送ってくれてありがとう 敬語。 「メールを送っていただき、ありがとうございます。」ってい...

「いつもありがとうございます」ビジネスやメール・電話での使い方を解説

送ってくれてありがとう 敬語

<目次>• 相手の行為に対してお礼を言うような場合、「くださる」と「いただく」の両方の使い方をすることがあります。 このうちどちらか一方が正しくて、もう一方は誤りなのではないかと迷うこともあるようですが、実際はどうなのでしょうか?いくつかの例をあげて考えてみましょう。 まずは、基本となる「くださる」と「いただく」の言葉の意味を見直してみましょう。 「くださる」「いただく」は、それぞれ「くれる」「もらう」の敬語です。 もっと詳しく述べると、「くださる」は「くれる」の尊敬語。 「いただく」は「もらう」の謙譲語になるわけです。 相手が「くださる(くれる)」ということは、自分が「いただく(もらう)」ということのため、内容としては同じことを表しています。 では、どう違うのか、ひとつは、物事を見たり考えたりする位置・観点の違いのようなものがあります。 観点は受け取る側になります。 「(わたしが)送ってもらう」 渡す側の行為から見た「(あなたが)くれる・くださる(尊敬語)」が、尊敬語なのだから正しくて、受け取る側から見た「(わたしが)もらう・いただく(謙譲語)」は間違いなのではないかと思ってしまう場合があるようですが、それは違います。 「(わたしが)もらう(謙譲語)」も、「わたし」を低めることによって、相手を高めている働きをもつと考えられますので、尊敬語で表すか、謙譲語で表すかの違いであって、間違いという類のものではありません。 ただし、個人の受け取り方の違いや、使う場面によっては不自然なこともあります。 では、再度場面ごとの例で「くれる・くださる」と「もらう・いただく」を考えてみましょう。 「くださった」にすると余計にその感が強まります。 別にお店を高めてはいけないということではありませんが、聞く側は、お店とは関係がありませんし、自分が頼んだのだからという気がしてしまうものです。 ここは「送ってもらった」が自然でしょう。 このように、「くれた」はどちらかというと、自分が相手に頼んだのではなく、相手の意思で何かをしてくれるような場合に使われることが多いと言えます。 ですから、この例のように、自分が相手に頼んだような場合には、「もらう」を用いるほうが自然なものです。 しかし、こちらも1の例と似ていますが、自分が無理に相手に頼んだような場合は、「(勝手を申しましたのに)お渡しいただきまして、ありがとうございました。 お陰さまで助かりました」などの表現がよりしっくりくると感じます。 「もらう・いただく」を使って、「あらかじめ、調べてもらう・いただく項目はこちらです」ということはできても、文例のように「くれる・くださる」を用いて表現することはできず、誤用であることがわかります。 頼んだわけでもなくお客様の意思で、店に来た・利用したという点では、「くださいまして」が、お客様への敬意をより強めている感があり適切と感じます。 しかし、文例の「いただきまして」も、自分側が利用してもらったという意味で、自分側を低め間接的に相手に敬意を表しているわけです。 また、相手に恐縮な気持ちや厚意を受けた感謝の気持ちなどを述べていると考えられますから、その意味ではどちらも使うことができると言えます。 「このたびは、お菓子をお送りいただきましてありがとうございます」なども、似ています。 この場合も、自分がお菓子を送ってくれと頼んだのではなく、相手の意志で送られてきたのですから、本来は「お送りくださいまして」のみが適切なように思われますが、こちらも相手の厚意によって行われたと解釈して、相手からの厚意に恐縮する、感謝するような気持ちで「いただく」という謙譲表現が使われるのではないかと感じます。 このように、少々複雑でどちらもほぼ同じように使われる「くださる」と「いただく」ですが、使い分けの注意点を強いてあげるならば、文例1,2,3のように、自分から頼んで相手に何かをしてもらった場合や、無理を言って相手にお願いした場合などは、「くださる(くれる)」は不自然に響くという点です。 このような点に注意しつつ、使う場面によって、より自然にしっくりくる語を選り分けるということが一番大切でしょう。 【関連記事】•

次の

「くれる」の敬語表現は?謙譲語は?間違いやすい使い方

送ってくれてありがとう 敬語

「持ってきてくれる」とは、一般的に相手側が自分側に対してモノを渡す際に用います。 また、ただ渡すのではなく「してくれる」という表現が強い言い方が特徴です。 よくある例として以下をご覧ください。 このような言い方を相手側が目上の人になる場合や、ビジネスシーンとなると敬語を用いて「持ってきてくださる」、「持ってきてくれます」という表現に変わります。 「持ってきてくれる」の敬語はこんな時に使おう 尊敬語 相手を高める言葉遣いであり、相手が主体となります。 ビジネスシーンにおいては取引先やお客様に対して用いられることが多いです。 謙譲語 自分の行動や言動を低める言葉であり、へりくだる言い方として用いられます。 自分が主体となります。 丁寧語 丁寧な言葉遣いであり、語尾が「~ます。 」「~します。 」となるのが特徴です。 主体の区別はなく日常会話での使用頻度が高い言葉です。 「持ってきてくれる」の敬語の使い方は? 敬語の種類をおさえたところで、今回のテーマである「持ってきてくれる」の使い方について解説していきます。 今回敬語表現をするポイントで大事な部分は、持ってきてくれるの「くれる」という言葉です。 「くれる」という動作は、相手が主体となり自分が受ける側になります。 ここで大事なことは相手が主体となることであり、このことを理解していれば簡単に敬語に直すことができます。 使い方は、尊敬語・謙譲語・丁寧語の順でご紹介していきます。 まず、尊敬語は「持ってきてくださる」、「持ってきてくださるそうです」が挙げられます。 次に、謙譲語は自分が主体となるため謙譲語はありません。 後ほど類似語を踏まえ解説します。 最後に、丁寧語は「持ってきてくれます」となります。 思ったより言い方が少ない、と感じた方もいらっしゃることでしょう。 類似語の敬語表現も意識せず使っていることが多く、「くれる」の動作に関する敬語表現は意外と少ないのが現状です。 メールでの使い方はどうなる? 主に会話における敬語表現について解説してきましたが、メールのような文章表現になる場合はどのような言い方に変わるのでしょうか。 これまでの説明で、「持ってきてくれる」の敬語表現では「くれる」の部分がポイントとお伝えしましたが、メールでの使い方においてもこの基本は変わりません。 一点、前述の敬語表現と変わる大事な部分はだれが「主体」となるかです。 「くれる」の動作の場合相手が主体となるのですが、メールの場合は「自分」が「相手」に向けて発信します。 そのため、自分が主体となる謙譲語を用いることが正解となります。 ここで「あれ、さっきまでの説明だと謙譲語はないって言ってなかった?」と思った方がいることでしょう。 では、どう表現するのが正しいのでしょうか。 メールでは「持ってきていただく」となる 馴染みのある表現ではないでしょうか。 そうです、「持ってきていただく」という表現こそメール時に使う正しい表現であり、「持ってきてくれる」の謙譲語の「代わり」として使用される表現です。 「いただく」という表現は厳密には「もらう」の謙譲語になります。 主体が相手から自分に変わる場合は、このように類似語を用いて敬語を使用することがあります。 類似語であっても意味の違いを理解していることが大切なので、主体が相手から自分に変わった場合は自信をもって「いただく」という表現をつかいましょう。 ややこしい部分ではありますが、ぜひマスターしていきましょう。 「持ってきてくれる」の敬語表現の例文をみてみよう 「持ってきてくれる」という表現は、相手の立場によって表現の仕方が変わってくるので、場面ごとに例文を用いてご紹介していきます。 相手がお客様や取引先など外部の場合 相手がお客様や取引先の方の場合は、基本的に尊敬語を用いれば失礼のない言い方ができます。 また、相手が持ってきてくれる状況ですので、敬語を用いるとともに相手に対するお礼の言葉を添えることでより良い印象にすることができます。 お客様を相手にする場合は、「持ってきてくださいまして、ありがとうございます」でも十分丁寧ですが、持ってきてくれる動作の前にワンクッション入れて「お手数おかけしました。 持ってきてくださりありがとうございます」という言い方にすると、より相手に良い印象を持っていただけます。 お客様の雰囲気によって使い分けると良いでしょう。 取引先の場合は、持ってきてくれるという言葉のうち「持ってくる」の部分をさらに丁寧に言い換えてみましょう。 「お持ちくださいまして、ありがとうございます」と表現することができます。 お客様の例と同じようにクッション言葉を用いて使用すると、より良いでしょう。 気を付けたい言い方 さきほどの取引先との例にあげた「持ってきてくれる」を、「お持ちくだたさいまして」と表現した部分ですが、より丁寧にと意識するにつれてつい間違った表現をしてしまう方もいらっしゃいます。 よくある間違いとして「ご持参くださいまして、ありがとうございます」があります。 一見あまり気になりませんが、「持参する」という言葉は謙譲語になります。 敬語をしっかり使いこなしている方からしたら、すぐに気づかれてしまうミスですので今まで使っていた方もぜひ気を付けてみてください。 「持ってきてくれる」の別の敬語表現はある? これまで解説した敬語表現以外の表現方法は、謙譲語の時にもご紹介した「いただく」という表現になります。 例文をいくつかご紹介します。 お客様や取引先の場合 「持ってきてくれる」という動作を自分がお願いしたい場合は、謙譲語でもご紹介した「いただく」という言葉を用います。 お客様に手続きをお願いしたい場合は、「こちらの書類にご記入をしてから、受付まで持ってきていただけますでしょうか」と表現することができます。 同様に、取引先に必要なものを持ってきてくれるようお願いしたい場合は、「お手数ですがこちらの書類にご記入のうえ、お持ちいただいてもよろしいでしょうか」と表現しましょう。 また、「持ってきてくれる」の例文でもご紹介しましたが、上記のような依頼をする場合もクッション言葉を使うことをおススメします。 クッション言葉を使おう 敬語表現を使いこなすうえで、より丁寧な印象を与えることができるのがクッション言葉です。 これまでの「持ってきてくれる」の例文でも触れてきましたが、クッション言葉は敬語表現程難しくはないので、いくつか覚えていて損はないものをご紹介します。 クッション言葉で覚えておきたい5つ 社会人に限らず、日常会話でも役に立つ言葉をご紹介します。 相手に依頼する場合に使われる言葉で「恐れ入りますが」、「申し訳ございませんが」、「お差し支えなければ」、「お手数をおかけしますが」、「恐縮ですが」があります。 上記のクッション言葉は、依頼を柔らかい印象に変えてくれるので場面に応じてぜひ使ってみてください。 ただ必要以上に多用してしまうと、かえって不自然な表現になってしまうので敬語表現と同じように、正しく使えるようにしましょう。 「持ってきてくれる」の敬語表現を使いこなそう.

次の

「送ってください」の敬語とは?例文8選!メール/ご郵送/送付/丁寧語

送ってくれてありがとう 敬語

敬語の3つの種類 ・尊敬語:相手に敬意を払うための動作や存在を高める言い方 ・謙譲語:相手に敬意を払うための動作や存在を低める言い方 ・丁寧語:相手に敬意を払うための上品な言い方 基本的に、尊敬語では「召し上がる」や「おっしゃる」のように、相手の動作や存在を高めるのに対して、謙譲語では「いただく」や「申し上げる」のように、自分の動作や存在を低めるために使われます。 また、丁寧語には、「食べます」や「言います」のように、使う対象が限定されないという特徴があります。 「くれる」に謙譲語がない?知っておくべき授受動詞の敬語一覧 「くれる」のほかに「あげる」や「もらう」のように、 物の受け渡しを行うことで所有権が変わることを表す動詞のことを授受動詞といいます。 授受動詞は使い方を理解していないと、誤った敬語を使ってしまうことから注意が必要です。 それでは、まずは「くれる」「あげる」「もらう」の敬語の一覧を見ていきましょう。 授受動詞 尊敬語 謙譲語 丁寧語 くれる くださる — くれます あげる 与えられる お与えになる さしあげる あげる 与えます あげます もらう もらわれる おもらいになる いただく 頂戴する もらいます この一覧を見ると、「あげる」と「もらう」には、尊敬語・謙譲語・丁寧語がそれぞれあるのに、「くれる」には尊敬語と丁寧語しかありません。 なぜ、「くれる」には謙譲語がないのでしょう? 実は、次の例文にあるように、「くれる」は他人の動作を表す動詞のため、自分の動作を低める言い方をする謙譲語がないのです。 それでは、私・A子・B男の三人の間でペンの受け渡しがあった場合の、それぞれの例文を見ていきましょう。 注意が必要な「くれる」の使い方 「くれる」には、物の受け渡しを行う場合の「くれる」のほかに、実は「犬にエサをくれる」や「目にもの見せてくれる」のように、相手を低めて卑しめるような使い方をする場合があります。 このような言い方をする際は、もちろん相手に敬意を示す必要はないため、敬語では表現しないということを覚えておきましょう。 シチュエーション別の「くれる」の敬語を使った例文 「くれる」には謙譲語がないということが分かったところで、ここからは、「くれる」の尊敬語「くださる」を使った例文をいくつか見ていきましょう。 「くれる」は相手の自分に対する行為に使われるため、一般的に次のような2つのシチュエーションで使われます。 相手が自分に物を与える「くれる」の例文 「いつも利用してくれて、ありがとうございます」の敬語表現 ・「いつもご利用くださり、ありがとうございます」 ・「いつもご利用いただき、ありがとうございます」 間違いやすい「くれる」「もらう」の敬語の使い方 「くれる」は「 相手が自分に物や行為を与える」という意味なので、 主となるのは相手側なのに対して、「もらう」は「 自分が相手に物や行為を与えられる」という意味になることから、 主となるのは自分側になります。 これらの動詞は何となく似ているので、誤った使い方をしてしまう恐れがあるため、次のような文章には注意が必要です。 A:「庭の掃除をしてくださり、ありがとうございました」• B:「庭の掃除をしていただき、ありがとうございました」 AとBの例文を普通の言い方で表すと次のようになります。 「くれる」の敬語の表現に注意しよう 「くれる」を敬語で表現する場合、「もらう」や「あげる」のようなほかの授受動詞と何となく似ているので、混同しがちです。 さらに、「くれる」には謙譲語がないことから、丁寧に言おうとして、何となくへりくだった言い方をしてしまっているかもしれません。 このように、「くれる」の敬語表現は一見すると簡単そうですが、細かなルールをしっかと理解して、正しく使うことを心がけましょう。

次の