レクサプロ 吐き気。 レクサプロ錠(エスシタロプラム)の効果と特徴

レクサプロ錠による離脱症状の特徴と対処法【医師が教える抗うつ剤】

レクサプロ 吐き気

皆さん、こんにちは。 うつ病の治療に使われることが多いレクサプロ。 効果が高い割には副作用も少ないということで重宝されていますが、当然ながら副作用があります。 そして治療が終わって断薬しても今度は離脱症状が襲ってきます。 広く一般的に使われてる薬、これを飲めば楽になる。 そう言われてとりあえず始める人が多いと思いますが、実は場合によっては病気の症状よりもきつい場合があります。 今回はレクサプロの副作用と離脱症状を乗り越えてきた私が自らの体験を語ります。 医者に言われるがまま飲み始める場合が多い まずレクサプロについて私が何を危惧してるかというと、患者はレクサプロのことをよく知らないまま医者に勧められるから始めてみる、というケースが多いことです。 私もそうでした。 これを飲めば治るんだ、くらいの軽いノリで服用を始めてしまいました。 最初に体を襲うのは副作用 レクサプロを飲み始めて初期の段階でやってくるのが副作用です。 私の場合は2日目でした。 ちょっとした胃のむかつきと眠気を感じました。 胃のむかつきは同時に胃薬も処方されていたので軽く乗り切ることができました。 ちょっと違和感があるかな?くらいで済んだのです。 しかし眠気には苦労しました。 朝型人間なのに朝起きれない 私は自他共に認める朝型人間だったのですが、朝にちょっと弱くなりました。 起きれる日は起きれるのですが、たまに寝坊してしまうようになりました。 朝にはそれなりに自信があったので、ショックでしたね。 それでも副作用はそれくらいで、日常生活に支障をきたすレベルではありませんでした。 副作用は長くは続かない そんな副作用も長くは続かず、1週間もすれば気にならないレベルになりました。 こうして無事に治療に専念できるようになったのです。 そうなればかなり平和なものです。 病院が日々改善していくのを実感しながら生活できて、今から考えると1番充実していた時期でした。 契機は環境の変化 しかしその平和な生活も長くは続きません。 症状が軽くなると就業制限も緩くなります。 これまではずっと定時で帰っており仕事量も調整されていましたが、月に20時間程ですが残業が復活し、仕事量も以前とほぼ変わらないくらいに戻ってしまいました。 そうなると生活は一変。 毎日決まった時間に帰宅して子どもとお風呂に入ってごはんを食べて寝る安定した生活が、帰る時間はバラバラで酷い時には睡眠時間も削られてしまう不安定な生活に。 眠気が強すぎて何もできない 今思うと睡眠時間が減ったのが1番いけなかったんでしょうね。 気がついたら眠気に勝てなくなってきました。 具体的には朝起きれない。 仕事の日は気合で無理やり起きてましたが それでも寝坊で遅刻は何度もありました 、休みの日は全然です。 レクサプロを服用する前は休みの日でも朝5時過ぎには起きていましたが、9時くらいまで寝てしまうことが多くなりました。 9時でも十分早い! 俺なんて昼間で寝てるぜ! という声も聞こえてきそうですが、朝型人間にとってはめちゃくちゃ遅い時間です。 喪失感が半端ないのです。 会社から家に帰っても何もできない 後は会社から帰った後の夜が最も酷いです。 会社から帰ってごはんを食べます。 その後急激な眠気が襲ってきて、気がついたらソファで寝てしまいます。 とっとと夕ごはんの片付けをしてお風呂に入って早く布団で寝るのが1番なのですが、気絶するかのように意識を失ってしまうので抗えないのです。 ソファで寝てしまうのでその後布団で寝ても眠りは浅くなるし本当にもったいないです。 やりたいことはできないし、はっきり言って時間の無駄だし、どんどん自己嫌悪に陥っていきました。 そしてついに無気力状態になる 朝早く起きれずに朝の習慣 具体的にはラジオ体操やブログの執筆 が何もできない。 夜もごはんを食べてお風呂に入って寝るだけの生活。 週末の朝にやっていた水泳もやめてしまう。 何のために生きているのか分からなくなり、妻にも心が開けなくなり、ついには無気力状態になってしまいました。 せっかくこれまでの治療で回復してきていたのに振り出しに戻ってしまいます。 自分を支えていたのは意地だけ 地獄のような闘病生活でしたが、結果的に私は今は完治しています。 はっきり言って私を支えていたのは意地だけでした。 生まれたばかりの息子にこんな姿は見せたくない。 これまで支えてくれた妻に恩を仇で返したくない。 そんな意地がまだ残っていたので、生活は変わらなくても気持ちが復活してきました。 たとえ環境の変化が契機で今の苦しみが始まったとしても、自分を苦しめているのは自分で自分を責める心なのです。 自分を責めるのをやめ回復に専念し、レクサプロを断薬できる日を待ち続けました。 減薬、そしてついに断薬 そしてレクサプロを飲み始めてから11ヶ月くらい経って、医者からは減薬を言い渡されます。 1日1錠飲んでいたところを1日0. 5錠にするわけです。 この時は何も感じずどんと来いと言った感じ。 そして2週間後にとんとん拍子で断薬します。 先に結論を言ってしまうとこの進め方が悪かったのですが。 吐き気とめまいに襲われる 断薬して3日目、突然軽い吐き気とめまいに襲われます。 明らかに離脱症状 長い間体の中にあった物質が急に入ってこなくなったことで体がびっくりすること でした。 我慢できないこともないくらいの症状でしたが食欲は明らかに落ちました。 そしてめまいもいつ来るか分からないので恐くて車も運転できませんでした。 医者に言えなかった自分の弱さ 離脱症状のことを医者には言えませんでした。 言えばまたレクサプロを飲まされて完治が遅れてしまう。 自分の頭の中ではとにかく早くレクサプロを飲むのをやめたいという思いだけでいっぱいでした。 よく考えると、その思いで突き進んで減薬の期間も短く、すぐに断薬してしまったのが今回の離脱症状の原因だと思っています。 本当はもっとゆっくり減らしていくべきでした。 肝心の眠気はどうなった? そこまで私がレクサプロの断薬を急ぐ理由は眠気で何もできなくなるのを治したかったからですが、結果としては徐々に眠気は落ち着いてきました。 朝も起きれるし、夜もすぐに寝てしまわなくなりました。 良い結果が出たことで、離脱症状は我慢できました。 本当はいけないことだとは思いますが。 医者も私が焦っていたことは知っていたし、ある程度は覚悟があったのでしょうが、私が何も言わないからそのままになっていたのでしょう。 完治証明をもらう 断薬して2週間後に次の診察がありました。 その際に離脱症状のことは言わずに調子は変わらず良いと答えました。 そして完治と言ってもらえたので、お願いして完治証明をもらいました。 の記事のように、団体信用生命保険に入りたかったので。 結果的に自律神経失調症と診断されてから完治証明をもらうまでに丸1年かかってしまいました。 それでも早い方らしいです。 まとめ 私はレクサプロの副作用も離脱症状も体験してしまいました。 副作用は個人差もあり環境にもよるので、必ずしも出て来るとは言えないのですが、悪い方向に進むと治療どころか症状が悪化する可能性があります。 私は眠気がひどく、一時無気力状態に陥ってしまいました。 離脱症状も個人差があり、更にはゆっくり時間をかけて減薬していけば回避できたはずです。 これに関しては完全に自業自得でした。 とは言えめまいと吐き気は結構辛いものがあります。 ここまでレクサプロの副作用と離脱症状について解説してきましたが、ではレクサプロが効果が無くて悪い薬かというとそうではありません。 むしろ優秀な薬だと思ってます。 間違いなく私の自律神経失調症が治った理由の一つですから。 効果は抜群でした。 しかし光があれば闇もある。 優れた効果の裏には副作用などの嬉しくない一面もある、ことも知ってほしいと思います。 はっきり言うと薬を飲むだけで病気が治るなんてことはありません。 自分が自分自身で治すしかありません。 薬はその手助けをしてくれるだけです。 ですのでオススメとしては、効果も副作用もそして離脱症状も覚悟の上でレクサプロを飲んで、うつ病や自律神経失調症の症状を抑えてる間に自分の考え方や環境を変えること。 変えたことで全てはうまくいかないかもしれないけれど、丸いこともあるかもしれないけれど、ひとつでもうまくいったことを積み重ねていく。 最後には病気を治す。 そうなってほしいなと思います。 それでは今日はこの辺で。 ありがとうございました。 人気の記事• 皆さん、こんにちは。 マンション購入記も早いものでもう6回目です。 今回はいよいよ契約しますよ!新築分譲マンション... 皆さん、こんばんは。 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)というものをご存知ですか? 脳内にはセロト... 皆さん、こんにちは。 前回からマンション購入記を始めました。 単なる個人の日記になってしまわないように、多くの人が... 皆さん、こんにちは。 仕事をしている時でもプライベートの時でも、いつでも頭を悩ませる存在、それが割り込み... 私には1歳の息子がいます。 子育てに悩みは尽きないものですが、最近の悩みは息子が甘えん坊過ぎるということです。 皆さん、こんにちは。 子どもが生まれるまでは普通にやっていたことでも、子どもが生まれたらやらなくなった、... 実は私は職場の新人育成工場と化していて、これまで何人もの新入社員を指導してきました。 新入社員の指導にはかなり自... 愛用品紹介企画を前回から初めて次の更新まで少し時間が空いてしまいましたが、私が気に入って使っているものの中から... 皆さん、こんにちは。 うつ病の治療に使われることが多いレクサプロ。 効果が高い割には副作用も少ないということで重宝...

次の

【レクサプロの副作用】だるいと感じる場合は医師に相談しよう

レクサプロ 吐き気

レクサプロ断薬による症状経過 吐き気 吐き気は緩和されつつあります。 どうしても気持ち悪くてダメなときはトラベルミンを服用していますが、回数も減ってきました。 また、少し気持ちが悪いときは飴をなめるようにしています。 これで吐き気が治るわけではありませんが、紛らわすことができます。 ピリピリ感 「ピリピリ感」という表現でいいのかわかりませんが・・・。 最初にレクサプロを服用したときやレクサプロを増薬したときに、体になじむまでピリッとした感覚がありました。 脈が飛ぶような、一瞬ピリッとした感じが体に走ります。 断薬してからはこのピリピリ感がひどく辛かったです。 それが最近ではたまにあるくらいで、気にならないレベルになりました。 イライラ イライラ感も落ち着いてきました。 断薬して半月程はイライラや癇癪がひどくレキソタン1mg3錠をほぼ毎日飲んでいました。 最近はそれも落ち着いてきて毎日服用することはなくなりました。 現在は3、4日に1度、2~3錠服用しています。

次の

レクサプロを断薬。キツ過ぎる‥。飲み始めた時の吐き気を上回る吐き気です...

レクサプロ 吐き気

1.レクサプロはなぜ吐き気や下痢が生じるの? セロトニンが胃腸に作用してしまうことが原因です。 脳の嘔吐中枢を刺激してしまいます。 新しい抗うつ薬であるSSRIでは、薬の副作用としての吐き気がよくみられます。 副作用が少ないレクサプロでもよくみられる副作用で、薬の販売後調査でも24%に認められたとの報告があります。 ほとんどの場合、薬の飲み始めに認められます。 ですが、身体が次第に薬に慣れていきますので、1~2週間ほどで軽くなっていく方が多いです。 吐き気が怖くて薬をやめてしまう方もいらっしゃいます。 ですから、レクサプロに吐き気はつきものと覚悟していただいて、次第に薄れていくものだと知っておくことが大切です。 このような吐き気が生じる原因は、実はセロトニンにあるのです。 「あれ?セロトニンはいい物質でなかった?」と思われた方もいらっしゃるかと思います。 セロトニンは、抗うつ効果のある脳内物質です。 レクサプロはセロトニンを増やすために、脳内のセロトニン受容体にできるだけ作用するように作られていますですが、お薬は脳だけでなく全身を回ってしまいます。 実はセロトニンの受容体は、脳には10%もありません。 90%以上の大部分は胃腸に存在していて、胃腸の働きを調節しているのです。 胃腸では、食べ過ぎてしまったり異物を食べてしまったりすると、吐き気や下痢といった形で中身を外に出そうとします。 食中毒の時などをイメージしていただければわかりますね。 これにはセロトニンが大きな働きをしています。 もう少し詳しくみてみましょう。 胃腸にとって好ましくないものが入ってくると、胃腸の細胞からセロトニンが分泌されます。 これが胃腸のセロトニン5HT 3受容体を刺激します。 これが刺激されると迷走神経という神経に情報が伝えられていきます。 この神経が脳の延髄にある嘔吐中枢を刺激してしまいます。 同時に、このセロトニン5HT 3受容体は腸の動きを活性化する働きがあります。 このため、腸の動きが活発となり下痢が生じます。 レクサプロは、この5HT 3受容体を刺激してしまうことで、吐き気や下痢が副作用として生じるのです。 ほとんどの原因がセロトニンによるものですが、その他の吐き気の原因としては、薬による肝機能障害があげられます。 肝臓への負担が蓄積していくと中毒性に肝機能が低下してしまいます。 すると肝臓の解毒作用が弱くなり、吐き気が生じます。 定期的に採血してチェックしていれば、ほとんど問題ありません。 まれに、アレルギー性に急激に肝機能障害が進むことがあります。 この場合は薬の飲み始めにみられることが多く、全身症状がみられます。 レクサプロのその他の副作用について詳しく知りたい方は、 をお読みください。 2.薬だけではない吐き気の理由 妊娠や心因性、生活習慣病によるものが認められます。 心療内科や精神科の患者さんの吐き気の原因として、薬の副作用以外に考えなければいけないことが3つあります。 「女性を見たら妊娠を疑え!」というのは、医者の格言ともいうべき言葉です。 「妊娠なんてすぐにわかるよ」と思われるかもしれませんが、自覚されていない方はとても多いです。 適齢期の女性の場合は、吐き気がみられたときは妊娠の可能性がないか、思い返してください。 次に心因性の嘔気です。 明らかな身体の病気がなくても、ストレスをうまくコントロールできないと、その刺激が嘔吐中枢を刺激することがあります。 子供の場合、中枢神経が未熟であるため、発生しやすいと言われています。 ストレスに上手く気づけていない時もあります。 他の自律神経症状などとも合わせて、心因性か判断していきます。 また、ストレスから胃酸の分泌が多くなり、胃炎になる方もいらっしゃいます。 最後に、生活習慣による吐き気です。 患者さんはどうしても、生活習慣が乱れがちの方が多いです。 いわゆる生活習慣病になりやすくなります。 肥満による逆流性食道炎や糖尿病による吐き気がみられることがあります。 3.レクサプロと他の抗うつ剤との比較 レクサプロは、吐き気や下痢の副作用はよく認められます。 レクサプロをはじめとしたSSRIでは、他の抗うつ薬よりも多いです。 この表を見ていただくと、吐き気や下痢はSSRIとSNRIに多いことがお分かりいただけるかと思います。 これはセロトニン5HT 2・ 3受容体をブロックする作用があるためです。 古い薬は全体的に副作用が多いですが、吐き気と下痢に関しては新しい薬の方が多いのです。 私自身が試供品を飲んだ時に下痢気味になりました。 レクサプロを含めて、その他のSSRIはあまり大きな違いはありません。 SNRIはSSRIに比べると吐き気が認められません。 サインバルタとトレドミンを比べると、トレドミンの方が吐き気は少ない印象があります。 4.レクサプロの吐き気や下痢の対処法 レクサプロの副作用としての吐き気や下痢は、飲み始めが一番つらいです。 そこをしのげば慣れてくることが多いです。 具体的にどのようにして対処していけばよいのか、考えていきましょう。 4-1.様子をみる 生活に支障がないならば、ガマンすると慣れていきます。 レクサプロによる吐き気や下痢は、飲み始めが一番しんどいです。 ほとんどの方では、身体が薬に慣れていくにつれて自然と楽になっていきます。 お薬が身体に慣れてくるには、1~2週間の時間がかかります。 何とかここを乗り超えれば、自然と吐き気が落ち着きます。 一度身体に薬が慣れれば、さらに薬を増量しても最初ほどの吐き気は感じません。 飲み始めの吐き気が軽いようでしたら、様子を見ていきましょう。 生活に支障があるようでしたら、他の対処法を考えていきましょう。 4-2.胃薬を使う 制吐剤・制酸剤・胃粘膜保護剤・消化管運動改善薬などを使います。 お薬が身体に慣れるまでの間は、胃薬を使う事もひとつの方法です。 症状が認められてから使うことが多いですが、胃腸に不安がある場合は、レクサプロの飲み始めから併用していきます。 2週間もすれば身体に慣れてきますので、その後は中止しても大丈夫なことがほとんどです。 どのようなお薬を使うかというと、これといって決まった薬があるわけではありません。 一般的によく内科などで使われている胃薬を、症状のあらわれ方に応じて使っていきます。 よく使われる胃薬としては、• 制吐剤:ナウゼリン・プリンペラン• 制酸剤:オメプラール・タケプロン・パリエット・ネキシウム・・ガスター• 胃粘膜保護剤:ムコスタ・ソロン• 消化管運動改善薬:ガスモチン・ガナトン・アコファイド・ドグマチール などがあります。 制吐剤は、頓服として吐き気が耐えられない時に使うことが多いです。 制酸剤は、胃がキリキリと痛んだり、胸焼けするときにつかいます。 胃粘膜保護剤は、副作用が特にないので使いやすいです。 飲み始めからレクサプロと胃薬を併用するときによく使います。 消化管運動改善薬は、胃もたれなど胃腸が動いてないと感じる時に使います。 ドグマチールは胃の動きをよくするだけでなく、抗うつ効果もあります。 このため、低用量で併用することで、相乗効果を期待することもあります。 胃腸に不安がある方は、あらかじめ主治医に伝えておきましょう。 そして、レクサプロが身体に慣れてくると胃薬はなくても大丈夫になります。 「中止したら再び吐き気が出てしまう」と誤解されている方もいらっしゃいますので、飲みっぱなしにならないように気を付けましょう。 4-3.回数を分けて服用する 1日2回などに分けるのも一つの方法です。 レクサプロの吐き気の副作用は、お薬の量が増えれば増えるほど強くなります。 用量依存性があるのです。 ですから、薬を飲む回数を分けることで、レクサプロの血中濃度のピーク(Tmax)が下がります。 このため、多少ですが吐き気が軽減することもあります。 レクサプロは半減期が長い薬なので、血中濃度も安定しています。 ですから、さらに安定をしたからといって、そこまで大きな効果は期待できません。 ですが、お薬を飲んだ直後に明らかに吐き気が強くなる場合は、薬の服用を2回にわけることで改善が期待できます。 4-4.増量のペースを緩やかにする 薬の変化のペースを緩やかにすれば、吐き気は軽減します。 レクサプロを増量や減量させるペースを緩やかにすることで、吐き気は軽減されます。 吐き気の副作用は用量依存性なので、薬の変化が小さければ影響も軽くなります。 少しずつ薬の量を変化させて、段階的に身体に薬を慣れるようにしていきましょう。 レクサプロは10mgずつ増量することが多いです。 10mg錠剤を半分に割って、5mgずつ増量することで、ペースを緩やかにすることができます。 これらの対処法でも改善しない場合もあります。 また、嘔吐恐怖があって、吐くことを極度に恐れている方もいらっしゃいます。 この薬にはセロトニン5HT 2・ 3受容体をブロックする作用があるので、吐き気が起こりにくいのです。 昔からある三環系抗うつ薬なども吐き気は起こりにくいです。 ですが、他の副作用がネックとなって使いづらいです。 ドグマチールは上述したように胃薬としての効果もある抗うつ薬ですので、吐き気はまず認められません。 ただし、女性には生理に影響したりするので使いにくいです。 まとめ レクサプロの吐き気は、セロトニンが胃腸に作用することが原因です。 脳の嘔吐中枢を刺激してしまいます。 薬以外にも、妊娠や心因性、生活習慣病が原因として考えられます。 レクサプロをはじめとしたSSRIでは、吐き気や下痢は他の抗うつ薬よりも多いです。 対処法としては、• 様子をみる• 胃薬を使う• 回数を分けて服用する• 増量のペースを緩やかにする• 他の抗うつ薬に切り替える などがあります。 2017年3月22日 カテゴリー• 1,162• 月別アーカイブ•

次の