高校 野球 岐阜。 【甲子園】県立岐阜商業 野球部ベンチ入りメンバー2020年 注目選手・出身中学「投手陣5人は最速140キロ超」

2020夏季岐阜県高校野球大会(テレビ)|ぎふチャン|岐阜放送公式サイト

高校 野球 岐阜

グローバルナビ• ジャンルナビ• コンテンツエリア ここからこのページの本文です• メインコンテンツ• 日程・結果 夏の地方大会2020• 野球 3位DeNA-首位巨人/ライブ速報中 []• プロ野球戦評 [7月17日 20:38]• プロ野球 [7月17日 20:33]• プロ野球戦評 [7月17日 20:27]• プロ野球戦評 [7月17日 20:21]• プロ野球戦評 [7月17日 20:21]• プロ野球 [7月17日 20:18]• プロ野球 [7月17日 20:17]• プロ野球戦評 [7月17日 20:13]• プロ野球 [7月17日 20:10]• 東京オリンピック2020 [7月17日 20:10]• プロ野球 日本ハム渡辺が適時二塁打「エラーもして迷惑を」 []• プロ野球 [7月17日 20:43]• プロ野球戦評 [7月17日 20:38]• プロ野球 [7月17日 20:33]• プロ野球戦評 [7月17日 20:27]• プロ野球戦評 [7月17日 20:21]• プロ野球戦評 [7月17日 20:21]• プロ野球 [7月17日 20:18]• プロ野球 [7月17日 20:17]• プロ野球戦評 [7月17日 20:13]• プロ野球 [7月17日 20:10]• 高校野球 中軸担う聖光学院・坂本、3年生の思い込め夏に挑む []• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 19:54]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 19:27]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 19:17]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 19:16]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 19:13]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 19:11]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 18:35]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 18:04]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 17:11]• 高校野球夏の地方大会 [7月17日 11:37]• 大学・社会人 大商大・吉川を9球団が視察「短いイニングなら」 []• アマ野球 [7月16日 19:55]• アマ野球 [7月15日 21:38]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 17:51]• アマ野球 [7月13日 13:43]• アマ野球 [7月10日 17:48]• アマ野球 [7月10日 17:16]• アマ野球 [7月5日 18:29]• アマ野球 [7月2日 17:12]•

次の

岐阜県高野連トップページ

高校 野球 岐阜

2月13日・14日の両日、鹿児島県で行われた高校生国際シンポジウムに参加しました。 メンバーは自然科学部生物班 2チーム4名 海外研究部 3チーム8名です。 参加5チーム中、以下の4チームが入賞しました。 分野 賞 メンバー 発表テーマ ジェンダー・教育 優良賞 大村・日比・横井 高校生の政治的関心の向上 地域課題 優良賞 赤地・橋詰・山本 放置自転車問題の解決策 国際・観光・ビジネス 優秀賞 加藤・服部 外国人生徒への学習支援 環境問題 優秀賞 天満・藤吉 環境DNA解析による魚類相調査 著名人の方々の講話や、高校生同士の交流会、審査員との交流会など、様々な機会を通して社会の課題と向き合う姿勢や研究に取り組む姿勢などを学び、たいへん刺激的な二日間を過ごすことができました。 カテゴリー: 12月19日(木)に、トヨタ女性技術者育成基金の援助を受け、理系進学希望者を対象に最先端科学体験プログラム(講義・実習)を実施しました。 講義では,女性技術者の方から「文理選択や大学選択はどのように考えたのか」や「なぜトヨタ自動車の研究開発に進んだのか」など,進路決定の過程についてご自身の経験を交えてお話しをいただきました。 また,質疑応答では海外赴任についてお話しいただき,英語の重要性やトラブルを楽しむ気構えなどで盛り上がりました。 実習では,トヨタ技術会の方々の自作ミニカーを使用して,プログラミングを行い,障害物のあるコースを正確に走るコンテストを行いました。 プログラミング中の数値を少し変えただけで,ミニカーの走る様子が全く変わってしまうことに驚くとともに,自分たちが思い描くようにミニカーが走ると歓声があがるなど,プログラミングの難しさと面白さの両面を体験することができました。 カテゴリー: 11月28日(木)午後、岐阜地方裁判所から裁判官の小川結加 様(平成15年岐阜高卒)、榎本太郎 様 の2名をお迎えして「裁判員模擬体験」を行いました。 各学年二名ずつ計六人の生徒が裁判員として、架空の事件について判決を論ずるという体験をしました。 「放火犯」にどのような判決を下すのか?実際の裁判官2名と計8人で議論をしました。 「実刑判決」とするのか「執行猶予」とするのかを焦点とし、同じ放火事件を扱っているにも関わらず、服役しながら社会復帰を目指す考え、社会に身を置きながら更生を目指す考えなど、あらゆる可能性を考えながら判決を下すことの重みを感じました。 この会を通して生徒は、安易な判決を下さず、実際に犯行に及んでしまった過程をよく理解して、判決を下さなければいけないことを学ぶことができました。 カテゴリー: 11月12日(火)グローバルリーダー養成事業『基調講演会』(同窓会主催)を開催し、本校OB(S47年卒)の柘植康英様(現東海旅客鉄道株式会社代表取締役会長)にご講演いただきました。 JR東海の歩みを、旧国鉄時代から現在、そしてリニア開業を迎える未来まで、ご自分の足跡とともにご講演いただき、最後に次世代を担う後輩たちへの期待を、ご訓示いただきました。 講演の中で、「人づくり」が大切であり、社員が生き生きと働き、その家族が幸せであることが会社の発展、ひいては社会の発展の大前提であると語られました。 後輩へは「受け身でなく能動的であること」、「人間力を磨くこと」「グローバル化や社会のイノベーションに柔軟に、そして独創的に対処していくこと」とエールをいただきました。 カテゴリー: 11月6日(水)に超臨界技術センター株式会社から、研究員の藤井景子氏をお招きし、超臨界流体の概論と、超臨界流体の利用についてお話しいただきました。 日常の生活の中で観察される物質の三態とは異なる超臨界流体は、全く新しい性質を持っており、その応用は最新の技術として普及しつつあり、また応用の幅は広いとのことでした。 今回は、現在取り組んでいるドリップコーヒーの品質改良を例にご説明いただきました。 新しい技術を開拓することは達成感があり充実した研究生活ですが、一方では新しいことを始める上での苦労もあり、工場建設における許認可の申請や、製品として買っていただくための技術の追求などについてもお話しいただきました。 後半の実習では、カフェインの検出実験と、カフェインの入った普通のコーヒーと、カフェインを除いたコーヒーの飲み比べをしました。 講座修了後も、多くの生徒の質問に丁寧にお答えいただきました。 2週間後に修学旅行(長崎)を控えた2年次生全員が講演会に参加しました。 伊東氏は、ご自身の経験を語られながら、私たちが他者に対し「やさしい心」、「他人を思いやる心」、「感謝の心」、「許す心」、そして「祈る心」を持ち続けることが平和を維持するために必要であること、そしていつまでも戦争のない状態を続けていくよう努力しなければならないと訴えられました。 松下氏は本校を卒業後、名古屋大学へ進学され現在も大学院に在学中です。 学生でありながら起業することになった経緯や、起業し顧客を獲得するまでの苦労などについてもお話しいただきました。 お二人も本校の卒業生で、高校の同級生で会社を運営していることや、高校時代に学んでおくとよいことなどを、参加者の質問に答える形式でお話しいただきました。 参加者は1~3年生の希望者44名と、起業を目指す卒業生2名でした。 研究活動や就職・進学試験の合間を縫って、東京大学・京都大学・名古屋大学などから、合計31人の卒業生に来校していただきました。 理系学部は大学院生、文系学部は4年生がほとんどでしたので、大学院での研究や卒業研究の内容、就職活動など大学生活全体を見通したお話を聞くことができました。 「大学に入ってからも継続的な努力が必要である。 」とか「高校時代にもっとやればよかったと大学4年生になっても思うことがあったりした。 」など、情報誌などでは得られない事柄を、実感を交えながら具体的に、直接聞くことができ、今後の進路選択にたいへん役立つ機会となりました。 その後、各HRに分かれての学級懇談会で、林間学舎や岐高祭の写真上映、参加者でグループ討議を行うなど、お子様の様子について情報交換をしたり、受験や文理選択について相談したりするなど有意義な交流となりました。 (写真は全体会、進路指導部説明会) カテゴリー: 7月19日(金)に、幻冬舎編集者である箕輪厚介氏を講師としてお招きし、「新時代の扉を拓く」という演題で講演会を実施しました。 箕輪氏は、出版不況と言われる中、従来とは異なる方法で熱量の高い本を作り続け、それらを次々とヒットさせておられます。 また出版業界に留まらず多くの事業に取り組まれ、箕輪氏の仕事術を記した「」は、大変多くの人に読まれています。 講演会では、多方面で活躍されている箕輪氏に、 これからの時代を生き抜くために必要な思考や能力等についてお話しいただきました。 百名を超える生徒たちにとって、新しい職業観を得ると同時に、自身の資質を活かして主体的に生きていくことについての指針を得る大変貴重な機会となりました。 カテゴリー: 日米学生会議とは、1934年に発足した日本(戦後)初めての学生交流団体で、日米関係を考察するとともに、両国をめぐる様々な問題について、多角的に検討しています。 本会議では、日本と米国から同数の学生が約一ヶ月にわたって共同生活を送りながら様々な議論や活動を行います。 (日米学生会議HPより引用) 本年度、日米学生会議が岐阜県でも開催され、本校生徒9名が岐阜県プログラムに参加させていただきました。 長良川うかいミュージアムや鵜飼観覧船では通訳を兼ねて鵜飼について説明をし、白川郷では伝統文化の体験や観光資源の視察を行いました。 16日には岐阜県プログラムの成果発表である岐阜サイトフォーラムにパネリストとして参加し、日本や米国の大学生とともに岐阜県の魅 力について語り、地域活性化に向けた提案を行いました。 カテゴリー: 自然科学部生物班が7月29~31日に山形県鶴岡市で開催された「第9回高校生バイオサミットin鶴岡」で,二つの大臣賞を受賞しました。 研究演題は『カスミサンショウウオの性フェロモンと受容体について』(文部科学大臣賞受賞)と『環境DNA定量解析を用いた生物分布モニタリングの確立~長良川・揖斐川におけるアユと冷水病菌の季節的相互関係を探る~』(経済産業大臣賞受賞)です。 また,7月27~29日に佐賀県佐賀市で開催された「第43回全国高等学校総合文化祭」では,アユと冷水病菌に関する研究演題により全国3位相当の奨励賞を受賞しました。 カスミサンショウウオの研究は,長年積み重ねた研究が新しい展開を迎えています。 アユと冷水病菌の研究は,清流長良川のアユを守る活動として2年前から始めました。 カテゴリー: オフィスいわむろの岩室紳也氏(泌尿器科医)を迎え、「命の尊さ講話」を開催しました。 生徒の自己肯定感を高めると同時に、様々な違いを持つ自他の個性を認め合い、互いの命を尊重する態度を醸成することが目的です。 当日はPTA役員の方々にも参加していただきました。 岩室先生からは、HIV感染やLGBT、薬物依存など様々な角度から命の尊さについて語っていただきました。 講演会後の生徒の感想には下記のキーワードが多くありました。 (1)「人は経験でしか学べない、経験していないことは全て他人ごと」 どんな人も「接する」という経験をするまでは他人ごととしてとらえてしまう。 (2)「自立は依存先を増やすこと」 自立は独り立ちすることだと誤解されている。 しかし、一人で生きていける人はいない。 仲間(依存先)を多くつくることが大事。 (3)「人は話すことで癒される」 男性はなかなか他人に弱みを見せたくないし、それを話すのも苦手。 男性に限らず、悩みは人に話すことでしか軽減できない。 こうした言葉が人生訓として生徒の心に強く残ったようです。 カテゴリー: 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM)の研究者をお招きし、分子研究の最前線について講義を受けました。 講演では、拠点長である伊丹健一郎教授から、新しい分子を合成することの楽しさをお話しいただきました。 新しく合成された分子には、アフリカで穀物生産に年間1兆円を超す被害を与えている寄生植物「ストライガ」の駆除に効果が期待され、実証実験が始まったことなどを紹介されました。 研究者を目指す生徒に「Be Unique Go Crazy」とのメッセージを頂きました。 後半の実験では、佐藤綾人特任准教授の指導の下、pH指示薬のフェノールフタレインと、蛍光ペンのインクの成分でもあるフルオレセインの合成実験を体験しました。 どちらの物質も簡単に合成でき、指示薬として赤変する様子や、UVライトで蛍光する様子に多くの歓声が上がりました。 実験後は、蛍光物質の利用や蛍光の仕組みについて教えていただきました。 HASUNAでは、「エシカル」つまり「倫理的な、道義上の」という意味から、出自が明らかな宝石や貴金属を扱い、不正な取引で鉱山労働者たちが安く買いたたかれることのないよう、ビジネスの立場から発展途上国の援助に取り組まれています。 「世界へ出よう!」と激励の言葉をいただくとともに、「社会貢献をする中でも、私は自分の人生を楽しむことを忘れません。 他国へ行って悲惨な現実を目にすることもありますが、その国自体を楽しむことも大切にしています。 」とお話しくださいました。 生徒からは「何もわからないところから突き進まれた人生経験を伺って、感動しました。 」などの感想がありました。 カテゴリー: 12月18日、「職業・学問」体験プログラムの一環として、岐阜地方検察庁・岐阜地方裁判所において法曹三者(検事・弁護士・裁判官)との座談会、裁判員裁判の傍聴、岐阜地方検察庁庁舎見学を実施しました。 座談会では、本校の卒業生である弁護士・裁判官の方に、生徒の質問に対して一つ一つ丁寧に答えていただきました。 また、裁判員裁判を傍聴し、普段の学校生活では味わうことのできない貴重な経験をすることができました。 このプログラムを通じて、参加した生徒は法を身近に感じるとともに、進路意識や職業観を高めることができました。 ご協力いただいた関係諸機関の皆様に、改めて感謝申し上げます。 ありがとうございました。 カテゴリー: 12月5日、18日の2日間にわたり、トヨタ女性技術者育成基金の援助を受け、理系進学希望者を対象に最先端科学体験プログラムを実施しました。 5日の講義では、触媒などの無機材料開発を行なう女性技術者のお話を聞き、自動車開発には常に最新技術が取り入れられ、技術開発には長い時間がかかっていることなどを学びました。 18日は、5日に参加した生徒が個々に考え作製した車体ボディの模型を、風洞装置を使って空気抵抗を計測していただき、その後3人1チームで更なる空気抵抗の低減について話し合いました。 10チーム以上が参加し、試行錯誤を繰り返して車体の改良を行いました。 再計測の結果、2年生チームが空気抵抗の最小計測値を記録し、優勝しました。 コンテストに先立ち、トヨタ技術会による次世代モビリティや先進技術の体験と、技術者の仕事紹介、トヨタ自動車の市販車の展示がありました。 カテゴリー: 11月15日、本校において第91回選抜高校野球「21世紀枠」伝達表彰式が行われました。 硬式野球部は、秋季県大会ベスト8に加え、春季県大会・夏の選手権大会でもベスト8に進出したこと、文武両道を高いレベルで実現していること、投手の球の回転速度や打者のスイングスピードなどを数値化し、データに基づく理論的な野球を実践していることなど、顧問・部員が一体となった取組が評価され、「21世紀枠」の県推薦校に選出されました。 表彰式では、田原宏志朗主将が「歴史と伝統ある野球部であるということに加え、『21世紀枠』の県代表校であるという自覚と責任感をもって、日常生活から意識を高めていきたい」と、力強く抱負を語りました。 カテゴリー: 10月23日から26日まで、2年生が長崎方面へ修学旅行に行きました。 初日はクラス別研修として、九十九島パールシーリゾートと柳川下りに別れ、それぞれ自然と文化の素晴らしさに感動しました。 2日目からはA団、B団に分かれた日程でしたが、それぞれが、クラス対抗の長崎ペーロン競漕では全員が太鼓の音に気持ちを合わせて精一杯漕ぎ、ハウステンボスでは更に仲間との絆を深めました。 長崎では長崎原爆資料館で被爆者の方の講話を聞いて平和の尊さと戦争の悲惨さを学び、その後の班別研修でそれぞれ有意義な時間を過ごすことができました。 最終日には九州国立博物館と太宰府天満宮に行き、今後の学習への思いを新たにしました。 天候にも恵まれ、トラブルも無く皆元気で過ごすことができ、本当に有意義な4日間でした。 カテゴリー: 9月7日5限目、2年生のFPT 総合的な学習の時間 において、大学や大学院で専門分野を学んでいる卒業生を囲んでディスカッションを行う「卒業生と語る会」を実施しました。 6月に引き続いて2回目ですが、今回は大学4年生、6年生、大学院修士課程2年生に在籍する卒業生約30名を招き、12の学問分野に分かれて大学での専門的な学びや就職活動など、体験を交えた貴重な話を聞く機会となりました。 さらに放課後には、京都大学医学研究科博士課程に在籍する卒業生を囲んだ座談会を実施し、1~3年生の希望者が参加しました。 参加した生徒達は、先輩の話に熱心に耳を傾け積極的に質問し、自分の進路に対する意識を高めることができました。 カテゴリー: 8/13から5日間にわたり、49名(岐阜高校37名、大垣北高校12名)の生徒が海外の大学生・院生と共に英語で学ぶ研修に参加しました。 ポジティブシンキングの重要性からリーダーシップ、原子力エネルギーの是非、平和、グローバル社会の中での日本の役割、SDGs等、様々なテーマについて討論や発表を行うことにより、同世代の学生の考え方や生き方に直接触れ、世界の様々なものの見方を感じ取り、積極性・主体性・チャレンジ精神の涵養を図るとともに英語力及びコミュニケーション力を高めることができました。 初日は緊張した様子が見られましたが、最終日のプレゼンテーションでは、参加者や保護者の見守る中で、本プログラムを通して自分が達成したことや将来の目標について堂々とした発表を行い、5日間の大きな成果が感じられました。 カテゴリー: 8月6日 月 、7日 火 の2日間、東京品川のきゅりあん(品川区立総合区民会館) で全国高校教育模擬国連大会が開催されました。 この大会は、国連会議のシミュレーション 模擬国連 を通じて、現代の世界におけるさまざまな課題について学ぶことを目的としています。 本校からは1・2年生合わせて8チーム16名が出場しました。 全国から71校、500名近い高校生が集まり、各国の大使として今年度の議題「サイバーセキュリティ」について英語によるプレゼンテーションを行い、議論を展開しました。 グローバル化と情報化が一体となって進む現代社会において、サイバーセキュリティは喫緊の課題といえます。 しかし、情報化の進展ぶりは各国間で差が大きく、共通の課題として論じるのは難しかったようです。 A~Dの4議場ではそれぞれ活発に議論が交わされました。 閉会式の場で表彰が行われましたが、本校からはA議場の優秀賞として、堀・大野ペアが表彰されました。 全国の高校生との交流を通して、多くのことを学んだ二日間でした。 カテゴリー:.

次の

県高校野球独自大会 7月11日開幕

高校 野球 岐阜

選抜高校野球2020 県立岐阜商業 野球部 特集! は8月10日 月 開幕、 県立岐阜商業 野球部 ベンチ入りメンバー(出身・中学校を含む)およびチームの注目選手(投手・打者)を紹介する。 名将 鍛治舍巧監督が18年3月から母校・県岐阜商高校を率いて、いよいよ、変更した伝統のユニホームを身に纏い、聖地に登場する。 変更した伝統のユニホームが聖地に登場する。 すでに2月上旬発売雑誌には「他の出場校の分析も済んでいて心配はありません」とのコメントを残している。 ・ 秋は「逆転の県岐阜商業」だった。 県大会準決勝・大垣西戦は、5点を追う展開から逆転。 決勝の大垣商業戦は、3点リードされる展開を制して優勝。 東海大会準決勝・加藤学園戦では、3点を追う終盤から延長10回サヨナラ勝利。 東海大会決勝では、秋の日本一・中京大中京と接戦を演じ、 センバツのダークホースと目される。 ・注目は、 (主将)。 高校通算は34本塁打の強打者。 1kgのマスコットバットを振り込り、チームの誰もが認める努力家。 佐々木について、 枚方ボーイズでも指導経験のある鍛治舎監督が「これまで預かった中で一番。 藤原恭大、小園海斗よりもいい」と言わしめるプレイヤーだ。 スイングスピードは驚異の150キロ。 ・ 140キロ超えの投手が5人。 森大河は、最速145キロのエース。 控えの松野匠馬(2年)は、最速142キロも100キロを切るカーブなどで打者を翻弄。 西内勇人は最速140キロ台がアベレージ。 クローザー・佐々木泰(主将)は143キロを、先発に使うなどの起用法も。 5人目は、身長185センチの捕手の高木翔斗(2年)、投手陣をリードしながら自身もマウンドに立つ。 中学時代からのチームメートである佐々木泰主将、服部圭吾と「一緒に甲子園に行こう」と県岐阜商入学を決めた。 2019年春の県大会前、練習試合で右手を骨折。 回復を待つ間、下半身を重点的に鍛え、前のめりがちだったフォームに安定感が増した。 ・ 注目投手は、(2年)。 秋の背番号は18。 秋の東海大会では、全3試合で先発するなど、鍛冶舎監督の信頼が厚い新2年生左腕だ。 最速は141キロ、キレのある変化球を持つ。 中学時代は西濃ボーイズに所属し、各地から声がかかるなど注目されてきた逸材だ。 「大会までには 全員を145キロ以上にして、動く球と落ちる球を習得させる」と鍛治舍巧監督。 ・県立岐阜商業で 祖父・父と3代続けての甲子園出場を果たすのは、新2年生右腕の。 最速142キロの3代目松野家にも注目。 ・ (2年)は注目の強打者。 鍛治舎監督と広部といえば、ピンと来る人も多いと思うが、この広部の兄は、あの熊本・秀岳館で3季連続甲子園4強に進出した 広部就平(現在は中部学院大学で活躍中)だ。 身長165センチながら、そのフルスイングで本塁打を量産中。 ・鍛治舍巧監督は、秀岳館(熊本)に2014年4月に就任し、3年目の16年春から4季連続甲子園出場。 16年春から17年春まで3大会連続で4強進出。 「1日1200回スイング」「270日間で2100キロ走り込む」など数値目標を立て、母校を一層の強豪校へ導く。 ・毎日のトレーニングは、親指・人差し指・中指をつかった3本指立て伏せが100回。 そして、膝を立てての腹筋が300回がルーティン。 鍛治舎監督は「 投手なら145キロ、打者ならスイングスピードが145キロをミニマムな数値目標として設定」している。 レギュラー陣は、140キロを超え、振りまけない。 ・センバツ決定後にはユニホームの「GIFUSHO」のカラーを、橙色からロイヤルブルーに変更。 ・ 県立岐阜商業の応援団は、現在14人。 全員が女子生徒で学ランに身を包む。 野球応援は、鍛治舎巧監督の就任時に以前とは曲目などを大きく変更。 一回の攻撃の前には団長によるソロの歌い上げから、「出陣のテーマ」へつなげていく。 センバツに向けて、メガホンや学ランも新調。 2005年秋には、当時の3年生が引退すると、部員はゼロに。 兼部や女子の入部を認めることで存続。 しかし、2007年に当時唯一の男子部員が退部以降は、現在まで女子部員のみ。 打率・防御率・本塁打・部員数(秋) 【成績】東海準優勝、岐阜優勝 【評価】A=0、B=5、C=0 スポーツ紙5紙 【打率】. 349 【防御率】2. 41 【得点】57点 4. 【特集ページ/春出場回数/スポーツ5紙 評価数】 【21世紀枠:3校】 ・: 初出場 A0 B0 C5 ・: 3回目 A0 B1 C4 ・: 初出場 A0 B1 C4 【北海道:1校】 ・: 初出場(優勝、神宮4強)A0 B5 C0 【東北:2校】 ・: 13回目(優勝)A4 B1 C0 ・: 2回目(準優)A0 B5 C0 【関東・東京:6校】 ・ ・: 4回目(優勝、神宮準優)A5 B0 C0 ・: 4回目(準優)A0 B5 C0 ・: 11回目(4強)A3 B2 C0 ・: 6回目(4強)A0 B4 C1 ・: 10回目(優勝)A0 B4 C1 ・: 5回目(8強)A0 B5 C0 【東海:2校】 ・: 31回目(優勝、神宮優勝)A5 B0 C0 ・: 19回目(準優)A0 B5 C0 【明治神宮枠 東海:1校】 ・: 初出場 A0 B3 C2 【北信越:2校】 ・: 14回目(優勝)A1 B4 C0 ・: 2回目(準優)A0 B3 C2 【近畿:6校】 ・: 24回目(優勝、神宮4強)A3 B2 C0 ・: 11回目(準優)A5 B0 C0 ・: 9回目(4強)A4 B1 C0 ・: 13回目(4強)A0 B5 C0 ・: 3回目(8強)A2 B3 C0 ・: 14回目(8強)A0 B5 C0 【中国・四国:5校】 ・ ・: 4回目(優勝)A0 B5 C0 ・: 2回目(準優)A0 B5 C0 ・: 19回目(優勝)A0 B5 C0 ・: 7回目(準優)A0 B4 C1 ・: 2回目(4強)A0 B4 C1 【九州:4校】 ・: 4回目(優勝)A1 B4 C0 ・: 6回目(準優)A0 B5 C0 ・: 4回目(4強)A0 B3 C2 ・: 初出場(4強)A0 B3 C2.

次の