ローレンス ストロール。 ローレンス・ストロール、アストンマーティンF1に260億円の投資 【 F1

ランスストロール(F1)の父親ローレンスは大富豪!母親は?家族をリサーチ!

ローレンス ストロール

経歴 [ ] 初期の経歴 (2008年-2014年) [ ] ストロールは、地元・ケベック州や国内の選手権を転戦しながらキャリアを重ねていった。 には、「カナディアン・ナショナル・カーティング・チャンピオンシップ - ロータックス・ジュニアクラス」やで開催されている「フロリダ・ウィンター・ツアー - ロータックス・ミニ・マックスクラス」などでシリーズタイトルを獲得。 11歳ながらのドライバー育成プログラム「 FDA 」のメンバーに選ばれた。 からはへ渡り、「イタリアン・チャンピオンシップ - KF3クラス」や「WSK ファイナル・カップ - KF3クラス」へ参戦した。 翌年は、カートからへステップアップする。 から「」へ参戦。 ルーキーイヤーながらも優勝7回を含む331ポイントの大量点を獲得し、2位と94ポイントの大差を付け選手権初出場・初タイトルを達成した。 2015年 [ ] へ参戦しているストロール。 (2015年) 年の初めにで開催されている「 ()」への参戦が決まり、()から出走した。 16レースの内4回の優勝・表彰台圏内10回を記録し、初出場でシリーズタイトルを獲得した。 その後は、プレマ・パワーチームから「」へ出場する。 最終戦・レース1で初優勝を決めシーズンを通じ231ポイントを獲得、総合6位となった。 11月には、同チームから「」へ出場。 予選レースでは13位 、決勝レースでは順位を上げ8位でチェッカーを受けた。 ストロールは11月11日、に参戦しているとテストドライバーとして新たに契約した。 そのため2010年から6年間在籍したフェラーリ・ドライバー・アカデミーを離れることとなった。 2016年 [ ] プレマ・パワーチームへ残留し、2年目のヨーロッパF3選手権へ挑むことが決まる。 新たに「」へ参戦し、から出走した。 開幕戦ので5位入賞を果たした。 またヨーロッパF3でもシリーズチャンピオンを獲得した。 F1での経歴 [ ] 2017年 [ ] をドライブするストロール。 () 11月3日、この年限りでF1引退を表明していたの後任としてよりより参戦することが発表された。 に同チームでチャンピオンを獲得した以来、11年ぶりのカナダ人F1ドライバーとなる。 カーナンバーは「18」を選択した。 また2017年に参戦するドライバー、さらにウィリアムズチームのドライバーとしても史上最年少での参戦となる。 2017年1月16日、チームメイトとなる予定であったが、前年王者の電撃引退に伴う後任としてへ移籍したことから、マッサが引退を撤回してチームメイトとなった。 ランスの父親は日本円にして約82億円の資金をウィリアムズに提供し、ペイドライバーとしての持ち込み史上最高額を更新。 シーズン中、ヴィルヌーヴはストロールの力量を酷評したが、チームはヴィルヌーヴのチーム内への出入りを禁じることでストロールの立場を擁護している。 初参戦の開幕戦の予選は19位であったが、これはに在籍していたメンバーの中では最も低い順位を記録。 第2戦では予選Q3入りを果たし10位スタートも、決勝は1周目にの接触を受けリタイア。 第3戦でもに追突されリタイアを喫するなどデビュー3戦をリタイアで終える苦しいスタートとなった。 この接触でペナルティを科されたサインツは、「相手がもう少し経験者だったならこっちの姿が見えたはずだし、コーナーでスペースを開けてくれただろう」とストロールの経験不足を指摘している。 チームメイトのマッサと比べて見劣りする場面が目立つが、母国でもある第7戦では9位に入り初入賞を果たし、のヴィルヌーヴ以来21年ぶりとなるでの母国ドライバーの入賞となった。 つづく第8戦では大波乱のレースをかいくぐり終盤まで2位を走行。 フィニッシュ直前でボッタスにかわされたが3位に入り初表彰台を獲得。 のヴィルヌーヴ以来16年ぶりとなるカナダ人ドライバーの表彰台となった。 これにより「ルーキーイヤー初表彰台最年少記録」を更新した。 ではレッドブル勢の降格もあり、フロントローを獲得からの決勝で7位入賞と、時々才能を見せている。 最終的にチームメイトのマッサから3ポイント少ないだけの40ポイントを獲得しランキング12位。 ルーキーとしてはまずまずの成績でシーズンを終えた。 なお彼がアゼルバイジャンGPで獲得した3位表彰台は、この年のトップ3チーム(メルセデス、フェラーリ、レッドブル)以外のチームのドライバーが獲得した唯一の表彰台であった。 「下位カテゴリーでの経験が生きやすい」らしく、ウィリアムズがチームとしては苦手としている市街地コース、低速コース、雨のどれかが絡んだレースで結果を残す形となった。 2018年 [ ] F1開幕前の1月にに参戦。 デイトナは2016年以来2年ぶりの参戦となった。 レース本番は一時4位にまで浮上するものの、トラブル続きで最終的に15位完走という結果となった。 F1ではチームメイトはマッサが引退しが加入。 開幕からマシン開発の失敗もあり苦戦が続き、でようやく8位入賞、でシロトキンを従え9位入賞したが、結果的にこの2戦のみの入賞で終わった。 ただ、シロトキンがルーキーということもあり苦戦し、特筆する結果も残せなかったのに対し、前述の入賞とイタリアGPで予選Q3進出を達成しており、一応結果を残した。 そのアブダビテストの初日午後にレーシング・ポイントのドライバーとして参加し 、正式に起用が発表された。 2019年 [ ] 前年のアブダビテストで(旧)と契約したことが発表され、同チームからF1に参戦する。 チームメイトは。 開幕戦を9位入賞でスタートしたが、チームも認めたようにマシンの戦闘力に悩み苦戦。 ペレスに後れを取ることが目立っており、特に第10戦まで予選Q1落ちが続くほどであった。 一方で、予選成績が悪いなかでも時折入賞しており、特に第11戦では、予選Q2の15位敗退ながらも終盤のピット戦略がはまり、他のマシンのピットインの影響で1周未満ではあるが一時的なトップ走行を果たし、最終的に4位入賞を果たした。 エピソード [ ] 父親のローレンス・ストロールは、など複数の大手ファッションブランドの大株主として知られる。 F1では新人ドライバーが慣れないサーキットへの習熟に苦しむことが多い中、父親からの資金援助を背景に、2016年から2017年にかけて、事前テストが困難な市街地コースを除くほぼ全てのF1開催サーキットで事前テストを行った。 のテスト規制ルールに抵触しないよう、は2年落ちである2014年に使用されたを用いたが、ウィリアムズからはメカニック20人・エンジニア5人からなるテストチームが派遣され、もこのテスト用にパワーユニット2台を供給している。 新人ドライバーがこの種のテストを参戦前にここまで大規模に行うのは、レギュレーション変更 以後は極めて異例の待遇である。 日本も例外ではなく、でも日本GP直前の2017年9月にサーキット貸切でのプライベートテストを実施した。 実際この事前テストの結果をレース用のマシン()にフィードバックすることも少なくなかったという。 ストロールがフェラーリ・ドライバー・アカデミー FDA を離れた際、FDAの責任者だったも一緒に辞めて、個人アドバイザーとしてストロールの面倒を見ている。 またF1デビュー当初から個人専属の広報担当をつけているのも異例で、元ウィリアムズ・・の広報として30年以上F1の世界で活動し、F1界の大御所の一人であるを招聘できるほどの「特別待遇」で迎えられている。 (現時点) FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権 [ ] 年 エントラント エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 DC ポイント 6 4 Ret 6 14 6 9 10 4 11 Ret DSQ 31 Ret EX 8 4 26 4 Ret 5 4 3 5 4 3 3 9 3 2 1 6 Ret 5位 231 1 Ret 5 4 8 3 9 4 2 2 1 1 1 2 1 1 Ret Ret 1 Ret 4 1 1 2 2 1 1 1 1 1 1位 507• 太字は、 斜字は。 6 - - - - - - - - - -• 太字は、 斜字は。 (現時点) 脚注 [ ] []• F1-Gate. com 2010年6月10日. 2016年9月1日閲覧。 AUTO SPORT web 2015年11月22日. 2016年9月1日閲覧。 AUTO SPORT web 2015年11月21日. 2016年9月1日閲覧。 AUTO SPORT web 2015年11月27日. 2016年9月1日閲覧。 F1-Gate. com 2016年11月3日. 2016年11月4日閲覧。 F1-Gate. com 2016年12月7日. 2016年12月7日閲覧。 AUTO SPORT web 2017年1月17日. 2017年1月17日閲覧。 F1-Gate. com. 2016年11月5日. 2017年4月22日閲覧。 2017年7月20日. 2017年7月20日閲覧。 ESPN F1 2017年4月22日. 2017年4月22日閲覧。 - オートスポーツ・2017年12月2日• アロンソのデイトナ24初挑戦はブレーキ問題に苦悩] - ESPN F1・2018年1月29日• f1-gate. com. 2018年8月24日. 2018年9月14日閲覧。 - jp. motorsport. com・2018年10月23日• reuters. com. 2018年11月28日閲覧。 www. sanspo. com 2018年12月1日. 2018年12月1日閲覧。 com 2017年6月25日• 2007年にシーズン中のテストに制限がかかるまで、無制限にテストを行えた。 や日本のエンジンメーカーもこの恩恵を受けた(、)。 の無線発言に対し、「昔みたいにいくらでもなんでもいじれれば、たぶん、本田さんのことですから・・・」「今のレギュレーションですと、何もいじれないんでね、シーズン中になっちゃうと・・・」とのフジテレビ実況で解説したのはである。 - Formula Web・2017年9月16日• オートスポーツweb 2016年1月5日. - オートスポーツ・2017年4月12日 外部リンク [ ]• - Driver Database•

次の

ランス・ストロールの父は大富豪?セレブ一家に育ったストロールの実力は?

ローレンス ストロール

レーシング・ポイントF1チームのオーナーであるローレンス・ストロールが率いる投資ファンドは、アストンマーティンへの投資への増額し、持ち株比率を25%まで増やした。 他の自動車メーカー同様、新型コロナウイルスの世界的な大流行による株式市場への影響より、アストンマーティンの株価は大きな打撃を受け取り、先週、2ポンド未満(260円)まで暴落した。 今年1月、ローレンス・ストロールの投資ファンドは、アストンマーティンの株式の16. 7%を1株あたり4ポンド(530円)、合計1億8200万ポンド(241億円)で取得することに同意していた。 また、この取引は、新たな権利発行による3億1800万ポンド(421億円)の現金投資も含まれ、合計で5億ポンド(662億円)となっていた。 しかし、アストンマーティンの株価の急激な下落を考慮して、ローレンス・ストロールとその投資家グループは根本的な契約の見直しを行った。 その結果、総額5億3600万ポンド(710億円)の資本価値があるとして、ローレンス・ストロールの投資ファンドYew Treeは、1株あたり2. 25ポンド(298円)で25%に上る同社の株式を取得することとなった。 3月16日に予定されていた年次総会が延期となったため、委任状による承認を行う予定となっている。 「アストンマーティン・ラゴンダが事業を展開しているグローバル市場環境には大きな変化があった」とローレンス・ストロールは述べた。 「変わらないのは、ビジネスを再編、管理し、長期的な可能性を実現するために、必要な資金をアストンマーティンに提供するという我々のコミットメントだ」 「最近の株価の動きを受け、取締役会との議論の末、同社の25%の株を買収し、2億6200万ポンド(347億円)の長期的な資本投資を行うこととなった。 アストンマーティンのCEOを務めるアンディ・パーマーは「新型コロナウイルスによる潜在的な影響、特にティア2サプライチェーンへの影響を積極的に監視している。 これまでのところ、生産を中断することはなく、起こりうる予想外のリスクに備えている」とコメント。 「パフォーマンスを改善し、価格のポジショニングを回復するため、需要と供給のバランスの再調整を行った結果、1月と2月の卸売り台数は年間でもっとも少なくなると予想していた。 卸売りはコンサバティブな予測通りとなっており、小売は計画よりもわずかに上回っている」 ローレンス・ストロールは、2021年からレーシング・ポイントF1チームをアストンマーティンにリブランディングしてワークス参戦することを発表している。 しかし、3月18日に電話会議で行われた緊急対策会議でローレンス・ストロールとメルセデスF1チームの代表を務めるトト・ヴォルフは不参加だったことで、メルセデスがF1チームとしての参戦を取りやめ、アストンマーティンとして参戦するとの噂が再浮上している。

次の

【EV投資2025年まで延期】億万長者ストロール アストン マーティンの株式取得 長期計画、大幅変更

ローレンス ストロール

カナダ人大富豪のローレンス・ストロールが、英国アストンマーチンの株式の過半数を取得すべく、水面下で準備を進めているようだ。 Racefansは買収が成功した場合、レーシングポイントF1チームが名称を変更し、アストンマーチンブランドがF1にカムバックする可能性があると考えている。 ランス・ストロールの父ローレンスは、ピエール・カルダンやラルフローレンなどへの投資によって財を成し、一説によると総資産2400億円を持つと言われるほどの大富豪。 息子のF1デビューに際して総額91億円の資金を投じ、その後は投資家コンソーシアムを率いてフォース・インディアを買収した。 入札額は非公開ながらも、その金額は120億円から150億円程度とみられており、英国のファクトリーを拡張すべく現在も多額の投資を続けている。 アストンマーティンは昨年10月にロンドン市場に上場するも、初日取引は新規株式公開価格を下回り、18. 10ポンドで終了。 その後も下落を続け現在では5ポンド前後を推移している。 株価が同社の将来性を反映したものでないとすれば、まさに買い時だが、格付け会社ムーディーズは今年8月に、同社を投資不適格(ジャンク)へと格下げしている。 同社は現在、初のSUV「DBX」の販売に向けてプロモーションを加速させている。 「DB11」や「ヴァンテージ」と同じく、542馬力を発揮する4リッターV8ツインターボを搭載し、基本価格は18万9,000ドル、日本国内では2299万5000円~と非常に高額。 来春に発売が予定されているため、DBXの売上によって同社全体の価値が向上すると踏むならば、今が買収のタイミングだ。 アストンマーチン株の約3分の1は現在、イタリアのプライベート・エクイティ・グループ、Investindustrial傘下のStrategic European Investment Groupが保有している。 Racefansが報じたところによると、株の買収に成功して議決権を得た場合、ストロールはレーシングポイントをアストンマーチンへ改称する事を検討しているという。 なおストロール側はRacefansからの質問に対して、コメントを拒否しているという。 アストンマーチンと言えばレッドブルだ。 アストンマーチンは現在、レッドブルのタイトルスポンサーを務めており、共にミルトンキーンズに拠点を構えている。 レッドブルは少なくとも2021年末まで、ホンダ製F1パワーユニットの供給を受ける事が正式に決定している。 アストンマーチンには、MGU-KとMGU-Hを組み合わせた複雑高価なパワーユニットを開発・製造する資産はないため、短期的には、レッドブルとホンダの関係に大きな影響が及ぶ事はないと思われる。 アストンマーチンは、1959年と60年にDBR4とDBR5を投じてF1世界選手権に参戦するも、ノーポイントに終わり僅か2年で撤退している。

次の