あさひ なぐ 映画 キャスト。 映画あさひなぐ|動画フルを無料視聴!パンドラやデイリーモーション紹介も

あさひなぐの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

あさひ なぐ 映画 キャスト

(C)モデルプレスイベントは上演中の舞台『あさひなぐ』東京公演後に開催され、齋藤飛鳥、井上小百合、新内眞衣、若月佑美、生駒里奈、堀未央奈、衛藤美彩、北野日奈子ら舞台キャストも登場。 総勢14人でなぎなたの団体基本を行い、迫力ある圧巻の振りを披露した。 西野は「こうして全員集合したのは初めてなので、結構面白い画になってるんじゃないかなって。 私も客席側でみたいなって思います」とにっこり。 「現場がすごく楽しくて、毎日現場に行くのが楽しみでした」と撮影を振り返りつつ、薙刀については「1から習えたこともすごく良い経験になった。 これを機に薙刀に興味を持ってくれる人が増えたら嬉しいなって思います」と呼びかけた。 原作は『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載中のこざき亜衣氏による同名漫画。 薙刀に青春をかけた女子高生たちがインターハイ出場を目指して奮闘する姿を描く。 映画では主人公・東島旭に映画初主演の西野、主人公の憧れの先輩・宮路真春役に白石、旭と真春の最強のライバル・一堂寧々役に生田が起用された。 白石は「練習の時点で先生から、真春ちゃんは一番強いから厳しくいくよって言われて。 もうそこでちょっとプレッシャーを感じていました。 本当にみんなより試合数が断然に真春は多かったので、覚えるのはすごく大変でしたが、でもやっていくうちにやっぱり楽しくなっていったので、なんか薙刀っていいなって思いました」と回顧。 生田は「寧々ちゃんは旭のライバルとしてすごく薙刀が強いということなので、とにかく攻めて、負けず嫌いでバババンっていうのが多かった。 その動きを紙に書いて動画に撮って体に入れてっていう反復作業が、本当にテスト勉強みたいで大変でした」と苦労を明かした。 また役を演じるにあたって人生で初めて金髪にした桜井は「最初これを演じさせていただくっていう話を聞いた時は、ものすごくびっくりしました。 薙刀できるかな!?みたいな。 でもとっても楽しい現場でしたし、何かを一生懸命やることがこれだけ気持ち良いことなんだなっていうのを久々に感じれました。 すごく良い時間を過ごさせていただいたなって思います」としみじみ語った。 監督は『ヒロイン失格』などを手がけてきた英勉氏。 メンバーのほか富田望生、中村倫也、森永悠希、角替和枝、江口のりこら実力派俳優陣が個性的なキャラクターで脇を固める。 なかでも、1年生エース・一堂寧々(生田絵梨花)の強さは圧倒的だった… 3年生が引退し、野上新部長で再スタートを切った新生なぎなた部。 夏合宿では、山奥の尼寺で僧侶・寿慶(江口のりこ)に厳しくしごかれる。 この合宿で一回り大きく成長し、迎えた秋の大会。 再び二ツ坂の前に現れた國陵・一堂寧々。 【Not Sponsored 記事】• モデルプレス 2020-06-14 21:21• モデルプレス 2020-06-14 20:54• ジェイタメ 2020-06-14 19:52• モデルプレス 2020-06-14 19:43• モデルプレス 2020-06-14 19:19• ジェイタメ 2020-06-14 19:09• モデルプレス 2020-06-14 19:07• モデルプレス 2020-06-14 18:56• モデルプレス 2020-06-14 18:55• モデルプレス 2020-06-14 18:50• モデルプレス 2020-06-14 18:37• ジェイタメ 2020-06-14 18:29• モデルプレス 2020-06-14 18:26• モデルプレス 2020-06-14 18:03• J-CASTニュース 2020-06-14 17:39• モデルプレス 2020-06-14 17:02• モデルプレス 2020-06-14 17:00• モデルプレス 2020-06-14 15:30• モデルプレス 2020-06-14 15:10• モデルプレス 2020-06-14 14:12.

次の

乃木坂46・映画「あさひなぐ」全キャスト発表 西野七瀬&白石麻衣に続くメンバーは…

あさひ なぐ 映画 キャスト

注目のレビュー:あさひなぐ• 2017-09-23 by 「あさひなぐ」69点。 この映画評価サイト「ぴあ映画生活」のより「レベルアップ」を願って、敢えて「10点」にします。 自分の好きな「スター」、特に「アイドル」が出演する「映画」を応援したい・評価したい気持ちはわかります。 共感します。 別に「娯楽」・「大衆芸能」なんだから堅苦しいことを言ったり、コメントを束縛するようなこともしたくありませんし、権利もありません。 個人の表現の自由は尊重・保障さ...... 3人がこのレビューに共感したと評価しています。 2017-09-28 by ちっちゃなメガネっ娘いいなあ。 トロそうで情けないキャラをうまく演じている。 ただ、ちょっと無機質かなあ。 すれ違っても、いい匂いがしなさそう。 時折ぶちかます、ゆる〜い笑いはハコの空気を和ませる。 これはツボでした。 正直、青春映画としては観たら創りが荒い。 またご都合主義的なお話は仕方ないのだが、うまくメイクして粗を隠してあげていないので、残念なデキになっている。 「トリガール!」と同じカン...... 2人がこのレビューに共感したと評価しています。

次の

映画『あさひなぐ』の予習は何巻まですればいい?

あさひ なぐ 映画 キャスト

この映画は乃木坂46では、選抜メンバーである白石麻衣を始めとした豪華な面々がこぞって出演する事で話題になっています。 今回この映画の公開に伴い、主題歌としても採用されています 「いつかできるから今日できる」についても大ヒットしています。 この映画あさひなぐの為にタイアップされた乃木坂46の19thシングルとしてリリースされた選抜メンバーはこの映画の主演メンバーや、舞台版の主演メンバーで主に構成されたメンバーなので、この曲のMVを見るとあさひなぐのワンシーンを頭に思い浮かべてしまいます。 さてそんな今回は、この映画「あさひなぐ」についての評判や豆知識をお届け致します。 関連記事 関連記事 [目次]• あさひなぐとは?あらすじについて 今回取り上げる映画『あさひなぐ』は実は、既に舞台版でも公演がありました。 勿論チケットは即完売と、その人気の圧倒さに感服してしまいます。 この舞台版では出演も実は、映画版のメンバーとは異なります。 その点については後程お伝えしましょう。 関連記事 このあさひなぐのあらすじは、高校の薙刀部の情熱青春漫画を今回は乃木坂46が実写化した形になりました。 あさひなぐの漫画はどれ程の内容の漫画なのか?という質問がありそうなのでお答えしますと全23巻あります。 内容を知った上で映画にいきたい方は時間を十分に作りましょう。 そしてこの映画はそれを2時間30分で納め切っていますので、省かれたシーン等もありますが、乃木坂46ファンにとって又、映画としても面白いですし、胸打たれるシーンの数々に感動さえする映画でした。 舞台版での主役は齋藤飛鳥さん、映画版での主役は西野七瀬さんが共に、東島旭役を演じています。 このように映画版・舞台版ではそれぞれの出演者が異なりました。 関連記事 さて今回のこの【あさひなぐ】プロジェクトについて評判について少し調べてみました。 キャストされた乃木坂46メンバーの演技に対する評価は? まず主役の 西野七瀬さん。 漫画を見るとお解りのように美術部っぽさの滲み出る大人しい(悪く言うと垢ぬけない)高校生の旭と言う役を見事に演じていると話題になっています。 西野さんと言えば「初森べマーズ」でも熱血のある根性女子ななまるを演じていただけあり、今回もその役柄が活きていると評判です。 又、映画だけでなく、舞台版の主役である 齋藤飛鳥さんも、その可愛さのあまりに、こんな可愛い子が旭なのかと言った意見もあります。 その旭も最初のうちは馴染みなかったのですが、途中からは旭と重なるかのような情熱部分が見えて、見事普段の齋藤飛鳥さんから主演の東島旭役となっていました。 主演の他にやはり、この漫画の一番のエース役である宮路真春で映画版を、演じたのは 白石麻衣さん。 この宮路真春はクールビューティーで、正しく現実世界でもクールビューティーの白石麻衣さんとガッチリとハマり役で、この映画でも特に評判が高いキャラであった事は言うまでもありません。 舞台版は、若月佑美さんが演じましたが、若月さんもその凛としたカッコイイクールさが際立ってこちらもハマり役で舞台に行かれたファンは宮路を演じた若月さんのファンになったとその魅力を十分に引き出したようです。 流石女優を目指しているだけあり定評がありました。 この他にも生駒さんや井上さん、新内さん、桜井さん、生田さん、松村さん、中田さん、斎藤さん等のキャスト陣についても今回の映画版・舞台版共に綺麗に演じきっています。 これに総じて言えるのは乃木坂46のメンバーが主演を演じた「初森べマーズ」の際より、 確実にその演技力が上達していると言われています。 安定感のある演技で乃木坂46の今後の主演映画も期待できる作品となった事は間違いないでしょう。 スポンサーリンク 映画「あさひなぐ」は今後も続編が?(プチネタバレ注意!) さて、そして気になるのは、今回のこの映画のラストですね。 ネタバレになってしまいますが、ラストは、一度敗北した國陵高校へそのリベンジを果たす事ができ、旭は真春に強くなりますと誓うシーンがあります。 この先のストーリーも更にあるのではないか?といった雰囲気で映画は終わります。 そうなんです。 実はこの映画「あさひなぐ」については 続編の制作も決定していると言う話もあり、次なるキャスティング等も気になっているところです。 詳しい時期等は全く現在は情報がありませんのでおってお伝えできればと思っているところです。 今後の情宣についても注目が集まる映画「あさひなぐ」。 今後の展開にも要注目ですね。 まとめ 今回の映画「あさひなぐ」についてはメンバーの個性を活かしたキャスティングになっていて、普段の彼女達を知っているファンからすると 全員がハマり役だったと言えると思います。 ただ、今回少し残念なことは、主演の旭と真春の二人以外にも、もう少しサブストーリーを追加して欲しいと思ったところです。 次回作があるのだとすれば、キャスティングの際にそういった事もリンクしたうえで、物語を制作して欲しいと言うところです。 又、この映画・舞台はファンの為のものではなく、 映画や原作ファンとしても是非一度御覧になる事をお薦めします。 きっと期待以上の作品だと思います。 今後も彼女達を応援していきましょう。

次の