シェルティ サマー カット。 犬のサマーカット、何センチまで毛をカットして大丈夫?

猫にサマーカットはするべき?メリット・デメリットや注意点を紹介

シェルティ サマー カット

【目次】• 猫のサマーカットとは? 夏場は猫にとっても非常に暑く、換毛期で夏仕様の毛に生え替わると言っても、毛は全身を覆っているので暑さ対策が必要となります。 その対策の一つとして行われるのが、サマーカットと呼ばれる 猫の毛を本来より短く刈るカットです。 猫のサマーカットには、顔だけ残して全身の毛を短くするカットや、顔や胸の毛を残して短くするライオンカットなどがあります。 その他にも、毛を少し残す場合や、皮膚が見えるまで刈る場合などもあり、大体はこちらの希望をトリミングサロンなどに伝えてカットしてもらう事が多いでしょう。 猫のサマーカットのメリット・デメリット 猫のサマーカットは、全身を覆う毛が短くなったり、無くなって涼しくなるメリットがありますが、反面で皮膚炎やストレスなどのデメリットもあります。 ここではサマーカットのメリット・デメリットについてご紹介していきます。 特に日本の夏は湿気が多いので、蒸し暑い中で過ごしていると皮膚炎になる可能性も高まってしまいます。 サマーカットをする事で、 毛の密度も少なくなり、蒸れにくくなるので皮膚炎が起こりにくくなります。 また、サマーカットによって皮膚の状態が見えやすくなるので、 皮膚炎などの異常にも気付きやすくなるメリットがあります。 サマーカットはこれらの汚れが付きにくくなる利点があります。 毛が短いので自宅でシャンプーをした場合にもドライがしやすく、暑い中で長くドライヤーをしなくて良いようになるところがメリットです。 サマーカットで毛が短くなる事で、抜け毛の処理がとても楽になるメリットがあります。 また、お手入れなどのブラシがしやすくなります。 猫は日向ぼっこが好きな生き物ですし、気に入っている場所があると、サマーカットしていてもいつものように日の当たる場所でくつろぎます。 この夏場の暑い日差しが直接肌に当たると、 紫外線があたり、皮膚が荒れてしまう事があります。 日向ぼっこが好きな猫や、家の中に日の当たる場所が多い場合は、薄手の洋服などを着せて皮膚を守ってあげましょう。 毛づくろいをしすぎると、ザラザラした舌の影響で皮膚を傷つけ、そこから皮膚炎を起こしてしまう事があります。 変化に神経質なタイプの猫ちゃんや、毛づくろいをよくする猫ちゃんの場合は注意が必要です。 サマーカットをしてから毛づくろいの多さなど異変に気づいた場合には、エリザベスカラーや服を着せるなどして皮膚へのダメージを防ぎましょう。 上記のように毛づくろいの回数が増えたり、皮膚が見えるほどのカットをすると、毛質が変わってしまったり、毛が生えてこなくなる猫もいるそうです。 毛が生えるまでの時間を考えるなど、サマーカットをする時期には十分に注意しましょう。 ライオンクリップとも呼ばれています。 本来の毛が長いほど、衝撃的な見た目となります。 見た目はかわいらしいですが、先程ご紹介通りカットによる皮膚の露出などで、ダメージを受けてしまう場合もあります。 愛猫のタイプを見極め、トリマーさんと相談しながらカットするようにしましょう。 顎下の毛や胸の毛だけを短くしたり、 お尻周りの毛だけをカットしてもらいます。 長毛種だと毛が絡まって毛玉になってしまう場合もありますが、 ほどけない毛玉の部分だけを刈り取ってもらう事も出来ます。 また、毛玉をコームなどで無理に取ろうとすると、毛根ごと抜けてしまう可能性があるため、バリカンで刈り取ってもらうのがおすすめです。 猫のサマーカットのトリミング方法、料金は? ここではサマーカットのトリミング方法や料金についてご紹介していきます。 猫のトリミングは扱っていないお店もあるため、下調べしておきましょう。 我が家はかかりつけの動物病院がトリミングもしているため、いつもそこでシャンプーやトリミングをしてもらいます。 動物病院の場合は、猫の健康状態を見てシャンプーやトリミングを行ってくれたり、預けている間に体調不良が起こった場合も対応してもらえるのが利点です。 シャンプーとカット両方をお願いする場合は、9200円~10700円ぐらい料金がかかります。 短毛種と長毛種で料金を分けているお店や、トリミングはどちらも同じ料金のお店もあります。 シャンプーだけの場合も、耳掃除、爪切り、肛門嚢搾りなど、家では難しいケアもしてもらえる事が多いです。 自宅でも愛猫のカットをできる? お店や病院でトリミングを頼むとやはり料金がかかります。 そこで、ちょっとしたカットはご自宅でしてみるのもオススメです。 ペット用のバリカンは色々と種類があり、ハンディタイプの小さなものや、コードを繋ぐパワフルなもの、掃除機と引っ付けて使えるものなどがあります。 掃除機やドライヤーなど機械音が苦手な猫ちゃんには低騒音、低振動などのペット用バリカンを選ぶと猫ちゃんのストレスを軽減できるでしょう。 コンパクトサイズのバリカンがプロ仕様で誕生。 乾電池式でコードレスなので、サマーカットする際にもコードが邪魔になりません。 猫の皮膚はとてもデリケートなので、怪我には十分に注意してください。 猫が嫌がったら中断し、ご機嫌な間に素早くカットしてあげましょう。 バリカンを使用する際は、顔や手足、尻尾のカットはしない様にしましょう。 我が家も基本されるがままな猫なので、ハサミでカットをします。 全身を満遍なくカットするのはプロ以外は難しいので、自宅でハサミを使用する場合は、部分的に気になる部分をカットします。 体の場所別、愛猫の自宅カットの方法! 自宅でできるカットの方法についてご紹介していきます。 毛玉は 喉やあごの下、脇の下、お尻、胸の内側、お腹、耳の後ろなどにできやすい傾向にあります。 我が家はハサミを使いますが、肌のギリギリから切ろうとすると、猫が動いた時に肌を傷つけてしまう恐れがあります。 そのため、毛玉カットは 毛玉の先端や中程を少しずつカットしてほぐしていくと、肌を切ってしまう心配が少なくなります。 バリカンの場合は、 毛玉の根元部分にそっとバリカンを押し当てて、剥がしていく様な感じで刈ります。 ギュッと当てすぎず、ちょっと刈っては離しを繰り返し、皮膚が引っ張られたり猫が痛いと感じない様にしてあげましょう。 飼い主の掃除の負担も増えますし、猫自身もウンチがついて気持ち悪く感じていると思います。 バリカンを使用する際には、 猫のしっぽの根元部分を優しく持ち上げ、毛の流れに沿ってゆっくりとカットします。 ただし、お尻を触られるのが嫌いな猫ちゃんも多いので、様子を見ながらカットしていきましょう。 お尻周りの毛をハサミでカットするには、大人しい猫でも難しいので、二人がかりで一人が支え、もう一人が慎重にカットしていくのがいいかと思います。 警戒心の強い猫ちゃんだとハサミは危ないので使用は控えましょう。 短毛種だと気になる方は少ないかもしれませんが、長毛種は肉球の間の毛もかなり伸びます。 肉球から飛び出す毛もまた魅力ではありますが、そのままにしておくとフローリングなどツルツルした床で走った際に滑りやすくなります。 猫が滑りやすくなると、高いキャットタワーから飛び降りた時や、勢いよく走った時に滑って腰を痛めたり、うまく着地出来ない恐れがあります。 肉球から出ている毛をカットするには、ハサミだと肉球を傷つける恐れがあるため、 小さめのバリカンなどで刈ってあげましょう。 シャンプーコースやシャンプー&カットコースの基本のコースの他、薬用・ノミ取りシャンプー、ハーブパック、ナノバブルオゾンペットシャワーなどのオプションメニューも充実。 — おすすめ記事 —.

次の

犬のサマーカットは危険?メリットとデメリット

シェルティ サマー カット

サマーカットとは はっきりとした定義があるものでもありませんが、基本的には 毛足の長い犬やたれ耳の犬、暑さに弱い北方原産の犬を暑さから守る目的で行われるカット方法のことを指します。 もっとも、最近ではおしゃれ目的や飼い主の手入れを優先させるカットなども含めて、サマーカットと呼んでいるようです。 種類 マンガ「動物のお医者さん」を読んだことがある方なら、夏場に極端な丸刈りにされ、その得体のしれない風貌に飼い主が困り、夜中しか散歩に出てもらえなくなったたハスキー犬の話を覚えている方も多いでしょう。 このように、全体を地肌が見えるほど短く刈ってしまう「丸刈り」のほかに、熱を放出しやすい部分だけを刈ったり、冷たさを感じやすくするために、おなかの部分のみを刈ったりする方法があります。 ちなみに、丸刈りは犬種を見紛うようになるケースも多く、刈ってから「こんなはずでは…」となってしまう飼い主さんも少なくありません。 メリット サマーカットのメリットについてみていきましょう。 涼しい なんといっても、長毛種や暑がりな犬は、毛を短くすることで風通しも変わり、暑さをしのぎやすくなることはあります。 手入れの簡素化 毛玉が出来にくい、汚れてもすぐ落とせる、丸洗いしても乾燥の時間が短くて済むなど、おうちで手入れをする手間が減ります。 清潔でいられる 手入れが楽であるということは、清潔に保てるということでもあります。 地肌を拭いてあげることで、犬もさっぱり気分が味わえます。 お風呂が苦手な犬にも良いですね。 デメリット 良いことばかりに思えるサマーカットですが、いくつか注意点もあります。 虫刺されなどのトラブル 犬は被毛があるおかげで、虫刺されなどをある程度防ぐことが出来ます。 ノミやダニなどは薬で防げますが、蚊などの害虫は毛の短い部分(鼻のあたりや肉球など)を狙ってきます。 おなかや背中などは毛があるためになかなか刺されません。 サマーカットで短くしてしまうと、害虫は狙い放題ということになってしまうので、気をつけなければなりません。 紫外線 人間と同じように、直射日光は体によくありません。 紫外線の害だけでなく、直射日光を浴びることで、余計に灼けるような暑さを感じやすくもなります。 もともと毛でおおわれていた部分は弱いですから、犬によってはかなりの負担になることがあります。 被毛が元に戻らなくなる可能性 犬種によりますが、カットしてしまうと毛の状態が変わってしまい、夏が過ぎても元に戻らなくなる場合があります。 多くはないかもしれませんが、ショーに出すつもりがある場合などは、トリマーさんに相談した方が安心です。 室温に注意 サマーカットをしたのに、相変わらず冷房を効かせ過ぎると、かえって寒すぎる場合もあります。 特に小型犬は、体温調節がうまくできないと体調を崩してしまいます。 犬になって考える サマーカットについては、このようにメリットもデメリットもあります。 では、どうすることが犬にとって良いのでしょうか? たしかに、手入れが楽であればその分清潔に保てますし、暑さが少しでも軽減されれば犬だって嬉しいはずです。 しかし、手入れ云々は飼い主の都合ですよね。 暑さに関しても、外で暮らしている犬には風通りの良い場所と日よけ、十分な水分を与えることである程度しのげますし、そもそも丸刈りにしたところで日本の夏が辛いのはあまり変わりはありません。 室内で生活する犬は、空調を整えることで十分対応可能です。 サマーカットは犬目線で考えるとメリットはさほどあるとは思えません。 もちろん、犬種によっては日常的にトリミングを行う必要があるので、そのような犬種の場合は極端なカットでなければ許容できるでしょう。 犬にとって必要なのか? トリマーさんやブリーダーさんの中でも、サマーカットは賛否両論です。 トリミングの域を脱するほどのカットは、動物の摂理に反するという考えの方もいます。 反面、夏場は湿気などで皮膚トラブルを起こしやすいという経験や、薬を塗布するために行う場合もあります。 いずれの場合も、 犬にとって良いと思う選択をすればよいでしょう。 しかし、可愛いからとか、飼い主の気分転換といった人間本位な理由で行うことには疑問も感じます。 少なからずデメリットもある以上、行う際はトリマーさんにもよく相談し、本当に犬のためであるのかどうかを考えてからにしましょう。

次の

シェルティのカットスタイル集を画像で紹介!可愛いおすすめ種類は?

シェルティ サマー カット

犬のサマーカット、何センチまで毛をカットして大丈夫? momo さん 私の犬はダックスです。 夏で暑そうなので、暑さ対策に、 全身の毛を短くカットしたサマーカットを考えています。 ダックスのサマーカットってありますか?ハサミやバリカンで何cmぐらいまで毛をカットして大丈夫でしょうか? 犬の毛を切ったら、毛質が変わると聞きました。 にペットとして飼ってるので、多少の違いは問題ないですが・・犬の健康にとって問題でしょうか? サマーカットにするデメリットや問題点を教えてください。 いつもトリマーさんにシャンプーをしてもらい、料金は3千円です。 カットはしたことありません。 サマーカットの価格はいくらでしょう?知っている方教えて下さいませんか? パピヨンを1cmのサマーカット マロンケーキ さん うちのパピヨンは 自宅でペット用バリカンにアタッチメントを付けて、1cmぐらいで全身をカットします。 冬になれば、また元の長さの毛に戻ります。 耳と尻尾の毛は長く残す、あとは短くカットする、耳をミッキーマウスのようにカットする等、カット・スタイルもいろいろあるので、トリマーさんと相談するといいですよ。 犬の毛をハサミでカットなら、変化なし トリマークッキー さん トリマーしています。 足やお腹の下の毛を短く ハサミでカットするくらいなら、毛質の変化は無いし、犬に問題もないです。 一方、サマーカットでもバリカンで短く刈り込むと、犬種によっては毛質が変わったり、毛の伸びが悪くなったりすることもあるので注意してください。 でも毛質が変わっても、「ワンちゃんの見栄えが悪くなったわ!!」なんて思わないので、大丈夫だと思いますが。 サマーカットなら、通常のカット料金にプラス1000円〜1500円くらいではないでしょうか。 お店、地域によって様々です。 毛をカットし短くしたら、お散歩時の直射日光に気をつけて、クーラーで冷やし過ぎないよう注意したほうが良いと思います。 サマーカットのデメリット、反対します りぃ子 さん 私は 犬のサマーカットに反対です。 犬にサマーカットは良くなく、デメリットが多く必要ありません。 暑い夏にも、犬に毛があるのは理由があるからです。 【サマーカットのデメリット】• 怪我や外傷から、皮膚を守るクッションとなる毛が少ない• 雨や汚れから守れず、皮膚の清潔を保てない• 紫外線から肌を予防できない• 温度調節の不安定 カットすると、それらの防御機能が失われます。 肌が弱い犬の場合、皮膚病や抜け毛など肌のトラブルになります。 暑そうだからという理由で犬のサマーカットを検討する飼主が多いですが、犬の側からすれば、暑さ対策なら、冷房や暑さ対策グッズで対応するのが賢明です。 私が知っている犬仲間で、同じ犬種でも、サマーカットしても元に戻る犬もいます。 しかし毛質が変わり、ふわふわ感がなくなり、 ゴワゴワした毛になった犬、短い毛が元に戻らない犬もいます。 夏の暑さ対策はカットではなく、エアコンのクーラーや冷やしグッズなど環境に注意し対応します。 暑くても犬のサマーカットはダメ えいと さん 暑くても、気温が高くても、犬の毛をカットする必要はありません。 人間が思うより、犬は体温調節をうまくできます。 犬の毛は1つの毛穴から何本も密集して生えているために、毛の間に多くの空気を含むことができます。 この空気で外部の熱を遮断し、皮膚表面の体温調節に重要な役割をしています。 犬の毛には、 シングルコートと ダブルコートの2タイプがあります。 ダブルコートの犬は春と秋に大量に毛が抜けます。 この換毛期に夏毛、冬毛と生え変わります。 それぞれの季節に合った被毛に犬が対応しています。 1シングルコートの犬種 パピヨン、プードル、マルチーズ、ヨークシャーテリア、ボクサー、イタリアン・グレイハウンド他 2ダブルコート(フルコート)の犬種 M・ダックス、チワワ、ポメラニアン、コーギー、柴犬、秋田犬、シェルティー、シュナウザー、ゴールデン・レトリバー、ラブ、コリー、ハスキー他 夏の高温多湿で暑がっている犬はサマーカットしても、暑がります。 熱中症対策のため充分に水分補給し、カットしない暑さ対策を取り入れて下さい。 ダックスをサマーカット、元に戻りません みぃちゃん さん ロングヘアーのダックスを バリカンで全身カットしましたが、元の毛の長さに戻りません。 毛の肌触りも変化したように思えます。

次の