ファントム オブ メモリー。 ファントムオブメモリー周回オススメクエスト

これ以上ないほどスタイリッシュな「裏切り」……『愛のメモリー』

ファントム オブ メモリー

攻略情報一覧• 最新情報• ピックアップ情報 キャラプレゼント開催• パラメータ調整• ランキング情報 主要ランキング• 初心者向け攻略情報• お役立ち情報• 超凱旋ガチャ• エクステンドホライゾン キャラ情報• 武器情報• ヘル攻略• 決戦クエスト• グラビティホライゾン 攻略情報• ゼロクロニクル キャラ情報• 武器情報• 攻略情報• 武器練磨の塔• 武器情報• インゴット武器• クラスチェンジ• 職業別の特徴• 白猫掲示板 コミュニティー掲示板• マルチ募集掲示板• 超凱旋ガチャ斬の段開催中 白猫プロジェクトのイベント「ファントムオブメモリー」の最新情報を掲載しています。 新キャラ、イベント情報をチェックしたい方はぜひご覧ください。 天才学者をモデルにしたアンドロイドの様ですが、チハヤをママと呼んでいる訳が気になります・・・ 性能紹介 スキル・オーバーチャージによるステルス主体の立ち回りが特徴のキャラ。 ステルスの立ち回りによってHP条件のオートスキルや転倒解除、SP回収力といった自身の欠点とも言える要素を補うことができるため、安定した立ち回りがしやすいです。 もともと常時状態異常無効や2種の回復、メインスキルバリアの耐久力もあるので、高難易度でも活躍してくれます。 こちらは救国の乙女をモデルとしたアンドロイドとなっています。 動画を見る限りでは少しツンデレキャラな予感がします。 性能紹介 スキル2は移動こそできないものの、射程が非常に長い方向操作ビームですので、殲滅力もしっかりと確保できています。 さらに、両方のスキルでヒールバリアを展開できるため、安全に立ち回ることが可能です。 ただし、スキル2の最終弾はチェインダメージとなっており、スキル中のヒット数が影響しますので、単体相手には最大火力が出しにくいとう点は予め留意しておきましょう。 巨大な怪物によって危機に瀕したアンドロイドの街<ロクハラタウン>を救うために、参上した模様。 さらにリベンジオーラやスキル中フリック派生のデンジャラス無効で、火力面でもボスに対して有効な要素が揃っているため、決戦クエストのようなステージでは特に活躍してくれます。 ただ、HP回復手段が回復量の低い自動回復と絶対防御&HPに依存するスキル1回復となっており、復帰にやや時間がかかるのでHP低下時には注意しましょう。 ゼロキス一覧 性能紹介 HPに応じて耐久値が上昇するアーマーバリアを所持しているため、HP次第では高難易度のボスモンスターの攻撃も複数回防ぐことが可能。 さらにスキル2はクールタイムがあるとは言え、デンジャラスアタック無効の効果を持つため安全に立ち回れます。 また、武器スキルに反応するサポートスキルを所持していることに加え、編成するだけで発揮するオートスキルを所持しているので、味方の火力を底上げできる点も見逃せません。 懸念点としては攻撃速度の補正が低く、SP回収時の隙が非常に大きい点が挙げられますので、装備で攻撃速度やSP周りの強化を行っておく必要がある点には注意しておきましょう。 ファントムオブメモリー攻略情報 イベント報酬 施設・アクセサリ・石板・スタンプ・称号といった恒例の報酬の獲得も行えます。 基本モーションはアルラウネと同じですが、自身の周りにダメージフィールドを展開するため迂闊に近寄るのは危険です。 イベントのサブタイトルには「TAIRA」の文字があり、MINAMOTOに所縁のあるゼロキスが登場しているので、エリア・シキシマ関連のストーリーとなっているのでしょうか!? また、<ロクハラ>はどちらの勢力が統治している街なのか、エプリルとアリーゼはTAIRAとMINAMOTOどちらに所属しているアンドロイドなのか、という点にも注目です! イベントクエストの構成 イベントは本編・外伝・チャレンジクエストと、シンプルな構成となっています。 外伝はナイトメアモードに相当するものだと思われますが、表記が異なるので、専用のストーリーがあるかもしれませんね。 ストーリー&イベント画面がパワーアップ! イベント画像 イベントホームの会話 ライトマップ イベントのホーム画面上部の会話にボイスがついていたり、ライトマップ機能を使用することで鮮やかな夜景のステージで遊べたりと、イベントの各所がパワーアップしています。 ジュエルパック 今回もプレミアムジュエルパックとジュエルパックライトの販売が行われます。 課金をする予定のある方はこちらのパックを優先的に利用していくと良いでしょう。

次の

【白猫】ファントムオブメモリーガチャの当たりキャラ

ファントム オブ メモリー

ストーリー [ ] 西暦2100年。 世界は生活圏としての都市「メトロポリス」ととしての生産層「エコロジア」に区別されていた。 そこでは戦争や貧困をもはや過去のものとしており、地上400mを誇る群と重力制御によるを主流とした交通などが存在する社会を実現していた。 その一方で、エネルギーへの欲望はとどまることを知らず、知的生命体であるリナクスを閉じ込めエネルギー源として利用するまでに至っている。 に進出した人類は、に都市を建設したうえに、外宇宙進出を計画しており、人類はさらに広い世界へ出ようとしていた。 の研究者・天箕創は、月面にある基地で研究チームと共に原子衝突実験を行っていたが、突如実験装置から飛び出した2つの光が天箕博士の娘・天箕クラウに衝突し、彼女の体を分解してしまった。 しかし、その光は再びクラウの姿を形作り、クラウは「リナクス」として蘇り、超人的な力を得た。 ただ、もう1つの光の行方は誰にも分からないままであった。 それから10年後。 クラウはリナクスの力を隠しながら、有能なエージェントとして日々を送っていた。 そんなある日、クラウの中からもう1つの光が現れ、少女・クリスマスとなる。 対の片割れとの再会を果たした喜びも束の間、GPO(警察に当たる組織)がリナクスを追いかけ始めたため、2人は逃避行を開始する。 登場人物 [ ] 天箕クラウ(あまみ クラウ) 声 - 本作の主人公。 ボーイッシュな外見が特徴。 年齢はクリスマスが生まれた歳の22歳以上。 12歳の誕生日に父・天箕博士の研究所にいた際、突如発生したリナクスに触れたことでリナクス人間となる。 それから10年後はエージェントとなり、業界では「危険な仕事を好む女」と評判になるが、リナクスのことは隠している。 当初は、クールな性格だったが、クリスマスが生まれてからは、温かみが生まれ、危険な仕事は引き受けないことにした。 クリスマス 声 - クラウが22歳の時に、彼女の体の中から生まれた少女。 彼女と「対」のリナクスで、容姿は12歳の頃のクラウと似ている。 周囲には「クラウの妹」と称している。 クラウと比べ、運動神経は劣るが、家事全般を得意とする。 天箕創(あまみ はじめ) 声 - クラウの父親で、次世代エネルギーの研究者。 10年前の事故で、リナクス人間となった娘・クラウに衝撃を受け、当初は彼女を受け入れられずにいたが、次第に愛情が芽生え、彼女を受け入れられるようになる。 市瀬がクラウに被検を強要し、これを嫌がったクラウが突如リナクスを発したことで、左腕を失った。 GPOに追われるようになったクラウたちを守るようにダグに依頼する。 ダグ 声 - ある目的で、クラウを監視するエージェント。 身長190cmの大柄な体格の男性。 妻子がいるが、現在別居中。 元GPO警部で、アヤカの上司だった。 後にクラウを助けるようになる。 アヤカ 声 - GPOに属する女性警察官。 リナクスの力を持つクラウを危険人物とみなし、彼女を捕獲しようとしている。 冷酷かつ執拗にクラウたちを追いかけるが、これにはある理由がある。 物語終盤、自身の家族を殺された真犯人が分かり、GPOに不信感を持ち、真実を知るためにクラウたちと協力関係を結ぶ。 ウォン 声 - GPOの警視正。 アヤカの上司。 アヤカの家族が殺された事件からGPO上層部に不信感を持ち、クラウたちを捕えるという命令に背きつつ、上層部を探っていた。 その動きを掴まれ、拘束される。 市瀬(いちせ) 声 - 月面の施設で天箕博士と研究を行うチームの一人。 リナクス人間となったクラウの身体能力の高さを奇跡と呼んだ。 用語集 [ ] 未来都市メトロポリス 人類が作り出した未来都市。 これは生活圏に当たり、高層400mの巨大ビル群が立ち並び、交通はエアカーを主流とする。 この社会システムが完璧に機能することによって、人々は平和な生活を営んでいる。 エコロジア 未来都市メトロポリスのライフラインとなる地域で、いわゆる食料庫の役目を担い、数々の食料を生産している。 生活圏とライフラインの役割は、地域によって完全に分離・分担されている。 月面都市 月面に建設された都市。 次世代エネルギー研究所施設やGPO本部がある。 リナクス の中の極小空間に存在する物質。 通常空間では空中を浮遊する光の塊の形をとり、2つが「対」として存在する。 この状態では、触れたあらゆる物質を原子に分解し消滅させる力を持つ。 リナクスはより広い世界へ出て行こうとする性質を備えており、もしリナクスが人間世界に溢れると、その勢いは世界を覆いつくすまで止まらず、全てを原子に分解する恐れがある。 リナクス人間(リナサピエン) 身体にリナクスが宿った人間。 本来、人間もリナクスに触れると消滅するが、稀に身体が再構築されて、リナクス人間として蘇ることがある(原因は不明)。 超人的な運動神経や飛行、壁を通り抜けるなどの特殊能力を持つ。 また「対」の存在を気にかけるようになり、これを失うと精神的に不安定になる。 ブルーエナジー 人類が原子力に変わる新エネルギーとして開発した。 水からエネルギーを取り出す 革新的なシステムで、人類は無限大のエネルギーを得て、メトロポリスと呼ばれる社会を築き上げた。 エージェント クラウやダグが属する職業。 警察では手の届かない犯罪や管轄外のトラブルの解決を生業とする。 GPO アヤカが属する世界規模の警察組織。 正式名称は「Global Police Organization(国際警察機構)」で、各国にある警察組織を統一している。 本部は月にあり、地球の各地に支部がある。 スタッフ [ ]• 原作 -• 監督 -• シリーズ構成 - 吉永亜矢• キャラクターデザイン - 尾崎智美• メカニックデザイン -• セットデザイン - 武半慎吾• 美術監督 - 市倉敬• 色彩設計 - 歌川律子• 撮影監督 - 大神洋一• 音響監督 -• 音楽 -• プロデューサー - 、堀内麻紀、佐々木史朗、中嶋嘉美、• 制作 -•

次の

チハヤがママ?! ファントムオブメモリーPV公開

ファントム オブ メモリー

SP回収がネックだったウォーロードの強化が発表!SP回復やスキルの威力強化など、よりウォーロードを扱いやすくなるぞ! 強化点まとめ 【オーバーチャージ】 ・チャージの2段階目以降に「オーバーチャージ」が追加 ・オーバーチャージをすると「パワーストック」を貯める 最大10段階 ・パワーストックを1段階貯める毎にSPを一定量回復 ・ オーバーチャージにかかる時間はチャージ時間変化の効果を受けない 【パワーストック】 ・パワーストックがあるときにスキル使用でスキルの物理ダメージを強化 ・スキル使用時にパワーストックは全て消費する ・強化値はパワーストックの段階により変化する チャージに2段階目以降が追加 チャージの2段階目以降に、「オーバーチャージ」が追加される。 オーバーチャージで「パワーストック」が段階的に溜まり、1段階溜まる毎にSPが回復する。 ただし、パワーストックの上限は10段階のため、永続的にSP回復できるわけではない点に注意。 パワーストックでスキル威力を強化 パワーストックが溜まっている状態でアクションスキルを発動させると、スキルの物理ダメージが強化される。 ボス戦前に最大まで溜めて、一気に超火力を発揮することもできそうだ。 ただし、スキル発動時にパワーストックは全て消費するため、スキル後は再度溜める必要がある。 強化後はさらにチャージバニッシュとブレイクバースト中にも即死回避が発動するようになるぞ。 槍の場合ドラゴンライダーもあり得るが、絵を見る限り上に乗る仲間がいないため、ランサーの可能性が高いと言えるぞ。 魔道士やルーンセイバーの可能性も? 槍のような武器の形状ではあるものの、同じような形状で過去に杖や輝剣として登場したキャラも存在する。 そのため、槍以外なら魔道士やルーンセイバーで登場する可能性もあると考えられる。 今回も水属性で登場か チハヤといえば、過去2度とも水属性で登場している。 ファントムオブメモリーの立ち絵でも周囲に青いエフェクトが描かれており、水属性キャラとしての登場が濃厚だ。 クリカラによるSP回収力に期待! 過去に登場した拳チハヤは、クリカラによる密着時のSP回収が非常に優秀だった。 ファントブオブメモリーのチハヤの立ち絵にもクリカラがいるため、高いSP回収力を持っていることに期待したい! マルチロックオン持ち? チハヤは過去の登場時、マルチロックオンやロックオン状態付与を持っていた。 多くの敵を一度にターゲットして火力を出せたため、今回も過去の流れを踏まえてマルチロックオンを持っていそうだ。 転倒による弱体化はある? バレンタインチハヤは、転倒すると付与効果が解除されてしまうデメリットがあった。 ファントムオブメモリーでも同様の性能が引き継がれる場合、転倒しないようしっかりと立ち回る必要がありそうだ。 職業予想 or 属性予想 CV 下野紘 ランサーか魔道士で登場? ゼロキスが持つ武器は槍か杖に見るが、過去に一度ランサーとして登場している。 2度同じ職で登場することが無いわけではないが、前例としては少ない。 そのため、どちらかというと魔道士での登場になりそうだ。 しかし、ファントムオブメモリーのゼロキスは紫のエフェクトが描かれており、雰囲気的には闇属性になるのではないかと予想。 ターゲット変更や魔族特攻持ち? 過去のゼロキスは挑発やおとりなど、敵のターゲットを変える能力を持っていた。 また、魔族系に対する特攻を持つこともあったため、条件次第で超火力を発揮するキャラになる可能性も考えられるぞ。

次の