ハイパー ボルト 効果。 ハイパーボルトは治療に使えるのか?実際に半年間現場で使ってみた治療家が語る!

ハイパーボルトおすすめ!プラスとの違いと楽天の口コミと使い方

ハイパー ボルト 効果

あわせて読みたい ちょうど、ブログを開設した時期と同じくらいのタイミングだったのですが、 蓋を開けてみれば、ブログを開設して以来最も読まれている記事が、 このハイパーボルトのレビュー記事です。 このブログは、主にブラジリアン柔術やトレーニングについて更新していますが、 ハイパーボルトについて書いた記事がダントツでアクセスが多い結果となっています。 それだけハイパーボルトが多くの人に注目されているということですね。 そもそもハイパーボルトって? ところで、そもそもハイパーボルトってどういうものかご存知ですか? この記事を読んでいる人は、ハイパーボルトについて検索してこのブログにたどり着いた人がほとんどだと思うので、ハイパーボルトについて知っている人がほどんどだと思いますが、一応公式サイトへのリンクを貼っておきますね! 簡単に説明すると、ハイパーボルトとは、 筋肉や筋膜を自分で簡単にほぐすことができるセルフケアグッズです。 いつでも、どこでも、簡単に、自分で身体のマッサージを行うことができるのが、 ハイパーボルトのメリットです。 割と結構なヘビーユーザーだと思います。 ここから本題。 半年間使用してわかったメリット 最大にして最高のメリット、筋肉痛と疲労の軽減 筋肉痛と筋疲労の軽減。 半年間使用して最も良いと思った点は、なんといってもこれにつきます。 僕は、普段週に3〜4回柔術の練習をして、柔術とは別で週に2回ほどウエイトトレーニングをしています。 1週間に何度かは、トレーニングをしてから柔術の練習をしていたのですが、トレーニングをした後ですと、筋肉痛がヒドく、まともに練習できていなかったのが、トレーニング後にハイパーボルトを使用して筋肉をほぐすようにすると、筋肉痛の問題なく柔術の練習をすることができるようになりました。 また、練習を終えて帰宅すると、就寝するのが深夜となり、翌日の朝の疲労が非常にきつかったのですが、練習後にハイパーボルトでのケアを日課にしてからは、疲労が軽減して翌日の朝も身体が軽い状態で起床することができました。 人によって差はありますが、 個人的には筋肉痛軽減効果はかなり実感できます。 余計な筋肉痛を減らすことができれば、次の運動のパフォーマンスも上がりますし、 筋肉が柔らかい状態になっていることで、筋肉や関節などの怪我のリスクも防げます。 購入前や直後は、効果については疑心暗鬼でしたが、半年間使ってみて確信に変わりました。 ハイパーボルト買ってよかった。 めちゃくちゃ身体が楽になる。 セルフケアをする時間も1回10分程度なので、時間も取らずとても楽です。 持ち運びが他のグッズよりも楽 僕は、ハイパーボルト以外にも様々なセルフケアグッズを使用していますが、 他のグッズに比べて ハイパーボルトはとても持ち運びがしやすいです。 フォームローラーや骨盤職人は少し大きいのでカバンに入らなくて、持ち運びしにくいのに対して、ハイパーボルトならそこまで大きくないので、カバンの中の空いているスペースにもすっぽり入ります。 そのまま持ち運ぶのもいいですが、専用のケースを使えばアタッシュケースのように持ち運ぶこともできるので、非常に便利。 自分で持ち運ぶ際の利便性はもちろんですが、治療家やトレーナーの方は、色々と小物を持ち運ぶことが多いと思うので、邪魔にならず持ち運びしやすいと言うことは結構重要なポイントです。 現場で働くトレーナーの方は、テーピングやハサミなどなど色々な物を持ち歩くので、 常にカバンがパンパンという話をよく聞くので、持ち運びのしやすさも重要です。 半年間使用してわかったデメリット 実際に使ってみるメリットだけでなくデメリットも沢山出てきました。 人によっては気にならない点もあると思いますので参考程度に見てみてください。 使用音が意外と気になる ハイパーボルトは使用音が静かとは言われていますが、実際に使用してみると結構な音が出ます。 周りで人が話していたり、雑音がある環境では気にならない程度ですが、 静かな環境で使用すると少し気になる方もいるかも? 例えば、マックスの強さで使用している時は、近くの人とも大きめの声で話さないと、 少し声が聞き取りにくく感じるくらいの音量です。 賃貸マンションで、深夜や早朝に振動マックスで使用すると少し近所迷惑になるかも? 僕は今のところ、自宅で深夜や早朝にも使用していますが騒音トラブルになったことなどはありません。 意外と重い あと、ハイパーボルトは意外と重いです。 10分や15分程度使用するくらいなら全く問題ありませんが、長時間使用する場合は、 振動がすごいのと、本体が少し重いのが合わさって、少し手が疲れます。 ただ、そんなに長い時間連続して使用する人はそこまで多くないと思いますので、 これも気にならない人は問題ないかと思います。 デメリットと言ってもこのくらい。 特に現状不具合もないので購入してとても満足しています。 ハイパーボルトは超オススメ!ただし怪我が治るわけでは無い まとめると、 ハイパーボルトは非常に優れているセルフケアグッズですが、 怪我を治すグッズではありません! ここを勘違いしている人も多いと思いますが、 あくまでセルフケア(筋肉の張りやコリ)をほぐすために使用するもので、 怪我を治すものではなく、怪我を予防したり怪我をしにくいカラダのコンディションを保つためのグッズです。 僕は、先日ブラジリアン柔術の練習中に右膝の半月板を痛めてしまって、 それから毎日のようにハイパーボルトを使用して膝の筋肉をほぐしていますが、 残念ながら膝の痛み自体にはほとんど変化はありません。 あくまでもハイパーボルトは筋肉の疲労などに対して効果的なグッズで、半月板などの筋肉以外の組織の損傷に対しては効果的ではありません。 どんな人にオススメ? ここまでメリット、デメリットを上げてきたように、 良い点も悪い点もあるハイパーボルトですが、 あわせて読みたい 最安値で買えるのは? 結論を言うとハイパーボルトは超オススメです。 スポーツをしている人なら誰でも欲しくなるグッズですが、如何せん高額なのがネック。 定価で、55500円+税なので約60000円です。 セルフケアのグッズとしては、かなり高額な部類に入りますが、 自分の身体への投資と考えれば決して高すぎる買い物ではありません。 こういったグッズは一部のアスリートだけが使うようなイメージがつきがちですが、 毎日仕事をしながらトレーニングやスポーツに取り組んでいる人達も立派なアスリートです。 アスリートもサラリーマンも身体が資本なのは同じです。 自分の身体への投資としてハイパーボルトを使ってみてはいかがでしょうか? 最安値で買うには、amazonや楽天で購入するのがオススメです。 公式サイトで購入するよりかは、ポイントの還元などで少し安く買えます。

次の

ハイパーボルトおすすめ!プラスとの違いと楽天の口コミと使い方

ハイパー ボルト 効果

ハイパーボルト(HYPERVOLT)とは?使い方は? ハイパーボルトとは?使い方は? ハイパーボルトは日本ではあまり馴染みのないセルフケアアイテムですが、海外でスポーツ選手を中心にとても流行ってます。 電動ドリルのような見た目をしているとおり、振動によって筋膜リリースを行うマッサージグッズです。 電源をつけると振動し始めて、後は気になるところにあてて動かしてマッサージをします。 圧力センサーがついているため、どれくらいの強さで目で当てているかわかります。 骨にはあてないように注意が必要です。 バッテリーがついているため、ワイヤレスなので持ち運びやすくてどこでも使えて便利です。 3段階で強さを調節。 アタッチメントは5種類 振動は3段階で調節できます。 けっこう振動が強めなので、私は主に一番弱いレベルで使っていて、疲れがたまっているときは真ん中のレベルを使います。 アタッチメントは、形や硬さの異なる5ものが種類入っています。 私は丸い柔らかめのアタッチメントをよく使います。 ハイパーボルトを使った体験談 私が使ってきた中でNo1のセルフケアアイテム。 治療院に通う回数が減った。 これまでフォームローラー、低周波治療器など様々なセルフケアアイテムを使ってきました。 その中でハイパーボルトは 一番筋肉をリラックスさせてくれるケアアイテムです。 このセルフケアアイテムのおかげで治療院に通う回数が急激に減りました。 私は仕事に行く前・帰宅後に肩や腰をゆるめたり、ランニングの前後に脚の筋肉をリリースしてパフォーマンスアップやケアを行っています。 感覚として表現するなら、老廃物が流れ出てスッキリするようなイメージです。 使った後は筋肉がスッキリして本当に体が軽くなります。 電動なので手が疲れない ハイパーボルトは電動で動いてくれるので、自分の手でマッサージしたりフォームローラーでほぐすのと比べて本当に楽にマッサージできます。 1kgなので少し重さがありますが、マッサージを行う時間くらいなら私は問題ありませんでした。 値段が高い。 ただそれだけの価値はあります。 買うのにとても勇気がいりました。 購入するときは思いって初期投資という気持ちでいきましょう。 バッテリー部分が弱いらしいので慎重に。 専用ケースがあると安心 持ち手の部分がバッテリーになりますが、衝撃などに弱いらしいです。 落としたりしないように気をつけましょう。 金銭的に余裕がある人は専用ケースに入れて保管するのがおすすめです。 リンク Amazonで便利に買い物する方法 さて、Amazonプライム会員の無料体験はお済みですか? Amazonで便利に買い物するにはプライム会員になりましょう。 プライム配送・プライムビデオ見放題などお得なサービスが盛り沢山です。 まだしていない人は無料体験してみてくださいね。 まとめ 良い商品なのでこれまで秘密にしていました。。 とても良い商品なのでこれまで秘密にしていましたが、使っていくとさらに良さを感じたのでみなさんにも知ってもらいたいと思いました。 最後にひとつお伝えしたいこととして、似た商品が売られているので類似品にはくれぐれもご注意ください。 ハイパーボルトで筋膜リリースをすると、日常生活でのコリ改善やスポーツのケガの予防ができるので、ぜひチェックしてくださいね。

次の

ハイパーボルトおすすめ!プラスとの違いと楽天の口コミと使い方

ハイパー ボルト 効果

(提供:) スポーツ選手がもっとも恐れること、それは 怪我。 アスリートが怪我をした場合、状況は深刻です。 軽い怪我でもプレーの質の低下につながります。 ひどい場合はプレーができず、日常生活にも支障をきたし、最悪の場合は収入減少につながることも。 解決策としては、「ストレッチ」や「トレーナーにマッサージを頼む」など、様々です。 しかし、野球やサッカーなど、よっぽどお金のあるジャンルじゃない限り、セルフケアをしなければなりません。 ただ、アスリートはそのスポーツのプロではありますが、多くの場合、セルフケアの達人ではありません。 「どんなケアが正解かわからない」「ケアにまで頭が回らない」「ぶっちゃけ面倒…」と、ついつい後回しになってしまうことがあるのではないでしょうか。 そんな悩みを真正面から解決するのが、 「HYPERVOLT(ハイパーボルト)」です。 ハイパーボルト ・ これは、 「筋膜リリース」が簡単にできるセルフマッサージマシンです。 筋膜リリースとは、筋肉を包む膜をほぐすことでケアをする、近年のスポーツ界で人気があるマッサージ法のひとつ。 たとえばこんな使い方をします。 とってもラフにいうと、 「筋肉をめっちゃほぐして、疲労をめっちゃ取り除けて、めっちゃ簡単にケアできる方法」です。 ちょっとラフ過ぎますかね。 さて、この「ハイパーボルト」、なにやら最近はトレーナーやスポーツ選手、整骨院などの間で 爆発的に売れているそうで。 アメリカではNBA選手も使っているそうです。 そんなことを聞いたら、この「ワークアウトハッカー」が試さないわけにはいきません。 本当にスゴいんだろうなぁ?ええ?おお? 疑心暗鬼の塊みたいな私ですが、今回は「ハイパーボルト」を1ヶ月間じっくり使える機会を得たので、実体験をもとにレビューしていきます! 結論を先にいうと、これは セルフマッサージの到達地点だと感じました。 ええ、スゴいです、コレは・・・。 ざっくり言うと• HYPERVOLT(ハイパーボルト)の外観デザインをチェック 真っ白でシンプルなデザイン。 アメリカっぽい雰囲気が漂います。 箱を開けるといろんなアイテムがぎゅっと詰まっています。 この「ガジェット感」、好きすぎる! 別売りのケースもあります。 練習の直後や遠征時に使えて便利。 衝撃を吸収する素材でできているので、壊れる心配もなし。 「HYPERVOLT」のロゴがかっこいい。 使い方:マッサージしたい部位にあてるだけ ハイパーボルトの先端につけるアタッチメントは、マッサージの種類によって形状が異なります。 まず、こちらがノーマルタイプ。 筋肉をほぐすときに使います。 前腕や足裏に使うタイプ。 細かい部位タイプ。 他には、ふくらはぎに使うタイプなど、合計5種類のアタッチメントが付属しています。 はっきりいって、これがどんなマッサージよりも気持ちいいんです・・・。 ハイパーボルト 1ヶ月使用レビュー マシンのスペックなどはホームページに記載されています。 ここでは、私が 「実際に使ってみてどう感じたか」という点にフォーカスして紹介しますね。 筋肉がふにゃふにゃ、トロトロにリラックス ハイパーボルトを使って感じたのは、マッサージ後、 筋肉がやわらかく、ふわっふわになるということ。 まるでホイップクリームになった気分・・・は言い過ぎだけど、筋肉がふにゃふにゃになり、完全にリラックス状態になります。 全身をマッサージすると、血行が良くなるのか、とても眠たくなります。 セルフマッサージの後は一切動きたくない。 ハイパーボルト、別名「ダメ人間製造マシーン」。 ちなみに参考のためにいっておきますと、私は週4日、ボディビル的な筋トレを各1時間ほどしています。 たとえば、脚のトレーニングだと次のような内容になります。 スクワット• ルーマニアンデッドリフト• スミスマシンスクワット• ダンベルランジ• バックエクステンション• カーフレイズ 若い頃はへっちゃらだったのに、30歳を超えたあたりから、回復スピードがあきらかに遅くなりました。 関節疲労も抜けにくくなり、ケアの重要性を痛感しているところにハイパーボルトを試すことができて、 「やっぱりちゃんとケアすると全然違うな・・・」という、ある種の危機感が湧きました。 ハイパーボルトがアスリートやトレーナーから人気なのも頷けます。 毎日ハードに運動をする人でも簡単にセルフケアができて、ケガの可能性が減るんだから「そりゃアスリートに人気出るわな」と。 普通のストレッチではケアできない部分をケアできる、自分だけで。 一般的なストレッチとくらべてハイパーボルトの良いところは、 ストレッチしにくい部分の筋肉も簡単に弛緩できる点にあります。 たとえば、足裏、三角筋前部・中部、上腕二頭筋、ハムストリングス、腰周り。 これらの部位は、ケアしたくてもなかなかできません。 しかし、放置していると、確実に疲労が溜まる部位でもあります。 普段から体を酷使するトレーニーやスポーツ選手なら、なおさらのこと。 私がとくに嬉しかったのは、 肩周りを簡単にセルフケアできることです。 たとえば、ベンチプレスやダンベルショルダープレスをすると、肩の間接に疲労がたまるんですよね。 こどもが寝ている隣でやると嫁に怒られるレベルではあるものの、普通に使っている限りでは問題なく、不快になることはありません。 筋トレ前ではなく、後にしたほうがいい 1ヶ月間、いろんな使い方をしてみましたが、ハイパーボルトは筋トレ前にはやらないほうがいいと思いました。 というのも、筋肉がリラックスしすぎてしまうので、ハイパーボルトをした後はフワフワして力が入りにくくなる感覚があるんです。 まぁマッサージ機なので当たり前かもしれませんが。 もちろん、トレーニング前にして調子が出る選手もいると思うので、ここは個人の好みでわかれそうです。 トレーニング前はやはりダイナミックストレッチなど、軽く体を動かしてウォームアップをしたほうが、個人的には感覚がいいですね。 便利な持ち運びケースは旅行で大活躍 別売りなのですが、衝撃吸収ケースもよくできています。 PC保護ケースをさらに頑丈にしたような素材を使っていて、遠征、合宿、旅行へ安全に持ち運べます。 レビュー期間中にディズニーランドへ家族旅行に行ったのですが(筆者は大阪在住)、ここでも大活躍してくれました。 というか命を助けてくれました。 私には3歳の娘がいて、このくらいの年齢の子どもを連れて旅行をすると、体力と精神力をとんでもなく消費します。 娘は天気が悪いと抱っこをねだる癖があり、ディズニーランド当日の天気は曇り時々雨…。 案の定、常に抱っこをせがんできました。 ベビーカーがあるのに、ほぼずっと抱っこで広大なディズニーランドを回るという修行が突如始まりました。 なお、娘の体重は13kg。 しかし、ジタバタ動き回るので、13kg以上に感じます。 パレードを見て、逃げるようにホテルに帰ったら体はもうガタガタ。 しかし、翌日は友人の結婚式とタフな一日が待っていました。 ここで、ハイパーボルトの登場です。 「俺は今日、アスリートをも超えた運動量をこなしたに違いないッッ。 」と謎の達成感を味わいながら、ハイパーボルトを全身にあてます。 やっぱり気持ちよすぎる・・・! 筋肉がフワフワになり、爆睡モードへ突入。 たぶん白目をむいて寝てたんじゃないかな。 翌日はスッキリ目覚めることができ、完全とはいいませんが、疲労は7割程度は回復していました。 良い気分で結婚式を楽しむことができ、ハイパーボルト様に助けられましたね。 正直、旅行にまで持ち運ぶのには少し重たいかもしれませんが、疲労を抜いて旅行や遠征を楽しめるというメリットを感じました。 肩こりに悩む嫁、歓喜 余談なのですが・・・。 ハイパーボルトはスポーツをする人向けのアイテムですが、小さいこどもを常日頃抱っこをして肩がカッチコチに固まっている嫁にハイパーボルトを使ってみました。 肩こりイメージ(私の嫁ではありません) すると、「なんなんこれ!?」と嫁は大喜び。 「肩がめっちゃほぐれた!ほんでなんか皮膚がかゆい!」 「せやろ?血行が良くなってるんやで」と自分がすごいわけでもないのにドヤ顔を返しておきました。 ありがとう、ハイパーボルト。 私は今まで肩がこったことがないのでこの気持ちよさは一生味わえそうにないのですが、育児に疲れる嫁の疲労を取り除くことができてなによりです。 マシンを体にあてるだけで使えるので、「マッサージしてくれない?」と頼むのは気が引けるのですが、「マシンをあててくれない?」だと頼みやすいですね。 ハイパーボルトはどんな人におすすめか? ハイパーボルトは、体を資本として生活する人におすすめです。 トレーナー• 整体師• アスリート• ボディビルダー まず、「軽くしか運動をしていない」「そこまで追い込んだトレーニングをしていない」といった人には必要ありません。 これはガチ向けのマッサージマシンです。 トレーナーにマッサージを依頼する金銭的、時間的余裕のないスポーツ選手は絶対に使ったほうがいいです。 「ボディケアにまで手が回らないけどしなければならない」選手がほとんどだと思うので、導入をおすすめします。 トレーニングジムを運営しているトレーナーなら、ハイパーボルトでクライアントに筋膜リリースマッサージをすれば、確実に満足度が上がるでしょう。 私がクライアントなら、「筋トレ後にマッサージまでしてくれるの!?最高かよ。 」と思いますね。 そのうち大手のパーソナルトレーニングジムがどんどん導入していく予感がするので、 差別化をするなら早い者勝ちなのではないでしょうか。 実際にクライアントをケアしている様子がこちら。 また、小規模な部活やスポーツチームでひとつ買って、みんなでシェアして使うのもいいでしょう。 ボディビルでお金を稼ぐ人はほぼいないとは思いますが、本気でボディビル的な筋トレをしていると筋肉や関節はボロボロなはずです。 長く競技を続けるためにも導入を検討してみてはいかがでしょうか。 体へ最高の投資を さて、そんな最高の筋膜リリースマシン「ハイパーボルト」、価格は55,500円(税別)です。 「高い!」と感じるかもしれませんが、2019年6月に値段が下がり、81,400円から55,500円になりました。 約26,000円の値下げです。 これは嬉しい! 担当者さんに聞いたところ、スポーツ選手やトレーナー、整体師など、仕事の投資として購入する人が多いとのこと。 たしかに、もし私が体を資本としてお金を稼ぐアスリートだったら、競技生活を長くするためにも絶対に導入しますね。 経費で落とせますし。 ハイパーボルトの 「どこにでも持ち運べて、筋膜リリースが簡単にでき、筋肉をとろとろにマッサージできる」という価値を考えたら、5万円はかなり妥当かと(前は8万円もしたので高く感じましたが)。 トレーニングをすると、体は成長をしますが、ダメージは確実に溜まります。 それも、目に見えないから厄介なんですよね。 もしあなたが体のケアを本気で考える「ガチ勢」なら、一度試してみては? 2019年6月に値下げと仕様変更がありました。 てっとり早くいうと、 機能がグレードアップして、安くなりました。 【変更点】• 圧力センサーを新たに搭載• アタッチメント追加• ハイパーボルトのでは「海外製品の並行輸入品にご注意ください」との記載があり、「並行輸入品を国内で使用することにおいても、法律に抵触する危険な行為であるため罰金や懲役が科せられる恐れがあるのでご注意ください」と説明されています。 また、並行輸入品はサポート対象外です。

次の