知らなくていいコト 3話 ネタバレ。 『知らなくていいコト』第9話あらすじネタバレ|ケイトの父・乃十阿に無罪の可能性が浮上|ソクラテスのつぶやき

『知らなくていいコト』第3話のあらすじ・ネタバレ

知らなくていいコト 3話 ネタバレ

真壁ケイト: 吉高由里子 主人公。 東源出版の一流週刊誌「週刊イースト」の編集部で働く特集班記者 真壁杏南: 秋吉久美子 主人公の母で、映画翻訳家。 脳梗塞で他界してしまう。 野中春樹: 重岡大毅(ジャニーズWEST) ケイトの恋人で、同じ編集部で働く記者。 尾高由一郎: 柄本佑 ケイトの元カレで元同僚。 動物専門のカメラマン。 岩谷進: 佐々木蔵之介 ケイトの上司で、出版社の編集長。 乃十阿徹: 小林薫 ケイトの父親で、かつて世間を騒がせた殺人犯。 出所後の現在は、自転車屋で働いている。 黒川正彦: 山内圭哉 特集班・デスク 小野寺明人: 今野隆文 特集班(黒川班)のケイトの先輩 佐藤幸彦: 森田甘路 特集班(黒川班)のケイトの後輩 第9話ゲスト 知らなくていいコト 第9話あらすじネタバレ 編集長の 岩谷(佐々木蔵之介)から、手記を書かないかと、打診を受けた ケイト(吉高由里子)。 プロとして、自分が手記を書くことで、週刊イーストの特集記事に抜群のネタになることを理解しながらも、返事を保留にする。 一方、 尾高(柄本佑)は、再び週刊誌に追われる身になった 乃十阿(小林薫)を連れ出し、しばらく自分のスタジオに身を寄せるよう提案する。 そんな中、ケイトはテレビの大食い番組のヤラセ疑惑を追うことに。 タレコミをしてきたのは、先日の大食い大会準決勝で敗北した、大食いの素人チャレンジャー・ 小滝かおる(小林きな子)。 彼女によると、美人大食いタレント・新谷マリアに運ばれる料理だけ、容器が上げ底になっていたというのだ。 早速ケイトは、テレビ局のコネを駆使し、大食い選手権の決勝戦が行われるスタジオの見学に漕ぎつける。 マリアが所属する事務所は、大物タレントをかかえているということもあり、番組の女性プロデューサー・ 加賀田は、マリアを連れてきた事務所社長に、頭が上がらない様子。 収録を一通り見学したケイトたちだったが、なかなか証拠がつかめない。 加賀田と、新谷マリアの事務所社長との関係に目をつけたケイトは、後輩の 福西 (渕野右登)に、番組AD・ 荒牧 (三船海斗)に張り付くよう指示した。 その夜、ケイトの自宅に泥酔した 野中 (重岡大毅)が現われた。 「僕って最低ですか?」 酔った勢いで、混乱した 心のうちを告白する野中に、困惑するケイト。 「本当に最低で言葉もないけど、あんたが苦しんでるのは分かったわ。 」 「どっかで私に謝りたい気持ちと、貶めたい気持ちがごっちゃになってる。 そして地球の裏側ぐらい遠くに逃げて行きたい。 もうイーストにはいたくない。 そのいじましい気持ちを小説にでもしたら?」 「人の足引っ張ったって意味ないじゃん。 」 ケイトは酔った野中を、何とか家から追い出すのだった。 翌日、編集部に現れた尾高から、乃十阿がスタジオにいることを聞いたケイト。 乃十阿の家に記者が押し寄せ、何日も食事も取らずに籠城していたところを、尾高が助けたことを知り驚く。 「乃十阿と話すなら今しかない」 尾高の助言に、乃十阿と会うべきか悩みながらも、後輩の福西に、ADの荒巻から、ヤラセの情報を引き出させることに成功。 マリアに提供されていた大盛の食事を、荒巻はプロデューサーに指示された通り、見えない部分を削って、量を減らしていたと証言を得られたのだ。 翌日、乃十阿と会うことを決心したケイトは、尾高のスタジオに向かった。 乃十阿との初めての会話はぎこちなかったものの、ケイトに水を掛けたときの雰囲気とは違っていた。 ケイトは、 乃十阿に引き合わせてくれた尾高の行為に答えるため、きちんと乃十阿から、事件の話を聞き出そうと心に決めた。 その後、尾高は乃十阿の弁護士から、話したいことがあると連絡を受け、ケイトを連れて弁護士に会いに行くことに。 弁護士は乃十阿を訪ね、尾高のスタジオへ 行ったとき 、乃十阿はケイトが渡した名刺を、大事に持っていたことを知った。 そして乃十阿に、ケイトはあなたの娘ではないか、と質問すると、言葉できっぱり否定したそうだ。 その時の乃十阿の目を見て、ケイトは本当の娘なのだと確信を持った弁護士は、乃十阿が殺人犯ではない可能性があることを、ケイトに話すべきだと思ったのだ。 乃十阿と妻には、当時3歳の息子がいた。 逮捕当時、乃十阿に頼まれ、離婚届を渡しに妻を訪ねた弁護士。 そこで、息子がハーブティーを作る手伝いをしていた姿を見て、事件のあったキャンプ場の給水タンクに、ハーブティーを作るのと同じように、誤って毒を持つハリヒメソウの葉を入れてしまったのではないかと考えた。 ハーブは妻の趣味で、庭の葉を摘む姿を息子は何度も見ていた。 警察は乃十阿に、ハリヒメソウの話をしたとたん、自供したことに驚いたと言っていたことを知った弁護士は、乃十阿にそのことを問いかけたが、一瞬目が泳いだだけで、それ以降は何も語ることは無かったという。 しかし全ては弁護士の推測に過ぎない。 証拠がないまま、弁護士は法廷で話すことはできなかった。 乃十阿が無実の可能性を感じたケイトは、動揺を隠せなかった。 知らなくていいコト|第9話 視聴者の反応 最終回へ向けて、闇が深くなっていく野中。 泥酔してケイトの家へ押しかけたと思えば、仮病で仕事を休んでしまいましたね。 せっかく好意を持ってくれた彼女にも振られてしまいました。 顔の良い不審者ですやん — ぶたうさぎ nana13872478 ひょっこりしながら「僕と付き合ってるんだよね?」「うざくてもこたえて」「 気持ちが変わるって どんな風に?」ってこれもう闇落ちってかメンヘラ春樹くん — ぶたうさぎ nana13872478 気になるのはケイトと尾高の関係。 お似合いの2人に、一緒になって欲しいと願う視聴者が多いようです。 ケイトが幸せなラストを望みます!.

次の

知らなくていいコト 9話&10話最終回ネタバレあらすじ感想 尾高はケイトと別れる!野中は闇落Tシャツで小説家説

知らなくていいコト 3話 ネタバレ

知らなくていいコト 第3話ネタバレ「野中の言動に、尾高が放った一言とは」 週刊イーストでは、年末年始合併号の準備が進んでいた。 ケイトが属する黒川班は、国民的な人気を誇る天才ダンサー「タツミーヌ」こと河原巽(大貫勇輔)の才能に迫る特集企画を担当することに。 早速取材に出るケイトだったが、ネット上で拡散した、10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで、急遽取材中止の連絡が入る。 炎上している動画には、老人に向かって暴言を放つ、タツミーヌの姿。 それは、世間のイメージとは、だいぶかけ離れたものだった。 編集長の岩谷(佐々木蔵之介)は、記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。 10年も前の出来事を、掘り返すことに反対するケイトだったが、取り合ってくれない。 仕方なく本人直撃を狙うケイトだったが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま。 タツミーヌの出没先にはマスコミが押し寄せ、そのうち消息を絶ってしまった。 一方、編集部には尾高が年末の挨拶に来ていた。 野中は、話しがあると、尾高を屋上に呼び出す。 ケイトと別れたこと、そして、ケイトの父・乃十阿徹のことを話すためだ。 野中は、自分がケイトとの結婚を無理だと考えた理由と、尾高がケイトと別れた理由が、同じではないかと、考えていた。 「何をいいたいか全然分からないんだけど」 野中のまわりくどい言い方に、尾高は少しいら立っていた。 ケイトと結婚し、子供を創ることができなかった自分と、尾高も同じ気持ちだったのではないか。 野中は尾高と、自分の気持ちを共有したかったのだ。 「おまえ、最低だな」 尾高は野中をにらみつけると、その場から立ち去っていった。 タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつて、タツミーヌがアルバイトをしていた店を訪ねた。 当時は一生懸命働いてくれた、良い青年だったという、店主の証言。 それと同時に、タツミーヌが通っていた、近くの稽古場が取り壊され、老人介護施設が建設されることに、心を痛めていたとのことだった。 ケイトは、その老人保健施設をたずねるが、当時のことを知っている者は、前施設長だということで、次にその前施設長宅を訪問。 話しを聞くと、ネットに流れた映像は、施設の建設前に、近隣住民向けに開いた説明会の映像で、タツミーヌが悪い印象をもたれるように、作為的に切り取られたていたようだった。 編集部へ戻ったケイトは、全ての話を報告。 すると、タツミーヌが雲隠れしている場所が、ホテル従業員からのリークで判明。 ホテルに引きこもっているとなると、なかなか外へは出てこない。 そこでケイトは、タツミーヌ宛に手紙を書くことにした。 「本当のことを語って、誤解を解きませんか。 」 その手紙を、タツミーヌと親しくしている、若林先生経由で、本人へ届けてもらう作戦だ。 ケイトは若林先生を担当している野中に、急いで手紙を届けてもらうよう、依頼を急がせた。 手紙はタツミーヌの元へ届けられていた。 そしてケイトは取材の許可を得られ、タツミーヌが宿泊するホテルへ行った。 タツミーヌは動画の一部始終を話した。 説明会での発言について、当時若かったタツミーヌは、老人たちに自分が愛しているダンスを侮辱され、つい口から出てしまった暴言だったと反省していると。 「踊ることで、信用を取り戻せるよう頑張りたい。 」 ケイトは、タツミーヌの独占インタビュー記事を担当することを約束した。 週刊イーストの特大号は完売。 忘年会を終え、穏やかなお正月を迎えていたケイト。 ふと、乃十阿徹のことを思い出す。 タツミーヌの取材で、SNSを調べれば、居場所がすぐにバレてしまうことを実感していたケイトは、乃十阿徹の居場所を探し始めた。 するとある書き込みに、乃十阿徹の名前が。 ケイトはついに、乃十阿徹と対面することになる。 『知らなくていいコト』第3話 視聴者の反応「野中最低!の声続出!」 野中が尾高を呼び出し、自分がケイト別れた理由と、尾高が別れた理由が、同じではないかと話すシーン。 野中の身勝手な言動に、尾高が言い放った言葉に、視聴者も「良く言った!」と共感していたようですね。 わざわざ呼び出して、話すことですかね。。 野中春樹クズでしかない — もっぴ Shiiigechans あなたも同じだよね。 僕は普通だよね。 悪くないよねって仲間探してるんだよね。 — けんと dorrama2 春樹役の重岡大毅さんは、好感度がどんどん下がる役だと宣言していましたが、見事に右肩下がり。 どれだけ好感度を下げるのか、今後の春樹の動きにも注目ですね。

次の

『知らなくていいコト』全話のネタバレ感想・まとめ【最終話まで更新】

知らなくていいコト 3話 ネタバレ

殺人犯・乃十阿徹(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。 そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。 早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。 編集長の岩谷(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。 ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。 仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう……。 一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。 春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが……。 タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く……。 (公式HPより引用) スポンサーリンク 【知らなくていいコト】3話のネタバレ 10年前の動画で、タツミーヌは次のように言っていました。 「あなた達みたいな老人が国を亡ぼすのです。 老害こそが問題なんです。 本当に必要なものは介護施設じゃなくて姥捨山なんじゃないですか」 黒川班は、消息を絶ったタツミーヌの捜索を始めました。 自宅・実家・行きつけの美容室・ジムと行きそうな場所を調べますが、タツミーヌの足取りはまったく掴めませんでした。 ケイトは、タツミーヌが昔アルバイトをしていたというラーメン屋を取材することにします。 ケイトと入れ替わって、尾高が年末の挨拶にやって来ました。 春樹は、尾高に聞きたいことがありました。 人には聞かれたくないので屋上で話すことにします。 春樹は、尾高がなぜケイトと別れたのかを教えて欲しいと言います。 尾高は「嫌だ」と答えました。 春樹は、ケイトと別れたことを尾高に伝えました。 ケイトとは本気で結婚したいと思っていたがどうしてもできない理由ができたというのです。 春樹は、自分が別れた理由と尾高・ケイトが別れた理由が同じではないかと考えていました。 尾高は「何を言いたいのかわからない」と返します。 ついに春樹は本題に入りました。 ケイトの父親が誰か知っているのではと尾高に尋ねます。 「知らない」という尾高に、春樹は出所した乃十阿徹の写真を撮ったのは尾高だと言います。 どのようにして乃十阿徹がケイトの父親かもしれないと知ったのかを教えて欲しいというのです。 もしケイトと一緒になっていたら簡単に子供を作れたかはわからないのではと尾高に聞きます。 尾高も同じ考えなのではと思うとどうしても聞きたくなったと春樹は言います。 春樹は、尾高も結婚は無理だったということですよねと同意を求めました。 このような話は誰にも話せないので尾高に話せてよかったというのです。 尾高は「 お前最低だな」と言って、その場を去って行きました。 ケイトはラーメン屋に来ていました。 タツミーヌについてに聞いてみると、本当によく働いてくれたと高評価でした。 老人介護施設ができることになって、タツミーヌがダンスのために借りていた稽古場が取り壊されることになったと言います。 そのため、タツミーヌはショックを受けていたというのです。 老人介護施設で、この建物ができる前のことを知っている人を探します。 しかし、誰も知りませんでした。 前の施設長なら知っているかもしれないということで紹介してもらうことに。 前の施設長は、その時の経緯を覚えていました。 老人介護施設が作られる前に説明会が開かれました。 タツミーヌの動画は、その説明会の時のものでした。 前の施設長はその場にいました。 このように切り取られて誤解されて可哀想だというのです。 社に戻って、そのことを黒川に報告します。 その時、タツミーヌがホテルに閉じこもっているという情報が入りました。 これでは、話を聞くことができません。 ケイトは方法を思いつきました。 そして、タツミーヌへの手紙を書き始めます。 どのようにしてタツミーヌに渡すのかと聞かれたケイトは、春樹を呼びます。 春樹が担当している人の中にタツミーヌと親しい人がいました。 その人経由で手紙を渡して欲しいと頼みました。 春樹は引き受けてくれました。 ケイトの書いた手紙はタツミーヌのもとに。 心を動かされたタツミーヌは、ケイトの取材を受けてくれることになりました。 ケイトは動画でのあの発言の前に何があったのか尋ねました。 タツミーヌは10年前の説明会で、次のようなことがあったと説明しました。 老人介護施設ができるのはよいが、稽古場がなくなると困るので、一部をスタジオとして残してもらえないかと提案しました。 それは難しいと言われたので、その代わりにダンスを見てもらったり、ストレッチ指導をしたりもすると説明しました。 その説明会に参加していた老人から、「どうして遊び場を提供しなければならないのか」と言われてしまいました。 そのうち、「 ダンスは不良が行うものだ」「 ダンスは生きるのに必要はない」などという声が出始めるようになりました。 そして、タツミーヌは我慢ができなくなって、動画の発言に至ったのでした。 このような経緯があったとは言え、タツミーヌはひどいことを言ってしまったと今は反省しています。 自分の未熟さと将来の不安、稽古場がなくなることに動揺して言ってしまったのです。 「 あの時いた人々にお詫びしたい」「 踊ることで信用を取り戻せるように頑張りたい」と言います。 ケイトが今回のタツミーヌの件に関する記事を書きました。 記事はなかなか好評だったようです。 ケイトは、ネットで乃十阿の居場所を検索していました。 SNSで乃十阿に関する有力な情報を見つけました。 位置情報から、乃十阿の居場所を特定しました。 ケイトはいてもたってもいられず、その場所へ行ってみることに。 そこで、SNSに上がっていた画像の自転車屋を見つけました。 すると、乃十阿がそこから出てきました。 乃十阿もケイトの存在に気づいて、そちらをずっと見続けています。 【知らなくていいコト】3話の感想 今回も春樹の言動にはがっかりさせられましたね。 尾高がケイトと別れた理由をずいぶん気にしていました。 自分がケイトと別れた理由と尾高が別れた理由が同じであることを確認したかったのでしょう。 つまり、殺人犯の子供という理由で別れたのは自分だけではなかったということを認識したかったのだと思います。 そうすることで罪悪感を少しでも軽くしたかったのかもしれません。 わざわざそのようなことを確認しなくてもよいと思いますが。 ケイトのことはどうでもよく、自分が楽になることばかり考えているように感じます。 最低と言われても仕方がないですね。 ケイトが乃十阿を訪れる場面がありました。 尾高は現在の乃十阿が写った画像を持っていたので、尾高は以前から乃十阿の居場所を知っていた可能性が高いですよね。 ケイトは乃十阿と話すつもりなのでしょうか? 今後が気になります。 SNS上には、さまざまなコメントであふれてます。 なんかどうしても言いたくなったから言うけど、尾高さんとケイトちゃんがキスした時の尾高さんの左手最高じゃない!? キス後の余韻の手。 特に親指w 手フェチ — 🧻 ALIEN2METRON 尾高さん、子どもも奥さんもいる感じだったけどなんか訳あり的な感じにも思えるんだよな。 回を重ねるごとに面白くなってると思う!そろそろ出生の秘密に迫ってもいいかなぁという気もするけど。 野中くんめちゃめちゃ腹立つけど中の人の表情が素晴らしいのでますます腹立つわ〜〜〜。 全く違う人間みたいだ柄本佑。 柄本佑の芝居に恋した — Sayaka mainichiwatashi ドラマでは気まずい雰囲気ですが、楽しそうですね。 いやこれもう重岡さんじゃんwwwwwwww — ぶたうさぎ nana13872478 【知らなくていいコト】3話の視聴率 今回の平均視聴率は、 10. 3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。 前回から大幅にアップしました。 初の2ケタ超です。

次の