シャドバ テンポラリー カード と は。 【シャドバ】分解おすすめカード一覧【シャドウバース】

Shadowverse【シャドウバース

シャドバ テンポラリー カード と は

コントロールエルフ デッキレシピとデッキの特徴 デッキレシピ プレイ難易度 上級者向け テクニカルなゲームを好む方におすすめ 1ターンに複数のカードをプレイし、そのプレイ回数を駆使して戦うデッキ。 プレイ難易度はかなり高めではあるが、テクニカルに戦いたいプレイヤーにおすすめのデッキだ。 やなど、プレイ回数に応じて除去範囲が広がるカードが満載。 やなど、プレイ回数を稼ぐ役割を持つカードをどのタイミングで切るかが腕の見せ所だ。 フィニッシュ手段は、基本的にはを3回疾走させてのOTK ワンターンキル がメインとなる。 相手の攻撃を凌ぎつつ、隙を見てリノセウスをなどで回収し、カウントを稼ごう。 デッキ改造案 おすすめ代替カード カード名 能力 優秀なステータスとファンファーレに加え、進化時に高い除去効果を発揮する。 かのどちらかを1枚入れ替えてみてもいいだろう。 上手く扱えれば効率よくドローを進められるカード。 役割の被るワンダーコックや豊穣の季節と1,2枚入れ替えるのをおすすめする。 レヴィオンロイヤル デッキレシピとデッキの特徴 デッキレシピ プレイ難易度 初心者向け 盤面のトレードを楽しみたい方におすすめ フォロワーを展開し盤面の優位を取り続ける、オーソドックスなミッドレンジデッキ。 フォロワー同士のトレードという、シャドウバースの基本を学ぶ上にはうってつけだ。 公式チャンネルでもレヴィオンロイヤルを紹介 デッキの回し方 フォロワーの横並べで相手を圧倒 序盤からフォロワーを展開し、相手リーダーの体力を削ろう。 盤面に味方フォロワーが残れば、でステータスを強化して、さらに強固なボードを形成できる。 と呼ばれる効果を持つフォロワーが存在する。 ロイヤルデッキにはとの計2種類入っており、これらを駆使してアドバンテージを稼いでいくことが重要だ。 デッキ改造案 おすすめ代替カード カード名 能力 強力な兵士・フォロワーをサーチすることができ、中盤の繋ぎとして優秀。 デッキに組み込むのであれば、などの兵士・フォロワーを増量するのが良さそうだ。 自然ウィッチ デッキレシピとデッキの特徴 デッキレシピ プレイ難易度 初心者向け 爽快感を求める方におすすめ 中盤まではひたすらフィニッシュに向けての準備をし、条件達成と同時に一気に勝利を狙うコンボデッキ。 1ターンに大ダメージを出すことが好きなプレイヤーにおすすめだ。 公式チャンネルでも自然ウィッチを紹介 デッキの回し方 「ナテラの大樹」のカウントを稼ぐ 切り札のをデッキから場に出す条件は、を7枚以上プレイすることだ。 などで得たナテラの大樹をなどで使い回し、プレイ回数を稼ごう。 キャルのファンファーレで体力を15まで減らし、UBで10まで削った後にライリーでとどめを指そう。 Point! 条件が整っていれば、先攻であれば8ターン目、後攻であれば7ターン目にライリー進化+キャルUBでの勝利が可能です。 デッキ改造案 おすすめ代替カード カード名 能力 自然ウィッチが苦手とする大型フォロワーへの対策になる。 1枚デッキに入っていると入れ替えるのが無難だ。 自然ドラゴン デッキレシピとデッキの特徴 デッキレシピ プレイ難易度 中級者向け 相手を圧倒したい方におすすめ 現環境の中でも最上位と言っていいほどの活躍を見せるデッキタイプ。 苦手とするデッキも少なく、とにかく勝ちに拘りたい!というプレイヤーにうってつけだ。 などの最大PPを増やすカードをプレイし、相手よりも早いターンにをプレイしよう。 サーチしたカードのコストダウンが肝となるため、する際には機械・自然両方のカードがあることを確認しよう。 から得られるが、このデッキの主なダメージソースとなる。 を破壊すればするほどダメージ量が増えていくので、終盤はナテラの大樹を優先してプレイすることが多い。 デッキ改造案 おすすめ代替カード カード名 能力 2ターン目の動きとして優秀で、3ターン目のにつなげやすいのがポイント。 同じく2コストのが入れ替え候補だ。 をプレイした後の守りの要となる。 の枠を1,2枚このカードに入れ替えると、防御性能がアップする。 自然ネクロ デッキレシピとデッキの特徴 デッキレシピ プレイ難易度 中級者向け じっくりと戦いたい方におすすめ 相手の体力をじわじわと削る戦法をメインとするデッキ。 ネクロマンスという、墓場を消費して働く能力も備えており、テクニカルな立ち回りが期待できる。 公式チャンネルでも自然ネクロを紹介 デッキの回し方 ラストワードのカウントを稼ぐ のリーダー付与効果を発動させることを優先しよう。 このデッキにはも含む、ラストワードを持つカードが豊富に採用されているため、条件達成はそれほど難しくはない。 やから得られる0コストナテラは安易にプレイしないようにしよう。 やと同時にプレイすることで、強力な盤面を形成しやすい。 デッキ改造案 おすすめ代替カード カード名 能力 高い盤面処理能力を持つ上に、ラストワードを持っているためとの相性は抜群。 エーテルに余裕があれば3枚入れるのも悪くないだろう。 ミッドレンジヴァンパイア デッキレシピとデッキの特徴 デッキレシピ プレイ難易度 初心者向け ガンガン攻めたい方におすすめ 相手リーダーに直接ダメージを与えるカードが豊富に入っているのが特徴。 アグレッシブな戦法を好むプレイヤーにはうってつけのデッキだ。 序盤からフォロワーを横並べし、体力を削っていこう。 盤面からある程度ダメージを出した後は、やといったスペルでフィニッシュを目指そう。 は、優勢劣勢を問わず活躍の機会が多いカード。 ドローカードと組み合わせて 渇望状態にすることで、進化権を消費せずに進化し強力な盤面を作ることができる。 Point! 渇望状態とは、「デッキから手札に加えたカード」がこのターン中に2枚以上である状態のことを指します。 デッキ改造案 おすすめ代替カード カード名 能力 進化することで、ドローするだけで相手にダメージを与える効果をリーダーに付与する。 デッキの内在打点が飛躍的に上昇するため、採用して損はないだろう。 機械エイラビショップ デッキレシピとデッキの特徴 デッキレシピ プレイ難易度 上級者向け 難しいデッキに挑戦したい方におすすめ コストダウンをはじめとする複雑な要素が詰まっており、プレイ難易度は環境デッキの中で最上位と言っても過言ではない。 カードゲーム経験があり、なおかつ腕に自信のあるプレイヤーはぜひ挑戦してみよう。 から得られるをどれだけ有効に使えるかが勝負の鍵を握る。 手札状況にもよるが、やのコストを下げることが多い。 強力な盤面を形成するターンと、それに向けて準備するターンが存在する。 状況によっては鋼鉄と大地の神やマシンフィンガー・イヴィルから加えた0コストフォロワーを温存することも視野に入れつつ立ち回ろう。 とにかく手を動かす! 中盤以降はプレイするカード枚数が多く、少しでも迷いが生じてしまうと時間が足りなくなることもしばしば。 相手のターン中に初動を決めておくことをおすすめする。 デッキ改造案 おすすめ代替カード カード名 能力 キーカードであるにアクセスしやすくなる。 同じく3コストのの枠を1,2枚変えてみてもいいだろう。 アーティファクトネメシス デッキレシピとデッキの特徴 デッキレシピ プレイ難易度 上級者向け 柔軟に戦いたい方におすすめ アーティファクトという強力なトークンカードを駆使して戦うミッドレンジデッキ。 相手のデッキに応じて柔軟に動きを変えられるのが魅力で、使いこなせればどのデッキとも渡り合えるポテンシャルを秘めている。 公式チャンネルでもアーティファクトネメシスを紹介 デッキの回し方 パラダイムシフトを集める やなどから得られるを積極的に集めよう。 パラダイムシフトのチョイス先はどれも優秀なので、試合展開に応じて臨機応変に選択しよう。 は、アーティファクトネメシスの核とも言えるカード。 1ドローとして雑に使うのではなく、なるべく複数のアーティファクトを展開できる状況でプレイしよう。 Point! やとセットで使ってドロー枚数を確保しつつ、余ったPPでアクセラレートで盤面を強固にするパターンは頻出です! デッキ改造案 おすすめ代替カード.

次の

【シャドバ】ウィッチの新レジェンドカード「キャル」を作成するべき理由【初心者必見!】

シャドバ テンポラリー カード と は

分解について 分解とは? 分解とは、所持しているカードを分解してレッドエーテルに変えること。 そのレッドエーテルを使って、別のカードを生成することができる。 基本的には使っていないカードを分解して、欲しいカードに変えるために行う。 余剰カード以外の分解は非推奨 余剰カード分解以外はおすすめしない どんなカードでも何かしらの使い道はあるため、4枚以上もっているカードの「余剰カード分解」以外での分解は基本的におすすめしない。 それ以上に分解するのは、自分が絶対に使わないと確信が持てるカードだけにしよう。 環境が変わることで化けるカードも 現在は使えないカードでも、追加パックが実装され環境が変わることで必須級になる可能性を秘めている。 そういった意味でも、 今後を見据えてプレイするなら過度な分解はしないほうが良い。 プレミアムなら分解するとお得 絵の動くカード プレミアムカード は、分解時のレッドエーテルが通常カードに比べて多い。 性能が通常のカードと変わる訳ではないため、コレクションを気にしないのであればプレミアムカードを分解した方がお得だ。 分解で入手できるレッドエーテル レアリティ 通常 プレミアム ブロンズ 10 30 シルバー 50 120 ゴールド 250 600 レジェンド 1000 2500 レジェンドの分解おすすめカード Point! GameWithでは、 ほとんど使われていないカードを 分解推奨カード、一部のコンセプトデッキで使われる可能性こそあるものの、 基本的には使われないカードを 準分解推奨カードとしています。 分解推奨カード 準分解推奨カード 該当なし エルフ 分解推奨カード 準分解推奨カード 該当なし ロイヤル 分解推奨カード 準分解推奨カード 該当なし ウィッチ 分解推奨カード 準分解推奨カード 該当なし ドラゴン 分解推奨カード 該当なし 準分解推奨カード ネクロマンサー 分解推奨カード 該当なし 準分解推奨カード ヴァンパイア 分解推奨カード 準分解推奨カード ビショップ 分解推奨カード 準分解推奨カード ネメシス 分解推奨カード 該当なし 準分解推奨カード ゴールドの分解おすすめカード Point! GameWithでは、 ほとんど使われていないカードを 分解推奨カード、一部のコンセプトデッキで使われる可能性こそあるものの、 基本的には使われないカードを 準分解推奨カードとしています。 1つ1つ分解すると手間がとてもかかるので、基本的には余剰カードのみの分解で大丈夫。 分解の際は評価点を確認 シルバー・ブロンズは数が非常に多く、分解しても良いカードも多い。 どのカードを分解するかは、各カードの評価点を確認してからにしよう。 シャドウバース攻略の他の記事 初心者がやることまとめ デッキ編成のコツ.

次の

【シャドバ】ウィッチの新レジェンドカード「キャル」を作成するべき理由【初心者必見!】

シャドバ テンポラリー カード と は

コントロールエルフ デッキレシピとデッキの特徴 デッキレシピ プレイ難易度 上級者向け テクニカルなゲームを好む方におすすめ 1ターンに複数のカードをプレイし、そのプレイ回数を駆使して戦うデッキ。 プレイ難易度はかなり高めではあるが、テクニカルに戦いたいプレイヤーにおすすめのデッキだ。 やなど、プレイ回数に応じて除去範囲が広がるカードが満載。 やなど、プレイ回数を稼ぐ役割を持つカードをどのタイミングで切るかが腕の見せ所だ。 フィニッシュ手段は、基本的にはを3回疾走させてのOTK ワンターンキル がメインとなる。 相手の攻撃を凌ぎつつ、隙を見てリノセウスをなどで回収し、カウントを稼ごう。 デッキ改造案 おすすめ代替カード カード名 能力 優秀なステータスとファンファーレに加え、進化時に高い除去効果を発揮する。 かのどちらかを1枚入れ替えてみてもいいだろう。 上手く扱えれば効率よくドローを進められるカード。 役割の被るワンダーコックや豊穣の季節と1,2枚入れ替えるのをおすすめする。 レヴィオンロイヤル デッキレシピとデッキの特徴 デッキレシピ プレイ難易度 初心者向け 盤面のトレードを楽しみたい方におすすめ フォロワーを展開し盤面の優位を取り続ける、オーソドックスなミッドレンジデッキ。 フォロワー同士のトレードという、シャドウバースの基本を学ぶ上にはうってつけだ。 公式チャンネルでもレヴィオンロイヤルを紹介 デッキの回し方 フォロワーの横並べで相手を圧倒 序盤からフォロワーを展開し、相手リーダーの体力を削ろう。 盤面に味方フォロワーが残れば、でステータスを強化して、さらに強固なボードを形成できる。 と呼ばれる効果を持つフォロワーが存在する。 ロイヤルデッキにはとの計2種類入っており、これらを駆使してアドバンテージを稼いでいくことが重要だ。 デッキ改造案 おすすめ代替カード カード名 能力 強力な兵士・フォロワーをサーチすることができ、中盤の繋ぎとして優秀。 デッキに組み込むのであれば、などの兵士・フォロワーを増量するのが良さそうだ。 自然ウィッチ デッキレシピとデッキの特徴 デッキレシピ プレイ難易度 初心者向け 爽快感を求める方におすすめ 中盤まではひたすらフィニッシュに向けての準備をし、条件達成と同時に一気に勝利を狙うコンボデッキ。 1ターンに大ダメージを出すことが好きなプレイヤーにおすすめだ。 公式チャンネルでも自然ウィッチを紹介 デッキの回し方 「ナテラの大樹」のカウントを稼ぐ 切り札のをデッキから場に出す条件は、を7枚以上プレイすることだ。 などで得たナテラの大樹をなどで使い回し、プレイ回数を稼ごう。 キャルのファンファーレで体力を15まで減らし、UBで10まで削った後にライリーでとどめを指そう。 Point! 条件が整っていれば、先攻であれば8ターン目、後攻であれば7ターン目にライリー進化+キャルUBでの勝利が可能です。 デッキ改造案 おすすめ代替カード カード名 能力 自然ウィッチが苦手とする大型フォロワーへの対策になる。 1枚デッキに入っていると入れ替えるのが無難だ。 自然ドラゴン デッキレシピとデッキの特徴 デッキレシピ プレイ難易度 中級者向け 相手を圧倒したい方におすすめ 現環境の中でも最上位と言っていいほどの活躍を見せるデッキタイプ。 苦手とするデッキも少なく、とにかく勝ちに拘りたい!というプレイヤーにうってつけだ。 などの最大PPを増やすカードをプレイし、相手よりも早いターンにをプレイしよう。 サーチしたカードのコストダウンが肝となるため、する際には機械・自然両方のカードがあることを確認しよう。 から得られるが、このデッキの主なダメージソースとなる。 を破壊すればするほどダメージ量が増えていくので、終盤はナテラの大樹を優先してプレイすることが多い。 デッキ改造案 おすすめ代替カード カード名 能力 2ターン目の動きとして優秀で、3ターン目のにつなげやすいのがポイント。 同じく2コストのが入れ替え候補だ。 をプレイした後の守りの要となる。 の枠を1,2枚このカードに入れ替えると、防御性能がアップする。 自然ネクロ デッキレシピとデッキの特徴 デッキレシピ プレイ難易度 中級者向け じっくりと戦いたい方におすすめ 相手の体力をじわじわと削る戦法をメインとするデッキ。 ネクロマンスという、墓場を消費して働く能力も備えており、テクニカルな立ち回りが期待できる。 公式チャンネルでも自然ネクロを紹介 デッキの回し方 ラストワードのカウントを稼ぐ のリーダー付与効果を発動させることを優先しよう。 このデッキにはも含む、ラストワードを持つカードが豊富に採用されているため、条件達成はそれほど難しくはない。 やから得られる0コストナテラは安易にプレイしないようにしよう。 やと同時にプレイすることで、強力な盤面を形成しやすい。 デッキ改造案 おすすめ代替カード カード名 能力 高い盤面処理能力を持つ上に、ラストワードを持っているためとの相性は抜群。 エーテルに余裕があれば3枚入れるのも悪くないだろう。 ミッドレンジヴァンパイア デッキレシピとデッキの特徴 デッキレシピ プレイ難易度 初心者向け ガンガン攻めたい方におすすめ 相手リーダーに直接ダメージを与えるカードが豊富に入っているのが特徴。 アグレッシブな戦法を好むプレイヤーにはうってつけのデッキだ。 序盤からフォロワーを横並べし、体力を削っていこう。 盤面からある程度ダメージを出した後は、やといったスペルでフィニッシュを目指そう。 は、優勢劣勢を問わず活躍の機会が多いカード。 ドローカードと組み合わせて 渇望状態にすることで、進化権を消費せずに進化し強力な盤面を作ることができる。 Point! 渇望状態とは、「デッキから手札に加えたカード」がこのターン中に2枚以上である状態のことを指します。 デッキ改造案 おすすめ代替カード カード名 能力 進化することで、ドローするだけで相手にダメージを与える効果をリーダーに付与する。 デッキの内在打点が飛躍的に上昇するため、採用して損はないだろう。 機械エイラビショップ デッキレシピとデッキの特徴 デッキレシピ プレイ難易度 上級者向け 難しいデッキに挑戦したい方におすすめ コストダウンをはじめとする複雑な要素が詰まっており、プレイ難易度は環境デッキの中で最上位と言っても過言ではない。 カードゲーム経験があり、なおかつ腕に自信のあるプレイヤーはぜひ挑戦してみよう。 から得られるをどれだけ有効に使えるかが勝負の鍵を握る。 手札状況にもよるが、やのコストを下げることが多い。 強力な盤面を形成するターンと、それに向けて準備するターンが存在する。 状況によっては鋼鉄と大地の神やマシンフィンガー・イヴィルから加えた0コストフォロワーを温存することも視野に入れつつ立ち回ろう。 とにかく手を動かす! 中盤以降はプレイするカード枚数が多く、少しでも迷いが生じてしまうと時間が足りなくなることもしばしば。 相手のターン中に初動を決めておくことをおすすめする。 デッキ改造案 おすすめ代替カード カード名 能力 キーカードであるにアクセスしやすくなる。 同じく3コストのの枠を1,2枚変えてみてもいいだろう。 アーティファクトネメシス デッキレシピとデッキの特徴 デッキレシピ プレイ難易度 上級者向け 柔軟に戦いたい方におすすめ アーティファクトという強力なトークンカードを駆使して戦うミッドレンジデッキ。 相手のデッキに応じて柔軟に動きを変えられるのが魅力で、使いこなせればどのデッキとも渡り合えるポテンシャルを秘めている。 公式チャンネルでもアーティファクトネメシスを紹介 デッキの回し方 パラダイムシフトを集める やなどから得られるを積極的に集めよう。 パラダイムシフトのチョイス先はどれも優秀なので、試合展開に応じて臨機応変に選択しよう。 は、アーティファクトネメシスの核とも言えるカード。 1ドローとして雑に使うのではなく、なるべく複数のアーティファクトを展開できる状況でプレイしよう。 Point! やとセットで使ってドロー枚数を確保しつつ、余ったPPでアクセラレートで盤面を強固にするパターンは頻出です! デッキ改造案 おすすめ代替カード.

次の