仰向け で 寝る と 腰 が 痛い。 仰向けで寝ると腰痛が悪化する人へ【4つの対処法と禁忌】

仰向けで寝ると腰が痛い原因と簡単にできる解消方法

仰向け で 寝る と 腰 が 痛い

何故痛くなるのか? 仰向けで寝た時に痛くなるのは腰が反ってしまうから、 いわゆる 反り腰というやつです。 画像の左が正常な姿勢です。 反対に右側は腰が反ってしまっているのが分かると思います。 このような状態で仰向けになると、 画像のように足やお尻、胸や頭が下がります。 そうなるとテコの原理のように 腰だけが浮き上がってしまい反りがきつくなるんです。 そして痛みが出てきます。 立っている時には痛くない人でも、 仰向けに寝ると痛くなるのはこのためなんですね。 では何が原因で反り腰・腰痛になってしまうのでしょうか? 具体的に見ていきます! 女性に多い? 仰向けに寝た時に腰が痛むのは比較的女性に多いです。 何故女性に多いかというと、 男性に比べ骨盤が大きくできているからです。 子供を生むために身体の作りがそうなってるんですね。 骨盤が大きいと仰向けになった時に、 よりお尻の部分が下がるので反りがきつくなりやすいんです。 また筋力が男性に比べ弱いため反り腰になりがち。 背筋は非常に強い筋肉ですので弱りにくく、 腹筋とのパワーバランスが崩れ、 背筋に引っ張られどんどん反っていってしまうんです。 妊娠中は痛みやすい 妊娠してお腹が大きくなるにつれ、 背中や腰の痛みが出てはいませんか? お腹が大きくなると、 お腹の重さでだんだんと腰が反ってきます。 しょうがないことなんですが、 反り腰だと仰向けで痛くなってしまいます。 また お腹の重さを支えるために腰の筋肉が硬くなるのでそれも痛みの原因になります。 骨盤が広がり位置も変化しますので、 骨の支えや、筋肉への影響、血流が悪くなったりといったことが起きるので、 それも腰の不調へと繋がってしまうんです。 ただ辛いでしょうが 腰や背中を揉んだり・マッサージするのは絶対に避けてください。 痛みが出るのは赤ちゃんが生活しやすいように身体の形を変えているからで、 揉んだりすると赤ちゃんの快適な空間を壊してしまうことになるからです。 きついですが、腰や背中はさすったり温める程度にし、 足や手を揉むようにしましょう。 足や手は全身のツボがあるので赤ちゃんに影響を与えず痛みをやわらげることができますよ! お腹が出ている人 太っている人は骨への負担が大きいのはもちろん。 お腹に引っ張られて腰の骨がどんどん前に出てきます。 また加齢に伴い腹筋のほうが早く衰えてくるので、 お腹を張った姿勢になりやすくなるのも原因です。 体重を減らす、腹筋を鍛えるしか改善する道はないので、 太っていて仰向けに寝ると腰が痛くなるという人は、 筋トレやダイエットをしてくださいね。 骨盤が歪んでいる 骨盤の歪みには開き過ぎや閉じ過ぎなど色々あるんですが、 腰が反ってしまうタイプのものも存在します。 自分の お尻がやけに突き出している、 同時に 痩せているのにお腹が張っているなんてことはありませんか? 周りよりもそうかも・・・と感じる人は骨盤が後ろにずれている可能性があります。 同じ画像で申し訳ないんですが、 右側の反り腰の人をみるとやけにお腹が出て、お尻が突き出していると思いませんか? 骨盤が後ろにずれると支えが下がってしまうために、このような姿勢になるんです。 腹筋を鍛えることで支えがしっかりし腰の反りがなくなってきます。 痩せていても反り腰ではお腹が出て見えるので美しくありませんし、 内蔵を圧迫するので便秘になったり、代謝も下がりがち・・・ それではもったいないので是非腹筋を鍛えて痛みとさよならして、 さらに美しい身体・スタイルを手に入れてくださいね!.

次の

腰痛が仰向けで痛い場合と楽な場合の症状・原因の違いをまとめてみました

仰向け で 寝る と 腰 が 痛い

何故痛くなるのか? 仰向けで寝た時に痛くなるのは腰が反ってしまうから、 いわゆる 反り腰というやつです。 画像の左が正常な姿勢です。 反対に右側は腰が反ってしまっているのが分かると思います。 このような状態で仰向けになると、 画像のように足やお尻、胸や頭が下がります。 そうなるとテコの原理のように 腰だけが浮き上がってしまい反りがきつくなるんです。 そして痛みが出てきます。 立っている時には痛くない人でも、 仰向けに寝ると痛くなるのはこのためなんですね。 では何が原因で反り腰・腰痛になってしまうのでしょうか? 具体的に見ていきます! 女性に多い? 仰向けに寝た時に腰が痛むのは比較的女性に多いです。 何故女性に多いかというと、 男性に比べ骨盤が大きくできているからです。 子供を生むために身体の作りがそうなってるんですね。 骨盤が大きいと仰向けになった時に、 よりお尻の部分が下がるので反りがきつくなりやすいんです。 また筋力が男性に比べ弱いため反り腰になりがち。 背筋は非常に強い筋肉ですので弱りにくく、 腹筋とのパワーバランスが崩れ、 背筋に引っ張られどんどん反っていってしまうんです。 妊娠中は痛みやすい 妊娠してお腹が大きくなるにつれ、 背中や腰の痛みが出てはいませんか? お腹が大きくなると、 お腹の重さでだんだんと腰が反ってきます。 しょうがないことなんですが、 反り腰だと仰向けで痛くなってしまいます。 また お腹の重さを支えるために腰の筋肉が硬くなるのでそれも痛みの原因になります。 骨盤が広がり位置も変化しますので、 骨の支えや、筋肉への影響、血流が悪くなったりといったことが起きるので、 それも腰の不調へと繋がってしまうんです。 ただ辛いでしょうが 腰や背中を揉んだり・マッサージするのは絶対に避けてください。 痛みが出るのは赤ちゃんが生活しやすいように身体の形を変えているからで、 揉んだりすると赤ちゃんの快適な空間を壊してしまうことになるからです。 きついですが、腰や背中はさすったり温める程度にし、 足や手を揉むようにしましょう。 足や手は全身のツボがあるので赤ちゃんに影響を与えず痛みをやわらげることができますよ! お腹が出ている人 太っている人は骨への負担が大きいのはもちろん。 お腹に引っ張られて腰の骨がどんどん前に出てきます。 また加齢に伴い腹筋のほうが早く衰えてくるので、 お腹を張った姿勢になりやすくなるのも原因です。 体重を減らす、腹筋を鍛えるしか改善する道はないので、 太っていて仰向けに寝ると腰が痛くなるという人は、 筋トレやダイエットをしてくださいね。 骨盤が歪んでいる 骨盤の歪みには開き過ぎや閉じ過ぎなど色々あるんですが、 腰が反ってしまうタイプのものも存在します。 自分の お尻がやけに突き出している、 同時に 痩せているのにお腹が張っているなんてことはありませんか? 周りよりもそうかも・・・と感じる人は骨盤が後ろにずれている可能性があります。 同じ画像で申し訳ないんですが、 右側の反り腰の人をみるとやけにお腹が出て、お尻が突き出していると思いませんか? 骨盤が後ろにずれると支えが下がってしまうために、このような姿勢になるんです。 腹筋を鍛えることで支えがしっかりし腰の反りがなくなってきます。 痩せていても反り腰ではお腹が出て見えるので美しくありませんし、 内蔵を圧迫するので便秘になったり、代謝も下がりがち・・・ それではもったいないので是非腹筋を鍛えて痛みとさよならして、 さらに美しい身体・スタイルを手に入れてくださいね!.

次の

【仰向けで寝ると腰が痛い方必見】仰向けで寝ると腰痛になる原因とは?

仰向け で 寝る と 腰 が 痛い

実は、仰向けに寝て腰が痛いという人は、お尻が沈んで 「猫背」になっていたり、 「反り腰」になっていることが多いです。 反り腰とは、姿勢の悪化などの原因で、腰が背中側に反っている状態のことです。 反り腰になっているかどうかの確認は、床の上などの固い場所で仰向けになって寝れば分かります。 反り腰であった場合、床と腰との間に大きく「隙間」があきます。 その隙間は「手のひら一つ分と少し」くらい入るケースが多いです。 結果的に、腰がブリッジをしているような状態になりますので、「仰向け寝」をすると腰が痛いと訴え始めるのです。 腰がブリッジをしている状態になると、お尻、足、胸、頭が、床側に下がってしまいます。 すると、腰だけが浮き上がるような状態になり、テコの原理も働いて「反り腰」になりやすくなります。 人間の背骨はゆるやかなS字カーブを描いていますが、反り腰になると姿勢がくずれて「S字カーブ」が崩れます。 結果として、腰部に負担がかかり、腰痛となって現れるのです。 立っている時や座っている時に痛くないのに、仰向けだと腰が痛いという場合は、反り腰を疑ったほうが良いでしょう。 では、反り腰はどんなことが原因で起きてしまうのでしょうか? 仰向けに寝ると腰が痛い!反り腰の原因とは? 仰向けに寝て腰が痛い人は、反り腰になっている可能性が高いですが、これは基本的に 女性に多い症状です。 女性は、子供を産むため、男性に比べると骨盤が大きくなっています。 そのため、仰向け寝をした際に、臀部(でんぶ)が通常よりも下がりやすく、反り腰になりやすくなるのです。 また、筋力も男性よりも弱いですから、そのことも反り腰の原因となります。 基本的に弱くなるのは腹筋の方が多いですので、強い背筋によって姿勢が後に引っ張られ、反り腰となってしまうのです。 適度な腹筋運動は、女性の反り腰の改善には役立つと言えるでしょう。 また、 太っている人も反り腰になりやすいです。 ご存知のように肥満の方の姿勢は、のけぞっている場合が多いですよね? お腹がポッコリと出っ張っていることによって、後側に反り返る姿勢になってしまうわけです。 そうするとお腹に引っ張られるような形で「腰の骨」が前へ突き出しますので、反り腰の原因となってしまいます。 肥満の方で仰向けに寝ると腰が痛い場合は、ダイエットをして姿勢を正し、反り腰防止に努めましょう。

次の