安芸の者がゆく。 広島カープ 安芸の者が行く

竜馬がゆく (NHK大河ドラマ)

安芸の者がゆく

概要 [ ] 前年の『』に続く幕末ものであり、『』『』以前では、同じ時代の作品が2年続いた唯一の例であった(ただし、『独眼竜政宗』『武田信玄』は広義の戦国時代を舞台としてはいるが、前者は安土桃山時代、後者は狭義の戦国時代を舞台としており、正確には同じ時代の作品ではない)。 また、前年の大河ドラマの登場人物が主人公になった例としては、現在も唯一である。 大河ドラマとしては、最後の作品である。 大河ドラマで初めて、短期ながら当地()ロケが行われた作品でもある(1968年3月)。 このときの模様は『NHKグラフ』に掲載された北大路欣也の日記によると、次のとおりである。 午後二時からデパートの屋上でサイン会。 (中略) 夜十二時まで、演出の和田勉さんとロケのことや竜馬のことなどじっくり話し合う。 和田さんの言うように、これからの竜馬は、もっと輝きを持った太陽のような存在にしたいと思った」 映画出身のが書く脚本はテンポが速いため、一話45分の大河の尺に収まらず、当初の演出担当であるを悩ませた。 また、大阪出身である辻本と東京のスタッフが合わず、辻本が期待していた材木が小さかったなど制作上において齟齬をきたし、との交替劇が起きた。 和田は、とにかく出演者にセリフを早口でしゃべらせるなど、水木の脚本を45分の尺に収める様にして一連の危機を乗りきった。 主役のは、熱狂的な車愛好家だったが辞めて役作りに打ち込み、杉野義男道場に通い、、一弦琴を習得した。 原作の司馬遼太郎は、役作りに没頭する北大路欣也を気に入り、ある対談の席で北大路本人に次のように言っている。 「ぼくが竜馬を書いたのは、生き生きとした青春を竜馬に感じたからなんです。 とにかく竜馬は男も女もほれる男ですよ。 その点あなたはどことなく竜馬に似ているし成功まちがいなしだ」 役のは、この作品で初めて本格的な時代劇を経験、出身の高橋は当時、などの同社所属スターが長脚揃いであったのにくらべて、「高橋君、きみは違うねえ」といわれたため時代劇に転向したという(本人談)。 オープニング映像は上空の雲海を撮影したもので、主題曲はのマーチ調のものである。 ただ、現在CDなどで聴くことができるテーマ曲と実際に放送されたものとでは、編曲が異なる。 また、オープニングの人物クレジットはのみで表記されている(他の作品では手書きの文字か・などそれに近い字体が使われている)。 初回視聴率22. また、本作では前作に引き続き放送回に副題がない。 キャスト [ ] 太字は現存する第16話に登場。 お田鶴:• 寝待ちの藤兵衛:• 白峰俊馬:• 喜勢:• /樋口真吾:• 猿の文吉:• 山地忠七:• 菊屋峰吉:• 千野:• 柴田義秀:• 八郎兵衛:• 千鶴:• おやべ婆やん:• 源じいやん:• 坂本直次郎:• 才谷屋番頭:• 与助:• きく:• 薩摩藩士:• 忠吉:• 水原播磨介:• 郷士:• 勝孝子:• 西郷家老僕():• 八寸:• 大久保一翁の妻:• お竜の母:• 鹿田伝兵衛:• 藤岡勇助:• 茂田一次郎:• 戸梶源蔵:• 安芸守衛:• 利三:• 三平:• 彦根藩士:• 精庵:• 大亀の居酒屋の小女:• 蘭医ねずみ先生:• 美以:• りき:• 上田円増:• 池知退蔵:• 喜太次:• 中番頭:• 小番頭、長州藩士: (二役)• 土佐藩重役:• 伯母:• 老爺:• 老婆:• 岡本猪之助:• 岡本佐之助:• 手代・猪七:• 女中:• 岡上家女中: スタッフ [ ]• 原作:『』• 脚本:• 音楽:• 演奏:(現・新音楽協会)• テーマ音楽演奏:• 指揮:• 語り手:• 時代考証:• 古武道指南:• 殺陣:(本編にも役で出演)• 制作:• 美術:川上潔• 技術:山口克明• フィルム撮影:赤城久雄• 演出:、 放送 [ ] 特記が無い限りで確認。 通常放送時間 [ ]• :毎週日曜 20時15分 - 21時00分 ただし、5月5日放送分は映画「ジャックと豆の木」放送のため5分繰り下げ、10月13日から27日放送分は関連番組放送のため45分繰り下げて放送。 (再放送)NHK総合テレビジョン:毎週土曜 13時25分 - 14時10分 放送日程 [ ] この節のが望まれています。 総集編 [ ]• 前編:1968年12月30日 19時20分から20時59分• 後編:1968年12月31日 19時20分から20時50分 映像の現存状況 [ ] 現存する映像は第16話のみで、その他の映像は通常放送回、総集編ともNHKには現存していないとされるが、NHKより発売されているビデオ「想い出の大河ドラマ」には竜馬の江戸での剣術修行のシーンなどの16話以外とみられる映像が入っており、当該以外の映像が現存する可能性がある。 当時は放送局用()が非常に高価で大型だったために、テープは放送終了後に消去されて他の番組に利用されていた。 第16話は『NHK想い出倶楽部2 - 黎明期の大河ドラマ編 - 4 竜馬がゆく』としてDVDで販売されており、また近年『』でも放送された事がある。 なお、DVD化に際して『脱藩』というタイトルがつけられている。 関連項目 [ ]• 本作と同じく司馬作品が原作となっており、龍馬 いずれも竜馬名義 が重要人物として登場。 台詞等にも本作と共通した描写がある。 坂本龍馬を主人公としている点で本作と共通するが、の動きにも重点を置いている。 脚注 [ ]• 竜馬役の北大路欣也のリクエストで実現。 [ ]• 一部放送日時の変更あり 外部リンク [ ] 2016年3月31日まで• 前番組 番組名 次番組.

次の

[B!] 「黒田の全てを見逃すな」スカパー新CMの一部がひと足早く公開=プロ野球・広島 [2015.03.24]

安芸の者がゆく

概要 [ ] 前年の『』に続く幕末ものであり、『』『』以前では、同じ時代の作品が2年続いた唯一の例であった(ただし、『独眼竜政宗』『武田信玄』は広義の戦国時代を舞台としてはいるが、前者は安土桃山時代、後者は狭義の戦国時代を舞台としており、正確には同じ時代の作品ではない)。 また、前年の大河ドラマの登場人物が主人公になった例としては、現在も唯一である。 大河ドラマとしては、最後の作品である。 大河ドラマで初めて、短期ながら当地()ロケが行われた作品でもある(1968年3月)。 このときの模様は『NHKグラフ』に掲載された北大路欣也の日記によると、次のとおりである。 午後二時からデパートの屋上でサイン会。 (中略) 夜十二時まで、演出の和田勉さんとロケのことや竜馬のことなどじっくり話し合う。 和田さんの言うように、これからの竜馬は、もっと輝きを持った太陽のような存在にしたいと思った」 映画出身のが書く脚本はテンポが速いため、一話45分の大河の尺に収まらず、当初の演出担当であるを悩ませた。 また、大阪出身である辻本と東京のスタッフが合わず、辻本が期待していた材木が小さかったなど制作上において齟齬をきたし、との交替劇が起きた。 和田は、とにかく出演者にセリフを早口でしゃべらせるなど、水木の脚本を45分の尺に収める様にして一連の危機を乗りきった。 主役のは、熱狂的な車愛好家だったが辞めて役作りに打ち込み、杉野義男道場に通い、、一弦琴を習得した。 原作の司馬遼太郎は、役作りに没頭する北大路欣也を気に入り、ある対談の席で北大路本人に次のように言っている。 「ぼくが竜馬を書いたのは、生き生きとした青春を竜馬に感じたからなんです。 とにかく竜馬は男も女もほれる男ですよ。 その点あなたはどことなく竜馬に似ているし成功まちがいなしだ」 役のは、この作品で初めて本格的な時代劇を経験、出身の高橋は当時、などの同社所属スターが長脚揃いであったのにくらべて、「高橋君、きみは違うねえ」といわれたため時代劇に転向したという(本人談)。 オープニング映像は上空の雲海を撮影したもので、主題曲はのマーチ調のものである。 ただ、現在CDなどで聴くことができるテーマ曲と実際に放送されたものとでは、編曲が異なる。 また、オープニングの人物クレジットはのみで表記されている(他の作品では手書きの文字か・などそれに近い字体が使われている)。 初回視聴率22. また、本作では前作に引き続き放送回に副題がない。 キャスト [ ] 太字は現存する第16話に登場。 お田鶴:• 寝待ちの藤兵衛:• 白峰俊馬:• 喜勢:• /樋口真吾:• 猿の文吉:• 山地忠七:• 菊屋峰吉:• 千野:• 柴田義秀:• 八郎兵衛:• 千鶴:• おやべ婆やん:• 源じいやん:• 坂本直次郎:• 才谷屋番頭:• 与助:• きく:• 薩摩藩士:• 忠吉:• 水原播磨介:• 郷士:• 勝孝子:• 西郷家老僕():• 八寸:• 大久保一翁の妻:• お竜の母:• 鹿田伝兵衛:• 藤岡勇助:• 茂田一次郎:• 戸梶源蔵:• 安芸守衛:• 利三:• 三平:• 彦根藩士:• 精庵:• 大亀の居酒屋の小女:• 蘭医ねずみ先生:• 美以:• りき:• 上田円増:• 池知退蔵:• 喜太次:• 中番頭:• 小番頭、長州藩士: (二役)• 土佐藩重役:• 伯母:• 老爺:• 老婆:• 岡本猪之助:• 岡本佐之助:• 手代・猪七:• 女中:• 岡上家女中: スタッフ [ ]• 原作:『』• 脚本:• 音楽:• 演奏:(現・新音楽協会)• テーマ音楽演奏:• 指揮:• 語り手:• 時代考証:• 古武道指南:• 殺陣:(本編にも役で出演)• 制作:• 美術:川上潔• 技術:山口克明• フィルム撮影:赤城久雄• 演出:、 放送 [ ] 特記が無い限りで確認。 通常放送時間 [ ]• :毎週日曜 20時15分 - 21時00分 ただし、5月5日放送分は映画「ジャックと豆の木」放送のため5分繰り下げ、10月13日から27日放送分は関連番組放送のため45分繰り下げて放送。 (再放送)NHK総合テレビジョン:毎週土曜 13時25分 - 14時10分 放送日程 [ ] この節のが望まれています。 総集編 [ ]• 前編:1968年12月30日 19時20分から20時59分• 後編:1968年12月31日 19時20分から20時50分 映像の現存状況 [ ] 現存する映像は第16話のみで、その他の映像は通常放送回、総集編ともNHKには現存していないとされるが、NHKより発売されているビデオ「想い出の大河ドラマ」には竜馬の江戸での剣術修行のシーンなどの16話以外とみられる映像が入っており、当該以外の映像が現存する可能性がある。 当時は放送局用()が非常に高価で大型だったために、テープは放送終了後に消去されて他の番組に利用されていた。 第16話は『NHK想い出倶楽部2 - 黎明期の大河ドラマ編 - 4 竜馬がゆく』としてDVDで販売されており、また近年『』でも放送された事がある。 なお、DVD化に際して『脱藩』というタイトルがつけられている。 関連項目 [ ]• 本作と同じく司馬作品が原作となっており、龍馬 いずれも竜馬名義 が重要人物として登場。 台詞等にも本作と共通した描写がある。 坂本龍馬を主人公としている点で本作と共通するが、の動きにも重点を置いている。 脚注 [ ]• 竜馬役の北大路欣也のリクエストで実現。 [ ]• 一部放送日時の変更あり 外部リンク [ ] 2016年3月31日まで• 前番組 番組名 次番組.

次の

広島カープ 安芸の者が行く

安芸の者がゆく

概要 [ ] 前年の『』に続く幕末ものであり、『』『』以前では、同じ時代の作品が2年続いた唯一の例であった(ただし、『独眼竜政宗』『武田信玄』は広義の戦国時代を舞台としてはいるが、前者は安土桃山時代、後者は狭義の戦国時代を舞台としており、正確には同じ時代の作品ではない)。 また、前年の大河ドラマの登場人物が主人公になった例としては、現在も唯一である。 大河ドラマとしては、最後の作品である。 大河ドラマで初めて、短期ながら当地()ロケが行われた作品でもある(1968年3月)。 このときの模様は『NHKグラフ』に掲載された北大路欣也の日記によると、次のとおりである。 午後二時からデパートの屋上でサイン会。 (中略) 夜十二時まで、演出の和田勉さんとロケのことや竜馬のことなどじっくり話し合う。 和田さんの言うように、これからの竜馬は、もっと輝きを持った太陽のような存在にしたいと思った」 映画出身のが書く脚本はテンポが速いため、一話45分の大河の尺に収まらず、当初の演出担当であるを悩ませた。 また、大阪出身である辻本と東京のスタッフが合わず、辻本が期待していた材木が小さかったなど制作上において齟齬をきたし、との交替劇が起きた。 和田は、とにかく出演者にセリフを早口でしゃべらせるなど、水木の脚本を45分の尺に収める様にして一連の危機を乗りきった。 主役のは、熱狂的な車愛好家だったが辞めて役作りに打ち込み、杉野義男道場に通い、、一弦琴を習得した。 原作の司馬遼太郎は、役作りに没頭する北大路欣也を気に入り、ある対談の席で北大路本人に次のように言っている。 「ぼくが竜馬を書いたのは、生き生きとした青春を竜馬に感じたからなんです。 とにかく竜馬は男も女もほれる男ですよ。 その点あなたはどことなく竜馬に似ているし成功まちがいなしだ」 役のは、この作品で初めて本格的な時代劇を経験、出身の高橋は当時、などの同社所属スターが長脚揃いであったのにくらべて、「高橋君、きみは違うねえ」といわれたため時代劇に転向したという(本人談)。 オープニング映像は上空の雲海を撮影したもので、主題曲はのマーチ調のものである。 ただ、現在CDなどで聴くことができるテーマ曲と実際に放送されたものとでは、編曲が異なる。 また、オープニングの人物クレジットはのみで表記されている(他の作品では手書きの文字か・などそれに近い字体が使われている)。 初回視聴率22. また、本作では前作に引き続き放送回に副題がない。 キャスト [ ] 太字は現存する第16話に登場。 お田鶴:• 寝待ちの藤兵衛:• 白峰俊馬:• 喜勢:• /樋口真吾:• 猿の文吉:• 山地忠七:• 菊屋峰吉:• 千野:• 柴田義秀:• 八郎兵衛:• 千鶴:• おやべ婆やん:• 源じいやん:• 坂本直次郎:• 才谷屋番頭:• 与助:• きく:• 薩摩藩士:• 忠吉:• 水原播磨介:• 郷士:• 勝孝子:• 西郷家老僕():• 八寸:• 大久保一翁の妻:• お竜の母:• 鹿田伝兵衛:• 藤岡勇助:• 茂田一次郎:• 戸梶源蔵:• 安芸守衛:• 利三:• 三平:• 彦根藩士:• 精庵:• 大亀の居酒屋の小女:• 蘭医ねずみ先生:• 美以:• りき:• 上田円増:• 池知退蔵:• 喜太次:• 中番頭:• 小番頭、長州藩士: (二役)• 土佐藩重役:• 伯母:• 老爺:• 老婆:• 岡本猪之助:• 岡本佐之助:• 手代・猪七:• 女中:• 岡上家女中: スタッフ [ ]• 原作:『』• 脚本:• 音楽:• 演奏:(現・新音楽協会)• テーマ音楽演奏:• 指揮:• 語り手:• 時代考証:• 古武道指南:• 殺陣:(本編にも役で出演)• 制作:• 美術:川上潔• 技術:山口克明• フィルム撮影:赤城久雄• 演出:、 放送 [ ] 特記が無い限りで確認。 通常放送時間 [ ]• :毎週日曜 20時15分 - 21時00分 ただし、5月5日放送分は映画「ジャックと豆の木」放送のため5分繰り下げ、10月13日から27日放送分は関連番組放送のため45分繰り下げて放送。 (再放送)NHK総合テレビジョン:毎週土曜 13時25分 - 14時10分 放送日程 [ ] この節のが望まれています。 総集編 [ ]• 前編:1968年12月30日 19時20分から20時59分• 後編:1968年12月31日 19時20分から20時50分 映像の現存状況 [ ] 現存する映像は第16話のみで、その他の映像は通常放送回、総集編ともNHKには現存していないとされるが、NHKより発売されているビデオ「想い出の大河ドラマ」には竜馬の江戸での剣術修行のシーンなどの16話以外とみられる映像が入っており、当該以外の映像が現存する可能性がある。 当時は放送局用()が非常に高価で大型だったために、テープは放送終了後に消去されて他の番組に利用されていた。 第16話は『NHK想い出倶楽部2 - 黎明期の大河ドラマ編 - 4 竜馬がゆく』としてDVDで販売されており、また近年『』でも放送された事がある。 なお、DVD化に際して『脱藩』というタイトルがつけられている。 関連項目 [ ]• 本作と同じく司馬作品が原作となっており、龍馬 いずれも竜馬名義 が重要人物として登場。 台詞等にも本作と共通した描写がある。 坂本龍馬を主人公としている点で本作と共通するが、の動きにも重点を置いている。 脚注 [ ]• 竜馬役の北大路欣也のリクエストで実現。 [ ]• 一部放送日時の変更あり 外部リンク [ ] 2016年3月31日まで• 前番組 番組名 次番組.

次の