歌アゲイン。 WANIMA「アゲイン」歌詞の意味とは?【『メゾポリ』主題歌】

アゲイン!!

歌アゲイン

解説 [ ]• 前作「」から約1ヶ月という早いペースで発売された。 同年に発売された1stアルバム『』以降、のがメンバーとして参加しているため、本作がakkoとという2人体制での最後の作品となる。 2019年現在、MY LITTLE LOVERのシングルとしては最大のヒット曲である(調べによる)。 発売週ので2位を記録した後、毎週10万枚以上の売上を維持し、登場4週目にはグループ初の同チャート1位を獲得するに至った。 翌週も更に週間売上を伸ばし2週連続で1位を獲得している。 既にロングヒットの態勢に入っていたデビューシングル「」、発売時売り上げの少なかった「白いカイト」も、本作のヒットでロングヒットとなった。 このシングルまで発売時の作詞者クレジットは"KATE"となっており、『』収録時に小林の単独名義に修正されている。 この"KATE"は" Kenji Akko Takeshi Ensemble"の略語を意味し、女性が作詞しているイメージを作るために小林が付けた共作名義であったが、実際は小林が単独で製作したものであったことが変更の理由である。 初のタイアップ曲として系ドラマ『』の主題歌に起用されていた。 ドラマそのものは諸般の事情(の漫画『』からのストーリー・登場人物の設定・セリフなどの盗用があるとテレビ雑誌・スポーツ新聞で報じられ、放送終了後に制作者側が出版社などに謝罪した)で再放送・ソフト化ができない状況にあるため、現在主題歌として観ることは困難を極める。 以下、アルバム『 』のブックレットより引用 「白いカイト」にも通じる、少年性がひとつのテーマとなった曲。 カラオケでも大いに親しまれ、大ヒットを記録した。 曲は藤井謙二と小林武史の共作。 「最初謙二が作ってきた楽曲は難解で(笑)、でもサビの転調とか既にあったし、クセはあるけど泣ける要素も感じて、そこから青春像というか、少年が慣れ親しんだ場所を離れる際の痛みと希望というか、そんな定型へと拡げていったのを覚えてます」。 そして、この楽曲が多くのファンに受け入れられたことが、さらにこのユニットの可能性を拡げたのは言うまでもないし、三人の出会いが音楽的により絡み合い始めたのもこの曲だった。 「イントロのギターを謙二に弾いてもらった時、彼がすごく生き生きと見えた。 そんな彼のギターのリフが、それ以降のマイラバのひとつの形になっていきます」。 Delicacy (作曲:小林武史) アルバム『 』以降に収録されているアルバムバージョンでは、アウトロがアレンジされ機械加工された男性の話し声が加えられているが、このシングルでのみ未加工のバージョンを聴くことができる。 Hello, Again 〜昔からある場所〜 instrumental version 収録アルバム [ ]• (1995年12月5日)• (2001年12月12日)• (2002年12月11日)(アコースティック・ヴァージョン)• (2006年12月6日)• (2010年5月5日)• (2010年11月10日)(organicとは異なるアコースティック・ヴァージョン)• (2015年11月25日) カバー [ ] Hello, Again 〜昔からある場所〜• - アルバム「pure flavor 1〜color of love〜」収録。 - アルバム『I Love Music〜Mi Best Collection〜』収録。 - 後述。 - カバーアルバム『The Voice 2』収録。 - カバーアルバム『WOMAN 2 ~Love Song Covers~』収録。 - カバーアルバム『』 収録。 - TVアニメ「」キャラクター「ユキ」名義の「ユキ カバーソングシングル」に収録。 JUJUのシングル [ ] 「 Hello, Again 〜昔からある場所〜」 の 初出アルバム『』 リリース 規格• プラチナ(、日本レコード協会) チャート最高順位• 週間15位()• 2010年度年間15位(着うたフル、日本レコード協会) シングル 年表 (2010年) Hello, Again 〜昔からある場所〜 (2010年) (2010年) リスト• 「」 「 Hello, Again 〜昔からある場所〜」は、日本の歌手の14thシングル。 解説 [ ] カバーアルバム『』からの先行シングルとしてにリリースされた。 社「」のとして起用された。 2010年6月29日付のRIAJ有料音楽配信チャートにて最高位1位を記録している。 当初は、着うたのみの配信に留める予定となっていたが、CMの放送から、着うたがヒットを記録したことと、問い合わせが殺到し、「CD化して欲しい」と言う要望を受けたことで急遽、シングルとして発売することが決定したのだと言う。 また、CDに用いられているジャケットは、JUJU本人が実際にタイアップ先の一眼カメラである「」を使用して撮影されたものが使われている。 での累計売上は120万ダウンロードを超えた。 収録曲 [ ]• Hello, Again 〜昔からある場所〜 Straight Cover 5:16• Hello, Again 〜昔からある場所〜 Ballad ver. 5:19• Hello, Again 〜昔からある場所〜 Straight Cover -instrumental- 5:15• Hello, Again 〜昔からある場所〜 Ballad ver. -instrumental- 5:16 脚注 [ ]• ORICON STYLE 2015年10月9日. 2015年10月9日閲覧。 「消滅都市」第8話、第12話 最終話 エンディングテーマとして起用。 ネット局のでは「終らない夏」放送終了以来、タイアップとして24年振りにこの曲が流れた。 2020年5月17日閲覧。 、meVIEWsa radio、2010年11月12日 0時37分。 (のキャッシュ) 外部リンク [ ]•

次の

WANIMA アゲイン 歌詞

歌アゲイン

概要 [ ] にリリースされると、のと・チャートで計6週1位を獲得した。 また、のチャート番組『』が集計した1970年代のベスト50曲では5位(の「」が1位)となった。 では、で3位を獲得した。 日本では洋楽シングルチャートで1972年10月23日付から5週連続1位を獲得した。 この曲は内省的なであり、が祭壇に取り残された後で彼のの企てを語ることから始まり、その後、彼の両親の死について語る。 オサリバンは「僕は父(オサリバンが11歳の時に死去した)をよく知らないし、それに父は母を虐待したので、この曲は自叙伝ではない」と発言している。 マネージャーのが設立したMAMレーベルより、英配給でシングルとしてリリースされるが、アメリカでは「 Himself featuring Alone Again Naturally 」として、イギリスで先にリリースされていたアルバム「ヒムセルフ(発売当時の邦題:ギルバート・オサリヴァンの肖像)」Himself の収録曲2曲をこの曲ともう一曲の英国盤アルバム未収録シングルに差し替え、ジャケットを変えてリリース。 その後、1976年の『Greatest Hits』でイギリスにおいて初めてアルバム収録された。 CD時代となってからは『 』(2004年)になどに収録されている。 なお、がこの曲のオリジナルの録音版でを弾いている。 著作権事件 [ ] ラッパーのは1991年8月発売のアルバム「 ()」に収録されたトラック「アローン・アゲイン」において、オサリバンの音源をで使用したが、その使用許可を得なかったとして同年に著作権を所有するグランド・アップライト・ミュージックがマーキーとワーナー・ブラザーズ・レコード等に対して訴訟を起こし、原告が勝訴した。 印税支払いでの解決を望まぬ原告の要求どおりアルバムは回収され 、のちに別レーベルから「アローン・アゲイン」を除いて再発された。 これ以降、ヒップホップ界でそれまで横行していた無断でサンプリングする行為に歯止めがかかることとなった。 この節のが望まれています。 オリジナル盤 [ ]• Side A アローン・アゲイン• Side B セイヴ・イット( Save It) 日本再発盤 [ ]• テレビアニメ及び1986年の実写映画『』のテーマソングに起用された際、より再発売された。 その当時はレコードで発売されたが、シングルとしても発売された。 Side A アローン・アゲイン• Side B ( Get Down) 主なカバー [ ] 海外• (1972年)詞。 タイトルは「1948」。 歌詞の内容は終戦から3年後の、地味であるが幸福なの幼年時代の懐旧の情を扱ったものである。 (1976年)アルバム『Love, Life, and Feelings』に収録。 (1993年)アルバム『Graffiti Blues』に収録。 Tiki Dayan(2004年)詞:。 2007年にイスラエルのドラマシリーズ『Matay Nitnashek』主題歌として使用された。 (2000年)『』に収録。 feat. (2005年)プロモ盤のみで未発売。 2017年にアルバム『』の再発版の特典として収録された。 (1971年)シングル。 日本語詞:。 タイトルは「また一人」。 2000年代に入り、その独自のセンスによる訳詞がやの深夜ラジオで取り上げられたことから知られるようになった。 (1972年)英語カバー。 (1973年)アルバム『夢ひらくリサイタル』に収録。 (1973年)アルバム『他人の関係』に収録。 (1976年)日本語詞:。 アルバム『青春の光と影』に収録。 (1999年)日本語詞:。 アルバム『』に収録。 ライブでカバー。 (2010年)カバーアルバム『ALL COVERS BEST』収録。 タイアップ [ ] 海外• 『』挿入歌• 『』挿入歌• 『』挿入歌• 『』シーズン17「はらぺこで語る海の冒険」挿入歌• 『ライフ・オン・マーズ』セカンドシリーズ 主題歌• 『』(2009年)挿入歌 日本• 『』テーマソング(1986年)• 系テレビアニメ『』第24話オープニングテーマ ・第27話挿入歌(Bパート)• 「」(1992年)• 系列テレビドラマ「」オープニングテーマ(2004年)• 『』オープニングテーマ(2020年5月11日 - 5月15日放送分) 脚注 [ ] []• 国立国会図書館. 2019年2月21日閲覧。 - アルバムのタイトルは『』であるが、冒頭の収録曲名は「アローン・アゲイン (ナチュラリー)」である。 2002年. Top Adult Contemporary: 1961-2001. Record Research. 187• Roberts, David 2006年. London: Guinness World Records Limited. 411. 『ナンバーワン70s ORICON ヒッツ』の。 も参照。 このシングルのジャケットはこのアルバムと同様のイラストを使用• Web担 2018年4月19日 原文 安藤和宏著『よくわかる音楽著作権ビジネス 実践編』1998年• HMV 2003年10月1日• BLOOMINT MUSIC 2014年2月22日•

次の

WANIMA「アゲイン」歌詞の意味とは?【『メゾポリ』主題歌】

歌アゲイン

概要 [ ] 前作「」から2ヶ月ぶりに発表された作品で、自身初の配信限定シングルである。 2002年4月8日から6月18日までの間MUSIC DELI端末で限定配信していた(当時は、が実用化されていなかった)。 この配信は結果的に大盛況になり、MUSIC DELIでの配信数は発売から1か月で約2万5000ダウンロード、同時点でののウェブサイトでの配信数は約7000ダウンロード(累計で約3万2000ダウンロード)を記録。 当時のMUSIC DELIにおけるダウンロード数記録を塗り替えた (それまでのMUSIC DELI記録は「」の約2万3000ダウンロード )。 「化しない」という公約の元配信されていたが、発表から5年後に発売された『』に収録され、CD化された。 収録曲 [ ]• アゲイン• 作詞・作曲: シングル「」の原曲で、元々はゆずがラジオ番組『やまだひさしのラジアンリミテッド』に出演した際にやまだから「アゲイン2ということは1もあるの? 」という質問に「ある」と答えてしまった些細なやりとりから「アゲイン1を聴いてみたい」のリクエストが殺到したことで掘り下げられた楽曲である。 ツアー中にも拘らず、そのリクエストを受けゆずの二人は当時デモのみで完成版の存在しなかった「アゲイン」をスタジオで改めて録音、アレンジなどを行い、作品として完成させた。 楽曲の存在が公になってしまったことを受けてか、この年のツアー「ユズモラス」ではライブのアンコールで同曲を披露した。 長い間、この曲がライブで演奏されたのは「ユズモラス」ツアーのときのみであったが、に行われたファンクラブ会員限定ライブ「秋祭り 杜の音 〜ゆずの大応援〜」にて、16年ぶりに演奏された。 「ユズモラス」ツアーの模様はファンクラブ限定のおよびで発売されているが現在は入手困難となっている。 その後、コンビニでのMUSIC DELI端末が廃止されていったことや、「ユズモラス」ツアー以後ライブ演奏が一切無かったこと、MUSIC DELI端末の当時の録音可能メディアが現代のようなと言った高音質のものではなくのみであったこともあり、実に5年の歳月を経て、ベストアルバム『』に収録され、CD化されることになった。 ゆずの二人は「当時はMDダウンロードが主流になってCDがなくなるのではないかと危惧していたが、逆にMDダウンロードが消えた」と語っている。 また、この楽曲をこの位置にしたことは「アゲイン2になる前のアゲイン」という意図からである。 脚注 [ ].

次の