日本 未来 2ch。 AIが予測する2万通りの日本の未来 分岐点はすぐそこ:朝日新聞デジタル

【新成人意識調査】「日本の未来は暗いと思う」が67%に!政治・選挙への関心も低下!信頼する情報は「テレビ」がトップに!

日本 未来 2ch

1.地震・戦争など、不吉な日本の未来3つの予言 世界有数の地震国である日本においては、まず気になるのが、発生が予想されている大型地震がいつ起こるか、という問題でしょう。 政府機関による予測データも公表されていますが、それでも いつ来るのかわからないのが地震の恐ろしさであり、だからこそ予言を頼りたい気持ちになる人も多いのでしょう。 北朝鮮のミサイル実験を始めとする、国際的な軍事情勢も大きな不安要素のひとつです。 特に恐れられているのが、長大な南海トラフ全域にかけ、いくつもの大型地震が連鎖的発生する「 南海トラフ巨大地震」で、この発生率は 2017年以降の50年間で実に90%以上とされています。 多くの予言者がこの南海トラフ巨大地震の発生を予言しています。 2018年だけに限っても、ブラジルの著名な予言者であるジュセリーノ・ノーブレカ・ダ・ルースが「 2018年6月に東海地方でマグニチュード10を超える」地震が起こると予言する他、アメリカのジョセフ・マクモニーグルも、 2018年の晩夏に、東京の西40kmを震源とする震度6の地震が起こると予言しています。 マクモニーグルは2018年10月に、日本を「高さ10. 5mの津波」が襲うとも予言しており、上記のものと合わせ、これが南海トラフ巨大地震のことを示すのではないか、とも言われています。 2014年、ネット掲示板に現れた「2047年からやってきた70歳のジジイ」氏も、 2018年12月9日にマグニチュード8. 5の地震が起こると予言していました。 南海トラフ巨大地震が、 いつ起こってもおかしくない目前の危機であることは間違いありません。 そのひとつに、こんな文言があります。 つまり、この予言は 明治維新から200年後=2067年頃を示す予言であるとされています。 その根拠は「七人の子」という文言にあります。 聖徳太子には、馬小屋の前で生まれたという伝説があり、同じく家畜小屋で生まれたとされる イエス・キリストとの共通性が考えられています。 キリスト教の聖典である聖書に、世界の終焉を予言する「 聖ヨハネの黙示録」がありますが、その中に「 世界を滅亡に導く災厄を告げるラッパの音が七回響く」という文言を見ることができます。 「七人の子」とはつまり 七つの災厄のことであり、その後に起こる最終戦争(ハルマゲドン)=第三次世界大戦のことなのです。 ダイアン・ラザルスは10歳の時に死んだ祖父の声を聞いたことをきっかけに予知能力に目覚め、BBC放送の人気女性キャスター殺人事件などを始めとする、数々の未解決事件の捜査に貢献し、イギリス警察からも一目置かれている予言者です。 サリー・モーガンはダイアナ元皇太子妃のおかかえ予言者としても有名だった人物ですが、後にダイアナ妃が自動車事故で亡くなることを予言し、それを的中させたことで有名になりました。 2人は、『水曜エンタメ』の番組中、未来の日本で起こる出来事をそれぞれ数件ずつ予言していますが、両者が共通して予言したのは「 テロ事件の発生」でした。 ダイアン・ラザルスは クリスマスの前に飛行機に関わるテロ事件が発生すると予言し、サリー・モーガンも「 アメリカやイギリスで起きたようなテロ事件が日本でも起こる」と予言しています。 イスラム過激派組織ISISが日本(人)を標的にしたテロを起こすと宣言するなど、日本国内でも近年テロの可能性が高まっており、予言通り、日本国内でテロが起こる可能性を否定することはできません。 また、サリー・モーガンは同じ番組中、日本の予言に際し「 YATIT」という不吉なキーワードが頭に浮かんだと述べています。 この「YATIT」というキーワードが何を指しているのか、結局番組中では明らかにされず、Twitterなどネットでも大きな話題となり、さまざまな憶測が飛び交いました。 2.不吉な予言ばかりではない、明るい日本の未来2つの予言 南海トラフ巨大地震や戦争、テロ事件など、数々の不吉な予言が、日本の将来への不安を抱かせますが、予言者の中には、 日本の明るい未来の可能性を示す予言を行っている人もいます。 暗い話ばかりではない、明るい日本の未来の可能性に触れる2つの予言を紹介しましょう。 あらゆる他の細胞に分化することが可能なことから「 万能細胞」とも呼ばれ、再生医療の分野において、その技術の実用化への期待が高まっています。 現実の医療技術の進歩に大いに期待したいところですね。 3113年の世界から来たという「原田」という人物は、 日本が2030年代に、国際宇宙ステーション(ISS)に匹敵する宇宙ステーションを独自に建造し、世界の宇宙開発のトップに立つという予言をしています。 3.まとめ 先行きの見えない不安な時代、未来がどうなるのか、誰もが心配になるところでしょう。 しかし、未来を作っていくのは 現代に生きる私達自身です。 予言がどのような未来を指し示そうと、 よりよい未来を創る努力を怠らずにいたいものですね。

次の

日本の衰退っていつからだったんだろうな?「何がこの国をこんなにしたんや?」「ネットで可視化されただけやろ」「ニッポンの明日はどっちや?」 2ch日本社会まとめ

日本 未来 2ch

この問題の解決策を探っている市民社会の議論も、企業資産の現金化を控えて本格化する見通しです。 東京からイ・ギョンア特派員が報道します。 強制動員問題解決のための良心的市民の集会、『金曜行動』です。 コロナ19によって4か月近くに開けなかった『金曜行動』は、三菱本社前で賠償判決の履行を求める集会を今日から再開しました。 今回の集会には、『名古屋勤労挺身隊(訴訟)を支援する会』など15人が参加しました。 これらは韓国大法院(最高裁)の判決から1年半が経った今も、何の責任も負っていない企業を一斉に批判しました。 この4つを基本にして・・・」 三菱重工業の株主総会に合わせて再開された集会の現場には、一部の右翼が大声で野次を飛ばし、集会を妨害しました。 最近あった産業遺産情報センターの事例のように、強制動員の歴史自体を否定しようとする試みを嘆く声も相次いでいます。 日本の市民団体は来月19日にシムポジオム(シンポジウム)を準備するなど、強制動員問題解決のための社会的議論を本格的に推進して行く予定です。 東京からYTN、イ・ギョンア・イプニダ(でした)。 条約無視は戦争行為だし、無効なら補償や経済支援も無しの状態に戻す義務が有るって事を朝鮮脳は理解出来ないしね。 net 今でも韓国内で就職難だからって日本に来ようとしてるのに...。 あっち系の企業か分からんが雇う方も雇う方。 企業のグローバル 化と称した潜入である。 net ヤクザに払うほど日本の株主も甘くなくなったぞ? ほざいて踊れよ、乞食。 net つうか、現金化まだかよ。 55 ID:ABGDpS0n. net 日本政府と日本企業に対する賠償は、日韓基本条約により、韓国政府が全て支払うことになっているので。 韓国人は、韓国政府に文句言ってください。 net 脅し、集りばかりやってるとチョーセンに未来はないなwww 暇人無職のチョーセンジン。 1011 : 2ch. net投稿限界:Over 1000 Thread 2ch. netからのレス数が1000に到達しました。 総レス数 1011 239 KB.

次の

【日本の未来は暗い??】子どもたちがこれから巻き込まれることを知っておこう。

日本 未来 2ch

ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。 プロフィール:中矢 伸一(なかや・しんいち) 「日本弥栄 (にほんいやさか) の会」代表。 3年に及ぶ米国留学生活を通じ、日本と日本民族の特異性を自覚。 帰国後、英会話講師・翻訳・通訳業に携わる一方、神道系の歴史、宗教、思想などについて独自に研究を進める。 1991年、それまでの研究をまとめた『日月神示』(徳間書店)を刊行。 以後、関連した書籍を相次いで世に送り出す。 これまでに刊行した著作は共著やリメイクを含めて70冊以上。 累計部数は100万部を超える。 中矢:そもそも日月神示というのは、岡本天明という人物が 神による啓示を受けて、その内容を 自動書記で記したものなんですが、その神示が初めて降りたのが1944年6月10日のこと。 ちょうど 第二次世界大戦の真っ最中だったのですが、やはり その時代のことを反映した予言的な内容もあったんです。 当時、日本の戦況は著しく劣勢に立たされていたんですが、国民はそれを知らされておらず、「神国日本」「必勝」ということで勝利を信じ込んでいました。 でも日月神示には、 「この戦は負け戦だ」ということがハッキリと書かれていると。 ただ、それとともに 「日本はこれで終わりではなくて、それから復興するんだ」ということも、ちゃんと書かれているんです。 当時この日月神示の存在は、一部の人々の間で話題となっていたようで、陸軍将校の間でもガリ版刷りしたものが出回って、皆が回し読みをしてたらしいんです。 それで「この戦争は負けるが、その後復興する」ということを知り、いざ敗戦となった際に自決を思いとどまったという人も結構いたそうなんです。 ……これは以前、実際に旧陸軍にいらっしゃった方からお聞きして、本当に回覧されていたことを知りました。 日月神示の予言的な部分で言うと、そういうことも書かれているんですね。 戦争に負けて、また復興するだろうと。 ただし日月神示では、今度復興してくる時には 「魂が抜けたようなグニャグニャの骨なしの日本人になる」って書かれているんです。 で、 もう一回潰れたようになると。 「立て替え(破壊)は二度ある」のです。 だからもう一回潰れたようになって、その後 初めて本当の意味で立ち直るんだという。 だから2段階あるわけですね。 1段階目は先の戦争で破壊されて、そこからの復興。 その後にもう1回あるようなんですけど、それは 日本人の精神的な部分での立て直し(創造)が起きるという風にも取れるんです。 戦後の日本っていうのは、とにかく経済的に豊かにならなきゃいけないっていうことで、みんな頑張ってきたわけですよね。 精神的なことは後回しにされて……。 学校教育なんか最たる例で、道徳教育をおざなりにして、そういう日本古来の精神的な価値観っていうのを、どっかに置いてきちゃったわけです。 「それよりもまず経済的な繁栄だ」ということで。 そうしてきたことのツケで、ここに来て色々と歪みが生じてきているというか、とにかく 日本の支配的立場にある大人たちの精神が歪んじゃってるわけですね。 最近のアメフト騒動で浮き彫りになった日大の体質なんかもそうですけど。 でも逆に、タックルをした選手の記者会見は、まあ、彼がやったことは間違っていたわけですが、その後の対応が立派だと世間は評価したわけです。 こういう風に 新しい世代から、そういうしっかりとした日本人が立ち上がろうとしているんですね。 戦後の教育では 自虐史観が永らく幅を利かせていましたが、最近ではいろんな情報がインターネットから手に入るようになり、 「日本っていうのはそんなに悪い国じゃないぞ」「むしろ立派な国だったんじゃないか」っていう見直しが始まっていると。 いったん地に堕ちてしまった日本人の心、日本精神がこれからまた蘇ろうとしている……そういうパラダイムに今は来てるんじゃないかなと思うのですが、ただまだ大きな変革には至ってないのかなと。 中矢:本当ならば、皆が自発的に目覚めて「もう一度、経済的な繁栄だけじゃなくって、日本人の精神的な文化っていうものを見直していこう」っていうことで、一丸となって取り組めば、穏やかにいくんだと思いますけど、たぶんそういうふうにはなりにくいと思うんですね。 一部ではそういう変革は始まってるけど、国民全体となるとやはり 何か大きなインパクトがないと、本当の意味での 「全員が目覚める」状態にはならないのかなと。 それじゃあ何が起きるかっていうと、やはり 戦争か 紛争のようなことが起きたり、何らかの外的要因によって「これじゃ、本当に日本は滅びてしまうぞ」と誰もが感じるぐらいの危機的状況に陥ってしまうのではないかと。 ……そもそも日本人って、追い込まれないとダメですからね。 だから、そういうインパクトのある出来事がきっかけとなって、ワーッと動き出すのではないかと。 日本人は一旦ひとつの方向へ向かいはじめると、それ以降の動きは早いですからね。 そういう「雪崩を打って」というような状況になるためには、やはり何かが起きないことには難しいのかもしれません。 ただ、日月神示には「大難を小難に済ませたい」といったことも書かれていて、 なるべく穏やかなプロセスで「新時代」に移行させたいようなんですね。 言うなれば、そのために降ろされた神示なんだろうと思うんです。 だから、ソフトランディングで行くのかハードランディングで行くのかは、我々の心掛けというか、意識のあり方次第にかかってるんだろうと思います。 我々が想像できないような、ほんとに 夢物語みたいな世界が究極のゴールなんですが、それを日月神示では「ミロクの世」と呼んでいます。 そういう世の中が果たして来るか来ないかっていうのは、誰にも分かりません。 ただ、やはり 日本が本当の意味での復興を遂げたときに、 初めて本当の世界平和が訪れると思うんですね。 そうなっていく過程において、予想されるのが、 日本という国が世界の中で一種のモデルケースのような存在になるということなんです。 今でさえ日本は外国と比べると安全な国で、街中も綺麗だし、貧富の差もそれほどない。 気候もいいし、食べるものもおいしい。 そんな風に「いい国だ」と気づく人が多くなってるじゃないですか。 そうすると「日本のようになりたい」というモデルケースになって、みんなが真似しだすといった、そういう意味での世界の中心になっていくんじゃないかと思うんですね。 日本を中心とした緩やかな世界秩序といったような……。 そうなると、もう地球全体が違ったステージに入ると思うんですが、日月神示が導こうとしている「ミロクの世」というのは、そうしたプロセスを経た上で実現するものなんじゃないかと。 そう考えると、今の 安倍総理が実行している「全方位外交」なんていうのは、そういったステージの到来に向けた、 一種のひな形づくりなんじゃないかと、私は思うんですけどね。 ……このように、日月神示が指し示す今後の世界と日本の姿について熱く語ってくださった中矢さんですが、お話はこれだけではありません。 地球的規模の変革が起こる直前に上空に現れるというサインの話から、人生の悩みごとの解決にも活用できるという日月神示の奥深い一面まで、多岐にわたった今回のインタビューのフルバージョンは、にて近日掲載! 6月中にメルマガにご登録いただくと、全文をお読みいただけます。 初月無料ですので、気になる方はチェックされてはいかがでしょうか。 中矢伸一さんの最新著、絶賛発売中 中矢伸一 著 かざひの文庫 自動書記によって神から降ろされた警告と救済の書『日月神示』の、第一人者による現代訳と解説が入った入門書。 ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含めをどうぞ。 2018年5月分• 中矢伸一のメールマガジン「飛耳長目」Vol. 中矢伸一のメールマガジン「飛耳長目」Vol. 中矢伸一のメールマガジン「飛耳長目」Vol. 中矢伸一のメールマガジン「飛耳長目」Vol.

次の