己 の 欲 せ ざる ところ は 人 に 施す なかれ。 己の欲せざる所は人に施すことなかれ

己の欲せざる所は人に施すなかれ:原文・書き下し文・意解

己 の 欲 せ ざる ところ は 人 に 施す なかれ

原文 〈論語 (ろんご)・顔淵 (がんえん)〉 仲弓問 レ仁。 子曰、出 レ門如 レ見 二大賓 一、使 レ民如 レ承 二大祭 一。 己所 レ不 レ欲、勿 レ施 二於人 一。 在 レ邦無 レ怨、在 レ家無 レ怨。 〔仲弓 (ちゅうきゅう)仁を問う。 子 (し)曰 (いわ)く、門を出 (い)でては大賓 (たいひん)を見るが如 (ごと)くし、民を使うには大祭に承 (つか)えるが如くす。 己 (おのれ)の欲 (ほっ)せざる所は人に施すこと勿 (なか)れ。 邦 (くに)に在りては怨 (うら)み無く、家に在りても怨み無し、と。 〕 訳文 (孔子 (こうし)の弟子の)仲弓 (ちゅうきゅう)が、仁とはどういうことかと質問した。 孔子は次のように答えられた。 「家の外で他人に逢 (あ)うときは、その人を自分にとって何よりも大事なお客のように扱わなければならない。 人民を公役に使うときには、祭りを執り行うときのように慎み深くしなければならない。 自分が他人からしてもらいたくないことは、他人にもしてはならない。 そうすれば国の中枢にいても人に恨まれることはなく、家庭にあっても人に恨まれることはない。 」 原文 〈論語 (ろんご)・衛霊公 (えいれいこう)〉 子曰問曰、有 下一言而可 二以終身行 一レ之者 上乎。 子曰、其恕乎。 己所 レ不 レ欲、勿 レ施 二於人 一。 〔子貢 (しこう)問いて曰 (いわ)く、一言 (いちげん)にして以 (もっ)て終身これを行うべき者有りや、と。 子 (し)曰く、それ恕 (じょ)か。 己 (おのれ)の欲 (ほっ)せざる所は人に施すこと勿 (なか)れ、と。 〕 訳文 子貢 (しこう)が孔子 (こうし)に質問した。 「一言で一生実行していく徳目というものがあるでしょうか。 」孔子が答えられた。 「それは恕 (じょ)(=思いやり)ということだ。 自分のしてもらいたくないことは、人にもしないことだ。 」 解説 同じ句が『論語 (ろんご)』の中に二か所出てくる。 ともに仁というものの本質についても問答である。 仲弓 (ちゅうきゅう)に対する答えも、子貢 (しこう)に対する答えも、仁とは人に対する敬い、慎み深さ、思いやりといううことである点で共通している。 対人関係は、他人への共感、思いやりが基本であるという意味。 おすすめコラム• 2020年6月19日 学生:先生、過去分詞の一致について質問があるのですが。 先生:ん? どんな質問かな。 2012年6月7日 1933年11月6日、カーネギー財団教育基金は、ドボラックに3700ドルの研究費を交付決定しました。 『改良されたキー配列を用いたタイピング教育の改良』の研究のためです。 ドボラック […]• 2009年10月10日 今回は、「もてなしの方言」のシリーズ最終回になります。 次回から「おいしい方言」と題して、味覚に関わる各地の方言の使用例をとりあげ、連載する予定です。 楽しみにしてください。 […].

次の

おのれのほっせざるところ、ひとにほどこすことなかれ(論語): 古典・詩歌鑑賞(ときどき京都のことも)

己 の 欲 せ ざる ところ は 人 に 施す なかれ

こんにちは、ジェスリードの滝口祐幸です。 「名言でマインドチャージ」のブログを開いていただきまして、ありがとうございます。 このブログは、「名言でマインドチャージ」ということで、世界のことわざや名言によって、目標に向かって進むために必要なパワーマインドを充電することが目的です。 今回、テーマにする名言は、 「己の欲せざる所は 人に施すことなかれ」です。 これは、論語に出てくる言葉で、孔子が、弟子の子貢(しこう)の問いに答えた内容です。 「自分が、して欲しくないことは、人にするべきではない」ということです。 中国の儒教の始祖である孔子は、これこそ 「思いやりの心」の原点であると言います。 同じような内容が、キリスト教の聖書の中にもあります。 聖書には、次のような言葉で説かれています。 「己の欲するところを、人に施せ」 (マタイによる福音書七章十二節) 最近のニュースを見ていると、 「己の欲するところを、人に施せ」の逆をやっている人が多いことに、驚きます。 つまり 「己の欲せざるところを、人に施し、己の欲するところは、人に施さない」、そういう生き方の人が、多いように思います。 なぜ、そのような論語や聖書で勧める生き方と、全く逆の生き方をする人が増えているのでしょうか? 行き過ぎた成果主義のせいではないかと、私は思っています。 私たちは、小学校のころから、成績を問われる世界に、身を置くことになります。 成績が良い子は優秀で、成績が悪い子は問題のある子という見方をされます。 そして受験の時は、合格した人は勝ち組で、合格しなかった人は、あたかも人生の負け組のような扱いを受けます。 さらに就職活動をする時は、条件の良い会社に入社できた人は、人生の成功者で、なかなか就職できない人は、劣った人のように思われがちです。 そのように、現代人は小さいころから、結果で評価される成果主義の世界で生きてきたために、まず兎に角、良い結果を出すことだけにとらわれがちです。 論語にしても、聖書にしても、人間として最も大事なものは、 「己に欲せざる所を、人に施さない思いやりの心」と力説していますが、この 「思いやりの心」は、目に見えないものですので、成果主義の世界では、評価されません。 ですから、成果主義の世界で生きている現代人は、 「思いやりの心を育てる」ことよりも、 「成果を出すために、学力を高める」ことや、 「成果を出すための能力を高める」ことを優先させるわけです。 だから、どうしても 「己の欲せざるところを、人に施し、己の欲するところは、人に施さない」の生き方になってしまうのだろうと思います。 ただ、多くの人の人生を調べてみると、幸せな人生の土台になっているものは、優秀な学力でもなければ、卓越した能力でもないと確信します。 優秀な学力も卓越した能力もないけれど、人生の晩年に、思いやりに満ちた家族に囲まれ、あるいは、思いやりに満ちた仲間たちに囲まれ、心豊かなに生活している人たちが、沢山います。 そういう人たちは、ゆったりとした穏やかな顔で、毎日を過ごしており、幸せそうです。 私も還暦を過ぎて、周りの人たちを見渡してみると、論語や聖書が勧めるような 「己の欲せざる所は人に施すことなかれ」を実践した生き方の方が、長い人生を考えた時に、幸せにつながると確信しています。 もちろん成果を出す生き方を否定するわけではありません。 要は、バランスの問題だと思います。 一番理想なのは、 「成果を出すための生き方」と 「思いやりを大事にする生き方」の両輪を回すことと言えるでしょう。 【今回の名言】 己の欲せざる所は 人に施すことなかれ 【今回の教訓】 成果を出すための最善を尽くしながら「己の欲せざる所は人に施すことなかれ」を実践する 「成果を出すための生き方」と「思いやりを大事にする生き方」の両輪を上手に回しましょう!.

次の

己の欲せざる所は人に施すなかれ:原文・書き下し文・意解

己 の 欲 せ ざる ところ は 人 に 施す なかれ

己の欲せざる所、人に施すことなかれ。 サニー 一流ホテルのいかにも厳格そうなロビーに、たいてい男女の一群がたむろしているのは、そうでないとどうしていいか分からない客がいると考え、仕出し屋に頼んでいることが多いからだ。 また、彼らが傍若無人な振る舞いに及び、ボーイが注意するのを客が見ることをホテルは期待する。 ホテルではあのような態度を取ってはいけないことを客に伝えるためだ。 <要約> 確かに、自分らしさを貴重とした振る舞いも大切だ。 僕は、あるアメリカの学校について聞いたことがある。 学校が、「今日はイエローデーだ!」などと企画し、生徒はそれにちなんだ服装などをして楽しむ。 この場合、全身まっ黄色にして楽しむ人に対して、「私はそういうの嫌い」として普段の私服で来る人もいるという。 周りの多数派に付和雷同せず自己を押し通そうとする姿はさすがアメリカだと思った。 また、その少数派を多数派はおし潰そうともせず、学校側も全く強制しないという。 自由で、楽しげで、いいな、と思った。 しかし、その場に応じた振る舞いも大切だ。 またアメリカの学校の話だが、日本人は、アメリカの学校は服装がとても自由だと勘違いしている人が多いらしい。 アメリカの学校は確かに私服が多いそうだが、例えば短すぎるスカートをはいていたり、装飾品をジャラジャラさせていたりしていて、学校側が一定の基準を超えていると判断すると、親を呼び出して着替えてから再登校という措置をとられることがあるらしい。 周りに不快感を与えるようなことはするなということだろう。 小太り爺さんは鬼に対して彼らが喜ぶ行為をして報われ、それに対応する爺は鬼に嫌われて因果応報となった。 論語にも、「己の欲せざる所、人に施すことなかれ。 」とある。 自分らしさを大事にすることも、その場にあった態度を取ることも大切だ。 しかし、一番大事なことは、「他人から尊重されるためには、まず自分で自分を尊重できなければならない。 」という名言もあるように、自分らしさを失わず、自己のアイデンティティーを保ちそれに誇りをもち、かつ周りに不快感を与えないようにすることだ。 僕も学校でディベートをすることがある。 そのような場所で、周りに付和雷同しないように、自分が信じるものを大切に生きていきたいと思う。 講評 komiko サニーくん、こんにちは! 意見によく合った「社会実例」を上手に引き出してがんばって書いてくれました! 「要約」は、バランスよくまとめることができましたね。 「意見一」」で「確かに、自分らしさを貴重とした振る舞いも大切だ。 」と挙げたあとに「社会実例」でアメリカのある学校でのイエローディという行事について挙げて「周りの多数派に付和雷同せず自己を押し通そうとする姿はさすがアメリカだと思った。 また、その少数派を多数派はおし潰そうともせず、学校側も全く強制しないという。 自由で、楽しげで、いいな、と思った。 」と、「途中の感想」を挙げてくれました。 ここで主語の「僕は、」がぬけないように気をつけるともっとよくなりますよ。 「意見二」は、「しかし、その場に応じた振る舞いも大切だ。 」として、「社会実例」で着ている服がその場にそぐわないようならばアメリカの学校でも再登校になることを挙げてくれました。 「昔話の実例」では「こぶとりじいさん」の実例をあげてくれましたが、変換違いで「小太り」になっていたので気をつけましょうね。 ここでは「僕は、その場にあった行動をすることが大事だと改めて思った。 」などと「途中の感想」も入れられるともっとよくなりますよ。 第四段落では「総合化の主題」「名言の引用」をしっかりとまとめたあとに「具体的結び」でサニーくんらしく説得力のある書き結びになりました、がんばっていますね。 自動採点ソフト「森リン」で上位になった作文を掲載しています。 しかし、子供たちの実力はそれぞれ個性的です。 上手に書けている子の作文を見せて、自分の子供の作文と比較しないようにお願いします。  参加フォーム/言葉の森企画.

次の