合も。 お茶カス 臭いを嫌がる。 茶殻をまく。 - 効果例なし 雨で流れる。 お米のとぎ汁 臭いを嫌がる。 - 効果例なし 雨で流れる。 食用酢 臭いを嫌がる。 被害場所周辺にまく。 - 効果例なし 効果はせいぜい1日。 雨で流れる。 木策液 臭いを嫌がる。 被害場所周辺にまく。 「たまたま糞をされた」という場合は有効なことも。 ニオイ消しにもなる。 人もにおう。 雨で流れる。 継続が必要。 ハーブ 臭いを嫌がる。 栽培する。 育てるのに苦労する。 効果不透明。 タダではない。 タダではない。 割り箸 侵入場所や被害場所に設置し歩行を困難にさせる。 効果例あり。 美観を損ねる。 猫よけネット 侵入されたくないところに張る。 別のルートを探す。 ゴミ置き場などでは安物のネットだと破られる。 コンクリート 猫の好きな場所を固めてしまう。 費用がかかる。 コンクリートにしても被害が続くケースもある。 普通の砂利 (じゃり) 土の代わりに砂利を敷き詰める。 - 効果例なし。 砂利の大小に関わらず、ジャリを掘り起こして糞をする被害多数。 防犯砂利 上を歩くと音がする。 庭全部に敷き詰めるとそれなりに費用がかかる。 人間が歩くとうるさい。 毛布やシーツ (車対策) 車をカバーする。 雨の日はかけられない。 鳥避けネット (車対策) 目の細かいネットを2枚重ねて車にかける。 ツメがネットに絡まり嫌がる。 車に細かいキズがつく。 着脱がおっくう。 車カバー (車対策) 自動車用のカバーをかける。 もともと車カバーのうえに糞尿をたらされる被害も多い。 柑橘類 臭いを嫌がる。 ボロ靴下などに入れてつるす。 持続性に乏しい。 すぐ慣れる。 効かなくなれば不要品に。 単調なためすぐ慣れる。 費用がかかる。 ビニールテープ 蛇に見せかける? すぐ慣れる。 美観を損ねる。 人が出入りする箇所への設置は不可能。 その場しのぎ。 その場しのぎ。 卵の殻 乾燥させて細かくしばらまくことで、肉球をちくちくさせて嫌がらせる。 撃退できた例あり。 根気が必要。 毎日変化 粗大ゴミなどを利用し、毎日庭に視覚的変化を与える。 大型のものが必要。 保健所に相談する。 猫屋敷等の場合に有効なことも。 地域によって対応がばらばら。 猫の捕獲はしてくれない。 被害期間が短い場合の対策 中には、「初めて糞を発見した。 」「(以前は見たこともなかったのに)最近どうも糞をされ始めたようだ。 」といったケースもあります。 他で、縄張りを追われた猫が、新たなトイレ場所を探している可能性もあります。 トイレ化の目安は、3ヶ月以上あるていど定期的(週に2回以上)継続するような場合。 まずは糞とニオイの除去です(オシッコも同じ)。 猫はニオイも手がかりです。 そのニオイの元となるものを除去して清潔します。 その上で、例えば、土や砂利なら毎日水をまいて、「猫の不快環境」を作ります。 1回や2回ではダメです。 とにかく切らさないよう続けることが大事です。 玄関先のタイル上やコンクリートの上に糞をされた場合は、汚物を除去したあと、水をたっぷり使ってデッキブラシなどでゴシゴシ何度も洗浄します。 仕上げに市販の除菌アルコールなどを散布してニオイの元や菌を死滅させます。 ぬるい対策では、縄張りにされてしまう可能性があります。 一度縄張りに指定にされてしまうと、その解除は、ほんとうにやっかいなので、早め早めの処置を行うことをおすすめします。

次の