あの頃君を追いかけた 主題歌。 『あの頃、君を追いかけた』感想レビュー。キミオイ日本版がオリジナル台湾版に似せた理由とは

あの頃、君を追いかけた

あの頃君を追いかけた 主題歌

同楽曲は、主演に山田裕貴、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥を迎えた 映画『あの頃、君を追いかけた』の主題歌になっています。 Thinking Dogsが、この映画の為に書き下ろした 渾身のラブソングバラードです。 今回は、「言えなかったこと」の 歌詞の意味を考察し解説します。 「言えなかったこと」の歌詞の意味については、 親しみやすくするために 主人公の言葉や気持ちを代弁する形をとっています。 それでは、さっそく見ていきましょう。 Thinking Dogs「言えなかったこと」歌詞 言えなかったこと 作詞 秋元康 作曲 石井健太郎 偶然 君を見かけて あたりさわりない話をして 時々 ぎこちなくなる 僕の秘密は 何年経っても切ない痛み 君の微笑みが幸せそうで なぜ僕の胸の奥 ざわついてるのか? 言えなかったこと あの頃から 心のどこかに引っかかったまま 何年かぶりに会った瞬間 言葉にしたくなるなんて 今でも.. 運命なんて知らずに 別々の道を歩いて来た 時計を巻き戻したら 今度こそはもっと素直になれるだろうか? 互いの近況を報告し合って でも僕は一つだけ嘘をついたんだ 言えなかったこと もしかしたら 気づかぬふりをしていたやさしさか 届かなかった想いだから こんなに切ないのだろう 今でも… 君の目を見ながら考えた 今ならどんな言葉をかけるか 胸に溢れる愛は 言葉に出したら何かが消えてしまう 言えなかったこと あの頃から 心のどこかに引っかかったまま 何年かぶりに会った瞬間 言葉にしたくなるなんて 今でも.. 誤字脱字等ありましたらご容赦ください。 公式発表後、正式な歌詞をアップいたします。 あの時、素直に気持ちを伝えてたら、 付き合ってたかもしれない、 あの時、素直な気持ちでごめんねの言葉を伝えてたら 別れなくて済んだかもしれない、 そんなことばかりです。 彼は、後日再会したときに、言えなかったことを 彼女に伝えるのは、違うような気がしています。 私もそう思います。 それはそれで、淡く切ない思い出のまま封印しておくのが いつまでも心の中で綺麗な形を保てるような気がします。 あの頃から君が好きだった、今でも気持ちは変わらない なんて、いまさら言われても彼女は困るだけですしね。 「言えなかったこと」。 誰しも持っていますが、それを胸の奥に仕舞い込んで 生きていくことも美徳なのではないでしょうか。。

次の

台湾映画「あの頃、君を追いかけた」は主題歌もおすすめ

あの頃君を追いかけた 主題歌

映画『あの頃、君を追いかけた』は、台湾で社会現象となった大ヒット作をもとに、舞台を日本に移し再映画化した青春ストーリー。 主演は山田裕貴、ヒロイン役に齋藤飛鳥 乃木坂46 を迎え、さらに映画・テレビドラマと大活躍の松本穂香や中田圭祐、佐久本宝、國島直希、遊佐亮介など個性が光る旬の若手俳優たちが結集した。 こちらは2018年10月5日 金 に全国公開されます。 Thinking Dogsが歌う「言えなかったこと」は、この映画のために書き下ろされた新曲で、Thinking Dogsとしては初めてとなるバラード。 ヴォーカル・TSUBASAの表現力溢れる歌声も魅力的な楽曲に。 今回の映画とのコラボレーションMusic Videoは、映画の印象的なシーンが散りばめられ、 「言えなかったこと」の歌詞と映画から溢れ出る感情がシンクロしたビデオとなっています。 youtube. また、リリース前日となる9月25日 火 には、表参道GROUNDでワンマンライブも開催されます。 TSUBASA Vo. 、わちゅ~ Ba. 、Jun G. 、大輝 Dr. からなる4人編成のロックバンド。 2014年夏に行われた大型ロックフェスティバル「イナズマロックフェス2014」連動型のオーディション 「イナズマゲート 2014」へ出場。 ライブパフォーマンスが評価され、ファイナリストとして選定。 準グランプリを獲得。 メンバーチェンジを経てThinking Dogsと改名し、2015年6月にシングル「世界は終わらない」でメジャーデビューを果たす。

次の

【切ない結末】映画『あの頃、君を追いかけた』のあらすじと各シーンのネタバレ考察|メディアホリック

あの頃君を追いかけた 主題歌

映画の内容は台湾人男性のシャイな部分が多く描かれていました。 実は実際にこんなシャイな台湾人男性の友達がいるので何度も重ねあわせて見ていました。 女子からみると煮え切れないシャイさがあります。 日本人女性の反応はシャイ過ぎて伝わってこないという感想も聞いたことがあります。 学生時代の甘酸っぱい実らない恋です。 しかしこれが実らないのは偶然だけでなく、男子の押しが足らないようにも思いました。 これがシャイさなのかも。 実際にいる台湾人男子の友達も押しが弱くシャイで恋愛に不器用です。 そこが素直でいいところでもあるのですが、同年代の女子にはウケが良くない。 しかし年上の女性には好かれていました。 求めていないのに皮肉なことです。 年上の女性からはグイグイ迫られて苦笑していたのを見たことがあります。 もしも台湾人と恋をしたらと想像しながら見るとおもしろいかもしれません。 自分だったらこうするかもとか、こうされたらうれしいのにとか、あれは好きというサインなのに見逃しちゃったとか。 何回も繰り返す言葉や、この主題歌は耳に残ります。 耳に残るということはそれだけで中国語単語を覚えている証拠です。 いい映画は中国語の勉強にもなります。 写真は淡水で撮ったものです。

次の