初夏エギング。 エギングテクニック

夏エギングでアオリイカを攻略するための大事な釣り方・気をつけるポイントについて徹底解説

初夏エギング

ベイトに合わせたジグとカラーセレクト アコウの釣りシーズンはオフショアでは年中釣れるのですが、特に初夏から秋口にかけて浅場(水深20~40m)の岩礁エリアでよく釣れます。 例年、この時期になるとイワシの稚魚が浅場に群れで入ってきてメインベイトとなりますが、釣り上げたアコウ(キジハタ)の口からカニやエビなど甲殻類を吐き出す個体が多くいるのも事実。 そこで、まずオフショアで釣りをする場合、遊漁船なら浅場のポイントに到着したら船長に水深とベイトの有無を聞くことが重要。 それからルアー(ジグ)の選択に入ります。 使用するジグは、ガンクラフトのCOSOJIGがベース。 ガンクラフト公式「COSOJIG」詳細ページは ジグのウェイトは100~120gを基準にその日の潮流や魚の活性に合わせて150gくらいまでで調整。 ベイトがいる場合はシルバー系からスタートして、反応が悪いと感じたら甲殻類系のカラー(私の中では赤系かゴールド系かな)をローテーションで使用しています。 ジグのカラーについては人それぞれ好みがあると思いますが、私がよく使うカラーはシルバー系、赤金、グローが大半。 シルバー系で言えば「スイッチグロー」がおススメで「アカキン」は浅場での根魚に効くカラー、「オールグロー」は梅雨時期のローライトな時や、深場などで効果を発揮してくれます。 狙うポイントと釣り方について アコウ(キジハタ)他、根魚狙いの場合は「天然岩礁エリア」が基本のポイントとなります。 反応が悪い場合はベイト反応がよい漁礁エリアをランガンしていくようなスタイルが多いですね。 浅場でのオフショアスロージギングでは大体はドテラ流し(横流し)の船が多いと思います。 根魚は海底にいるので、ポイント上ならいち早く海底にジグを落とした人にヒットする事があり、遊漁船の船長の合図とともにジグを投入できる準備を心掛けることがキーとなります。 また、根魚釣りにおいては底取りの回数で釣果に差が出ます。 風や潮で船が流れる速度に合わせて、こまめにジグウエイトを変更しながら よりスローフォールで根魚を誘えるウエイトを選択する事がキモになります。 ジグ着底後、アクションは上げ3~5回巻き上げからのフォールで食わせるイメージですると釣果に繋がると思います。 浅場でのオフショアスローは、アコウ(キジハタ)30~55cm程度をメインに、時にはクエの40~80cm、アオハタ30~50cmクラスが掛かることもあり、気は抜けません。

次の

エギング入門

初夏エギング

どうも「イカ並みの地白肌」こと、タクちゃんです。 ギバちゃん風で、失礼します。 みなさん、エギングやってますか? エギングとは「餌木」と言われるこんなルアーを使って イカを釣る釣法のことですよ。 本日のAmazonタイムセールの商品を紹介! これはもはや、エギング界の常識と言っても過言ではないでしょう。 真夏にエギングだなんて無謀だ、と。 釣果が期待できるはずがない、と。 真夏にアオリイカが釣れない理由は、アオリイカの一生を知れば理解できます。 アオリイカは、春に産卵するよ。 そして産卵を終えたら死んじゃうよ。 しかもデカイ)• 夏は卵の状態。 アオリイカは秋になると、コロッケサイズに成長。 めっちゃ釣れる)• 冬は寒さを嫌って、底でじっとしてる。 アオリイカの寿命は1年。 春〜初夏の産卵を終えると死んでしまうのです。 これが、一般的に「夏にエギングなんて無謀だ」のロジックです。 夏はアオリイカがそもそも居ないということですね。 だから釣れるはずがない、というわけです。 なるほど。 ちなみにネットで収集した「夏でもアオリイカは釣れるよ!」情報をまとめると以下の通りです。 産卵できなかったアオリイカが、春を過ぎてもまだ生きているから釣れる。 地球環境の変化により、産卵の時期が遅くなっていて、普通に夏でも釣れる。 むしろ夏は活性が高くて、めっちゃ釣れる。 沖磯ならアオリイカは釣れる。 果たして本当に「真夏のエギング」は無謀なのか。 ネット上には「7月〜8月」のクソ暑い真夏に エギングでアオリイカの釣果あげてる情報もたしかに存在します。 「案外、釣れるんじゃね?」と。 「みんな、常識にとらわれすぎてるんじゃね?」と、思うわけですよ。 気になったことは体験してみないと、納得できない僕。 そこで、今回は「真夏のエギング」は無謀かどうか。 体験レポをお届けします。 それではどうぞ。 ドラグ調整について 緩めに設定しておきましょう。 ドラグがきついと合わせの時にイカの脚が切れて 脚だけ釣ってしまったり、水の抵抗がダイレクトにロッドに伝わり しゃくりにくかったりしますよ。 釣り方 基本は、着底させてからシャくるスタイルでいきましょう。 この繰り返しです。 イカは餌木がフォール中に触って抱くことが多いので 次しゃくった時に、そのしゃくりが自動的にアワセとなる場合が多いですね。 時間帯 夜の方が警戒心が解けている可能性が高いです。 イカは捕食を夜行います。 そして夜、常夜灯が点いているような場所にはベイトが集まります。 つまり、そのベイトを捕食しにイカも寄ってくるのです。 春時期のアオリイカの釣り方 海水温が16度を超えると、アオリイカは産卵のために接岸しますよ。 ただし、水温が低いとまだまだアオリイカの動きは鈍い。 そのため、速いアクションにはついていけません。 スローなアクションを心がけましょう。 しかし、春のシーズンが終わる頃には、アオリイカは餌木に反応しにくくなります。 そのため、リアクション重視の速いダートを意識するのがいいです。 ヒュッ!っと餌木が動けば、本能的にアオリイカは捕食する動作をとります。 夏時期のアオリイカの釣り方 春に産卵をしなかった、残りアオリイカがターゲットとなります。 沖磯など、居るところには居るみたいですね。 まあ、未知数です。 真のヒーローになるべく、今回はこの夏のアオリイカを狙っていきますよ。 秋時期のアオリイカの釣り方 秋のアオリイカは好奇心旺盛で経験の浅い 「わんぱくイカキッズ(新子)」です。 エギングデビューは秋がオススメですね。 冬時期のアオリイカの釣り方 アオリイカは寒いのが嫌いです。 なので、冬場は基本的にボトムでひっそりとしています。 餌木のアクションは極めて大人しめでいきましょう。 ボトム放置もOK。 アオリイカの目の前に、弱ったエビ風の餌木がふわ〜と通過させれば バイトしてくることもあります。 とにかく、疲れ切ったエビを意識してボトム放置からの、弱々しく動かす。 これでいきましょう。 実際に釣ってみる ここはサハラか?ってレベルの直射日光でした。 負けませんよ。 何としても、アオリイカを釣るのです。 じっちゃんの名にかけて! では、まずキャスト。 長めに垂らしをとって、えいやっと投げる。 ベーシックに2回「シュッ!シュッ!」としゃくりましょう。 そして放置して再度着底。 着底したらまたしゃくる。 この繰り返しです。 着底の合図は、ラインを見ているとわかります。 餌木が沈んでいっている時は、ラインが海へじわじわ入っていきますから。 着底すると、ラインが海の中へ入っていかなくなるので、これが着底の合図です。 餌木には種類がありますよ。 シャロータイプ。 ベーシック。 ディープタイプです。 シャロータイプは沈むのがゆっくりなやつ。 ディープタイプは沈むのが早いやつ。 ベーシックはその中間のやつ。 着底がわかりにくい時は「ディープタイプ」でやってみましょう。 ディープタイプは沈むスピードが早い分、潮の流れが早くても着底しやすいです。 また、餌木が沈むのが早いからラインが海に入っていくスピードも当然早くなります。 その分、着底時に海へ入っていく糸が止まるのもわかりやすいです。 この日は、そこまで潮の流れはきつくなかったので ベーシックタイプでトライしていますよ。 ちょこちょこ場所移動を繰り返しながら、ひたすら投げていきます。 店員さんが言うように、ボトムより上、中層より下をリトリーブもしてみました。 ものすごい暑さで、体力はどんどん消耗していくし。。。 そして、無情にも日が沈みました。 夜なら釣れるのか? 意気消沈です。 釣りの先人たちが、その実績や経験から導き出した答え。 「夏のエギングは無理」は、やはり正しかったのか。 諦めかけていました。 「このもんじゃ食べ終わったらもう、家に帰ってお風呂に入って寝てしまおうか」 とも思いました。 しかし、そんな時この言葉を思い出したのです。 釣ろうとしてる段階でヒーローです。 そうだ、ぼくはヒーローなんだ! イカヒーローなんだ!と。 ヒーローは最後にラスボスを倒さなくてはならない。 アオリイカという名の、フリーザ的存在を! 夜エギングでラストチャンスにかける! ぼくは、泣けなしのお金で約1,000円の「夜光餌木」を購入。 正直、結構痛いです。 1,000円。 しかし、これもアオリイカを釣るためです。 ケチる訳にはいきません。 かつて、ぼくが1kgのアオリイカを釣った場所に移動します。 早速、夜光餌木をキャスト。 ひたすら投げました、そしてひたすらしゃくって、ひたすら巻きました。 明日のことなんて、考えてはいられません。 体力を温存させて釣れるほど、真夏のアオリイカは甘くないのです。 しかもここは沖磯でもなんでもない、ただの防波堤ですからね。 4時間は投げ続けましたか。 時間は深夜3時。 ぼくのHPは残り2です。 後がない。 次の一投で釣れなかったら、もう僕に釣りを続ける体力は残されていないでしょう。 最後の一投。 緊張が走ります・・。 キャストーーーッッッッ!!! 完全なる根がかり。 全然動かん。 なけなしのお金で買った夜光餌木。 こんな幕引きは悲しすぎる。 竿と根がかりポイントを一直線上にし なんとかかんとか餌木を引き抜くことに成功。 ブレててすみません。 タコの吸盤やがな。 イカじゃなくてタコて。 もー帰るー!お風呂入りたいー。 眠いー・・・。 まとめ 真夏のエギング イカは居ないが タコは居る。 真夏のエギングはやっぱり厳しいです。 ただし、ぼくはプロ釣り師なわけじゃない。 うまい人が、きちんと状況に合わせながらやれば釣れるのかもしれませんね。 あとは場所選び。 沖磯なら真夏アオリイカが狙える可能性は高まるでしょう。 とりあえず、9月以降またエギングにチャレンジしてまいりますので その時は爆釣レポになることを祈って、締めの言葉に代えさせていただきます。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 それではまた。

次の

【春~初夏に釣れる! 広島 アオリイカポイント】エギング/釣果

初夏エギング

Sponsored Links なぜ春と秋がベスシーズンと言われるのか? 多くの書籍では春と秋がイカ釣りのベストシーズンと言われています。 というのも、一般的に夏の終わり頃にイカの子供が産まれ、秋ごろには好奇心旺盛な子供のイカが泳ぎ始めるため、数釣りには秋の子イカがベストと言われています。 また、そんな子イカ達は冬には沖にでかけて、春にもなると大人になり、産卵のため藻がある所にやってきます。 藻がある所は沖とは限らず、防波堤からエギが届く範囲の藻場にもやってきます。 そして、その防波堤からエギが届く藻場の近辺で産まれた子イカがまた秋ごろには防波堤付近で泳ぎ始めるというサイクルです。 こうしたことから、春と秋がベストと言われています。 夏や冬には釣れないのか? 先ほどの話からすると、夏は産まれたてで小さすぎてエギングでは釣れない。 冬は成長期のため、沖にでかけるため、防波堤からは釣れない。 はたしてそうでしょうか。 本当にエギングをやっている人なら分かると思いますが、確かにベストシーズンは春と秋でしょうが、 夏と冬でも普通に釣れます。 イカは温度に敏感と言われ、暑すぎたり、寒すぎたりするのを嫌います。 そうした意味でも夏と冬は、どこか水温が適した場所に移動するため釣れにくいとも言われています。 でも、繰り返しますが夏でも冬でも釣れます。 実際に私も12月や1月の冬の季節にイカを釣った事はありますし、7月、8月の夏の季節に釣ったこともあります。 Sponsored Links なぜ夏や冬でも釣れるのか? では、なぜ一般的に言われている春と秋以外にもイカが釣れるのか考えてみます。 皆さんも経験があるかと思いますが、春のイカは親イカ=大きいイカとされていますし、秋のイカは子イカ=小さいイカとされています。 ですが、春に釣れたイカが300g程度しかなかったり、秋に1kgを超える大物が釣れることもあります。 何の根拠もないですが、 地球温暖化などの環境の変化から、イカの産卵の時期が変わってきているのかな?という印象を受けます。 ついこの前も、4月月初という春先にも関わらず、3. 5号のエギよりも小さいイカを何度か見かけました。 イカが産卵から孵化まで約1ヶ月と聞いたことがありますので、少なくとも2月中頃には産卵を終えていることになります。 イカは年魚ですので、産卵を終えると死んでしまうと言われていますが、8月の真夏の時期に1kgアップの大物が釣れたのを見たこともあります。 (自分が釣ったのではなく、隣の小学生が釣ってました・・・。 くやしぃ) このイカは産卵を終える前の親イカなのか、それとも冬くらいに孵化して成長した子イカなのかは分かりませんが、こうした現象を度々みかけますので、 夏や冬でもイカは釣れる! というのが私の見解です。 あと、地域によって釣れるシーズンも異なると感じています。 私が住んでいる長崎では、3月の終わり頃から釣れ始めますが、関西方面では6月頃が釣れる時期と聞きます。 地域によっても釣れる時期が異なるので、釣れるか釣れないかは近所の釣具店の方に実際の釣果を聞いてみたり、ネットで『地域名 釣果』(例:長崎 釣果)と検索して、釣果情報を見てからエギングをすると良いと思います。 シーズン問わず、近所の釣具屋さんで釣果が上がっているポイントを聞いてみると良いと思います。 あとは、釣りづらい夏や今の冬の季節でもエギンガーがいる所は釣果に繋がる可能性があると思います。 個人的にはエギングの上手いヘタよりも、イカがいる所で釣るか釣らないかの方が重要だと思います。 ですので、エギンガーがたくさんいる所で誰も釣れていないのであれば、そこには『イカがいない』と考えられます。 でも、そこにたくさんエギンガーがいるということは釣果が上がっている証拠でもあると思います。 こういうポイントは狙い目です。 上記の記事の『どんなポイントを狙うべきか?』を参考に、近隣で誰も狙っていない所を狙うと可能性が高いと思いますよ! がんばってください^^.

次の