羅生門 感想 文。 羅生門 読書感想文の書き方と例文。中学生・高校生向け

芥川龍之介『羅生門』読書感想文|悪人上等。

羅生門 感想 文

高校の授業で『』を習った。 あのの『』である。 あれは確か入学したての頃だったと思う。 憧れの進学校(実はそれほどでもないのだが、あの頃は脳内美化がひどかった)に入学し、『』を読む。 なんと格好いいのだろう。 私はうぬぼれた。 肝心の授業ノートが手元に無いのでどのような授業だったかは思い出せないが、私が授業終了後に書いた感想文だけは手元にある。 確か題は「の学習を終えて」だったはず。 根を詰めて書くようなものではなく、クラスメイトはさらさらっと書き終えたのに対し、私はとりつかれたように書いた。 大量の数学の課題は放ったらかしにして書いた。 『の学習を終えて』 この物語を初めて読んだ時、私は怒涛のように感情が湧いてきた。 それは悲しみでもあり、怒りでもあった。 そして思ったものだ。 「悪とはなんだろうか」そして「生きるとは悪であろうか」と。 の学習を全て終えた今の私は、あの頃の私にこう答える。 「悪とは何者であるかわからない、けれども生きるとは悪かもしれない」。 物語のなか、下人はで老婆が死人の髪の毛を抜く姿を目にする。 しかしその光景に激しい怒りを覚えたのもつかの間、下人は老婆と同じように悪事をはたらくのだ。 しかも、「生きるために仕方なくやった」というこれまた老婆と同じ言い訳をして。 もし下人がで盗人とならなかったら、彼は間違いなく死んでいただろう。 だから、彼の言い訳は分からなくない。 でも、どうして下人は生き抜くために悪人とならざるをえなかったのだろうか。 人は悪を犯さなければ生きていけないなら、そのことに私は途方のない虚無感を感じてしまう。 下人の生き方に対して私が抱いた虚無感。 それに対しての救いを私はまた、この『』に求めた。 題名にもなっている「」。 これは実際に存在した門の名前とは異なるようだ。 の元ネタとなった今昔物語集で示されている門の名前は「羅城門」である。 物語で重要な役割を果たす「」だが、どうしてこれが「羅城門」ではならなかったのか。 私は下人にとってこの門が「生きるための門」であったからだと思う。 で下人の善悪は強く揺さぶられた。 老婆の行動に怒り、悪が絶対的に許されないものだと感じた瞬間も、自らの命をなげうってでも善で有りたいと願った時もあった。 しかし、反対に老婆の一見幼稚な言い分に心動かされ、最終的には悪に染まってしまった。 は下人にとってそうやって、生きるための方法を模索した場なのだ。 下人の心はなんて単純なのだろうか。 でも、思うのだ。 その単純な下人の心は醜いのかもしれない。 幼さが残っているのかもしれない。 けれども、下人は生きることについて、善悪について真剣に考えた。 そして、その結果たどり着いた結論があの結末であり、誰も下人に対して正しいとか、間違っているかとは言えないのだと。 私には下人の出した答えは、ある意味で「命の現実」を突きつけている気がした。 私は善と悪その2つが互いに存在しあう世界で生きている。 時には善も悪もめちゃくちゃにひっくり返ることもあるだろう。 だから、私には何が善で、何が悪であるか簡単には判断できない。 また私は、下人のような極限的な状況に立たされたことがない。 でも、毎日の中で少なからず善と悪の選択をしている。 時には自分に言い訳しながら悪を選ぶ時もある。 それは、幼い行動なのか?それは、悪なのか?やっぱりわからない。 そういった面で、この話は現代にもつながるのではないかと思う。 作者のは、一二一年前の七月二四日に自殺した。 彼はどうして生きることをやめてしまったのだろう。 彼の生み出した下人は悪になろうとも、必死に生きようとしたのに。 生きることは苦しい。 私はこの学習を通して、このことがいつも頭から離れなかった。 何故人は苦しみながら、悪に染まりながら生きなければならないのか?私達にも当てはまるかもしれない下人の生き方に、虚無感を感じる私は幼い。 私の心もによって揺さぶられた。 私は無いとわかりきっている救いを求めずにはいられない。 そんな私をどうか、どこかで作者には笑って思い切り馬鹿にして欲しい。 私の行方は誰も知らない。 私さえも知らない。 何も見えない暗闇のような世界で私はちゃんと生きていけるだろうか。 授業が終わり私は今、下人に自分の姿を重ねずにはいられない。 終 この作文は遅れて提出したので課題点は誰よりも低く、中学の時みたくチヤホヤもされなかった。 田舎の中学でチヤホヤされ続けていた私は、この時期劣等感にまみれていた。 私は数学ができない。 私が得意だと思っていたことは全てどうってことなかった。 だからだろうか。 『』を読んでも、私が行き着く結論は「生きることは悪」であるということだった。 なら、何故下人は生きることを選んだのか?私はこうして生き続けているのだろうか?と疑問だった。 思春期をこじらせているのである。 中学校は私にとって辛いものでしかなかった。 大嫌いな馬鹿みたいな人たちに囲まれて、無意味に時が過ぎていったと感じていた。 だから、高校生になったら私は全て楽になる。 と何の根拠もナシに信じ込んでいた。 でも、本当はもうこの時期には気づいていた。 そんなことはない、と。 中学校と高校、環境ががらりと変わるはずがない。 そもそも、自分自身が何にも変わってないのだ。 周りに求めてばかりではどうしようもない。 もともと本が好きな私は、このに大変のめり込んだ。 私が感じた途方も無い虚無感の行方とワケを下人に求めた。 彼の救いようのない運命と恨むとともに、作者であるの自殺に腹を立てた。 分かりきっているが、私はを読むことで何かが変わったわけでもない。 に深い感銘を受けたわけでもない。 ただ、また思春期をこじらす要因になっただけだ。

次の

芥川龍之介「羅生門」あらすじ・読書感想文

羅生門 感想 文

芥川龍之介「羅生門」のあらすじ 羅生門は読書感想文でも出される課題として有名で、主人公の善悪に対する考え方の変化に注目するべき作品だと言えます。 下人がたたずむ羅生門 天変地異の災害が平安京を襲っていた頃、夕暮れの羅生門には雨宿りする人が一人もいません。 それどころか羅生門は餓死者の屍が横たわる場所でした。 しかしそこに一人の下人が雨宿りに来ます。 男は数日前に主人に解雇され途方に暮れていたのです。 いっそ盗人になろうかと思うものの、その勇気が出ず迷っていました。 下人は羅生門で夜を明かそうと楼の上にハシゴであがると、そこには誰かが火を動かしています。 屍の中を蠢く謎の老婆 楼内には無数の屍が横たわっており、その中で火を持ちながら、老婆が遺体の頭から白髪を一本ずつ引き抜いているのです。 今まで屍と夜を明かさなければならない怖さがあった下人からは恐怖が消えて、老婆に対して怒りがこみ上げます。 また、下人は老婆が白髪を抜く理由が分からずにいましたが、横たわる遺体の髪を抜くなんて事は許されない事だと感じたのです。 さっきまで盗人になろうとしていた気持ちは消えていました。 老婆の話を聞く下人の変化 下人はハシゴを上がると老婆に問い詰めました。 すると老婆はかつらを作るために髪の毛を抜いている事を告げます。 「ここにいる人らは皆そうされても仕方のないようなやつらだ。 」 自分が抜いた髪の女は生前、蛇の干物を魚の干物だと嘘をついて売っていた女なのだと言いました。 しかしこの女を悪いとは思っていない、そして自分がしている事も悪いことではないと開き直ります。 夜の闇に消えていく下人 それを聞いた下人はある勇気が湧いてくるのでした。 「それならば俺が引きはぎをしようとも恨むまい。 」 自分もそうしなければ飢えてしまうのだと言って、老婆の着物を剥ぎ取ったのです。 そうして下人はハシゴを下りて夜の闇に消えていきました。 その後の下人の行方は誰も知りません。 感想 善悪が揺れ動く主人公の気持ちが、老婆との会話で変化する様子がとても興味深いと言えます。 キレイごとでは済まない現実 現代の日本では下人のような状況に立たされることはありませんが、何かがきっかけで気持ちが吹っ切れたりという状況は、誰もが経験しているでしょう。 そしてそんな経験の中には、キレイごとで済まされないことも存在します。 羅生門は人間の生きるための悪というものを描いた作品となっています。 様々な状況の中で、その人にとって何が善で何が悪なのかは、見る角度によって変わるのだということでしょう。 映画のリメイク ちなみに映画の羅生門は、1997年「MISTY」というタイトルでリメイクされています。 出演は豊川悦司さん、天海祐希さん、金城武さんと豪華ですが、あまり話題になっていません。 ただ天海祐希さんがとてもセクシーな役を演じられているので、天海さんファンは必見ですね(笑)。

次の

羅生門 (電影)

羅生門 感想 文

高校の授業で『』を習った。 あのの『』である。 あれは確か入学したての頃だったと思う。 憧れの進学校(実はそれほどでもないのだが、あの頃は脳内美化がひどかった)に入学し、『』を読む。 なんと格好いいのだろう。 私はうぬぼれた。 肝心の授業ノートが手元に無いのでどのような授業だったかは思い出せないが、私が授業終了後に書いた感想文だけは手元にある。 確か題は「の学習を終えて」だったはず。 根を詰めて書くようなものではなく、クラスメイトはさらさらっと書き終えたのに対し、私はとりつかれたように書いた。 大量の数学の課題は放ったらかしにして書いた。 『の学習を終えて』 この物語を初めて読んだ時、私は怒涛のように感情が湧いてきた。 それは悲しみでもあり、怒りでもあった。 そして思ったものだ。 「悪とはなんだろうか」そして「生きるとは悪であろうか」と。 の学習を全て終えた今の私は、あの頃の私にこう答える。 「悪とは何者であるかわからない、けれども生きるとは悪かもしれない」。 物語のなか、下人はで老婆が死人の髪の毛を抜く姿を目にする。 しかしその光景に激しい怒りを覚えたのもつかの間、下人は老婆と同じように悪事をはたらくのだ。 しかも、「生きるために仕方なくやった」というこれまた老婆と同じ言い訳をして。 もし下人がで盗人とならなかったら、彼は間違いなく死んでいただろう。 だから、彼の言い訳は分からなくない。 でも、どうして下人は生き抜くために悪人とならざるをえなかったのだろうか。 人は悪を犯さなければ生きていけないなら、そのことに私は途方のない虚無感を感じてしまう。 下人の生き方に対して私が抱いた虚無感。 それに対しての救いを私はまた、この『』に求めた。 題名にもなっている「」。 これは実際に存在した門の名前とは異なるようだ。 の元ネタとなった今昔物語集で示されている門の名前は「羅城門」である。 物語で重要な役割を果たす「」だが、どうしてこれが「羅城門」ではならなかったのか。 私は下人にとってこの門が「生きるための門」であったからだと思う。 で下人の善悪は強く揺さぶられた。 老婆の行動に怒り、悪が絶対的に許されないものだと感じた瞬間も、自らの命をなげうってでも善で有りたいと願った時もあった。 しかし、反対に老婆の一見幼稚な言い分に心動かされ、最終的には悪に染まってしまった。 は下人にとってそうやって、生きるための方法を模索した場なのだ。 下人の心はなんて単純なのだろうか。 でも、思うのだ。 その単純な下人の心は醜いのかもしれない。 幼さが残っているのかもしれない。 けれども、下人は生きることについて、善悪について真剣に考えた。 そして、その結果たどり着いた結論があの結末であり、誰も下人に対して正しいとか、間違っているかとは言えないのだと。 私には下人の出した答えは、ある意味で「命の現実」を突きつけている気がした。 私は善と悪その2つが互いに存在しあう世界で生きている。 時には善も悪もめちゃくちゃにひっくり返ることもあるだろう。 だから、私には何が善で、何が悪であるか簡単には判断できない。 また私は、下人のような極限的な状況に立たされたことがない。 でも、毎日の中で少なからず善と悪の選択をしている。 時には自分に言い訳しながら悪を選ぶ時もある。 それは、幼い行動なのか?それは、悪なのか?やっぱりわからない。 そういった面で、この話は現代にもつながるのではないかと思う。 作者のは、一二一年前の七月二四日に自殺した。 彼はどうして生きることをやめてしまったのだろう。 彼の生み出した下人は悪になろうとも、必死に生きようとしたのに。 生きることは苦しい。 私はこの学習を通して、このことがいつも頭から離れなかった。 何故人は苦しみながら、悪に染まりながら生きなければならないのか?私達にも当てはまるかもしれない下人の生き方に、虚無感を感じる私は幼い。 私の心もによって揺さぶられた。 私は無いとわかりきっている救いを求めずにはいられない。 そんな私をどうか、どこかで作者には笑って思い切り馬鹿にして欲しい。 私の行方は誰も知らない。 私さえも知らない。 何も見えない暗闇のような世界で私はちゃんと生きていけるだろうか。 授業が終わり私は今、下人に自分の姿を重ねずにはいられない。 終 この作文は遅れて提出したので課題点は誰よりも低く、中学の時みたくチヤホヤもされなかった。 田舎の中学でチヤホヤされ続けていた私は、この時期劣等感にまみれていた。 私は数学ができない。 私が得意だと思っていたことは全てどうってことなかった。 だからだろうか。 『』を読んでも、私が行き着く結論は「生きることは悪」であるということだった。 なら、何故下人は生きることを選んだのか?私はこうして生き続けているのだろうか?と疑問だった。 思春期をこじらせているのである。 中学校は私にとって辛いものでしかなかった。 大嫌いな馬鹿みたいな人たちに囲まれて、無意味に時が過ぎていったと感じていた。 だから、高校生になったら私は全て楽になる。 と何の根拠もナシに信じ込んでいた。 でも、本当はもうこの時期には気づいていた。 そんなことはない、と。 中学校と高校、環境ががらりと変わるはずがない。 そもそも、自分自身が何にも変わってないのだ。 周りに求めてばかりではどうしようもない。 もともと本が好きな私は、このに大変のめり込んだ。 私が感じた途方も無い虚無感の行方とワケを下人に求めた。 彼の救いようのない運命と恨むとともに、作者であるの自殺に腹を立てた。 分かりきっているが、私はを読むことで何かが変わったわけでもない。 に深い感銘を受けたわけでもない。 ただ、また思春期をこじらす要因になっただけだ。

次の