二 級 電気 工事 施工 管理 技士 過去 問。 電気工事施工管理(実地・学科)の勉強方法やオススメ講座を紹介!独学におすすめのテキストや合格率も|資格.com

2級管工事施工管理技士【過去問PDF】13年分|1・2級 管工事施工管理技士の勉強法

二 級 電気 工事 施工 管理 技士 過去 問

学科試験 4つから1つマークシート方式• 実地試験 経験記述あり 学科試験から1問、実地試験から1問を紹介します。 無線通信において,アンテナの入力インピーダンスと給電線の特性インピーダンスの整 合が必要となる理由に関する記述として,適当でないものはどれか。 引用元:一般財団法人全国建設研修センター「」 【問題 1】 あなたが経験した電気通信工事のうちから,代表的な工事を1つ選び,次の設問1から設問3の答えを解答欄に記述しなさい。 〔注意〕 代表的な工事の工事名が工事以外でも,電気通信設備の据付調整が含まれている場合は,実務経験として認められます。 ただし,あなたが経験した工事でないことが判明した場合は失格となります。 〔設問1〕 あなたが経験した電気通信工事に関し,次の事項について記述しなさい。 〔注意〕 経験した電気通信工事は,あなたが工事請負者の技術者の場合は,あなたの所属会社が受注した工事内容について記述してください。 従って,あなたの所属会社が二次下請業者の場合は,発注者名は一次下請業者名となります。 なお,あなたの所属が発注機関の場合の発注者名は,所属機関名となります。 ただし,安全管理については,交通誘導員の配置のみに関する記述は除く。 〔設問3〕 上記工事を施工することにあたり「品質管理」上,あなたが特に重要と考えた事項をあげ,それについてとった措置又は対策を簡潔に記述しなさい。 引用元:一般財団法人全国建設研修センター「」 学科試験は選択問題あり 学科試験は選択問題があります。 1~12問目:12問から9問を選択• 13~32問目:20問から7問を選択• 33~44問目:12問から7問を選択• 45問目:必須問題• 46~52問目:7問から3問を選択• 53~65問目:必須問題 つまり、 65問中40問に答える感じです。 不得意な問題を飛ばせる点では、 難易度は少々低めです。 実地試験は経験記述あり 前述の過去問のとおり、実地試験には経験記述があります。 つまり、 あなたが今まで経験した工事を記述する問題です。 経験記述は、 ぶっつけ本番は危険です。 勉強中にある程度パターンを作っておきましょう。 文量的には、 2~3文でOK。 「簡潔に記述しなさい」とあるので、 ダラダラと長文を書くのはNGです。 合格率から見る2級電気通信工事施工管理技士の難易度 続いて、2級電気通信工事施工管理技士の合格率を見てみましょう。 令和元年試験 合格率 学科 57. 令和元年は1回目の試験だったので対策しにくかったはずですが、約半分が合格。 2級電気工事施工管理技士の試験問題は、 そこまで難しくなさそうです。 参考:国土交通省「」 試験内容から見る2級電気通信工事施工管理技士の難易度 2級電気通信工事施工管理技士の試験問題は、下記のとおり。 学科試験 電気通信工学等 施工管理法 法規 実地試験 施工管理法 電気通信設備の施工図の作成、機材の選定や配置など 学科試験はマークシートなのでマグレ正解もあり得ますが、 実地試験は記述式なのでマグレはありません。 しかも2級は、 試験が年2回あるので、チャンスも多いです。 年2回の試験スケジュールは下記のとおりです。 学科試験 前期 実地試験 後期 ・学科と実地 願書の申込み 3月 7月 試験 6月 11月 合格発表 7月 学科のみ受験者1月、学科と実地受験者3月 その他の試験情報 詳しくは 一般財団法人全国建設研修センターのサイトを見てほしいですが、その他の試験情報は下記のとおり。 試験 受験地 学科 前期 札幌・仙台・東京・新潟・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・那覇 学科 後期 ・実地と学科同時受験 札幌・釧路・青森・仙台・東京・新潟・金沢・静岡・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・鹿児島・那覇 また、受験料は下記のとおりです。 学科と実地:13000円• 学科のみ:6500円• 実地のみ:6500円 参考: 受験資格から見る2級電気通信工事施工管理技士の難易度 2級電気通信工事施工管理技士は、誰でも受験できる試験ではありません。 なので、 受験資格からみる難易度は高め。 受験資格は下記のとおりです。 最終学歴 実務経験年数 指定学科卒業後 実務経験年数 指定学科以外卒業後 大学・専門学校「高度専門士」 1年以上 1年6ヶ月以上 短期大学・高等専門学校・専門学校「専門士」 2年以上 3年以上 高等学校・中等教育学校・高度専門士と専門士以外の専門学校 3年以上 4年6ヶ月以上 その他 8年以上 8年以上 参考: ちなみに、上記の 「実務経験」についても、に記載があります。 学科試験だけに合格すると翌年の学科試験が免除• テキストで基礎を勉強• あとはひたすら過去問を解く ただし、令和元年にできた資格なので、まだ 過去問のデータが少ないです。 「」で、すべての過去問と解説を勉強できるので効率的です。 ちなみに、おすすめのテキストは「 」です。 まだテキストも問題集も少ないですが、 要点を絞って勉強できるので効率は良いかと。 最初は法規から勉強するのがおすすめ。 とにかく丸暗記なので、点数を稼げます。 暗記系を覚えたら、技術系を勉強しましょう。 学科である程度の基礎を固めたら、実地の勉強に移る感じでOKです。 とりあえず学科に合格すれば、実地に落ちても翌年免除なので、やはり 学科で基礎固めが重要です。 また、実地試験の経験記述は、前述のとおり文章のパターン・型を作っておくと楽です。 2級電気通信工事施工管理技士の講習会もあるがまだデータが少ない【独学でいいかも】 2級電気通信工事施工管理技士の試験は、 資格系のスクールが講習会を実施しています。 まだ試験自体の回数が少ないのでデータは多くないですが、一応参加しておくのがおすすめ。 講習会に参加すると、 実地試験の経験記述に使えるテキストをもらえるところがあるので、役立ちます。 ただし、どうしても忙しければ独学で学びましょう。 他の電気系資格と2級電気通信工事施工管理技士の難易度比較 ちなみに、他の電気系視覚と2級電気通信工事施工管理技士の難易度を比較してみました。 受験する順番などの参考にしてください。 2級電気工事施工管理技士とは、ほぼ互角の合格率 2級電気通信工事施工管理技士と2級電気工事施工管理技士の合格率は、下記のとおり。 学科の合格率 実地の合格率 2級電気通信工事施工管理技士 57. もちろん試験問題が違うので難易度は人によりますが、 合格率だけで見るとほぼ同じです。 ちなみに、電気工事施工管理技士については、 にまとめています。 電気通信主任技術者より簡単 電気通信主任技術者と比較すると、 電気通信主任技術者の方が難しいとわかります。 学科 伝送交換 の合格率 実地 線路 の合格率 2級電気通信工事施工管理技士 57. ネット環境の進化で電気通信主任技術者が不足したこともあり、 電気通信工事施工管理技士が新設された背景があります。 ちなみに、電気通信主任技術者については、 にまとめています。 第二種電気工事士よりは難しい 第二種電気工事士の合格率を比較すると、 第二種電気工事士の方が合格率が高いです。 学科 筆記 の合格率 実地 技能 の合格率 2級電気通信工事施工管理技士 57. ちなみに電気工事士については、 にまとめています。 まとめ【2級電気通信工事施工管理技士の難易度を知って勉強しよう】 この記事をまとめます。 2級電気通信工事施工管理技士の合格率は、学科57. 学科試験に合格、実地に不合格だと、翌年の試験で学科試験が免除される• 過去問対策は「 」が良い• まずは法規など暗記系を固めて、次に技術系の勉強に移る• 実地の経験記述は、文章のパターンや型を作っておくと楽• 講習会に参加すると、実地の経験記述に役立つテキストをもらえるところがある•

次の

電気工事施工管理技士(1級・2級)|CIC日本建設情報センター

二 級 電気 工事 施工 管理 技士 過去 問

1・2級電気工事施工管理技士 技術検定制度は、建設業法第27条に基づき、国土交通大臣指定機関が実施する国家試験です。 1級電気工事施工管理技士の資格を取得すると、特定建設業の「営業所ごとに置く専任の技術者」及び現場に配置する「監理技術者」として認められます。 また、2級電気工事施工管理技士の資格であれば、一般建設業の許可を受ける際に必要な「営業所ごとに配置する専任の技術者」及び「建設工事における主任技術者」として認められる等、施工管理に携わる方には必要不可欠な資格です。 このように、数ある建設業関係の資格の中でも施工管理技士は、大きな資格取得のメリットを持つ、極めて重要な資格であり、工事現場における施工管理上の技術責任者として、高く位置づけられています。 また、2級の学科試験については17歳以上であれば、誰でも受験が可能となりました。 CICでは、業務多忙で受験対策に時間的制約がある受験生が最小の努力で、最大の結果 合格 が出せるような対策を念頭に講座を行います。 資格取得のメリット 電気工事施工管理技士取得で得られる特に大きなメリット 1. 営業所に配置する『専任の技術者』として認められる 電気工事業を営む際、軽微な工事を除き国土交通省大臣または都道府県知事より建設業許可が必要です。 建設業許可を受けた事業所は必ず営業所ごとに『専任の技術者』を配置する必要があります。 この『専任の技術者』は国家資格保持者、又は一定の実務経験年数を得た者に限られます。 『監理技術者・主任技術者』になることができる 施工管理技士を取得すると、級により該当する工事の『監理技術者』もしくは『主任技術者』となることが可能です。 『監理技術者』は元請の特定建設業者が、総額4,000万円以上(建築一式の場合6,000万円以上)の下請契約を行った場合、工事を行う場所に設置する必要があります。 そして『主任技術者』は元請・下請に関わらず監理技術者が必要な工事以外、全ての工事で配置する必要があります。 経営事項審査において企業の得点に加算される 1級電気工事施工管理技士は、経営事項審査の技術力評価において、資格者1人あたり5点が加算されます。 (監理技術者資格証を保有し、講習を受講すれば更に1点が追加) この得点は公共工事受注の際に技術力として評価されるため、取得すると経営規模評価に大きく貢献することができます。 1 受注者(請負人)として施工を管理(工程管理、品質管理、安全管理等を含む)した経験(施工図の作成や補助者としての経験も含む) 2 設計者等による工事監理の経験(補助者としての経験も含む) 3 発注者側における現場監督技術者等としての経験(補助者も含む) なお研究所・学校・訓練所等における研究・教育および指導業務、設計業務、保守・点検業務等は認められません。 〔指定学科〕とは 国土交通省令で定めている学科等(電気工学科・土木工学科・農業土木科・森林土木科・鉱山土木学科・砂防学科・治山学科・都市工学科・機械工学科・建築科・緑地科・造園科等)をいいます。 〔電気工事の内容〕とは 発電設備工事、送配電線工事、引込線工事、変電設備工事、構内電気設備(非常用電気設備を含む)工事、照明設備工事、電車線工事、信号設備工事、ネオン装置工事をいいます。 1 受注者(請負人)として施工を管理(工程管理・品質管理・安全管理等を含む)した経験(施工図作成や補助者としての経験も含む) 2 設計者等による工事監理の経験(補助者としての経験も含む) 3 発注者側における現場監督技術者等としての経験(補助者も含む) 研究所、学校、訓練所等における研究、教育、および指導業務、設計業務、保守・点検業務等は実務経験年数として認められません。 〔指定学科〕とは 国土交通省令で定めている学科等(土木科・農業土木科・森林土木科・鉱山土木科・砂防学科・治山学科・都市工学科・電気工学・機械工学・電気通信工学・建築科・緑地科・造園科等)をいいます。 〔電気工事の内容〕とは 発電設備工事、送配電線工事、引込線工事、変電設備工事、構内電気設備(非常用電気設備を含む)工事、照明設備工事、電車線工事、信号設備工事、ネオン装置工事をいいます。 実務経験年数を確認する.

次の

電気工事施工管理技士は難易度高い?1級と2級の合格率を比較

二 級 電気 工事 施工 管理 技士 過去 問

43 からNo. 52までの10問題のうちから8 問題を選択し、解答してください。 No43 建設工事現場における安全管理体制に関する文中、 内に当てはまる「労働安全衛生法」上に定められている数値の組合せとして、正しいものはどれか。 事業者は、労働者の数が常時 人以上の事業場においては、安全管理者を選任し、その者に法に定める業務のうち安全に係る技術的事項を管理させなければならない。 また、労働者の数が常時 人以上 人未満の事業場においては、安全衛生推進者を選任しなければならない。 A B 1 50 ---- 10 2 100 ---- 20 3 100 ---- 50 4 200 ---- 50 答え--- 1 労働者の数が常時50人以上の事業場においては、安全管理者を選任しなければならない。 労働者の数が常時10人以上50人未満の事業場においては、安全衛生推進者を選任しなければならない。 No44 休日及び有給休暇に関する文中、 内に当てはまる「労働基準法」上に定められている数値の組合せとして、正しいものはどれか。 使用者は、労働者に対して、毎週少なくとも1回の休日を与えなければならない。 ただし、4週間を通じ 日以上の休日を与える使用者については、この限りではない。 また、使用者は、雇入れの日から起算して6箇月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働者(一週間の所定労働時間が厚生労働省令で定める時間以上の者)に対して、継続し、又は分割した 労働日の有給休暇を与えなければならない。 A B 1 4 ---- 5 2 4 ---- 10 3 6 ---- 5 4 6 ---- 10 答え--- 2 建設業の標識は、許可を受けた会社の情報を掲示するものであり、現場代理人は法定のものではないので掲示の必要はない。 No48 建設業の許可に関する記述のうち、「建設業法」上、誤っているものはどれか。 1 一般建設業の許可を受けた建設業者は、請け負おうとする工事を自ら施工する場合、請負金額の大小にかかわらず請け負うことができる。 2 建設業の許可を受けた建設業者は、工事の一部を下請負人として請け負った場合でも、主任技術者を置く必要がある。 3 2級管工事施工管理技士は、管工事業に係る一般建設業の許可を受ける建設業者が営業所ごとに専任で置く技術者としての要件を満たしている。 4 都道府県知事の許可を受けた建設業者は、許可を受けた都道府県以外では、工事を請け負うことができない。 答え--- 3 給湯は定められているが、給水は定められていない。 他にエネルギーの効率的利用のための措置は、空調機器、換気扇機器、照明機器、太陽光発電設備、太陽熱設備、給湯機器で、給湯機器のうち、ボイラー、配管、水栓が定められている。 水の水栓は関係ない。 No51 浄化槽工事に関する記述のうち、「浄化槽法」上、誤っているものはどれか。 1 浄化槽を設置した場合は、使用を開始する前に、指定検査機関の行う水質検査を受けなければならない。 2 浄化槽を工場で製造する場合、型式について、国土交通大臣の認定を受けた。 3 浄化槽工事を行う場合、浄化槽設備士の資格を有する浄化槽工事業者が自ら実地に監督した。 4 浄化槽工事業者は、営業所ごとに、氏名又は名称、登録番号等を記載した標識を見やすい場所に掲げなければならない。 答え--- 1 水質検査は実際に使用してからでないと意味がない。 開始前では全く汚れていないから。 水質検査は使用開始後半年後から実施。 No52 建設資材廃棄物の再資源化等に関する文中、 内に当てはまる数値及び語句の組合せとして、「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」上、正しいものはどれか。 床面積の合計が m 2以上の建築工事の新築に伴って副次的に生じた特定建設資材廃棄物は、再資源化等をしなければならない。 なお、特定建設資材とは、コンクリート、コンクリート及び鉄から成る建設資材、 及びアスファルト・コンクリートである。 (A) (B) 1 50 ---- プラスチック 2 50 ---- 木材 3 500 ---- プラスチック 4 500 ---- 木材.

次の