統合失調症 英語。 統合失調症は人間らしさの行き過ぎ『天才と分裂病の進化論』【書評】

統合失調症の「空笑」は理由もなくニヤニヤ笑う症状

統合失調症 英語

空笑は幻覚妄想に支配されて起こる症状 空笑は字のごとく空笑いのことで、見た目は思い出し笑いのようにニヤニヤと笑う状態です。 でもその笑いは周囲の状況に全くそぐわないので違和感があります。 本人にはおそらく笑う理由があり、その根底には幻覚妄想があると考えられます。 【幻覚・妄想】 幻覚と妄想は、統合失調症の代表的な症状です。 幻覚や妄想は統合失調症だけでなく、ほかのいろいろな精神疾患でも認められますが、統合失調症の幻覚や妄想には一定の特徴があります。 幻覚と妄想をまとめて「陽性症状」と呼ぶことがあります。 周りの人からは、幻聴に聞きいってニヤニヤ笑ったり(空笑)、幻聴との対話でブツブツ言ったりする(独語)と見えるため奇妙だと思われ、その苦しさを理解してもらいにくいことがあります。 出典元 上記の通りに幻覚妄想は統合失調症にありふれた症状であり、空笑も幻覚妄想があることを意味していると言えます。 急に攻撃的に家族の責任を問い始めるのも、滅茶苦茶な暴言や要求の数々も、イライラして物を壊す行為も、ただ感情の自制が効かないだけと思いたかったのです。 どこから出てきたのかと思うような妄想思考も「こうありたい」という理想が空想となって出てくる、根拠のあるものと思いたかったのです。 支離滅裂なわけではないし、意識もちゃんとあるし、ほとんど話さないけど意思の疎通はできていたのです。 私がそれを見たのは、二人で高校の説明会に行った時です。 説明会で隣に座っていた息子は、なぜか必死で笑いをこらえ時々肩が震えているのがとても奇妙でした。 ニヤニヤして吹き出したりするので、何がおかしいのかを尋ねてみました。 すると息子は斜め前の席を指さし、理由は言わずにまた吹き出すのです。 斜め前には何の特徴もない人の背中がありました。 結局、その人のことなどどうでもよいのでしょう。 それは全くその場にはそぐわない空笑であり、私には理解できない笑いの理由が彼の中に発生していたと思います。 私はその空笑に対して、見てはいけないものを見たような気がして背筋が凍るような思いになりました。 統合失調症の進行の不安 ひきこもっていて中学の卒業式も出席できなかったのに、それ以降は同行で少し外出ができるようになっていました。 高校生になるので服が欲しいと言い、一緒に服を買いに行ったりもしました。 ひきこもりだったので服など不要な状態でしたが、おしゃれに関心が向いてきたのかと思って喜んで連れ出したのです。 相変わらず過敏で気を遣うけど、それまでの無表情が少し明るくなったように見えて、このままいい方向に立ち直ってくれるのではないかと思いました。 でも明るくなったように見えていたのは、ピリピリした硬い表情がニヤニヤした表情に変わってきたのをそのように解釈しただけで、統合失調症の典型的な症状が現れ始めていたのでしょう。 空笑があるということは、幻覚妄想があるということに結びつきます。 幻聴があるような様子には見えなかったけれど、実はそういう症状が以前からあり、それがあのノートに書かれた文章なのかもしれないなどと考えました。 そしてこれはやはり統合失調症に違いないと思い、この先の闇は深いような予感がして絶望的な気持ちになりました。

次の

統合失調症ってどんな病気?2つのタイプの症状とは [統合失調症] All About

統合失調症 英語

私たちの脳では神経伝達物質のドパミンが目や耳から受け取った情報を伝達しています。 しかし、統合失調症では部分的にドパミンの伝達が過剰になり、神経の働きが過敏になって、幻覚や妄想などの陽性症状が現れます。 「陽性」とは、本来"ない"はずのものが "ある"ということです。 陽性症状には、主に 幻覚と 妄想があります。 特に幻聴は正常かどうか区別がつきにくいです。 そのため、病気の症状なのか現実なのかわからなく、病気だという認識がなかなかつきにくいという特徴があります。 妄想とは現実的ではない考えを信じて、そのことに心がとらわれてしまうことです。 自分と外界との関わりの中で妄想を持つため、社会的な背景や文化的な特色などの影響を受けることもあります。 統合失調症の患者さんのほとんどは、「自分が病気だ」という認識はありません。 幻視や幻聴などは、本人にとってはすべて本当のことに思えているからです。 そのため、周囲の人が病気に気付くことが重要です。 陽性症状が現れていれば気付きやすいのですが、できればその一歩手前で気付くことができるのが理想です。 一番のサインは、「これまでできていた普通のことができなくなる」ことです。 「朝起きて身支度をする」「朝食を食べて学校に行く」「友達づきあいをする」などのことが急にできなくなり、ふさぎ込むようになったら、「病気の前兆かもしれない」ということを念頭に置いてください。 子どもが学校に行かなくなる原因はさまざまですが、統合失調症の可能性があることも知っておくと、対応がしやすくなるかもしれません。 サインに気付いたら、頭ごなしに否定したりせず、まずは話を聞きましょう。 本人はこれまでできていたことができなくなり、つらく苦しい気持ちを抱えています。 幻覚や妄想も、本人にとっては現実です。 「そういう体験をしているのだ」と受け止めて、よく聞くことが大切です。 精神科の受診を検討することも 病気の前兆かもしれないと感じたら、家族だけで抱え込まずに、まずは担任の先生やスクールカウンセラー、全国の都道府県や政令指定都市に設置されている精神保健福祉センターなどに相談してみてください。 幻覚や妄想などの症状があれば、精神科の受診が勧められます。 患者さんは受診を嫌がることも多いですが、「眠れない」「食欲がない」など体の不調を抱えていることが多く、症状のために「つらさ」を感じています。 「体の不調や、そのつらさが心配だから、病院で相談してみよう」と伝えると、患者さんは受診しやすいようです。 早期発見・早期治療が大切 この時期に適切な治療を受けることで、発症を遅らせたり、重症化を防ぐことが可能です。 病気に対する正しい知識を身につけ、生活環境を整えたり、休息をとるなど日常生活での注意点の指導が行われます。 なるべく早い段階で、治療に入ることが、その後、改善に影響するということがアメリカの大規模な研究で分かっていますので、早期発見、早期治療、これが大切なポイントです。

次の

統合失調症

統合失調症 英語

症状は陽性、陰性の2つのタイプに分けられます 統合失調症は代表的な心の病気の一つです。 この病気は10代、20代の若い年代に発症する事が多く、発症率は人口の1%前後です。 統合失調症は日常生活に大きな支障を生じさせる可能性があり、軽くみることはできません。 病気の発症後、治療を受けないでいると、その症状のため、発症以前のような生活を送ることは困難です。 今回は統合失調症とはどんな病気なのか、うまくイメージできますよう、その症状をメインに解説します。 統合失調症の陽性症状と陰性症状 統合失調症の症状には大まかに 「陽性症状」、 「陰性症状」という2つのタイプがあります。 その違いの目安は、陽性症状は幻聴など、本来あるべき、あるいは見られるべきではないことが現われていること。 一方、陰性症状は感情の鈍磨など、本来あるべき、あるいは見られるべきものが見られないことです。 陽性症状は病気の急性期を特徴づける症状で、深刻な症状と言えますが、病気の発症後、年数を経るにつれ、症状の程度はマイルドになっていく傾向があります。 一方、陰性症状は病気の発症後、年数を経るにつれ、次第に目立ってくる傾向があります。 以下に陽性症状、陰性症状をまとめます。 幻覚(幻聴、幻視など)• 思考の障害(思考の途絶、支離滅裂な言語など)• 感情の鈍磨• 興味の喪失• 喜びを感じにくい• 意欲の低下• 会話の減少 それは統合失調症の兆候かも!? 統合失調症の発症前には、それまでには見られない異変が現われることが少なくありません。 こうした異変には次のようなものがあります。 不眠、昼夜逆転など睡眠パターンに大きな変化• 頭痛、腹痛など身体症状を頻繁に訴える• 他人に対して猜疑心が強くなるなど、性格に変化• 学業や仕事のパフォーマンスが顕著に低下している• 非常に抽象的なテーマを急に好むようになっている• まわりが違和感を覚えるような話し方や 行動がある こうした異変は程度の差を除けば誰にでも場合によっては現われ得る異変で、それをはっきりと「異変」と認識することは、周囲の人にはかなり難しい事かと思います。 実際、上記のような異変に気付いて、すぐ精神科を受診することは少ないです。 しかし統合失調症の予後を良好にする大きなポイントは、できるだけ早く治療を開始することで、精神科(神経科)を出来るだけ早く受診するためには、異変を見逃さないに越した事はありません。 例えば突然、学校へ行かなくなり、部屋に引きこもり、服を着替えない、歯をみがかない、顔も洗わないといったような時はさまざまな原因が考えられるでしょうが、統合失調症を発症しつつあるということも、その原因の一つになり得ることはぜひ、認識したいところです。 統合失調を発症する原因はよく分かっていない ところで、どうしてこの病気が発症するのか厳密にはよく分かっていません。 遺伝子レベルで元々なり易い傾向がある人が何らかのストレスを契機に発症するとは考えられていますが、どんなストレスが統合失調症の発症につながるかは一概には言えません。 それは大きなストレスかもしれませんし、ごくありふれた日常的なものかもしれません。 しかし一度、発症してしまったら、病気が進行しないよう、迅速に治療を開始する必要があります。 治療は一般に長期戦ですが、統合失調症と闘いながら素晴らしい音楽活動をされている有名なトランペッター、の例もあります。 統合失調症の発症後も高いレベルで社会生活を送ることは可能であること、そして近年における医学の進歩は急速で、統合失調症の治療法もどんどん進歩している最中だという事は是非認識しておきたい事です。 <All About関連>•

次の