レットイットビー 歌詞 和訳。 【歌詞和訳】Beatlesの名曲Let It Be(レットイットビー)。込められた意味や当時の背景、まとめました

「Let It Go」Idina Menzel 歌詞和訳(日本語訳)

レットイットビー 歌詞 和訳

ビートルズを聴かない人でも、メロディには聞き覚えがあると思います。 レット・イット・ビー。 単語としてはどれも中学1年生レベルなのに、フレーズにされるとピンとこない。 直訳すると、 それを、その状態にすることを、ゆるす みたいになって訳がわかりません。 どうしたって、ある程度の意訳が必要になってきます。 よく目にする訳としては あるがままに でしょうか。 文法的な話をここでするのはやめときますが、シンプルなフレーズなだけに、解釈の仕方もいろいろある気がしています。 バチッとハマる日本語訳ってないと思うし、人それぞれでいいのかなぁ、なんて思ってます。 聞くタイミングによって、色んな意味に取れるのも面白さのひとつ。 あなたは、そのまんまで大丈夫 という無条件の肯定に聞こえるときもあれば、 やることはやった!あとは人事尽くして天命を待つのみ! と男気あふれる意味を感じるときもあります。 めちゃくちゃ意訳すると、下の訳みたいなのもアリなのかな。 どうにでもなるよ、気を楽に 外国語の歌だからこそ、すぐにはわからない歌詞が多いし、一生懸命意味を考えちゃう。 たとえそれが本来の文法的にはまちがった解釈だったとしても、考える過程は楽しい。 自分以外のひとがどう訳すかを見るのも楽しい。 自分が同じ歌詞をどう受け取るのか、定点観測していくのもおもしろいかな。

次の

LET IT BE THE BEATLES 歌詞情報

レットイットビー 歌詞 和訳

ガンで母を幼くしてなくしたポールが マネージャーのブライアン・エプスタインが亡くなり メンバーの個性やエゴが出て解散雰囲気が近づき 行き詰まった時に母親が夢に出て Let it beと言ったそうです。 それと掛け合わせ 個性が出て離れていくメンバーに向けた 歌詞だと思います。 Let it be When I find myself in times of trouble Mother Mary comes to me Speaking words of wisdom, let it be. And in my hour of darkness She is standing right in front of me Speaking words of wisdom, let it be. Let it be, let it be. Whisper words of wisdom, let it be. 僕が困っている時 メアリー母さんは僕に歩み寄り いいことを言ってくれた 「なりゆきに任せなさい」と そして僕が暗闇の中でもがいていると 彼女は僕の目の前に立ち いいことを言ってくれた なりゆきに任せればいいのよ、と なすがままに、あるがままにすればいい、と そっと呟いてみなさい そのままでいいんだ、と And when the broken hearted people Living in the world agree, There will be an answer, let it be. For though they may be parted there is Still a chance that they will see There will be an answer, let it be. Let it be, let it be. Yeah There will be an answer, let it be. 傷ついた人たちが同じ世界でやってくには 成り行きに任せるしかない それでもまたばらばらになるかもしれない でももしまだそこに分かち合うチャンスが残されているのなら 「成り行きに任せよう」という結論に辿り着くだろう なすがままに、あるがままに、と いつか一つの結論に辿り着くだろう あるがままでいいんだ、という結論に And when the night is cloudy, There is still a light that shines on me, Shine on until tomorrow, let it be. I wake up to the sound of music Mother Mary comes to me Speaking words of wisdom, let it be. Let it be, let it be. There will be an answer, let it be. Let it be, let it be, Whisper words of wisdom, let it be 曇りの夜でも まだ僕を照らす一筋の光がある 明日まで照らしてくれる光がある だから成り行きに任せよう 僕が音楽の音色で目を覚ますと メアリー母さんは僕に歩み寄り いい事を言ってくれるんだ 成り行きに任せればいい、と なすがままに、あるがままに 答えは一つさ なすがままにすればいい そっと呟いてみるんだ なすがままでいいんだ.

次の

<歌詞和訳>Let It Be

レットイットビー 歌詞 和訳

ビートルズを聴かない人でも、メロディには聞き覚えがあると思います。 レット・イット・ビー。 単語としてはどれも中学1年生レベルなのに、フレーズにされるとピンとこない。 直訳すると、 それを、その状態にすることを、ゆるす みたいになって訳がわかりません。 どうしたって、ある程度の意訳が必要になってきます。 よく目にする訳としては あるがままに でしょうか。 文法的な話をここでするのはやめときますが、シンプルなフレーズなだけに、解釈の仕方もいろいろある気がしています。 バチッとハマる日本語訳ってないと思うし、人それぞれでいいのかなぁ、なんて思ってます。 聞くタイミングによって、色んな意味に取れるのも面白さのひとつ。 あなたは、そのまんまで大丈夫 という無条件の肯定に聞こえるときもあれば、 やることはやった!あとは人事尽くして天命を待つのみ! と男気あふれる意味を感じるときもあります。 めちゃくちゃ意訳すると、下の訳みたいなのもアリなのかな。 どうにでもなるよ、気を楽に 外国語の歌だからこそ、すぐにはわからない歌詞が多いし、一生懸命意味を考えちゃう。 たとえそれが本来の文法的にはまちがった解釈だったとしても、考える過程は楽しい。 自分以外のひとがどう訳すかを見るのも楽しい。 自分が同じ歌詞をどう受け取るのか、定点観測していくのもおもしろいかな。

次の