伝説のお母さん。 伝説のお母さんの原作(漫画)のあらすじを最終回結末までネタバレ!ワンオペ育児に苦しむ魔法使いがたどりついた改善策とは!?リアルすぎる設定に共感度MAXです!

伝説のお母さんのロケ地や撮影場所はどこ?レストランやテーマパークなど

伝説のお母さん

「」より 放送前、「ロールプレイングゲームの世界を舞台に子育てを描く物語」と聞いて期待と不安が浮かんだ『 伝説のお母さん』(NHK)。 同作を放送するドラマ枠『よるドラ』らしい振り切った快作なのか? それとも、奇をてらっただけでスベリっぱなしの迷作なのか? 放送スタート前は五分五分の印象だった。 2月1日に第1話が放送されると、「ワンオペや職場復帰の本質を突いていて何気に深い」「クスッと笑わせてくれる」などの好意的な声と、「バカバカしすぎて見ていられない」「笑えるところがまったくない」という否定的な声で二分されている。 しかし、否定的な声が極端に厳しかった上に、視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)も第1話2. 5%から第2話1. 3%にほぼ半減。 あらためて同作を掘り下げていくと、否定的な声を集めやすい複数の理由が浮かんできた。 『勇者ヨシヒコ』の子育て版でいいのか まず、そのトリッキーなコンセプトを知り、原作を読んでみることにした。 『伝説のお母さん』の原作は、ブログやツイッターで連載していたネット漫画。 「ワンオペ」「育休」「職場復帰」「待機児童」は、ネット漫画以前にネットコラムの中でも「刺さる人には深く刺さる」と言われる人気コンテンツであり、深夜ドラマのネタとしては悪くないように見える。 その意味で原作漫画は、舞台をRPGの世界にして笑いを交えることで深刻さをやわらげ、子育て主婦たちのガス抜きのような作品となっていた。 ところが、ドラマでは生身の人間たちが演じることで、その微妙なバランスが崩れてしまい、「RPGに置き換えているのに見ていてつらくなる」「男たちの描き方が極端にひどすぎて引いてしまう」などの声が飛んでいる。 これを書いている私自身、毎日1歳児の子育てをしているが、「ワンオペ」「育休」「職場復帰」「待機児童」などの描き方はステレオタイプで、「何年か前の感覚ではないか」「今はもう少し状況が変わってきている」と感じてしまった。 つまり、当作は現在進行形の子育て当事者というより、以前ワンオペでがんばっていたような人のほうがフィットする作品なのかもしれない。 「何年か前の感覚」という意味は、RPGをモチーフにした物語にも当てはまる。 今をときめく福田雄一監督の『勇者ヨシヒコ』シリーズ(テレビ東京系)が放送されていたのは、2011年、12年、16年。 RPGドラマとして確立されたシリーズ作がある上に、かなりの年月が過ぎている。 「今さらなぜRPGなのか?」「せめて演出を変えてほしい」と、入り口で戸惑う人が多くても不思議ではないのだ。 前田敦子はハマり役ながら矛盾も 子育てに挑むメイを演じるのは 前田敦子。 前田自身、昨年第1子を出産したばかりだけに、「8カ月の女児・さっちゃんの母親」という役柄はフィットしている。 赤ちゃんを抱っこする姿も、泣いている赤ちゃんをあやす姿も、違和感がないのは当然。 女優業をしていても、これ以上のタイムリーな役を演じるチャンスはなかなかめぐってこないだろう。

次の

『伝説のお母さん』前田敦子はハマり役ながら致命的な疑問点も…NHK『よるドラ』の苦悩

伝説のお母さん

「伝説のお母さん」キャストが個性的なのでまとめずにはいられませんでした・・。 【】 📺2分のPR動画📺 もありました。 こちらもどうぞ…。 しかし、現在は新米ママとしてワンオペ家事育児と戦う毎日。 ひとり娘のさっちゃん(0歳8か月)を抱え、初めての子育てに奮闘しています。 「家事育児はお母さんの仕事」という思いが強く、一緒に子育てしてくれない夫のモブにも強く言えないというキャラクターです。 なんというか、設定が以上にリアル・・。 このキャラ設定を見ただけで、多くのママから共感を得るでしょうね 笑。 同じ境遇のママたちが日本にどれだけいることか・・・。 まさに経験者のリアルな演技が見れると思います。 「サギデカ」「ゾンビが来たから.. ゲームばっかりして、なかなか育児に参加しない、ノンイクメンパパ 怒 娘のさっちゃんのことは可愛がっていますが、おむつも替えられません。 おだてに弱く、調子に乗りやすい性格です。 このキャラ設定をみて、ドキッとしてしまう旦那さんも多いのではないでしょうか 笑。 そもそも、「育児に参加する」とか「イクメン」という言葉がオカシイですからね。 どうやら双子ちゃんで二人で1役を演じるようです! まさに幼少期のミシェル フルハウス 状態ですね。 メイとモブの娘。 生後8か月で、メイとともに冒険に出ることになる。 最近、ハイハイとつかまり立ちを覚えて得意顔をする。 柔らかい食パンとたまごボーロが大好き。 たまごボーロが好きって、、、、あるあるですよね~。 「集団左遷」「義母と娘のブルース」などにも出演、映画では「ザ・ファブル」にも出演の若手俳優です。 国王に仕える若き士官。 実直な仕事ぶりで人望も厚い。 10年前の魔王侵攻の際、メイに家族を救ってもらった過去がある。 冒険と育児の両立に悩むメイを支えようと奔走するが、国王の無茶ぶりに振り回され、いつも苦労が絶えない。 国王の権力に振り回される、まさに中間職っていうキャラですね 笑。 メイを支えようと奔走する苦労人です。 ドラマはもちろん、映画「クローズ」シリーズにも出演する人気俳優です。 伝説の勇者。 イクメン。 勤務先の商社では男性の育休第1号となったが、社内の風当たりは強く、疲弊している。 リーダーっぽい決めゼリフを試みるが、根がテキトーなため、大していいことは言えない。 モブとは実は悪友同士。 もうすぐ第2子が生まれる。 目立ちたがり屋で持ち歌を持っている。 基本的にイタイ系のキャラで、中身が空っぽなマサムネ 笑。 自分で「伝説の勇者です」って言っちゃうあたりが痛いです。 ある意味キャラと一番合っているのではないかと思います。 MEGUMIさんの旦那は言わずと知れた人気ミュージシャン降谷建志さんで、実際にはシングルマザーではありませんが、なんだかリアル感があります 笑 そして迫力も・・・。 伝説のシーフ(盗賊)。 あらゆる情報に精通し、世界を見通す。 夫と離婚し、ひとりで8歳の息子ベルを育てている。 完全男社会な盗賊会社(社是は「一日一盗」)でマミートラックと戦うワーキングマザーでもある。 マイペースなパーティメンバーをまとめる裏ボス的存在。 堂々とした雰囲気がまさに裏ボスっていう感じですよね。 巨人の鉄槌が如き大剣を振り下ろす。 幼いころから誰より強くなろうと努力を重ねて、10年前の魔王討伐では最年少でパーティ入り。 普段は酒場で用心棒兼アルバイトをしている。 常識にとらわれずマイペースだが芯のある性格。 お酒好き。 【前原端樹】 今回新たにパーティに加わった僧侶。 神の声を聴き、傷を癒す。 調子のいい後輩キャラで、憎めない。 当初は「子育ては女の仕事」と家父長制の申し子みたいな発言を繰り出すが、子育て中のメンバーやポコと行動を共にすることで、少しずつ変わっていく。 国王【大倉孝二】 メイたちの国を統治する王さま。 「私、偉い?」が口癖で、士官のカトウや3人の大臣たちをいつも困らせている。 子育て政策には無関心。 自国にラグビー世界大会を招致するのが夢。 テキトーなようで、たまに鋭い発言をする。 魔王 【大地真央】 魔 界を支配する王。 侵略のため人間を研究するも、魔族は雌雄同体であるため、「男だから」「女だから」という概念が理解できない。 人間界の「ショウシカ」「ワンオペ」「タイキジドウ」に付け入った奇策を弄する。 「…愚かな人間どもめ」「人間は複雑怪奇だ…」が口癖。 側近 【村上新悟】 長年魔王に仕える右腕。 10年前メイたちに魔王を封印されたことに忸怩たる思いを抱き、復活に尽力した。 日々人間研究に勤しみ、人間社会の矛盾や弱点を、非常に良い声でプレゼンする。 いつもクールだが、緻密な作戦を実行し、魔王を驚かせることが密かな喜び。 子どもたちとその親から絶大な人気を誇る。 おにいさんはサンバイザー、おねえさんはポニーテールがトレードマーク。 魔王が人間界について学ぶためのDVDシリーズに登場する。 nhk. html.

次の

「伝説のお母さん」キャスト(出演者)!前田敦子より個性的すぎるキャラまとめてみました(笑)

伝説のお母さん

伝説のお母さん5話のあらすじ 土曜夜11時30分~放送の 「伝説のお母さん5話」はどんな内容だったのでしょう? 見逃した方へ、 ネタバレなし・ネタバレありを共にお届けいたします! 伝説のお母さん5話のあらすじ(ネタバレなし) メイ(前田敦子)たち伝説のパーティは、魔王(大地真央)を討伐する旅を再開する決起集会を開く。 しかし、そこへ来た士官・カトウ(井之脇海)から「全員魔王討伐のメンバーから外された」と告げられ衝撃を受ける。 突然のクビ宣言に抗議するメンバーの前に、メイの後輩魔法使い・メルル(林田岬優)が現れ、メイたちに代わる新パーティのリーダーに任命されたと告げる。 さらに、国王主催の新たな討伐メンバー募集チラシを見せられると、仲間たちの怒りは頂点に達する。 一方、メイは子育てに専念できる状況に安堵しつつ、割り切れない思いも抱えていた。 nhk. html 伝説のお母さん5話のあらすじ(ネタバレあり) 新婚の戦士ポコ(片山友希)と僧侶クウカイ(前原瑞樹)を囲み、酒場での惚気話に花を咲かせる伝説のパーティ。 そこへ士官カトウ(井之脇海)が駆け込んでくる。 彼が告げたのは 伝説のパーティの面々が魔王討伐メンバーから外れたという衝撃的な事実だった。 事の発端は数時間前、いつものように国王(大倉孝二)の思いつきから始まる。 国王は魔法使いメルル(林田岬優)を王城に呼び出し、新生魔王討伐パーティのリーダーに任命。 伝説のパーティのオリジナルメンバーは全員クビに。 メルルはカトウの魔法大学時代の同期であり、魔法使いメイ(前田敦子)の後輩でもある優秀な魔法使い。 納得のいかないカトウだが、彼の意見は例によって聞き入れられることはなかった……。 シーフのベラ(M E G U M I)をはじめ、納得できないパーティの面々は怒り心頭。 一方で、乳飲み子を抱えるメイの胸中は複雑だった。 クビになったのなら冒険に出なくても良い。 子連れで迷惑をかけることを心苦しく思うことも、夫・モブ(玉置玲央)に嘘をつく必要もない……。 表向きは明るく振る舞おうとするメイの態度に、カトウは何かが胸に引っかかる。 そこへ不意にメルルがテレポートで登場。 「新パーティ選抜トーナメント戦」のお知らせを配りにきたのだ。 メルルの無神経な行動にパーティメンバーたちはますます機嫌を損ねる。 帰宅して早々、メイはモブから黙って冒険に出かけていたことを指摘される。 メイは嘘をついていたことを謝り、パーティメンバーから外されたことを打ち明ける。 これで今までどおりに家事や育児に専念できるし、夫の就活のサポートもできる。 そう訴える姿に、モブもこれまでの自分の態度について素直に頭を下げ、娘・さっちゃんのためにも一層努力すると誓うのだが……。 翌日、モブが履歴書を書いていると、興味を持ったさっちゃんが大事な履歴書で遊ぼうとする。 就活に専念したいのに家で子守をしなければならない状況に苛立って、モブは夕食前だというのに酒場へ。 「子供の世話を押し付けられた」と愚痴る姿に酒場のマスターも匙を投げる。 かつて勇者マサムネ(大東駿介)と同じ大学で勇者を目指していたモブ。 本当は一家の主人として頼り甲斐のあるところを見せたい、そんな彼の目にメルルが持ってきたトーナメントのチラシが目に入る……。 モブの不在中、メルルがメイの家を訪れる。 自分の代わりに討伐に赴くメルルにお礼を言うメイ。 仕事・家事・育児をこなす忙しさに追われ、何もかも中途半端になってしまっていたことを話した。 それを聞いたメルルはメイの夫が何もサポートしないことに疑問を持っている様子。 夫に育児を手伝ってもらうのは難しいが、専業主婦に戻れたからもう大丈夫。 そう答えるメイに対し、メルルは問いかける。 「先輩、やっぱり変わりましたね。 結婚して子供を産んで、……それで本当に満足なんですか?」 メルルは尊敬するメイの背中に追いつくべく、ひたすら修行に打ち込んできたと言うのに、当のメイは魔法の道を諦めようとしている。 メルルは怒りと失望が混ざった表情で続けた。 「先輩はもう魔法使いの顔じゃなくて、お母さんの顔してる。 」返す言葉がないメイ。 メイと入れ替わるようにモブが帰ってくるが、「飯ができたら呼んで」と言ったきり部屋に閉じこもり、部屋の片隅で埃をかぶっていた大学時代の勇者学の本を引っ張り出す。 翌日、怪しい修行場に足を運ぶモブだったが……。 一方のメイはいつものように酒場で仲間たちとの集まりに顔を出す。 できればメイに復帰してほしいカトウは帰り道で「才能を眠らせておくなんてもったいない」とメイに訴えるが、メイは 「子供の母親は私だけ」とカトウを振り切って家路を急ぐ。 帰宅してテレビをつけると、インタビューに答えているメルルが映し出された。 本来ならメイが行くはずだった冒険。 人々の期待と憧れの眼差し。 いたたまれなくなったメイはテレビを消し、アルバムを開いてさっちゃんに写真を見せる。 かつての自分とはかけ離れた今の暮らし。 子供が大きくなる頃には、自分はすっかり過去の人になっているのだろう。 自分はこのまま世の中から忘れられていくのだろうか。 本当は冒険に出たい。 自分の力で与えられた役目を全うしたい。 でも娘や夫を放って行くことはできない。 様々な思いがメイの胸に押し寄せ、大粒の涙となってポロポロとこぼれ落ちていった。 選抜トーナメント当日。 いつものようにさっちゃんを抱っこしたメイはある場所を目指していた。 魔王討伐新メンバー控室である。 右手には愛用の魔法の杖。 クビになったのならもう一度選んで貰えば良い。 メイの目に迷いはなかった。 控室には「絶対に出ない」と言っていたベラ・ポコ・クウカイの姿も。 仲間たちはメイを心から応援し、予選の間さっちゃんのお世話をかって出る。 メルル、カトウの二人もどこか嬉しそう。 しかし、 メイの第一回戦の対戦相手は……メイに内緒で出場エントリーしていたモブだった。 伝説のお母さん5話の感想 伝説のパーティの皆さんがメイとさっちゃんに優しくなっていてほっこりします。 回を追うごとに性格が丸くなっている気がします。 なりたい自分になれなかったことでコンプレックスを抱えているモブ、「自分の仕事を全うしたいけれど、育児や家事に追われてそれどころではない」メイの姿とは対照的ですが、 そんなモブがこれからどう変わっていくのか楽しみです。 また、 魔界サイドの存在は悪の組織というよりは「メイたちのいる世の中の常識が通じない人たち」かなと思いました。 外の世界の人から見れば、私たちが当然だと思い込んでいること(性別で役割を決める等)も非合理的で意味不明なことでしかないのかもしれません。

次の