豆腐 カロリー。 高カロリー豆腐(7コ入)

豆腐一丁のカロリーは低いが太る?ダイエットに向かない理由

豆腐 カロリー

種類別:豆腐のカロリー比較 早速ですが豆腐の カロリーや糖質、炭水化物の含有量を見ていきましょう。 こちらでは一般的に売られている4種類の豆腐についてご紹介していきます。 栄養成分名 単位 木綿豆腐 絹ごし豆腐 ソフト豆腐 充填豆腐 カロリー kcal 216 168 177 177 kj 907. 2 705. 6 743. 4 743. 4 タンパク質 g 19. 8 14. 7 15. 3 15 脂質 12. 6 9 9. 9 9. 3 炭水化物 4. 8 9 6 7. 5 食物繊維 1. 2 0. 9 1. 2 0. 9 糖質 3. 6 8. 1 4. 8 6. 6 全て1丁 300g でのカロリーと含有量を表示しています。 食物繊維も項目に入れさせていただきましたが、 糖質は炭水化物から食物繊維を除いた質量となるため参考に載せさせていただきました。 カロリーとしては多いような気がするかもしれませんが、最も多い木綿豆腐1丁分でも ご飯1杯分が250kcal程度であることを考えると少なくなっています。 また 炭水化物が55. 65g、糖質も55. 2gのご飯からしてみれば圧倒的に少なくなっています。 つまりご飯の代わりに豆腐を置き換えて食べる豆腐ダイエットは効果が期待できると言うことになります。 詳しい ダイエット方法が気になった方はこちらの関連ページに方法など載っていますのでそちらで確認してみてください。 その特徴などは後述の各豆腐の説明で 簡単に解説させていただきますが、詳しく知りたい方は各豆腐の関連ページをご覧ください。 そのため固いしっかりとした食感の豆腐となっています。 圧縮されているため豆腐の 栄養分が凝縮されおり、他の豆腐より1丁分の栄養素が多くなっているのが特徴です。 その分だけカロリーも高めになっていますが、濃厚な大豆の味を楽しめます。 カロリーが高いので一見ダイエットには向かないような気がしますが、 必要なタンパク質や脂質を効率よく取れるため、少ない量で多くの栄養素を摂れるとしてダイエットに使える豆腐となっています。 木綿豆腐と違い圧搾成型していないので、水分が多くカロリー4種類の中で最も少なくなっています。 その分 栄養素としても4種の中では一番少なくなっていますが、糖質は多めなのでほのかな甘みが楽しめる豆腐となっています。 カロリーは少ないものの、豆腐の中では同じ量で最も栄養素が少ない豆腐となるので効率は悪いかもしれません。 ただ量を食べて 満腹感を得たいと言う方は、絹ごし豆腐を食べるとたくさん食べても栄養の過剰摂取ということにはならないのでいいかもしれません。 ダイエットに向いているかと言われれば難しいところですが、量を食べたい方、あるいは 他の料理も一緒に食べたい方はカロリー少なめの絹ごし豆腐をおすすめします。 圧搾していないため、 水分は木綿豆腐より多く、カロリーは少なめとなっています。 ただ炭水化物や糖質はそのまま残っており、木綿豆腐よりやや甘みを感じるのが特徴です。 ダイエットにはやや向かない印象がありますが、 木綿豆腐に次ぐタンパク質と脂質を含む豆腐になります。 木綿豆腐の濃厚な味や固い食感が苦手という方はソフト豆腐をダイエットの食事に取りいれてもいいでしょう。 その代り 食べる量が木綿豆腐より増えるので調理の仕方など工夫する必要があります。 凝固剤を入れた豆乳を枠に入れて成型せず、 保存する容器に直接充填し、密閉加熱を行うと言う特徴があります。 そのため生菌がほとんどおらず、封さえ開けなければ 10カ月はもつと言う保存に優れた豆腐になります。 カロリーなどはソフト豆腐とほとんど変わりません。 ただ水分も一緒に密閉しているので製造時に ビタミン類が流れ出ることがなく、他の豆腐より多く含んでいるのが特徴でもあります。 ビタミン類の不足は体のいたるところに不調を及ぼします。 ダイエットをする際、これを気にされる方は充填豆腐を食事に取りいれるといいかもしれません。 そこで 豆腐の取り入れ方として一般的な豆腐料理に注目してみましょう。 各料理をベースにおおよそのカロリーをご紹介して行きますので、ダイエットに取りいれるときの参考にしてみてください。 冷奴のカロリー 冷奴は豆腐をそのままいただいているので、カロリーは 使った豆腐のカロリーそのままと考えていただいてもいいです。 一般的にはほのかな甘みで味が主張しない絹ごし豆腐を使うことが多いので、調味料のカロリーを加味しても 1丁使って177kcal程度になります。 絹ごし豆腐はその味わいから冷奴に様々なアレンジが加えられるので、ある程度は飽きずに食べられます。 大豆の濃厚な味わいが好きな方は木綿豆腐で作っていただいてもいいのですが、主張が強いのでシンプルな味付けしかできないのが玉に瑕です。 想定カロリーは230kcal程度となっているので、 ややカロリーが上がるのも気になるところです。 湯豆腐のカロリー 湯豆腐は1食あたり 1人分で112kcal程度となっています。 こちらも様々な味付けでいただきやすい絹ごし豆腐を使うことが多く、湯豆腐自体は昆布などで出汁をとるためカロリーが少なめになっています。 また熱しているので型崩れすることもあまりありません。 木綿豆腐で行うこともできますが、やはり 味が濃いのとカロリーが136kcal程度と高めになってしまうので、絹ごし豆腐で作ることをおすすめします。 木綿豆腐で作ったとして カロリーは61kcalとなっています。 木綿豆腐は水分が少ないため揚げるという調理にあっており、味も染みやすいため美味しくいただけるためおすすめです。 絹ごし豆腐も水切りさえすれば多少は水分を抑えられますが、やはり木綿豆腐には敵わず、 型崩れもしやすいので注意が必要です。 焼き豆腐のカロリー 焼き豆腐もやはり固さがあり、水分が少ない木綿豆腐がおすすめです。 1丁分作ったとすれば264kcalと高めになりますが、味噌など同じ大豆製品の味付けが良く合います。 こちらも絹ごし豆腐では水分が多くやわらかいため調理に向きません。 ただ木綿豆腐でもカロリーが高めなので美味しいからと言って 食べすぎには注意が必要です。 麻婆豆腐のカロリー 豆腐が使われる中華料理の代表格とも言える麻婆豆腐ですが、やはり油を多用するだけあり、また 味付けが濃いこともあってカロリーは高めです。 絹ごし豆腐で作ったとしても373kcalとそれほど変わりません。 これは調味料やその他の食材のカロリーが高いためです。 また絹ごし豆腐だと水切りをしても水分が多いため、全体的に水っぽくなってしまうので調理の時には注意が必要です。 味が染みて美味しくいただくのであれば木綿豆腐をおすすめします。 豆腐ハンバーグのカロリー ダイエット料理としてよく名が挙がる豆腐ハンバーグですが、こちらも意外と曲者です。 ただ普通のハンバーグなら489kcalとなるため半分程度には抑えられています。 こちらも水分が多い絹ごし豆腐ではハンバーグに成型した際、あるいは焼く過程で崩れてしまう可能性があるので注意です。 しっかりとした歯ごたえを得るためにも木綿豆腐で作った方がいいでしょう。 がんもどきのカロリー 最後に豆腐から作られるがんもどきです。 これ単体でいけば 100gで228kcalとなります。 こちらも水分が少なく固めの木綿豆腐が原料として使われています。 そのためカロリーもやや高めです。 がんもどきはそのまま食べることは少なく、煮物などになることが多いと思います。 その他の材料を加えて 245g分作った場合、カロリーは284kcalになります。 多いと思われがちですが、245gも野菜などと一緒に食べられる煮物は、おかずとしては かなりのボリュームでヘルシーな料理と言えます。

次の

豆腐ダイエットの痩せ効果と実践方法とは? [食事ダイエット] All About

豆腐 カロリー

ヘルシーな食材として人気の高い豆腐。 値段も手ごろで健康にもよさそうというイメージから、毎日の食事に取り入れている人も多いはず! ここで気になるのが豆腐のカロリーです。 そして、〇〇グラムと言われても、『それって一体どのくらい?』と思いう人も多いと思うので、『豆腐一丁』のカロリーや、ダイエットや健康維持に最適な量、絹豆腐と木綿豆腐のカロリーの違いなど、様々な豆腐情報をまとめてみました! スポンサードリンク 豆腐一丁の栄養価は? お豆腐一丁は何グラム? お豆腐を購入するときって大抵一丁単位で購入しますよね。 そして賞味期限も短いことから、買ってしまうとそのまま丸ごと調理として使うことが多いと思います。 ですので、家で食材として使う場合は『一丁』まるごとの栄養やカロリーを頭に入れておくと良いですね! では、そもそも、お豆腐は一丁何グラムとカウントするのが基本になるのでしょうか。 日本豆腐協会を調べてみると、 都心では一丁は300~350gが多く、地方になると若干大きめの350~400g、沖縄は一丁1kgが一般的です。 (引用 ) とあります。 つまり、カロリーを計算するときは300グラム~350グラムで計算することが標準の数値になるかと思います。 お豆腐一丁のカロリーは?絹豆腐と木綿豆腐を比較! 次に豆腐のカロリーを見ていきましょう。 低カロリーのイメージの強い豆腐ですが、 文部科学省の『日本食品標準成分表』によると、 木綿豆腐・・・72kcal(100グラムあたり) 絹豆腐・・・・56kcal(100グラムあたり) とあります。 それぞれ豆腐一丁のカロリーを単純計算すると、 木綿豆腐(一丁)・・・216kcal 絹豆腐(一丁)・・・168kcal といったところでしょうか。 豆腐のサイズによって誤差はあると思いますが、こうやって数値で見てみてもやはり低カロリーな食品と言えますね! スポンサードリンク ダイエットに向いているのは木綿豆腐より『絹豆腐』! 上の数値からもわかるように、木綿豆腐と絹豆腐を比べてみると、ダイエットに向いているのは絹豆腐と言えるでしょう! では、ダイエット目的で家で食べる豆腐をすべて絹豆腐に変えた方が良いのでしょうか? 調べてみると、二つの豆腐には調理方法によって適した豆腐の選び方があるようです! せっかくなら美味しくいただきたいものですよね! 木綿豆腐と絹豆腐の違いを解説しますね。 【木綿豆腐】 豆乳に凝固剤を加え、一度固めたものをくずしてから圧力をかけて水分をしぼり、再び固めて作る。 しっかりとした食感になるため、『焼く』『炒める』『煮る』『揚げる』のに向いている。 【絹ごし豆腐】 木綿豆腐より濃い豆乳に凝固剤を加え、そのまま固める。 きめ細かい食感になるため、『生のまま』サラダや冷奴などに適している。 調理方法によって使い分けるのが一番良いかもしれませんね!! 管理人の所感 いかがでしたか? お豆腐は毎日の食卓に並ぶ主力食材ですよね! ダイエット中の方はとくにカロリーも気になると思いますので参考にしてくださいね! また、豆腐に限ったことではありませんが、栄養価が高いから、ダイエットに効果的だからという理由でその食材だけを食べるというのはNGです! それぞれの食材で含まれる栄養素が違いますので、毎日ひとつでも多くの食材を取り入れてみてください! その中で豆腐をメインの食材にするというのはありだと思いますよ! 健康的にダイエットをがんばりましょう! スポンサードリンク -.

次の

おからと豆腐どちらが優秀食材?カロリー・栄養を比較!

豆腐 カロリー

豆腐一丁のカロリー 豆腐一丁のカロリーは、大体150kcal~200kcal、半丁で75kcal〜100kcal、3パックであれば225kcal〜300kcalとなっています。 肉やお米よりカロリーは低いのですが、レタスやキャベツよりカロリーが高いということもあり食べ方によってはかなり太りそうなカロリーで、、 ダイエットでの問題点は、豆腐一丁はカロリーが低くても量を食べれば太る、さらには作り方や地方によってカロリーが変わることです。 摂取したカロリーを正しく把握することはダイエットの基本中の基本ですよね。 本記事では、豆腐一丁がダイエットに不向きな理由と、満足度を上げる豆腐料理、豆腐の糖質などをご紹介します。 豆腐一丁ではカロリーコントロールがしにくい 豆腐一丁という曖昧な表現では摂取したカロリーが把握しにくくダイエットの弊害になります。 豆腐一丁のグラム数は地域によって全く異なるからです。 都心では豆腐一丁はおよそ300gであるのに対して沖縄では豆腐一丁は1,000gにもなります。 同じ「豆腐一丁」でも、沖縄の豆腐一丁は都心に比べてカロリーが3パック分にも及ぶのです。 これほどグラム数に差があるとカロリー調整が難しくなります。 自分の摂取したカロリーを正しく把握できないと、スムーズなダイエットは難しいです。 つまり、豆腐一丁を使った豆腐ダイエットは痩せないどころか太ってしまう可能性があり注意したほうが良いでしょう。 豆腐は小腹を満たすおやつ感覚 豆腐 絹ごし のカロリーは100gで56kcalと低カロリーに見えます。 確かに他のたんぱく質源の肉や魚よりは低カロリーでヘルシーなのでダイエット向きに感じますよね。 しかし、実際は豆腐だけがメイン料理では満足度が欠ける食事になってしまいます。 満足度の低い食事では間食などをしてしまい、太る結果に繋がります。 豆腐そのものは使い方にさえ注意すればダイエットに役立つ食材です。 私の場合は、小腹が空いたときなどに冷奴を食べるなどして空腹を紛らわしています。 しかしメイン料理を豆腐だけで賄おうとすると満足度に欠ける食事になってしまうというだけです。 豆腐でダイエットにするためのお勧めの方法 豆腐には筋肉をつくるタンパク質やビタミンB郡、体の老化の原因となる脂肪酸の酸化を防ぐサポニンを多く含んでおり、やっぱりダイエット中でも積極的に摂り入れたい!という人もいることでしょう。 私が腹持ちしない方法で豆腐を食べる際にはサラシア由来サラシノール 機能性関与成分 配合のメタバリアSを飲むようにしています。 サラシノール 機能性関与成分 には腸内環境を整える作用があるようで、腸内環境を整えることで豆腐に含まれる栄養成分を効率的に吸収することができます。 またサラシノール 機能性関与成分 に含まれるポリフェノール類やテルペイド類が糖の吸収を抑えるためか血糖値の上昇を緩やかにしてくれるようでシンプルな豆腐料理 冷奴や湯豆腐 でも満腹感が続く気がします。 メタバリアS以外に豆腐を食べる時お勧めしたいのが、糖分の吸収、脂肪の蓄積を抑え、アンチエイジング効果のあるヘルシア緑茶です。 豆腐料理がヘルシア緑茶と合うことはもちろん、糖分の吸収、脂肪抑制効果もあるため無理することなくダイエットすることができます。 豆腐の売っているコンビニやスーパーにも置いてあり、手軽に入手することはできますが、値段が1本160円以上なのが玉に瑕といったところでしょうか。 ダイエット中にオススメの豆腐料理は? 豆腐自体は食べ応えがなく、味の変化も乏しいため飽きが来やすくなります。 そうならない為にも、豆腐はしっかりと味付けをした料理でダイエットに活かしましょう。 豆腐は、基本的に他の食材とも相性が良いので、カロリー多めの肉と合わせると良いでしょう。 豆腐一丁を使ったダイエットレシピで、オススメなのはズバリ麻婆豆腐です。 麻婆豆腐は肉も使われており、脂肪分を摂取できるという強みを持っています。 調理も比較的楽で、肉の量を増やしたりと満足度を上げやすいのが魅力です。 ただし、ご飯がすすみやすくなってしまうので最初から炊かずにおくかごく少なめに炊くという対策が必要でしょう。 他には、肉をガッツリと食べられる肉豆腐もオススメです。 肉と木綿豆腐、ネギなどを一緒に煮込んだすき焼き風の料理ですが、ダイエットの天敵の甘辛味にはしないようだけは注意しましょう。 こちらもご飯がすすんでしまいます。 外食では「すき家」にあるご飯の代わりに豆腐を使った「牛丼ライト」のカロリーが268kcalです。 通常の並盛の牛丼よりも350kcal以上もカットできるのでダイエッターの間では話題のメニュー。 豆腐はメイン料理として考えるよりも炭水化物の代わりとして摂取した方がダイエットに効果的です。 豆腐の糖質ってどれくらい? 豆腐の糖質は木綿豆腐100gで1. 2g、絹ごし豆腐100gで1. 7gです。 糖質を気にしている方は木綿豆腐を選ぶと良いですね。 ただ正直、大した差はありませんので自分の好みの豆腐を選んで、脂質が上がる食べ方をするのが腹持ちを上げるのにおすすめです。 豆腐の腹持ちは? 豆腐はたんぱく質が豊富だとかで、消化に時間がかかるため炭水化物を多く含む食材よりも腹持ちが良いといわれています。 豆腐にはたんぱく質が100gあたり6. 6gも含まれておりますが、実際のところ、これって肉類と比べるとそれほど多いわけではないんですね。 鶏のささみのたんぱく質含有量は100gあたり23g ですので、適度なたんぱく質を摂ろうと思ったら、豆腐を何グラムも何グラムも食べなければいけないです。 納豆と豆腐の比較 豆腐とともに大豆製品の代表である納豆を豆腐とくらべてみましょう。 カロリーは圧倒的に納豆の方が高くなっています。 (100gあたり納豆は200kcal、豆腐は60kcalほど) たんぱく質も納豆が17g、豆腐は5gほどと納豆が多いのが目立ちます。 その他、ビタミンB2やナイアシン(ビタミンB3)をはじめ、ビタミン類は納豆が豊富に含んでいますね。 ただ個人的に、納豆はどうしてもご飯をセットになってしまうため、ご飯 糖質 を勢いよく食べ過ぎるので、たんぱく質量などだけで比較できないとは思いますがね・・・。 さまざまな豆腐のカロリー いろいろな豆腐についてカロリーをまとめてみます。 豆腐白玉 1個あたり約26kcal 胡麻豆腐 ぺろりん 1個あたり184kcal 豆腐チャンプルー 1人前当たり185kcal こうしてみると、一緒に使われる具材によってはカロリーの上がり具合が異なります。 ごまや豚肉など脂質が多い食材が使われているとカロリーも高くなっていますね。 豆腐の食べ過ぎによる弊害について 先程も少し触れましたが、豆腐には大豆イソフラボンが多く含まれています。 更年期障害対策に良いとされる成分ですが、過剰摂取は逆効果となる可能性があるとも指摘されています。 安易に豆腐ばかり食べて健康になろうとせず、あくまでもバランスの良い食事を心がけることが大切でしょう。 豆腐を食べたい人へ 中には豆腐が大好きで我慢することが辛い人もいるかと思います。 豆腐一丁という曖昧な表現はやめ、豆腐はグラム数でカロリー管理をするようにしましょう。 豆腐ダイエットを一週間、一ヶ月と続ける様子が「豆腐一丁ダイエット」としてテレビでも紹介されることがありました。 しかし、豆腐はカロリーが高いというイメージが全くないこともあり、上限なく食べ続けていけば太る結果が待っています。 「豆腐はヘルシーだから大丈夫!」という過信が太ることに繋がるのです。 摂取したカロリーは大体でも把握しておけば、必ずやせる結果になります。 脂肪たっぷりなガッツリ料理でもヘルシー食品でも問題になるのは「食べ過ぎ」であり、低カロリーな食品に油断してしまうのが危険なのです。

次の