村山由佳 パートナー。 村山由佳

『ミルク・アンド・ハニー』(村山由佳)の感想(46レビュー)

村山由佳 パートナー

村山 由佳 (むらやま ゆか)• 1964年(昭和39年)7月10日生まれ。 不動産会社勤務、塾講師などを経て作家デビュー。 1991年(平成3年)、「 いのちのうた」で環境童話コンクール大賞を受賞。 2003年(平成15年)、「 星々の舟」で第129回(2003年度上半期)直木賞を受賞。 「 天使の卵」や「 きみのためにできること」など映画化された作品も多い。 2011年に母との長年の葛藤を描いた自伝的小説「 放蕩記」を刊行した。 近著に「 天翔る」や「 おいしいコーヒーのいれ方」など。 特記事項 私生活では、2007年(平成19年)に離婚。 2009年に再婚したが2014年に離婚。 黒一色の墨で、胸元にトライバル風の不死鳥、足首に龍のタトゥーがある。

次の

小説家・村山由佳 モラハラ夫を前に包丁を眺めながら思う「これで刺したら黙るんだわ」

村山由佳 パートナー

村山 女性が自分で稼ぐようになったことが一番大きいと思います。 日本は経済的に先細りになっていく、親になる自信もない。 この男で大丈夫なのか、という条件の面で見定めすぎて、結婚に尻込みしている。 でも、そんな結婚ならしないほうがいい。 何かの時は私が養ってやる、くらいの覚悟がなければ結婚しないほうがいい。 村山 フランスのように、結婚していなくても、同棲していれば、あるいは子供ができれば、社会的な保障が受けられるとか、結婚しているのと同じように扱う制度があれば変わります。 2度結婚なさって、暮らしがどう変わりましたか。 村山 経済的な面では変わっていません。 前夫は、生活のあらゆること、主夫業をしてくれる人でした。 今回は、一緒に暮らし始めようとした時、「家のことは一切しないけど、それでもいいか」というので、私は「家事一切をさせていただきます」と言いました。 「男は『ろくでなし』の方が、小説は結実します」、なんてことを私が言うために、「ろくでなしでなくなったら、俺は捨てられる」と、ずっとろくでなしのままでいます。 物書きとしてはいい燃料を手に入れたのかな。 これはちょっとひどい物言いですね、反省します。 物書きであることを横に置いても、私が女であることを活性化させてくれます。 私は、女でしか書けないものを書きたい。 私自身が枯れてしまったら、書けなくなるものがたくさんあると思います。 結婚して、夫によって女としての面を活性化し続けられる妻は、ごく少数だと思います。 結婚は日常なので、毎日発情していると、ものすごくしんどい。 恋愛は、くべる蒔がないと燃え続けないけど、結婚生活にはじゃまだと思います。 結婚生活には不幸の種はないほうがいいですし。 だから難しい。 村山 その恐れが強かったですね。 結婚したら、恋愛感情や、相手を「オス」だなと思う瞬間が少なくなるように思って怖かったです。 一緒に暮らして4年くらい、結婚して1年半くらいですが、ほとんど家にいないろくでなしなので、うまい状態を保っていてくれます。 結婚しているという感じがあまりしないですね。 村山 結婚を便利な制度と思って利用するのがいいのかなと思います。 結婚に夢を抱きすぎたり、結婚さえすれば男と女の絆が深まると思ってしまうと、失望が大きかったりするので、人として互いの絆が深まったうえで、結婚という制度は私たちにはいいわね、というスタンスがいいのかな。 恋愛であれ、結婚であれ、相手とどれだけコミュニケーションをとることができるか、コミュニケーションをとる努力をするか、ということが最も大切だと思います。 子供を持つことについて、どう考えていましたか。 村山 子供は、たまたまできませんでした。 できなかったことがものすごく悲しいかというと、そうでもないんです。 どうしても子供が欲しくてたまらない人には届かない言葉かもしれないけれど、子供がいないことで、子供があったら生きられない人生を生きる自由もあるので、互いに自分の状況を受け入れるしかないと思います。 私にとって子供が生まれなかったことは、そのぶんの時間なり心の部分なりを、他の何かに使いなさい、ということだったと思うしかありません。 現実にパートナーが9歳下なので、子供を産んであげたかったという気持ちも皆無ではないですが、それはどうにもならないし、大切なのは、お互いが笑いあえることだと思う。 死ぬ時にならないと答えの出ないことで、後悔するかもしれないけれど、あきらめて死ぬだろうと思います。 あきらめるというのは、明らかに極めるということが語源だそうなので、決して後ろ向きのことではありません。 (つづく)•

次の

村山由佳の名作小説のおすすめ人気ランキング30選【恋愛小説だけじゃない!】

村山由佳 パートナー

経歴・人物 出身。 ・を経て、日本文学科卒業。 勤務、塾講師などを経験したあと、作家デビュー。 『』は第129回(2003年上半期)を受賞した。 長らくに住んでいたが、(平成19年)に、離婚して東京に移住したのち、(平成21年)に再婚した(に離婚 )。 同じころ、体に3か所にを入れた。 (平成22年)にへ移った。 『』、『』は、枠で化された。 また、に『きみのためにできること Peace of mind』が『きみのためにできること』のタイトルでで、に『天使の卵-エンジェルス・エッグ』が『』のタイトルでで映画化された。 母親がになり村山の小説が読めなくなったことをきっかけに、に母との長年の葛藤を描いた自伝的小説『放蕩記』を刊行した。 受賞歴• (平成3年) 『いのちのうた』で大賞• (平成3年) 『もう一度デジャ・ヴ』で第1回佳作• (平成5年) 『春妃〜デッサン』(『』に改題)で第6回• (平成15年) 『』で第129回受賞。 (平成21年) 『』で第4回、第16回、第22回を受賞。 本作は文学賞トリプル受賞となり、高く評価された。 作品リスト• いのちのうた(大阪市環境保険局、1990年)• ブンブンききいっぱつ! さらわれたママをすくいだせ! のまき(むらやまゆか名義 画:せとまさこ、文渓堂、1992年9月)• もう一度デジャ・ヴ(画:志田正重、、 1993年 1998年)• (集英社、1994年 集英社文庫 1996年、解説)• (絵:志田正重、集英社、1994年) シリーズについては、を参照。 BAD KIDS(『海を抱く BAD KIDS』と世界観を共有、絵:音部訓子、集英社 1994年7月 集英社文庫 1997年、)• 野生の風 WILD WIND(表紙写真:、集英社 1995年3月 集英社文庫 1998年)• 青のフェルマータ Fermata in Blue(表紙絵:、集英社 1995年11月 集英社文庫 2000年、解説)• きみのためにできること Peace of mind(表紙絵:アンドレ・ダーハン、集英社、1996年11月 集英社文庫 1998年、、文庫版は英題「Peace of mind」は付かない)• 翼 cry for the moon(集英社 1997年9月 集英社文庫 2002年、池上冬樹解説)• 海を抱く BAD KIDS 表紙:音部訓子、集英社 1999年7月 集英社文庫 2003年、解説)• さいごの恐竜ティラン I'll stay with you(画:広瀬 弦、ホーム社・集英社、1999年9月)• 小説家ぶー子イギリスを行く・ぶー子のスケッチブック(集英社、2000年7月)• いのちのうた CDブックス(CD付き絵本、画:、朗読、集英社、2000年10月)• 約束(画:はまのゆか、集英社、2001年7月)• すべての雲は銀の… Silver Lining(表紙:、 2001年11月 2004年、解説)• 晴れときどき猫背 Seabreeze from Kamogawa 2(集英社、2002年10月)• (監督映画「」サイドストーリー、講談社 2003年2月 講談社文庫 2006年、)• VOYAGE THROUGH STARS(表紙:小野田維、 2003年3月 2006年)• 天使の梯子 Angel's Ladder(『天使の卵-エンジェルス・エッグ』の続編、表紙:小瀧達郎、集英社 2004年10月、集英社文庫 2007年)• 楽園のしっぽ(文藝春秋、2005年7月、文春文庫 2009年、)• ヘヴンリー・ブルー Heavenly Blue 「天使の卵」アナザーストーリー(『天使の卵-エンジェルス・エッグ』の番外編、挿絵:津田やよい、集英社、2006年8月、集英社文庫 2009年、文庫版は書き下ろし『ヘヴンリー・ブルー』メイキング・エッセイ付き)• (文藝春秋、2009年、文春文庫 上下巻2011年)• ミルク・アンド・ハニー(文藝春秋、2018年) - 『ダブル・ファンタジー』の続編• 遥かなる水の音(写真:松岡雅子、集英社、2009年11月、 、集英社文庫 2012年11月、)• アダルト・エデュケーション(装画:ダリ・ラウ、、2010年7月、、、2013年4月、)• 『約束』はアンソロジー「短編工場」、集英社文庫、2012年10月、 にも収録)• 放蕩記(装画:結布、集英社、2011年、)• 花酔ひ(文藝春秋、2012年2月 、文春文庫、2014年9月)• イエスタデイズ(アンソロジー「あの日、君と Girls」、集英社文庫、2012年5月 及びアンソロジー「短篇ベストコレクション 現代の小説2013」、、2013年6月 に収録)• ダンス・ウィズ・ドラゴン(装丁・撮影:、タトゥー:ダリ・ラウ、幻冬舎、2012年5月、、幻冬舎文庫、2014年8月、)• 天翔る(講談社、2013年3月、、講談社文庫、2015年8月、)• ありふれた愛じゃない(文藝春秋、2014年3月、)• 風酔ひ(アンソロジー「エロスの記憶」 、文春文庫、2015年2月、 に収録• ワンダフル・ワールド(新潮社、2016年3月、)• 嘘 Love Lies(新潮社、2017年12月、)• 風は西から(幻冬舎、2018年3月、)• ミルク・アンド・ハニー(文藝春秋、2018年5月、)• 燃える波(中央公論新社、2018年7月、)• 猫がいなけりゃ息もできない(ホーム社、2018年10月、) 『おいしいコーヒーのいれ方』シリーズ ジャンプ・ジェイ・ブックスより刊行。 巻数表示は。 集英社文庫でも刊行。 『』シリーズ(画:志田正重)• 1994年シリーズ開始。 キスまでの距離(1994年)• 僕らの夏(1996年)• 彼女の朝(1997年)• 雪の降る音(1999年)• 緑の午後(2000年)• 遠い背中(2002年)• 坂の途中(2003年)• 優しい秘密(2004年)• 聞きたい言葉(2005年)• 夢のあとさき(2006年)• 『おいしいコーヒーのいれ方 Second Season』シリーズ(画:単行本2巻までは志田光郷、単行本3巻からと文庫版は結布)• 蜂蜜色の瞳(2007年)• 明日の約束(2008年)• 消せない告白(2009年)• 凍える月(2010年)• 雲の果て(2011年)• 彼方の声(2011年)• 記憶の海(2012年)• 地図のない旅(2013年) 共著• ピーボディ先生のりんご(、画:ローレン・ロング、集英社、2004年)• (、画:、、2006年) 補足• 『』シリーズと『それらに併録されている短編』、および『もう一度デジャ・ヴ』とは世界観を共有している。 映像化作品 映画• きみのためにできること(1999年6月19日公開、監督、) - 原作・『きみのためにできること Peace of mind』• (2006年10月21日公開、監督、) - 原作・『天使の卵-エンジェルス・エッグ』 テレビドラマ• (2018年6月 - 7月(全5回)、) テレビ出演• 五大陸横断 20世紀列車がゆく ロシアの大地とともに ~シベリア鉄道10,000キロの旅~(1999年、 - 旅人• 宿坊〜ココロとカラダ満つる旅〜(2007年1月18日、)• (2010年8月3日、9月3日、)• (2011年2月13日、)• ミュージック・ポートレイト(2011年7月16日・23日、NHK教育)• (2011年9月26日・10月24日・12月5日、NHK教育)• プレミアムトーク(2012年6月29日、NHK総合)• リハビリ・介護を生きる あなたの中の私を失う時(2015年5月15日、NHK教育)• 「特別編「村山由佳ともみじ 軽井沢の日々よ 永遠に」(2018年9月1日、) ラジオ番組• 『』(、2013年4月 - ) - 隔週パーソナリティー 脚注 []• 第24回 「長恨歌」「真説石川五右衛門」• 第25回 「英語屋さん」「颱風さん」「御苦労さん」• 第27回 「罪な女」他• 第28回 「叛乱」• 第29回 該当作品なし• 第30回 該当作品なし• 第31回 『終身未決囚』• 第33回 該当作品なし• 第37回 『ルソンの谷間』• 第38回 該当作品なし• 第43回 「錯乱」• 第45回 「」• 第46回 「螢の河」• 第47回 『天才と狂人の間』• 第49回 『女のいくさ』• 第51回 該当作品なし• 第53回 「虹」• 第55回 「白い罌粟」• 第56回 「」• 第57回 『追いつめる』• 第59回 該当作品なし• 第61回 『戦いすんで日が暮れて』• 第62回 該当作品なし 1970年代• 第64回 『長良川』• 第65回 該当作品なし• 第66回 該当作品なし• 第68回 該当作品なし• 第70回 該当作品なし• 第71回 「鬼の詩」• 第73回 該当作品なし• 第74回 『』• 第75回 該当作品なし• 第76回 『』• 第77回 該当作品なし• 第78回 該当作品なし• 第82回 該当作品なし• 第84回 『元首の謀叛』• 第85回 『』• 第88回 該当作品なし• 第89回 『』• 第92回 該当作品なし• 第93回 「演歌の虫」「老梅」• 第95回 『恋紅』• 第98回 『それぞれの終楽章』• 第103回 『蔭桔梗』• 第104回 『漂泊者のアリア』• 第107回 『受け月』• 第108回 『佃島ふたり書房』• 第112回 該当作品なし• 第113回 『白球残映』• 第115回 『』• 第116回 『山妣』• 第118回 該当作品なし• 第119回 『』• 第120回 『』• 第122回 『』• 第125回 『愛の領分』• 第127回 『生きる』• 第128回 該当作品なし• 第132回 『』• 第133回 『花まんま』• 第134回 『』• 第136回 該当作品なし• 第137回 『』• 第138回 『』• 第139回 『切羽へ』• 第141回 『』•

次の