横山緑 まったん。 【暗黒放送P】横山緑さんと、まったん

まったん(生主): ニコ読み!Blog

横山緑 まったん

去る、2017年の7月22日、23日に配信界でちょっとした事件が起き、それがあのニコ生の母・まったんの配信復帰でした。 まったんって誰?って言う人は後に詳細を記載しますが、驚いたのが金曜の深夜に告知なしで、まだ有名ではない配信サイトで配信をしたにもかかわらず、同時閲覧は千人を突破し、高額の課金アイテムが乱れ飛ぶという結果になったという事でした。 最初に見つけたのは誰なのか分からないですが、ネットの拡散力は本当に凄いと多くの人が実感したでしょう。 高額の課金アイテムだけでなく、少額の課金アイテムが投げ込まれていたので、おおよそ、その配信で1万5千円は稼げたということになります。 課金アイテムのロイヤリティや運営の中抜きに関しては、少額の課金アイテムは放送主の金にあまりならないですが、おおよそ、配信者に50%行き渡るようです。 例えば、ニコ生で見かけたこともある何やっているか良くわからない某配信者は、まったんの放送でのアイテムの応酬と盛り上がりに、さぞ嫉妬したことでしょう。 しかし、いくら嫉妬をした所で何が変わるわけでもないので、自分の無能さと向き合うのが一番懸命でしょう。 なんだかんだ、しょうもない配信からでも学ぶ物はいっぱいありますね。 本文とは関係ありません。 まったんとは そもそもまったんって誰?って方に軽く説明すると・・・ まったんは、ニコニコ生放送の元配信者で、ニコニコ生放送黎明期に配信していた生主で、ドワンゴから「ニコ生の母」と紹介されちゃったりした配信者です。 実際、ニコ生の母という通り名に多くの人は異論はないでしょう。 過去まったんの放送内で当時の交際相手・横山緑を「性獣」と放送で言い、横山緑の放送でネタにされていました。 年齢は現在30歳で身長は164cm。 詳しくは ちなみに、このまったんが旦那と出会ったのは、婚活サイトでです。 国内で600万人が利用する恋愛・婚活マッチングサービスでは、2012年11月のリリースから現在ま4700万組のマッチングが成立しているらしく、まったん同様にガチの恋愛や婚活を望んでいる方は一度は登録してみてはどうでしょうか? 嘘偽りのない婚活の成功者がいるので、実績はお墨付きでしょう。 ・・・話が逸れたましたが、リスナーからはまったん、まみーちょ、ちょみま、ちょみーま、まみこ等々呼ばれていましたが、先の放送でその名前は嫌と発言しており、新しい名前を考えているようです。 何故配信界に復帰・戻ってきたのか? ニコ生の母・まったんは放送内で復帰の理由を聞かれた時に「お小遣い稼ぎと日常に変化が欲しい」と語っていました。 ただ、もっと具体的に言えば、人に注目されたり、本当に配信が好きなんでしょうし、配信でちやほやされたりするのが快感なのでしょう。 かつてはニコ生で配信すれば、多くのリスナーが狂喜乱舞しました。 あの自身の行動1つで、何千もの人のリアクションが観れるってのは凄い興奮とか快楽があるのでしょうし、それこそが、配信の魅力かもしれません。 加えて、ニコ生ではなく、投げ銭が出来る配信サイトの選択は商売上手なのかもしれません。 重ねてになりますが、まったんは過去、ニコニコ生放送で有名でした。 放送をすれば人が来るし、そういう実績や経験・実力がありました。 しかし、過去のニコ生では、そういう集客力や人気や力をお金に変えることが出来ませんでした。 しかし、時間が流れて、配信の世界で稼げるとか投銭というシステムの登場で、自身の過去の実績をお金に変れる環境が整いました。 投げ銭で過去、自身が種を巻いて咲かせたものを刈り取り、それをお金という対価で受け取る。 そういう計算もあっての投げ銭がある配信サイトの選択かもしれません。 この考えが本人なのか他人なのかわからないですが、今後の何かの基準になるのかもしれないし、過去、知名度が有り、それを今価値や対価に変えて、配信で稼ぎたい配信者がこれを機に配信界に復帰するという未来もあるかもしれません。 今後も配信するの? まったんは子供が寝ていて、時間のある金土の深夜に定期的に放送すると言っていました。 観るものが増えるのは何であれ良いので、多くの人は良くも悪くもそれを期待しているでしょうし、配信界が彼女の復帰で盛り上がるなら、リスナーとして良いのではないでしょうか?.

次の

マンバ横山がエリザベス女王杯をしてまったんのウェディングドレス姿を見て動揺する

横山緑 まったん

数日前、ラピュタさんの放送を聞いていると、 「まみこ、中絶したそうよ」と話していました。 本当かどうかは、わかりませんでした。 暗黒放送Pの横山緑さんの彼女である、まったんが2度にわたり、堕胎をしたと言う話です。 石川典行さんが、まったんと電話をした時に「元気?」と聞いたら「辛い」と言ったまったん。 まったんのブログの記事です。 すでにブログは削除されていますので、画像で。 現在、ニコ厨会議が生放送中ですが、 横山緑さん、出演してません! 会議室には、いますが隠れて出てきません! 日記に書いてしまう事、誰かに聞いて欲しかったんだと思います。 が、すでにブログは削除となってます。 2人は、堕胎させた2人の赤ちゃんを一生かけて供養すること。 これが最低限の償いだと思います。 new entries• 177• 17 archives• 124• 23 mobile others• search this site.

次の

暗黒放送の横山緑の不倫はなぜバレた?セクシー女優画像流出の謎

横山緑 まったん

まろんの経歴 東京都で生まれ育ったまろんがニコニコ生放送で初めて配信したのは2010年10月である。 生放送初心者ながらも、可愛いルックスと抜群のトーク力でファンが急増し、わずか1週間でコミュニティの登録者数が100人を超えている。 その後も着々とファンが増加していき、開設1年で1000人を突破しているのである。 基本的に自宅での放送が多く、コスプレをしての配信や飲酒をしながらの雑談等もあるようだ。 また踊ってみた配信や、料理、ギターやリコーダーの演奏など、生放送でのジャンルは多岐にわたっている。 2016年8月には コミュニティの登録者数が10000人を突破し、人気生主の仲間入りを果たしている。 実家暮らしであるマロンは、弟と1つの部屋を2つに区切って使っているため、声がだだ漏れだという。 そのため弟が入浴する23:00前後の放送が多かったのである。 また大きな声を出して両親に聞こえてしまい、怒られたことが放送中に何度もあった。 スポンサーリンク 住所が特定された? 人気生主ともなるとコアなファンからプライベートなことを特定される危険性が高まる。 まろんも大学や住所を特定されてしまったという。 東京都とは公表しているものの、彼女は西東京に住んでいること、 また細かい住所も特定されており犯罪に巻き込まれる危険性も高まっているのである。 実は住所が流出したことが原因でストーカー被害にあっていたことを、後に公表しているのだ。 ネットでの情報流出は他人事ではないため、十分注意したい。 引退理由は横山緑との不倫? まろんは過去に生放送は休止したことがあり、 その理由が横山緑との不倫ではないかと言われている。 横山緑とはニコ生主であり覆面レスラーの格好をした人物である。 あるサイトに2人の不倫に関するタレコミがあり、有名ニコ生主の男性と2月に引退した女性生主が不倫していたというものである。 ここで時系列を追って説明していこう。 2人は2016年のオフ会を生放送しているのだが、この時2人の距離が妙に近いことを指摘されている。 まろんが書いたと思われるブログに2人の不倫の様子と思われる書き込みがされる。 この直後に横山緑の嫁であるパンダのブログに不倫についての書き込みがされているのである。 その中で旦那の浮気を疑った嫁がパソコンの履歴から上記のブログを発見した。 2人で会っていたと思われる日が、休日に仕事だと出かけた日と一致したため、横山緑に問い詰めると「知らない」の一点張り。 その一ヶ月後に横山緑が離婚したことを発表。 不倫に関しては全面否定。 まろんが生放送を再開するも、不倫に関しては触れず。 どうやら横山緑の嫁は前々から横山緑とまろんの関係を疑っており、会話の中でもたびたび出てきている。 まろんが書いたと思われるブログの画像には、彼女が放送内で使っていたものが複数写っており、言い逃れができない状況である。 このあと横山緑と交際していたという女性がもう一人現れ、さらに事態は泥沼化していった。 横山緑は離婚騒動のあとしばらくは生放送をしておらず、もはや2人の不倫は確定的と言っていいだろう。 ネット上でも・・・ 【掲示板】横山緑・まろん 葛西臨海公園駅で目撃され、まろん炎上中 との事。 彼が黙っている事で、まろんは必要以上に被害を被ってる。 もしそれが商業的意識なら悪質極まりない。 まろんの笑顔がみたいですorz — 黒の kurokitsune123 もうみんな横山緑とまろんが不倫したのを知ってるんだから言った方がいいよね まろんも横山緑と両思いって思うなら言わないとあれまた浮気するよねw — 赤ちゃんガキ・ポキール pokiirudayo 引退すると思われていたまろんだったが、その後しれっと生放送を再開し、ツイッターも毎日のように更新しているようだ。 横山緑、まろん共に何気なく通常の放送をしようとしているが、このまま嘘をついたままでいることが許されるのかどうかは、リスナーの方が判断するのではないだろうか? 最後まで読んでいただきありがとうございます。 スポンサーリンク あなたにおすすめの記事.

次の