浄土 真宗 仏壇 配置。 お仏壇の花の飾り方は?浄土真宗の法事に使う色や種類は何がいい?

ご宗派別の飾り方:真宗大谷派|お仏壇の浜屋

浄土 真宗 仏壇 配置

法事の時と日常では実は異なる部分があります。 お仏飯 ご飯 を御供えする時間、位置、理由など作法についても説明させて頂きたいと思います。 左右に華瓶 けびょう と呼ばれる器を一対、その真ん中に火舎香炉 かしゃごうろ を配置します。 個別の使い方 仏飯器 ぶっぱんき ご飯をお供えするための器です。 本願寺派では蓮の蕾 つぼみ の形に盛ったお仏飯 ご飯 を御本尊の前と両脇の親鸞聖人 右側 、蓮如上人 左側 の前にも御供えします。 ご飯は仏様やご先祖様が食べる為ではなく、この食を恵まれたことに感謝し恭敬の心でお供えします。 両脇の掛軸が名号 人物ではなくて文字 の場合はそこにはお供えせず、御本尊の前だけでけっこうです。 朝一番に焚いたご飯をまずお仏壇にお供えするのが本来ですが、朝にご飯を炊かないご家庭もあるかと思います。 そういう場合は時間帯を問わず、いつでもご飯を炊いた際に御供えしましょう。 お寺では御本尊の前には2つお供えしますが一般家庭ではスペースの都合上1つの場合が多いです。 いずれの場合もお供えし、お勤めしたり手を合わせたら、早めに下げて仏様からのお下がりとしておいしいうちに頂きましょう。 お仏供 おぶっく 、おぶくさん、ごはんさん、仏飯 ぶっぱん 等地方によって様々な呼び方があります。 他の宗派でいうところのお水の御供えを浄土真宗ではこのように行います。 華瓶を配置するスペースがない場合は省略される場合もあります。 その場合もコップや湯飲みなどではお水をお供えしません。 4つくらいのパーツに分かれますので動かす際には落とさないように注意して下さい。 こちらも省略される場合があります。 お仏壇中段の仏具の飾り方 お仏壇の中段、前卓 まえじょく という台の上の仏具の並べ方です。 左から花瓶 かひん 、香呂 こうろ 、蝋燭立 ろうそくたて です。 三つ揃って三具足といいます。 報恩講など大きな法要の際は花瓶と蝋燭立がそれぞれ一つずつ増えて五具足にしますが、平常時は基本三具足がよろしいでしょう。 季節に合わせた四季折々の花やお庭で育てているお花を生けてもよろしいですが、棘のある花や毒のある花は飾らないようにします。 また造花も用いません。 仏さまやご先祖様にお供えするのだからきれいな方を仏壇側へ向けなさいという意見がありますが、お花が私達のほうを向いているのは仏様から私達へのおはたらき お慈悲の心 がこちらに向けられていることを表しているので安心して綺麗なほうをこちらに向けましょう。 本数に決まりはありません。 木蝋ではなく日常は電気の蝋燭を立てる地域もありますので適宜調整してください。 普段は使わない仏具 打敷 うちしき と供笥 くげ は普段は使いませんのでしまっておいてください。 ご飯以外に何かお供えする場合、朱色の高杯 たかつき の上に盛りましょう。 仏具の向きに注意 仏具を配置する際、向きに決まりがありますので注意しましょう。 香炉、蝋燭立など足が三本ある仏具は一本が正面 私達の方向 を向くように並べます。 逆向きに配置しないように注意しましょう。 現代風の仏具でも三具足の配置は左から花瓶、香呂、蝋燭立の並び方は崩さないようにしましょう。 お位牌について また浄土真宗では本来お位牌は配置しませんが、もし繰り出し位牌などがある場合はご本尊の正面を避けてお仏壇の中段の右端か左端に設置します。 上の方に貼ってある写真をもう一度見て頂くと端っこの方に控えめに配置してあると思います。 浄土真宗本願寺派のお仏壇の飾り方、参考になれば幸いです。 関連ページ:はこちらをご覧ください。 京都本願寺の七不思議の中に国宝唐門には雀や蜘蛛が巣を作らないというものがあります。 本当かどうか検 満中陰法要 四十九日 の御礼状 浄土真宗のお寺様から御香典返しと一緒に、満中陰法要 四十九日法要 ペットの葬儀が終わったらどうすればいいか? 前回 浄土真宗式で行うペットの葬儀を紹介しましたが、こ 浄土宗と浄土真宗どう違うのか?浄土宗、浄土真宗ともに南無阿弥陀仏とお念仏をとなえれば必ず極楽浄土に往 檀家総代を引き受けてしまった! 名前だけは聞いたことあるけど 役割は謎に包まれた檀家総代。 結局 真宗大谷派の三河別院へ行ってきました いつの間にか前回から1年くらい経過している別院巡り…今回 浄土真宗の戒名を生きているうちにもらうには? 正確には法名といいます 実は帰敬式 ききょうしき 浄土真宗本願寺派の本山へ行ってきました。 浄土真宗のお盆.

次の

ご宗派別の飾り方:真宗大谷派|お仏壇の浜屋

浄土 真宗 仏壇 配置

もくじ• 仏壇の中の仏具の名称一覧 仏具の名称を一覧表にまとめました。 後にでてくる配置図の中の番号と対応しています。 平常時の仏壇の飾り方 基本はお寺の荘厳 しょうごん と同じ三具足の形 という記事でも書きましたが、お仏壇は浄土のジオラマであり、お寺の本堂のミニチュア版です。 ですので、お寺の荘厳 しょうごんと読みます・お飾りのこと の形を踏襲し、平常時のの形に配置すると以下のようになります。 お寺のお飾りにならった 基本の三具足の飾り方がこちら。 この図を見ますと花瓶や蝋燭立が すごく高い位置にあると感じるのではないでしょうか? 仏壇のサイズがかなり大型のものでないと花が入れにくいし、 ろうそくの火が他の仏具にあたりそうになる場合も多いです。 うまく飾れない場合は次に紹介する 実用編の飾り方を参考にしてください。 平常時の仏壇の飾り方・実用編 仏壇のサイズにあわせて、現実的な仏具の飾り方をすると以下のようになります。 実用的な平常時の仏壇の飾り方 1.ご本尊 まず中心にを配置し、むかって右側に十字名号、左側に九字名号をかけます。 阿弥陀如来と九字・十字名号 関連記事 6.お供え 写真を見て頂くとわかるとおり、 平常時は特にお供えを用意する必要はありません。 お供えは必ずしも必要ではありません これは「お供えをするな!」という意味ではありません。 お供えしたい方はしていただいてももちろんかまいませんよ。 お仏壇の中にお供えをする場合はコツがあります。 それは 華束(けそく・お供えをのせる台)の上にのせられる量にすること。 華束以上の量になる場合は仏壇の手前にお供えを置くスペースを設けて飾りましょう。 お仏壇は 浄土の世界の表現ですので綺麗にお飾りすることが大切です。 お仏壇の中にあふれるぐらいたくさんお供えを置いて、飾るべき道具が外に出されたりすると本末転倒ですのでお供えの量はほどほどに。 7.位牌・過去帳 繰り出しの位牌を使っているご家庭も多いと思いますが、正式には 過去帳を用います。 過去帳 ここに亡くなった命日ごとに法名を書いていきます。 日付ごとに法名を書いていきます。 位牌や過去帳は ご本尊を隠してしまうような真正面には置かず、ご本尊よりは下げた位置で正面を避けて安置するようにしましょう。 平常時の仏壇の飾り方まとめ いかがでしたでしょうか? お仏壇によって大きさも棚の数も違いますので 写真通りにはならない場合もありますが、基本の形をおさえて各家庭にあったお飾りをしてください。 基本はこの形にそろえながら、ご家庭の仏具を並べてみて下さいね。 お仏壇の飾り方は行事によってちょっと変わります。 葬儀のあと、はこちらから。

次の

真宗 大谷派の方の仏壇仏具の選び方と並べ方の紹介|ひだまり仏壇

浄土 真宗 仏壇 配置

どらやき 出典: どらやきは、スーパーで売っているバラ売りを買えば、 お供えに必要な分だけ手に入るので無駄がありませんよ。 当サイト管理人は、袋のままお供えしています。 最中(もなか) 最中はお菓子の中でも上級品です。 あずきを使ったお菓子は昔からお仏壇のお供えとして重宝されるので、 最中は定番のお供え菓子です。 お饅頭はお供えによく用いられますが、 白・黄色・茶色・緑・ピンクなど色んな色があります。 団子も地域によっては手作りして 必ずお仏壇へお供えする決まりがある地域もあります。 浄土真宗の中でも、地域によって 取り扱いに差がある 「お饅頭・お団子」ですが、 親や祖父母、近所の年長者などに確認 して用意することをお勧めします。 生菓子 出典: 入仏式などの慶びの法要には華やかな 色合いのお菓子がおすすめです。 自宅の法事・法要なら、 お寺さんにお出しするお菓子としても人気がありますね。 お盆・お彼岸には落雁(らくがん) 出典: お盆やお彼岸が近づくと、 スーパーなどにたくさんの落雁が並びますね。 綺麗で色も良く、見栄えがするので欠かせないお供えですが、 お供えの後に、そのまま食べるのにはあまり向かないと考える人も多いようです。 お供え後の事も考えて、中身に砂糖を入れてある お供えを型取った一見落雁のように見えるものもあるので、 なるべく無駄にならないように用意しましょう。 ようかん・ゼリー 注)生クリームのついたケーキなどは避けます。 ご自宅のお仏壇にお供えする分だったら、スーパーやコンビニに行けば、 色んなお菓子をバラ売りしているので、好きな組み合わせで買う事ができます。 お仏壇には和菓子という決まりはありませんので、 洋菓子も取り入れたお供えもいいと思いますよ? スポンサーリンク お仏壇にお供えする果物は何がいい? 既にお店に「お供えセット」なんてカゴに入った 果物がありますが、あのようなイメージです。 スーパーによっては、 親切にセットで販売してくれているところもあります。 ちなみに バナナ、リンゴ、ブドウ、オレンジ、 などが定番です。 自宅用のお供え果物ならスーパーで十分手に入りますよ。 お菓子・果物を載せる仏具は? 用意したお菓子や果物を、お供え用の仏具に盛って行きたいと思います。 直接仏具にお菓子や果物を乗せない方がいいので、 半紙を用意します。 書道用の普通ので大丈夫です。 無ければ白い無地の紙で代用してください。 (丁度良い大きさであればなんでもOKです) お饅頭、どら焼き、マドレーヌ、など 段盛りには様々な種類のお菓子を盛りましょう。 これも一対でつかうものなので、 左右で同じお菓子を、同じ高さの段に盛ると、 お飾りをした時に見栄えが良いです。 段盛にはサイズが色々 あって、 1段に果物を盛ることができるくらいの大きさから、 お饅頭1個分の段のサイズなど、 お仏壇の大きさや地域のお供え作法を考慮して選ばれて下さい。 (高坏の時と折り方、敷き方は一緒です) 盆からあまりはみ出さない様に、果物を盛ってください。 バナナなどは後ろ、リンゴやオレンジなどを手前にすると見栄えがいいと思います。 少なすぎても貧相なので、お仏壇のお供えは基本的に「こん盛り」がポイントです。 中型以上のお仏壇には、上段・中段・下段と3つに分けられていますので、 上の段から順に重んじられているお供えを 置いてください。 お餅と菓子が同じ段になっても構いません。 一番下には果物を置きます。 置きやすいようにご自身で工夫されて下さい。 果物はスーパーで手に入るもので充分です。 地域によってはお供えの品が決まっている事もあるので、 周りの人に風習等を確認された方がよい場合もあります。 お供えしたお菓子・果物を 量が多くて余ったりして無駄にならないようにしたいですね。 後で私たちが頂くことを考えて準備しましょう。 法事・法要後に出席者へ少しずつ配るのも良い方法だと思います。 お餅の準備や、その他の仏具の飾り方も書いていますので、 よければ参考になさってください。

次の