学研 図鑑 live。 学研の図鑑LIVE(ライブ)『動物』 | 学研出版サイト

学研の図鑑LIVE|学研の図鑑

学研 図鑑 live

「学研の幼児ワーク」公式サイトです。 キャンペーンのご案内、ワークの特徴のご紹介、無料お試しダウンロードつきラインナップ一覧、お子さんにぴったりのワーク診断、がんばり賞の賞品紹介、コミュニティサイトへのリンクなど• いま最も読まれている女の子向けの児童書読み物「動物と話せる少女 リリアーネ」の公式ホームページです。 最新刊情報、オリジナルグッズ、イベントの紹介なども!• JS(女子小学生)のためのキャラクター&おしゃれマガジン、キラピチ公式サイト。 最新のファッション、ビューティーなどおしゃれになれちゃう情報がもりだくさん!• キッズネットは、学研が運営する小学生・中学生のためのコンテンツポータルサイトです。 「知る」「調べる」「遊ぶ」「参加する」ことができるたくさんのコンテンツをおとどけします。 Gakken Tech Programは、70年の教育の歴史を持つ学研が取り組む小・中学生向けのプログラミングスクール。 プログラミングはこれからを生きる力です。 学研の図鑑の公式サイト。 幼児、小学生から専門的な図鑑まで、年齢別・目的別のいろいろな図鑑の紹介やキャンペーン情報などを紹介。 学研グループ発行の、調べ学習に役立つ書籍や学校図書館向けのシリーズ本を紹介します。 子供の学びにかかわる先生・司書のみなさんを応援し、より楽しく・実りある調べ学習を支援するサイトです。 ラストに待ち受ける感動、笑い、人生の教訓…。 大人気のショートショートシリーズ 学研の「5分後に意外な結末」シリーズの公式サイトです。

次の

【DVD付】星・星座 (学研の図鑑LIVE) 3歳~小学生向け 図鑑 (学研の図鑑LIVE(ライブ))

学研 図鑑 live

DVD収録時間は70分 恐竜図鑑に付属しているDVDは 70分で、恐竜図鑑付属DVDの中では最長です。 (学研は約50分、講談社は約60分) DVDはオリジナル映像 「小学館の図鑑NEO」のDVDには、 ドラえもんがナビゲーターとして登場します。 映像は オリジナルCG映像です。 (学研はBBC、講談社はNHK) 全体的に明度や彩度が高く、 画面が明るい印象。 恐竜の動きをより魅力的に魅せるような工夫も。 肉食動物が草食動物を襲うシーンも3冊の中ではもっとも幼児向け。 グロテクスさはほとんと感じません。 幼児でも十分に楽しめる内容です。 ドラえもんの話が長い ただし、DVDの収録時間には(恐竜ではなく)小学館を紹介しているドラえもんの話が長く、 ドキュメンタリーとしての恐竜映像が70分収録されているわけではない。 70分のDVDにしては、少し大きなお子さんや恐竜好きのお子さんの知識欲を満たすには非常に 物足りない内容だと思います。 また、幼児であっても何度もDVDを観ていると、おそらく飽きてしまうと思います(加えまして、早送りはできない設定になっています)。 ドラえもんはただの案内役 逆に、ドラえもんの漫画やアニメで恐竜を見て、 ドラえもんと恐竜との絡みを期待して図鑑を買うのは要注意。 あくまでも図鑑なので、ドラえもんはただの案内役です。 ドラえもんが恐竜と遊んだり、恐竜を助けたりはしません。 図鑑は「期待どおり」 図鑑の中身は、良くも悪くも普通の図鑑です。 絵が、少しみやすい構成になっていたり、解説に、少し新しい研究を加えた程度のバージョンアップ。 良くも悪くも「一般人が期待している図鑑」の域を超えない王道の図鑑。 図鑑とDVDの整合性は微妙 DVDに登場する恐竜の中に図鑑には載っていない種類がいたり、同じ恐竜でも色が違っていたり。 DVD収録時間は50分 恐竜図鑑に付属しているDVDは50分と、3冊の図鑑の中ではもっとも短く、最長の「小学館の図鑑 NEO」と比べると20分も短い。 DVDはBBCのドキュメンタリー 「学研の図鑑 LIVE」のDVDは、 BBCのドキュメンタリー番組の映像をもとにしています。 DVDは本格志向 収録時間は「小学館の図鑑NEO」よりも短いものの、全編がBBCのドキュメンタリーなので大人でも見応えは十分です。 図鑑DVDをきっかけにBBCのドキュメンタリーDVDへも興味を広げられます。 ナレーションは子どもレベル ナレーションの日本語訳は専門用語を残しつつも、難解な表現は多くないので、 子どもでも楽しめます。 ただし、本物志向が強すぎて、画面が暗く、怖い印象。 おそらく、本物の恐竜時代はこのような世界だったのだろうとは思うが、小さい子どもに見せるには画面がおそろしい。 捕食シーンでは泣く子も 肉食恐竜が草食恐竜を捕食する場面などは、低年齢児には少々おどろおどろしい演出になっています。 DVDでは、草食恐竜が無事に逃げ延びることが多く、肉食恐竜が実際に捕食しているシーンはほとんどない。 弱肉強食の本来の残酷さは伝わるが、DVD映像ではさらに恐竜たちの動きが早く、時おり、目や歯が突然にドアップになったりするので怖さは倍増。 DVDでは、草食恐竜が無事に逃げ延びることが多く、肉食恐竜が実際に捕食しているシーンはほとんどない。 DVDの映像の使い回しが気になる 大人が見ていて、映像の使い回しが(気づくというレベルを超えて)気になるほど、元になっているBBCの映像は多くありません。 特に、恐竜が大移動をするシーンでは同じ映像が繰り返させるのが気になります。 図鑑はこんな感じ 図鑑のイラストは、DVDのイメージを異なり、色が豊富で明るい印象。 また、恐竜の絵のほとんどが完全に横を向いているので、 立体感に乏しい感は否めません。 スマホで3DCGが楽しめる 図鑑のQRコードをスマホで読み取ると、恐竜の全身や骨格を3DCGの恐竜が楽しめます。 ただし、 感度と操作性はあまり良くはありません。 自由に動かせるわけではなく、スマホの画面の向きを変えると3D恐竜を見る角度が変わるだけです。 恐竜映像だけなら48分)。 「小学館の図鑑NEO」より10分短く、「学研の図鑑LIVE」より10分長い。 DVDはNHKのドキュメンタリー 「講談社の動く図鑑 MOVE」のDVDは、 NHKのドキュメンタリー番組の映像をもとにしています。 恐竜の誕生から絶滅までと、恐竜たちの、動いて、戦う姿が観られます。 恐竜のDVDは内容が古い DVDの内容がかなり古い印象です。 画質も悪く、日頃からドキュメンタリー番組を見慣れたご家庭であれば大きな違和感を感じるかもしれません。 DVDの元になっているのが、昔のNHK番組ですから、映像が古いのは仕方ありません。 当然、現在では異なる学説が一般的となっている当時の通説が修正されていなかったりします。 最新の学説については、図鑑の中に解説があります。 案内役のキャラクターはもはや素人レベル おそらく、プログラミング教室に通っている小学生で、もっと上手に映像処理ができる子はたくさんいるはず。 これはこれで、私は可愛らしいと思いますが。 恐竜が現代に生き返ったら… DVDの中では「恐竜が今、街に現れたら」というコーナーがあります。 幼児に大ウケだったという口コミ多数。 突然、恐竜がのそーっとあらわれ… 街の中を散歩します。 電話ボックスや駅の横を通り過ぎるので、実際の大きさを強くイメージできます。 図鑑はまるで写真集 写真集のような図鑑をめざしたと公言するだけあって紙面は非常に印象的かつ芸術的。 絵を魅せるページと、解説を読ませるページのコントラストが強い。 絵を魅せたいページの解説は最小限に抑えられていて、絵に集中できるようになっています。 恐竜の生息地が地図入りで明記 全ページにわたり、該当恐竜の化石の発見地が地図入りで明記されているので非常に分かりやすいです。 図鑑のイラストがいい 恐竜の絵は「小学館の図鑑NEO」よりも動きがあります。 色が鮮やかなのは、図恐竜の最新の研究で恐竜が非常に原色・発光色ゆたかだったとされているらしいので、その最新の研究結果を反映させた結果ではないかと推察します。 最新の研究を反映 海外の新進気鋭の研究者の寄稿コラムもあり、最新の研究結果に基づいた図鑑です。 Amazon商品紹介「2015年、2016年の最新の発見も網羅した、恐竜図鑑」と紹介されています。 編集者インタビュー 以下、『絵本ナビ』より抜粋。 「動画連動」をどうしようかといろいろ考えているときに、NHKと協力できないかという話が出ました。 最終的にはNHKエンタープライズの方にプレゼンをして、こちらの企画に乗っていただけるようにお願いをしたわけです。 海外に先行している動画連動の図鑑に触発されて作りはじめましたが、出来上がってみると、実は『MOVE』のほうが書籍・映像ともに内容がずーっと充実したものになりました。 というのも、NHKさんのすごいところは、すべてのジャンルで豊富に自前の映像を持っていることなんです。 たとえば海外で、BBC(イギリスの大手メディア)がDVD付図鑑を作る、『ナショナルジオグラフィック』が作るとなれば、同じくらいの充実度のものが作れるかもしれませんけれど、じっさいは写真や映像の権利関係が複雑でむずかしい。 だから『MOVE』はすごい。 世界でもなかなかできないクオリティだと思います。 DVD付で2000円という値段は、現場の人間がつけたものではありません。 原価計算するとあの値段はつけられない。 僕は正直なところ2400円くらいでなんとかできないかな、と思っていた。 でもテレビCMなどを一切やらない代わりに価格で読者にアピールしよう、そのぶん読者に還元しよう、と会社のトップの人間たちが決断して、2000円の値段が実現したんです。 つまり講談社は、これではあまり儲けていないということなんですけどね(笑)。 「図鑑といえば、まぁ、こんなものでしょう」という図鑑。 【まとめ】 こんな人におすすめ 小学館の図鑑NEOは… DVDのドラえもん効果により、恐竜に興味を持ち始めたお子さんや、お子さんにこれから恐竜好きになってもらいたいと願うママやパパにおすすめ。 図鑑はそこそこレベルが高いので、コスパがいいと言えるかもしれません。 学研の図鑑LIVEは… 恐竜好きなお子さんや、ドキュメンタリー番組を見慣れていたりBBC好きだったりするご家庭。 講談社の動く図鑑MOVEは… 写真集を鑑賞するのが好きな方。 また、恐竜が住んでいた地域に興味のある方はMOVE一択です。 個人的な所感 今回、いろいろと調べてみた私のしょうもない所感です。 こちらのスクールはすべて無料体験ができておすすめです。

次の

学研の図鑑LIVE(ライブ)POCKET(ポケット)

学研 図鑑 live

コメント: 【未開封DVD有】【カバーに小破け有】【ご注文確定から原則24時間以内に出荷】中古品のため使用感がございますが、中古品として問題ない商品です(「非常に良い」ではないので、キズやスレ、薄いヤケ、小ヤブレ、小折れ、耳折れ(数ページ程度)、あまり気にならないヨゴレ等の使用感はある場合がございます)。 軽度な開き癖や曲がり癖、あまり気にならないヨゴレ等はある場合がございます)。 美品をお求めの場合は「非常に良い」以上をおすすめいたします。 特段記載のない場合は帯や付録、シリアルコード、初回特典等はございません。 十分な検品をしてから出荷をしておりますが、まれに検査漏れによる書込や落丁、その他欠損がある場合がございます、その場合はご連絡ください。 返品規定に準拠し、誠意をもって速やかに返金処理をさせていただきます。 【その他ご案内】まれに併売商品の為、在庫切れになってしまう場合がございます。 その際は、大変申し訳ございませんがキャンセルとさせていただきます。 【商品管理ご案内】出荷ミス防止の為、商品にキレイに剥がせる3cm程の管理シールが張ってございます。 【発送ご案内】ご注文確定次第、丁寧に梱包し原則24時間以内に出荷致します。 【商品管理番号】200517bthe0140260 DVD付きの最新図鑑! 「学研の図鑑」の特長であるハイクオリティな写真と丁寧な解説はもちろん、BBC 英国放送協会 などのドキュメンタリー映像を収めたDVD、スマートフォンで見られるAR 3DCG と動画、実物大ページなどの豊富な情報から、子どもたちが興味をもって自然や科学を学び、考えるきっかけをつくります。 『水の生き物』の最新版が登場! 『水の生き物』は、エビ・カニ・ヤドカリ・イカ・タコ・ヒトデ・クラゲ・カタツムリ・サンゴなど「無脊椎動物」を掲載した図鑑です。 登場する生き物の数は1300種以上。 同様のテーマをあつかった図鑑の中では、最も新しく種数も最多です。 「磯遊び」、「潮干狩り」、「川遊び」などで見つけた貝などの生き物を調べるのに役立ちます。 海辺で拾った貝がらの名前を調べてみましょう。 ほかにも食用にされる身近な生き物から、深海にすむ変わった生き物まで、多彩に登場します。 オリジナル翻訳と合わせて心に残る映像をお届けします。 「AR動画」は、ページ内容と連動した生き物たちのあっと驚く生態をお見せします。 4歳の娘が図鑑とポニョにハマっています。 家に動物と魚の図鑑がありますがクラゲやタコやイカも見たいということで買いました。 とても気に入って見ています。 3歳半くらいでカタカナも読み始めたんですが図鑑を見ているうちに前向きに読むようになってきて今は普通に読むようになりました。 ページを索引で調べるので数字も少し強くなったような…? 付録のDVDですが珊瑚礁に集まる生き物の事が紹介されていて沢山の生き物が出てこないというレビューもありましたがうちの子にはそれで珊瑚礁にも関心がでて出てくるサメやエイや他の事にも興味が湧いてきて調べたりしていたので良かったです。 小学館のドラえもんの花の図鑑もあるのですがドラえもんが好きではないのと凄く本の内容をアピールしてくるのがうちの子供には飽きてくるようです。 もっと長い映像でも良いくらいです。 数年前からDVDつきの図鑑は静かなブームになっていますね。 我が家ではその先駆けのMOVEシリーズを多数購入してきました。 機会あってこの学研のLIVEシリーズを手にすることになりました。 やはり図鑑だけではなく迫力のあるDVDが付属しているととてもよいものです。 MOVEシリーズはNHKのドキュメンタリー番組の映像をもとにしたDVDであり、こちらの学研はBBCのドキュメンタリー番組の映像をもとにしたDVDです。 MOVEと学研、タイトルが同じものでは多少重複する映像もあります。 しかし、水の生き物はMOVEでは発売されておらず。 ほとんどが初めての映像で新鮮でした。 子供だけでなく大人も惹きつける魅力があります。 一部MOVEの「いきものの不思議」と同じ映像がありました。 図鑑では、水辺に住む節足動物 カニやエビなど ・軟体動物 イカやタコなど ・刺胞動物 サンゴやイソギンチャクなど ・有櫛動物 クラゲなど ・棘皮動物 ヒトデやウニなど などの仲間がほぼすべてが写真で紹介されています。 図鑑自体もそうなのですが、昔の図鑑は絵で表現されている部分が多かったと思いますが、今の図鑑はMOVEともどもほとんどが実写の写真であり、インパクトも強いですし、記憶にも残ります。 何よりもリアリティーがあります。 とてもよいと思います。 やはり絵よりも写真ですよ。 MOVEと比べて学研の図鑑が明らかによいと思うところがひとつあります。 スマホやタブレットのアプリ ARです を使って、図鑑ページの「3Dでみてみよう」部分をスキャンすると、カニやクリオネが3Dで立体的に見えたり、スマホやタブレットを動かすことで角度を変えてみられるという機能があります。 動いて見えるものもあります。 2つ目に少しよいと思うところですが、LIVE情報としてうんちくや豆知識が紹介されています。 こちらも面白いと思いますよ。 例えば本書ではアメリカザリガニの雄と雌の見分け方などが紹介されています。 一つだけ欲を言えば・・・というところです。 こちらの学研も以前から持っているMOVEにも共通して言えることですが、図鑑の内容やページとDVDの内容の連携が実際のところあまりないところはやや残念です。 子供がカニが好きで買いました。 図鑑を眺めたあと、DVDを見たらなんじゃこりゃ。 ほとんどが魚ばかり。 チョウチョウウオやカンムリブダイ、サメやエイやヨウジウオやクジラ?脊椎動物ばかりじゃないか。 それらの生体が知りたくてこの図鑑を選んだんじゃない。 サンゴを中心とするのはいいけど、この図鑑に載らない動物の説明ばかりを詳しくやりすぎ。 そのサンゴたち、刺胞動物は図鑑に10ページだけ。 図鑑とDVDが一致してない。 他の映像素材なかったの?子供はずっと不機嫌でした。 映像は、それによって子供が興味と理解を深められる今の時代必須のツール。 だからこそわざわざDVD付きの本書を選んでおり、学研も本シリーズの売りにしているのだから、本編と関係の薄いこのような資料では不誠実。 とても落胆しました。 「大型本」タイプについてのレビューです。 「水の生き物」というタイトルですが、水中や水辺に生息する無脊椎動物の図鑑です。 したがって、魚類は載っていません。 大きくて重い図鑑なので、屋外に持ち出すのには向きません。 付属するDVDは、約48分間のドキュメンタリー映像です。 音声は日本語と英語から選択でき、日本語の場合は字幕(ふり仮名付き)を表示させることもできます。 DVDの内容はサンゴ礁に関するもので、サンゴやサンゴ礁に生息する様々な生物の貴重な映像が収められています。 本には、約1300種の生き物が、節足動物、軟体動物、刺胞動物などの門、さらにその中の細かいグループごとにまとめて載っていて、分かりやすいです。 スマホでアプリ「ARAPPLI」を使用して「3Dで見てみよう」のマークがあるページを画面に映すと、3DCGで動く生き物のARを見ることができます。 CGの質が高く、けっこう楽しめますが、「3Dで見てみよう」マークは数個のみです。 「見てみよう」マークは多くあり、同アプリで短い動画を見ることができます。 動画は音声なしですが、簡単な解説が表示されます。 水中に生息する無脊椎動物について色々な角度から学べる良い図鑑だと思います。 淡水(陸上)・浅海から深海まで、エビ・カニや貝類など、一般的なもの以外にも、ホシムシやヤムシ、センチュウや、果ては単細胞の原生生物まで、脊椎動物(つまり「魚」)を除いた様々な動物門の生物を記載した「水の生き物(ただし魚類を除く)」の図鑑。 ただし大型本なので実際にフィールドに持ち出すことは難しく、「家で見て楽しむ」という利用法が想定される。 それぞれの種の図版はいわゆる「標本写真」が主で、自然環境の中での姿をとらえた「生態写真」は少ない。 そのためもあり、例えば「海で見て来た生き物が何なのか調べる」という目的での使い勝手は良くないだろうと思われるものの、個別の種の説明は工夫されており、読みごたえがある。 幼い子供たちに「水の生き物」への興味を掻き立てる内容になっているのではないか。 「DVD付き」ということで、掲載された生物の生態動画が見られるのかと思っていたら、そうではない。 「図鑑」の内容とは別に、「海の環境や海の生物への興味・関心を掻き立てるためのもの」と割り切って見るのが良いだろう。 ただ実際に野外に出て様々な生き物を観察してみると、このような図鑑の図版とは印象が違うことが多く、「えー、図鑑と実物じゃ全然違うじゃん!これじゃ分かんないよ!!」と思うことも多い。 この図鑑に導入された「AR解説」などはその「ギャップ」を埋める手段として採用されているものと思うが、残念ながら、まだまだ対応種数が少なく、実際には「オマケ」や「ギミック」の範囲を超えていない。 しかし今後はもっともっと、こうした「AR解説」のような形で、「特徴を分かりやすく解説できる標本写真や図録+実際のフィールドでの生態動画」の組み合わせが増えて行って欲しい。 図鑑の制作はコストが掛かる割には「大ヒット」などは望めず、出版社としても収益性の劣る事業だとは思うが、社会教育上の価値は大きいので、このような新しい試みは積極的に評価したい。 出版社の取り組みを評価し、今後に期待したい。 水の生き物ということですけど、脊椎動物以外のようですね。 図鑑のクオリティは文句ないです。 特に、水の生き物ということで割りと気持ち悪げなセンチュウ類なども掲載してるのが評価できます。 生物を気持ち悪いだとかで偏見を植え付けるのは大人です。 そういう意味でも大人含め、読む意味があるでしょう。 こういうのも生態系を担う重要な一員です。 あとアメリカザリガニを見開きで特集しています。 たしかにアメリカザリガニは昔から図鑑に載ってたし、馴染みが深い生物ですが、このところ外来種に異常に厳しい風潮があるので、今後のことを考えるとアメリカザリガニを大きく扱うのは辞めといたほうがいいのかも、、という気になりました。 あと付属のDVDはBBCearthということで海外のVTRです。 図鑑が扱うのはほとんど日本の生物のようですが、「ダーウィンが来た」「しぜんとあそぼ」のような日本制作のVTRの方が馴染みが出てよかったのでは、、と思いました。 あとインターレースがきっちりでてるのでアナログ時代の映像だと推測します。 英語音声もついているようですが、どうせなら大人の英語学習のために英語字幕もあったらよかったのに、、と思いました。 ちなみに英語音声+日本語字幕、という技はできないようです。

次の