グレン ロビンソン 3 世。 NBAスラムダンクコンテストで優勝したグレン・ロビンソン3世には、ダンクの技術や芸術性を教えた『師匠』がいた!

グレン・ロビンソン3世とは

グレン ロビンソン 3 世

来歴 [ ] で、、などと共に主力選手として活躍し、2年間同大学でプレーした後ににアーリーエントリーを表明。 しかし、ロビンソンに対する評価は思いの外低く、40位でから指名されることになった。 更にロビンソンに試練が訪れる。 2014年8月、ウルブズは、を相手に三角トレードを敢行。 それまでのエースだったをキャブスに放出し、で全体1位指名を受けたを獲得。 ロビンソンはポジションが重なるウィギンスに太刀打ちすることが出来ず、シーズン通してベンチに座る時間が殆どとなり、2015年3月7日にウルブズを解雇。 2日後にと契約し、残りシーズンを過ごした。 2015年7月26日、と3年契約を結んだ。 前夜祭のにおいて、ロビンソンは見事に優勝を果たした。 その他 [ ] 父は元NBA選手ので、全体1位指名選手である。 父は指名先ので2002年までプレーした後、各チームを転々とする現役生活を送ったが、2005年にはでを経験している。

次の

シクサーズ加入のグレン・ロビンソン3世「どうして僕を獲得したのか理解できない」

グレン ロビンソン 3 世

カリー、トンプソン、グリーンの完全復活でベテランFAには魅力的な移籍先に 2014-15から18-19シーズンというもの、ゴールデンステイト・ウォリアーズは歴史的な快進撃を続けてきた。 5シーズン連続で57勝以上を記録し、ウェスタン・カンファレンスを制していずれもNBAファイナルという頂上決戦へと駒を進め、3度の優勝を飾ってきた。 今季はベテランが退団したことに加え、が長期離脱、がケガのため全休、がケガなどで精彩を欠いたことで、リーグワーストの15勝50敗(勝率23. 1パーセント)に終わったとはいえ、このチームが誇る3人の基盤が来季に完全復活を遂げることで、スティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)の下、ウォリアーズは再び覇権争いに絡んでくることが期待されている。 だがカリー、トンプソン、グリーン、今季途中加入したアンドリュー・ウィギンズの4人だけで計1億3014万ドル(約139億2498万円)と超高額なサラリーのため、ウォリアーズにキャップスペースはないに等しい。 それでも、地元メディア『NBC Sports Bay Area』は6月13日(現地時間12日)に掲載した記事の中で、チャンピオンシップ獲得を求めて、すでに来季ウォリアーズへ加入することを狙っているかもしれない7人のFA選手をリストアップしていたので紹介したい。 (ラプターズ/制限なしFA) 昨季途中にグリズリーズからラプターズへ加入し、ファイナルでウォリアーズを下して初優勝を味わった35歳の大ベテラン。 キャリアが終幕に近づく中、ガソルはさらにチャンピオンリングを獲得することにフォーカスしているという。 もしスペイン出身の多彩なビッグマンがウォリアーズに加われば、新たな優勝経験を持ち込むことができるだけでなく、マーキーズ・クリス、ケボン・ルーニーと良いローテーションを組むことができるだろう。 ディフェンスに定評があり、フロアを広げて3ポイントを決めることが可能だからだ。 高額年俸を要求されるかもしれないが、優勝するチャンスがあることを最大限にプッシュすれば、首を縦に振る可能性はある。 エバン・ターナー(ウルブズ/制限なしFA) 31歳を迎えたベテランスイングマン。 198センチ99キロのサイズを活かし、ボールハンドラー役を務めることもできる。 カリー、トンプソンに次ぐ堅実なガードとしてフィットできるのではないか。 ターナーは魅力的なディフェンダーであり、ロッカールームへ好影響を与えるベテランなのだが、3ポイントに難があるのが気がかりか。 ウォリアーズはターナーではなく、3ポイントに秀でた選手をFA市場で探すかもしれないが、昨季まで在籍していたコンボガード、ショーン・リビングストンのような役割を期待できるかもしれない。 グレン・ロビンソン3世(シクサーズ/制限なしFA) 昨夏ウォリアーズへ加入するも、今季途中でシクサーズへとトレードされた苦い経験があるものの、ロビンソン3世はウォリアーズで複数のポジションの選手たちをガードし、3ポイント成功率40. 0パーセントを残し、上質な2ウェイプレーヤーであることを証明。 来季この男が再びウォリアーズでプレーしていたとしても、決して驚くことではない。 (ラプターズ/制限なしFA) 30歳を迎えたベテランビッグマンは、今季いずれもキャリアハイとなる平均16. 0得点に3ポイント成功率39. 8パーセントをマーク。 イバカ本人はラプターズとの再契約を望んでいるものの、ウォリアーズのシステムにもうまくフィットするはずだ。 フロアを広げることができ、ディフェンス面でもインパクトを与えることができるだけに、ウォリアーズからすれば十二分に魅力的。 だがキャップスペースに余裕がないため、イバカ獲得はさすがに厳しいか。 ケント・ベイズモア(キングス/制限なしFA) ドラフト外でウォリアーズに入団し、約2シーズンをプレーしたスイングマンは、カリー、トンプソン、グリーンともプレー経験がある。 この男の万能性と、キャリア平均の3ポイント成功率35. 0パーセントというシュート力は、トンプソンとウィギンズに次ぐウイングの3番手として獲得したい人材である。 (ナゲッツ/制限なしFA) 35歳を迎えたベテランフォワードに、オールスター級のパフォーマンスを期待することはさすがに酷だろう。 だがミルサップを獲得できれば、ベンチからの得点力と101試合という豊富なプレーオフ経験(昨季終了時点)を持ち込むことができる。 優勝経験のないベテランにとって、ウォリアーズは魅力的な移籍先であり、ミルサップが持つ豊富なスキルセットは、カーHCの下で完璧にフィットするかもしれない。

次の

37歳でつかんだNBA返り咲きのチャンス、デイミエン・ウィルキンズがペイサーズ開幕ロスター入り

グレン ロビンソン 3 世

来歴 [ ] で、、などと共に主力選手として活躍し、2年間同大学でプレーした後ににアーリーエントリーを表明。 しかし、ロビンソンに対する評価は思いの外低く、40位でから指名されることになった。 更にロビンソンに試練が訪れる。 2014年8月、ウルブズは、を相手に三角トレードを敢行。 それまでのエースだったをキャブスに放出し、で全体1位指名を受けたを獲得。 ロビンソンはポジションが重なるウィギンスに太刀打ちすることが出来ず、シーズン通してベンチに座る時間が殆どとなり、2015年3月7日にウルブズを解雇。 2日後にと契約し、残りシーズンを過ごした。 2015年7月26日、と3年契約を結んだ。 前夜祭のにおいて、ロビンソンは見事に優勝を果たした。 その他 [ ] 父は元NBA選手ので、全体1位指名選手である。 父は指名先ので2002年までプレーした後、各チームを転々とする現役生活を送ったが、2005年にはでを経験している。

次の