鬼滅の刃 イラスト高画質。 【100+】 鬼滅の刃 壁紙 Pc ~ HDの壁紙画像

【心に響く】鬼滅の刃の名言・名シーン集まとめ

鬼滅の刃 イラスト高画質

今回は、鬼滅の刃の名言・名シーンをまとめてみました。 鬼滅の刃といえば鬼と人間の戦いを描いた作品ですが、「日本一悲しい鬼退治」と言われるだけあって、鬼と人間、それぞれの立場で悲しいストーリーが多いです。 なぜ鬼滅の刃が「日本一悲しい鬼退治」と言われるのかというと鬼滅の刃に登場する鬼の殆どが元は人間で、鬼にも鬼になるだけの理由があったりするからです。 そんな作品に登場するキャラクターたちは、悲しみの中で戦っているので、鬼滅の刃は名言、名シーンの宝庫なんです。 竈門炭治郎• 頑張れ炭治郎頑張れ! 俺は今までよくやってきた! 俺はできる奴だ! そして今日も!これからも! 折れていても! 俺が挫けることは絶対にない!• 地獄の果まで追いかけて 必ずお前の頸に刃を振るう 絶対にお前を 許さない• 俺と禰豆子が必ず!! 悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう!!• 人のためにすることは結局 巡り巡って自分のためにもなっているものだし• 俺と禰豆子の絆は、誰にも 引き裂けない!• 頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!• 失っても失っても生きていくしかないんです。 どんなに打ちのめされようと 婚約者を失った和巳に対し、失っても生きていくしかないんです。 と炭治郎は言います。 「お前になにが分かるんだ」という和巳に炭治郎は優しい笑みを浮かべ手を握ります。 その炭治郎の手の厚みに和巳は言葉はなくても、同じ悲しみを背負っていることを理解します。 醜女のはずないだろう!! よく見てみろこの顔立ちを町でも評判の美人だったぞ。 禰豆子は!! 行くぞいや、行くけれども!! しこめは違うだろぜったーい!もう少し明るいところで見てくれ!もっと!あっちの!ほうでー!! 無惨 お前は 存在してはいけない生き物だ• これ以上被害者を出さないため… 勿論俺は容赦なく鬼の頚に刃を振るいます だけど鬼であることに苦しみ 自らの行いを悔いているものを 踏みつけにはしない 鬼は人間だったんだから 俺と同じ人間だったんだから 足をどけてください 醜い化け物なんかじゃない 鬼は虚しい生き物だ 悲しい生き物だ• 神様どうか この人が今度生まれてくる時は鬼になんてなりませんように• お互いを罵り合ったら駄目だ 名言・名シーンが最も多いのは、やはり主人公の炭治郎です。 ジャンプ主人公らしい素直でいい子な性格 家族を襲った敵である鬼に対してすら最後は優しさを見せることもあります。 その優しいセリフに感動の涙を流した人も多いのではないでしょうか 我妻善逸• うるさい 黙れ!! 俺が どんな想いで こんなこと してると思う!! 適当な穴埋めで上弦の下っぱに入れたのが随分嬉しいようだな• お前が… これ…命より大事なものだって… 言ってたから… 普段は、おふざけ担当の善逸ですが、やるときはやります。 炭治郎から言われた言葉を愚直に守る姿には感動します。 冨岡義勇• 生殺与奪の権を他人に握らせるな• 弱者には何の権利も選択肢もない 悉く力で強者にねじ伏せられるのみ!! 義勇といえば、やはり序盤に出てきた炭治郎に怒りをあらわにするシーンでしょう。 このコマは、鬼滅の刃で最も愛されているコマかもしれません。 時透無一郎• 僕は幸せになるために生まれて来たんだ 時透有一郎• 無一郎の 無 は無限の 無 休むことなく働き続け病になった母を助けるため、嵐の中、父は薬草を取りに外へでます。 そんなある日、子供二人で暮らしていた時透一家に更に鬼がやってくるという災難が襲います。 無一郎が目の前にいることも分からない状態の中で、弟だけは助けてほしいと神に祈っています。 そして「わかっていたんだ本当は、無一郎の無は無限の無なんだ」と最後に言います。 何かをしようとする弟に、やるだけ無駄というような態度を取っていた兄は冷たい人間だなと思っていましたがそれは全て弟を思ってのことだったのです。 悲鳴嶼行冥• 鬼滅の刃名言 必ず無惨を倒して其方へ行く 安心して眠れ 黒死牟との戦いに敗れ、すでに反応がない時透無一郎。 悲鳴嶼行冥は安心して眠れと一言口にして時透無一郎のまぶたを閉じます。 胡蝶しのぶ• 自分の代わりに君が頑張ってくれていると思うと 私は安心する 気持ちが楽になる 煉獄杏寿郎• 胸を張って生きろ 己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと 心を燃やせ 歯を食いしばって前を向け 君が足を止めて踞っても時間の流れば止まってくれない 共に寄り添って悲しんでくれない 鱗滝左近次• 判断が遅い お前はとにかく判断が遅い 今の質問に間髪入れず答えられなかったのは何故か? お前の覚悟が甘いからだ 鬼に対してすら優しさを見せてトドメをさせない炭治郎に禰豆子が人を喰ったらどうするか問います。 またしても答えられない炭治郎に「判断が遅い」と言う鱗滝 産屋敷耀哉• 大切な人が笑顔で天寿を全うするその日まで幸せに暮らせるよう決してその命が理不尽に脅かされることがないよう願うたとえその時自分が生きてその人の傍らにいられなくとも生きていてほしい生き抜いてほしい• これを否定するためには 否定する側もそれ以上のものを 差し出さなければならない 禰豆子が人を襲った時どうするかの決意を義勇と鱗滝が示します。 しかし鬼に対してなにかしら恨みのある柱達は、産屋敷の命令でもそれは受け入れられないといいますが 禰豆子が2年以上も人を喰っていないという事実もあり、人を襲うことも襲わないことも証明できない、そして禰豆子のために2人の命が掛けられている。 これを否定するためには否定する側もそれ以上のものを差し出さなければならないとして曲者揃いの柱達を黙らせます。 大切な人の命を理不尽に奪ったものを 許さないという想いは永遠だ 君は誰にも許されていない この千年間一度も• 永遠というのは人の想いだ 人の想いこそが永遠であり不滅なんだよ 永遠の時を生きる無惨に対して、残り時間がわずかな産屋敷を罵ったときの産屋敷の反論です。 人の命は有限ですが、無限の時を生きる無惨に負けず産屋敷の思いも鬼殺隊も存在し続けるというお館様にふさわしいセリフです。 短命の産屋敷家に生まれながら、命の在り方を熱く語る耀哉はやはり最高のお館様だったと思います。

次の

『鬼滅の刃』23巻 フィギュア付き同梱版が楽天ブックスで予約1位に。

鬼滅の刃 イラスト高画質

第10位 禰豆子が小さくなって逃げるシーン 第10位は炭治郎に逃げるように言われて走り出す禰豆子。 カナヲに狙われて切られそうになった瞬間、背を縮めて子供の姿に変身し「とててててて」と可愛らしい足音を立てて逃げ出します。 最終的には追い詰められてしまいますが、カラスの伝令で本部へ連れ帰るように命令が入り助かりました。 その頃冨岡としのぶは…… しのぶの継子カナヲは禰豆子を追いかけ仕留めようとしていましたが、その頃冨岡も禰豆子を逃がす為にしのぶをアームロックで食い止めていました。 そして2年前からの話で間を伸ばそうとしたところ、しのぶに「嫌われているといった事根に持ってます?」といわれかなりダメージを受けてしまいました。 第7位 天元が最後の言葉を言い残せなかったシーン 第7位は天元が最後の言葉を妻に残……そうとしたシーン。 大けがと毒により瀕死となってしまった天元は最後の言葉を妻たちに残そうとします。 しかし3人の妻のうちの1人が大騒ぎ!天元の言葉を遮ってしまい最後の言葉を告げる事も出来ないまま毒が回って喋れなくなってしまいました。 このシーンはコミカルに描かれていたので助かる気はしていましたが…… 天元を救った救世主は禰豆子 もはやこれまでかと天元もあきらめかけたその時、4人の元へひょっこりやって来たのは禰豆子でした。 禰豆子は天元に触れると毒を燃やす血鬼術で天元の身体から毒を消し去ってしまいます。 しかしその姿はまさに燃えている姿そのもので、一時は妻の1人に怒られてお尻を叩かれそうになりました(笑) 第6位 甘露寺が走り寄ってくるシーン 第6位は個人的に好きだったこのシーン。 刀鍛冶が暮らす里へやって来た炭治郎の元へ甘露寺が泣きながら走り寄ってくるのですが、その際に大きく開いた胸元を見て炭治郎が「乳房が零れ出そうです!」と注意します。 しかも2回も「危ない!!」と真剣に言っている所がなんだか笑える名シーンでした(笑) 第5位 禰豆子の覚醒シーン 第5位は禰豆子が炭治郎のピンチで大人の姿になって鬼化が進んでしまうシーン!体中に紋様のような物と血管が浮き出て、右の額からは鬼の証でもあるツノが生えてしまっています。 こうなった禰豆子はパワーだけでなく再生能力も飛躍的に向上するのですが、自我を失ってしまい本当の鬼になってしまいそうになります。 そんな禰豆子を落ち着かせたのは炭治郎の子守歌 鬼化が進み過ぎて炭治郎でも止められなくなってしまった禰豆子でしたが、天元に「子守歌でも歌ってやれ」といわれて炭治郎は昔母親が歌っていた子守歌を禰豆子に歌って聞かせます。 すると禰豆子はみるみる落ち着きを取り戻し、最終的に子供の姿に戻り涙を流しながら眠りにつきました。 第4位 鱗滝からの手紙を読み上げるシーン 第4位はお館様の前に柱が勢ぞろいしひざをついて話しを聞くシーン。 普段個性が強すぎてまとまりがほとんどない柱たちですが、お館様を前にするとビシッとまとまりを見せます。 この時は炭治郎と禰豆子の事についての話だったのですが、禰豆子の扱いに関して騒ぎ立てる一面もあったものの、お館様が指を口に当てるとぴたりと静まり返りました。 第3位 妓夫太郎兄妹の最後のシーン 第3位は妓夫太郎と堕姫の最後のシーン。 首を切られた2人は顔を向い合せるように転がり激しい口喧嘩を始めてしまいます。 喧嘩はエスカレートし、妓夫太郎はつい「お前なんか生まれて来なきゃよかった」と言いそうに……その時炭治郎は妓夫太郎の口をふさぎ、代わりに「嘘だよ」と言いました。 大泣きする堕姫。 それでも最後は一緒に…… 灰のように消えてしまい死んでしまった2人。 妓夫太郎は地獄へ行く覚悟をして歩き始めます。 そこへやって来た堕姫。 その姿を見ると昔の人間の姿になっていました。 これから地獄へと落ちていく妓夫太郎は堕姫に向かって「お前は反対の明るいほうへ行け」と告げます。 しかし泣きながらずっと一緒だと言って飛びつく堕姫。 2人はそのまま地獄へと仲良く落ちていきました。 第2位 禰豆子が冨岡から炭治郎を守るシーン 第2位は序盤で鬼化した禰豆子が炭治郎を必死に守ろうとするシーン!最初は鬼化の影響で炭治郎の命を狙っていたのですが、冨岡に気絶させられた姿を見ると一瞬の隙をついて炭治郎の元へ駆け寄ります。 この時冨岡も「食われる」と思ったのですが、禰豆子が取った行動は「守る」という行為。 これに驚いた冨岡は禰豆子を気絶させ、殺さずに見逃す事にしました。 第1位 煉獄の最後のシーン 第1位はやはり煉獄の最後のシーン。 現在のところ柱で唯一死んでしまったキャラクターですが、さまざまな名言を残して最後は笑顔で逝ってしまいました。 ちなみにこの笑顔は既に亡くなった母の姿を見て、自分がやるべきことを果たせたか尋ね「立派にできましたよ」と褒められたのを喜んで息を引き取ったシーンです。 名シーンランキングまとめ ここまでランキングを付けてきましたがいかがだったでしょうか?正直他にも沢山名シーンはあって悩みましたが1位は煉獄の最後にしました。 善逸や伊之助の名シーンを上げなくて怒られそうですが、今回はここまででご勘弁願います(笑).

次の

【心に響く】鬼滅の刃の名言・名シーン集まとめ

鬼滅の刃 イラスト高画質

今回は、鬼滅の刃の名言・名シーンをまとめてみました。 鬼滅の刃といえば鬼と人間の戦いを描いた作品ですが、「日本一悲しい鬼退治」と言われるだけあって、鬼と人間、それぞれの立場で悲しいストーリーが多いです。 なぜ鬼滅の刃が「日本一悲しい鬼退治」と言われるのかというと鬼滅の刃に登場する鬼の殆どが元は人間で、鬼にも鬼になるだけの理由があったりするからです。 そんな作品に登場するキャラクターたちは、悲しみの中で戦っているので、鬼滅の刃は名言、名シーンの宝庫なんです。 竈門炭治郎• 頑張れ炭治郎頑張れ! 俺は今までよくやってきた! 俺はできる奴だ! そして今日も!これからも! 折れていても! 俺が挫けることは絶対にない!• 地獄の果まで追いかけて 必ずお前の頸に刃を振るう 絶対にお前を 許さない• 俺と禰豆子が必ず!! 悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう!!• 人のためにすることは結局 巡り巡って自分のためにもなっているものだし• 俺と禰豆子の絆は、誰にも 引き裂けない!• 頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!• 失っても失っても生きていくしかないんです。 どんなに打ちのめされようと 婚約者を失った和巳に対し、失っても生きていくしかないんです。 と炭治郎は言います。 「お前になにが分かるんだ」という和巳に炭治郎は優しい笑みを浮かべ手を握ります。 その炭治郎の手の厚みに和巳は言葉はなくても、同じ悲しみを背負っていることを理解します。 醜女のはずないだろう!! よく見てみろこの顔立ちを町でも評判の美人だったぞ。 禰豆子は!! 行くぞいや、行くけれども!! しこめは違うだろぜったーい!もう少し明るいところで見てくれ!もっと!あっちの!ほうでー!! 無惨 お前は 存在してはいけない生き物だ• これ以上被害者を出さないため… 勿論俺は容赦なく鬼の頚に刃を振るいます だけど鬼であることに苦しみ 自らの行いを悔いているものを 踏みつけにはしない 鬼は人間だったんだから 俺と同じ人間だったんだから 足をどけてください 醜い化け物なんかじゃない 鬼は虚しい生き物だ 悲しい生き物だ• 神様どうか この人が今度生まれてくる時は鬼になんてなりませんように• お互いを罵り合ったら駄目だ 名言・名シーンが最も多いのは、やはり主人公の炭治郎です。 ジャンプ主人公らしい素直でいい子な性格 家族を襲った敵である鬼に対してすら最後は優しさを見せることもあります。 その優しいセリフに感動の涙を流した人も多いのではないでしょうか 我妻善逸• うるさい 黙れ!! 俺が どんな想いで こんなこと してると思う!! 適当な穴埋めで上弦の下っぱに入れたのが随分嬉しいようだな• お前が… これ…命より大事なものだって… 言ってたから… 普段は、おふざけ担当の善逸ですが、やるときはやります。 炭治郎から言われた言葉を愚直に守る姿には感動します。 冨岡義勇• 生殺与奪の権を他人に握らせるな• 弱者には何の権利も選択肢もない 悉く力で強者にねじ伏せられるのみ!! 義勇といえば、やはり序盤に出てきた炭治郎に怒りをあらわにするシーンでしょう。 このコマは、鬼滅の刃で最も愛されているコマかもしれません。 時透無一郎• 僕は幸せになるために生まれて来たんだ 時透有一郎• 無一郎の 無 は無限の 無 休むことなく働き続け病になった母を助けるため、嵐の中、父は薬草を取りに外へでます。 そんなある日、子供二人で暮らしていた時透一家に更に鬼がやってくるという災難が襲います。 無一郎が目の前にいることも分からない状態の中で、弟だけは助けてほしいと神に祈っています。 そして「わかっていたんだ本当は、無一郎の無は無限の無なんだ」と最後に言います。 何かをしようとする弟に、やるだけ無駄というような態度を取っていた兄は冷たい人間だなと思っていましたがそれは全て弟を思ってのことだったのです。 悲鳴嶼行冥• 鬼滅の刃名言 必ず無惨を倒して其方へ行く 安心して眠れ 黒死牟との戦いに敗れ、すでに反応がない時透無一郎。 悲鳴嶼行冥は安心して眠れと一言口にして時透無一郎のまぶたを閉じます。 胡蝶しのぶ• 自分の代わりに君が頑張ってくれていると思うと 私は安心する 気持ちが楽になる 煉獄杏寿郎• 胸を張って生きろ 己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと 心を燃やせ 歯を食いしばって前を向け 君が足を止めて踞っても時間の流れば止まってくれない 共に寄り添って悲しんでくれない 鱗滝左近次• 判断が遅い お前はとにかく判断が遅い 今の質問に間髪入れず答えられなかったのは何故か? お前の覚悟が甘いからだ 鬼に対してすら優しさを見せてトドメをさせない炭治郎に禰豆子が人を喰ったらどうするか問います。 またしても答えられない炭治郎に「判断が遅い」と言う鱗滝 産屋敷耀哉• 大切な人が笑顔で天寿を全うするその日まで幸せに暮らせるよう決してその命が理不尽に脅かされることがないよう願うたとえその時自分が生きてその人の傍らにいられなくとも生きていてほしい生き抜いてほしい• これを否定するためには 否定する側もそれ以上のものを 差し出さなければならない 禰豆子が人を襲った時どうするかの決意を義勇と鱗滝が示します。 しかし鬼に対してなにかしら恨みのある柱達は、産屋敷の命令でもそれは受け入れられないといいますが 禰豆子が2年以上も人を喰っていないという事実もあり、人を襲うことも襲わないことも証明できない、そして禰豆子のために2人の命が掛けられている。 これを否定するためには否定する側もそれ以上のものを差し出さなければならないとして曲者揃いの柱達を黙らせます。 大切な人の命を理不尽に奪ったものを 許さないという想いは永遠だ 君は誰にも許されていない この千年間一度も• 永遠というのは人の想いだ 人の想いこそが永遠であり不滅なんだよ 永遠の時を生きる無惨に対して、残り時間がわずかな産屋敷を罵ったときの産屋敷の反論です。 人の命は有限ですが、無限の時を生きる無惨に負けず産屋敷の思いも鬼殺隊も存在し続けるというお館様にふさわしいセリフです。 短命の産屋敷家に生まれながら、命の在り方を熱く語る耀哉はやはり最高のお館様だったと思います。

次の