ナルト サクラ 告白。 NARUTOのサクラってなんか妙に嫌われてるけどさ

【ナルト】結婚相手が意外…結ばれたカップル情報まとめ

ナルト サクラ 告白

ナルトとサクラは第七班の仲間で戦友! ナルトとサクラの関係性の変化とは? ナルトの初恋の相手は、同じ第七班の仲間としてともに戦うサクラでした! ナルトとサクラの対等な仲間であり、時にきょうだいのような、そしてまた時に互いに深い思いを向けるような関係性が好きという方も多いのではないでしょうか? 1巻の3話では、 ナルトはサクラに対して「オレにとって何だか気になるカワイイ女の子」という印象を持っていたことが明かされます。 一方で第七班としてサクラのサスケに向ける想いの大きさを知るうちに、 ナルトはサクラの幸せを願って身を引くような一面も何度か見せました。 中忍選抜試験のペーパー試験では、「ここでリタイアしなければ最後の問題を間違えた者やそのチームメイトは失格で、一生下忍のまま」という課題に対して、テストには自信があるサクラが「いっつもいっつも馬鹿の一つ覚えみたいに火影火影って。 悪いわね、ナルト。 アンタのその叶いそうもない夢、つぶさせたくないみたい!! 体力とチャクラ、精神力のすべてを消耗する第四次忍界大戦では、体から九尾を抜かれたことで死にかけるナルトに対してサクラは人工呼吸と心臓マッサージで命を繋ぎます! サクラは「 絶対に死なせる訳にはいかないのよ! (かつての夢は)今はもう、目の前なんだから!!! ナルトと我愛羅は、ふたりとも体のなかに 尾獣を封印された 人柱力です。 それを聞いた サクラはナルトを思って涙を流しました。 一方、サクラの想いを感じとったナルトは「相変わらず涙もろいんだな、サクラちゃん。 33巻では、ナルトはサスケが里を抜ける原因となった大蛇丸と再会したことで、九尾の力を暴走させて自身も大きく傷ついてしまいました。 サクラはナルトの治療をするなか、隊長のヤマトに「いつもそう。 ヤマトは身を呈してナルトの暴走を止めたサクラを見て、サクラのナルトに対する想いの大きさを感じます。 サクラはサスケが木ノ葉の里を抜けたあと、ナルトとサスケを守るための力を得るために綱手のもとで修行し、強くなりました! 風影奪還任務では、サクラは医療忍術と怪力の力をフルに使って任務に貢献します! サスケ奪還任務から約2年後、サスケと再会するも木ノ葉に連れ戻すことは叶いませんでした。 サスケを取り戻せなかった自分の弱さに涙を流すナルトに対して、 サクラもまた涙を流しながら「私もいる! 私だって一緒に強くなる!! 」と、宣言します! 第四次忍界大戦では「百豪の印」と「創造再生の術」を習得し、さらに強くなったサクラ。 ナルトや一時的に木ノ葉に力を貸すサスケに並びたち、敵を次々となぎ倒しました! ひとりでたくさんの敵を倒したサクラは、ナルトに「 今度は背中合わせでいくわよ!! 66巻でサスケと再会したナルトとサクラは、3人で敵に挑むことになりました! サクラが敵をたくさんなぎ倒したあと、サクラの背後に迫る敵をナルトとサスケが倒します。 大好きなサスケに救われたサクラは「サスケくん!! 」と喜びますが、ナルトは「あの~、オレもいんだけど。 5巻の中忍選抜試験のペーパーテストでは、「この問題を間違えたものは班員全員失格となり、一生下忍のままとなる。 今年の試験には落ちるが、手を挙げたものはリタイアは可能」という究極の問題が出題されました。 ナルトは「火影になる」という夢を持っていますが、勉強は苦手です。 しかし、火影となるには中忍への昇格が必須となります! ナルトは手を挙げようとはしませんでした。 班のなかでもテストが一番得意なサクラは、ナルトの夢をつなげるためにナルトとサスケから嫌われる覚悟で手を挙げようとします。 この告白は 「サスケを連れ戻す」という自分とナルトとの約束を解き、ナルトを重荷から解放するためのものでした。 サクラはナルトをこれ以上苦しませないため、ひとりで木ノ葉への復讐で憎しみを広げるサスケを手にかけようとしています。 さらに、 サスケを殺したことでナルトから恨まれる覚悟もサクラにはできていました。 サクラがナルトに「告白」!? サクラの壮絶な覚悟と真意とは? サクラは50巻の469話でナルトに対して「告白」をしています。 この「告白」で衝撃を覚えた読者も覚えたのではないでしょうか? サクラの「告白」は、なにも考えずにそのまま読むのとサクラの覚悟や周りの人の言葉に注目してから読むのでは、ガラッと印象が変わってしまいます。 突然の告白に驚くナルトに対してサクラは、「別にも何も、ただもう目が覚めただけ。 抜け忍で犯罪者である人を好きでいる必要ないでしょ? 私だっていつまでも子供じゃない。 現実は見えてるつもりよ。 だからナルト、アンタとの約束はもういいの。 ナルトとサクラの約束とは、「サスケを木ノ葉に連れて帰ること」です。 サクラはこの告白の直前、サイにナルトを苦しめているのはナルトに約束を課してしまった自分でもあるんじゃないかと指摘されます。 そのため、 サクラは自分との約束に縛られるナルトの重荷を解くため、告白をしました。 ところが、ナルトはサクラのことが好きだからこそ、サクラがサスケに向ける大きな愛情を大切にしていました。 ナルトは嘘の告白をするサクラに「いいかげんにしろ、サクラちゃん。 そんな冗談笑えねーって言ってんだよ。 木ノ葉の同期たちは、犯罪者となったサスケを殺害することを決定づけます。 それを聞かされたサクラは、 サスケを好きになった責任とナルトに辛い思いをさせないための覚悟として、自分ひとりでサスケを殺害すると決意しました。 この告白は、その真実を隠すためのものでもあります。 サイからサクラの決意を聞かされた「ウソだ。 サクラちゃんがそんな事? サクラちゃんはサスケの事があんなに」とナルトはショックを受けました。 サイは「 大好きだからこそ、このまま悪に突き進むサスケを放っては置けないんだと思う。 大好きだからこそ、そのサスケ君を悪の道から救いたいと思ってる。 その方法が大好きな人を自分の手で殺めなければいけない事になるとしても、それがサスケを好きになった彼女なりの覚悟なんだと思う。 そして、その事でナルト。 君に恨まれる覚悟もしている」と、サクラの思いを代弁します。 サクラはサスケの殺害もナルトからの恨みも、すべてひとりで背負う覚悟をしていました。 この嘘告白は、サクラのナルトやサスケに対する決別と愛情が込められています。 サイは、第七班のひとりとしてナルトとサクラを救いたいと思ったため、この話をナルトにしました。 イタチとサスケは戦争を長引かせる穢土転生をとめるため、術者のカブトと戦うことになりました。 うちは兄弟対カブトの戦いは、幼いころの幸せだったサスケとイタチの記憶を思い出させるようで、どこか生き生きとした様子を見せます。 カブトを倒したあと、イタチはサスケにうちは一族を滅亡させた日の真実や弟への愛情など、すべてを弟に伝えて消えて行きました。 イタチの思いや愛を受け取ったサスケは水月や重吾、蘇った大蛇丸と再会し、木ノ葉の里の真実を知って復讐を果たすのかどうかと考えたいと宣言しました。 その後、サスケは大蛇丸の力を借りて故人である初代から四代目までの火影を蘇らせ、木ノ葉の歴史について聞きます。 ナルトは、医療忍術で疲れているであろうサクラに対して休むようにいいますが、 サクラは「私が二人に届かないか弱い女だと思ってる? 三忍の綱手様だけ弟子の鍛え方が下手なわけないでしょ」と、ナルトやサスケと共に並び立って戦う意思を伝えました! 「よっしゃ!! 第七班、ここに復活だってばよ!! 」というナルトの掛け声と共に、戦場で力をふるう3人。 ナルトは自来也、サクラは綱手、サスケは大蛇丸と、3人には「 伝説の三忍」の弟子という共通点があります! 3人は「 伝説の三忍」が口寄せする動物たちを呼びだし、圧倒的な戦力で敵を追い詰めました! 「 三竦み」とは 自来也たちが呼び出す口寄せ動物の3体と「 伝説の三忍」 本人のことで、あまりの迫力と圧倒さから、そう名付けられました。 そんな カグヤに対して、第七班はチームワークで対抗しました! カグヤを倒すとき、 カカシがみんなをアシストしつつナルト、サクラ、サスケの3人が同時に攻撃をします! 最後に、ナルトとサスケがカグヤを封印したことで戦いは終結しました。 ナルトとサクラの劇場版、小説版での活躍とは? ここまで、ナルトとサクラやサスケとサスケの関係性、第七班を軸としたサクラの活躍を紹介してきました。 『NARUTO』のメインヒロインのサクラは、すべての映画に登場します! 映画でもたくさんの活躍を見せるナルトとサクラ。 ここでは、映画や小説版でのナルトとサクラの活躍を簡単にまとめました! ナルトやサクラたち第七班の活躍が楽しめる『NARUTO』最初の映画、「大活劇! 雪姫忍法帖だってばよ!! 」 「大活劇! 雪姫忍法帖だってばよ!! 」は、第七班のナルトやサクラたちが女優の護衛をするという任務につく映画です。 第七班の活躍に焦点を当てているので、 ナルト、サスケ、サクラ、カカシの4人にたくさんの見せ場があります! さらに、 サクラの映画オリジナルの術として「桜吹雪の術」も登場しました。 ナルト、サクラ、ネジ、リーの珍しいメンバーで挑む、「劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝」 「劇場版NARUTO疾風伝」は、『NARUTO疾風伝』最初の映画となっています。 時間軸は、風影奪還任務からサイの加入のあいだくらいのお話で、ネジを隊長とした小隊が「巫女の護衛」という任務につくという映画です。 ナルト、サクラ、ネジ、リーの4人の活躍が楽しめる映画で、サクラたちの迫力のある戦闘シーンは必見です! ナルト、サクラ、サイの新生カカシ班の絆が描かれた映画、「火の意志を継ぐ者」 「火の意志を継ぐ者」は 第七班とカカシの絆を軸に、木ノ葉の忍の活躍やナルトとシカマルの対立が描かれた映画となっています。 カカシを助けるため、命令を投げうってでも戦うナルト、サクラ、サイの3人の絆が味わえる映画です。 ナルトを幾度も心配するサクラやそれを「恋愛」として曲解するサイなど、微笑ましい新第七班のすがたも描かれました。 限定月読の世界では、ふだんとは正反対の性格をした仲間たちや里を抜けていないサスケ、さらに死んだはずのナルトの両親が登場しました! さらに、この映画で サクラの両親が初公開となります! 限定月読の世界を通して両親のありがたみを知るサクラや、両親がいるという理想の世界にゆれるナルトのすがたが描かれました。 サクラがナルトの恋を応援するすがたが描かれた映画、「THE LAST」 第四次忍界大戦から約2年後を描いた映画です。 ナルトとヒナタが結ばれるまでの馴れ初めが主題となっていて、ふたりの恋を応援するサクラのすがたが印象に残ります。 この映画のなかで、 サクラがナルトに「わたしのことが好きだったのはサスケ君への対抗心でしょ?」と言ったシーンがファンのあいだで波紋を生みました。 ナルトがサクラへの真剣な思いを寄せるシーンやサクラがナルトの自分が好きだという思いを感じ取っているが原作で何度か出ているため、 そのまま受けとるべきか、ナルトが初恋から別れを告げるためのサクラなりのナルトへのエールなのか、解釈が難しいセリフとなっています。 戦闘シーンでは、サクラはサイとコンビを組んで敵を粉砕するという活躍をみせました! ナルトとサクラについてまとめ ナルトとサクラの関係は、 最初はサクラに片思い中のナルトとサスケに片思いをするサクラと、一方通行の関係でした。 第七班として任務を共にするうちに「ナルトとサスケに並び立ちたい」と思うようになったサクラは綱手の弟子となったあと、急速に強くなります。 サクラは何度もナルトとサスケを助けたいと意思を表明し、ついに サクラはふたりに並び立って戦う頼もしい仲間という立ち位置となりました! ナルトとサクラはお互いに守りあう「戦友」という関係性です。 サクラのことが好きだったナルトは、 サクラの幸せを願ってひそかに身を引くのでした。

次の

ナルトとヒナタの馴れ初めや告白、結婚後の二人の人生とは?

ナルト サクラ 告白

誕生日:3月28日• 身長:148. 体重:35. 4㎏(16歳時)• 声優:中村千絵 サクラは見た目は名前のとおり、桜を思わせるピンク色の髪に、薄緑の目が特徴です。 性格は自分本位で気性の荒い面もありますが、目上や初対面の人物には礼儀正しさを見せます。 基本的には明るく頭脳明晰で、趣味が暗記やクイズという、座学が得意ないわゆる優等生タイプ。 しかし「内なるサクラ」として心の中で悪態をついたり、口調が荒くなることもしばしばです。 好きな食べ物はあんみつと梅干しで、嫌いな食べ物は激辛料理。 物語当初の第1部では担当上忍・ はたけカカシ、班員・ うずまきナルト、 うちはサスケとともに第7班に所属します。 サスケに恋心を抱いており、彼を意識して髪の伸ばすなど、恋愛に興味津々な年頃の女の子といった印象が、物語の当初は強く出ている人物です。 同期の仲間達は「血継限界」や「秘伝忍術」を持っているのに対し、彼女は本作の世界では珍しく、血統のないごく一般的な家庭出身の忍者。 そのため「大した取り得のないくノ一」といった印象を同期からも持たれていましたが、その反面チャクラコントロールは学年主席だったサスケをも上回るトップレベルと評価されています。 また、原作では登場していませんが、映画やアニメでは彼女の両親も登場しており、父は キザシ、母は メブキという名前です。 両親は実は映画で先に登場し、その後アニメ「疾風伝」でも登場。 サクラは顔立ちなどは母似ですが、髪色は父譲りのようです。 第1部当初は忍術や体術など秀でたものがなく、戦闘スタイルも目立たず、チーム内でも守られる状況が多く見られました。 ですがサクラは、中忍試験では本来下忍では答えられるはずのない筆記問題を、持ち前の頭脳で全問正解するのです。 実はその筆記試験は、バレずにカンニングをするという、忍術使用ありきの試験だった事が後に発覚。 彼女の頭脳レベルの高さが窺える場面となりました。 第2部になると、戦闘スタイルも格段に変化。 医療忍術とチャクラコントロールによる怪力を身に着けた事で、ナルトと肩を並べて戦える程の戦闘力へと成長しました。 衣装も第1部ではアオザイ風の女の子らしい格好でしたが、第2部では拳を使用して戦うからか、手袋を着用。 裾の長かった衣装も空手着風の動き易そうなものに変わっているので、そこからも彼女が忍者として身も心も成長した事が見受けられるでしょう。 その後、中忍試験の第二試験中に、森で音忍(敵の組織の忍者)からの襲撃を受けるのです。 その襲撃時ナルトとサスケはすでに満身創痍で、サクラは2人を守るために単身で交戦。 しかし敵わず、髪を掴まれて捕まってしまいます。 まさに、絶体絶命。 その時サクラが取った選択肢は、自分の髪をクナイで切る事でした。 ピンチの状態だったとはいえ、手入れしていた自慢の髪を切るのは、よっぽどの覚悟があったからでしょう。 彼女が闘う事を諦めない決意をしたことと、強くなりたいという気持ちが表れた結果でした。 そして、このピンチに現れたのが、リーです。 いのを含む第10班のおかげもあって音忍を退け、事無きを得る事が出来たのでした。 クナイで切ってざっくらばんになってしまった髪は、いのが整えてくれて、ショートボブの短髪になります。 第2部の頃には、髪型はボブヘアで登場。 2年間の 綱手の元での修行の間に、長髪に髪が伸びていた時期もあったようですが、今度は自分の意志で短くしているようです。 おそらく、任務や戦闘に支障がない髪型にしているのでしょう。 春野サクラの事実5:めっちゃ強い!桜花衝、口寄せの術、百豪の術など 第1部では仲間に守られる事が多く、特別な能力もなかった彼女。 そんな彼女の成長が、第2部では随所で見られます。 2年の間、綱手の元でみっちり修行してきたサクラは、とんでもない強さを身に着けていたのです。 彼女が主に学んだのは医療忍術ですが、綱手に教わっていたのはそれだけでありません。 なんと、体術も教わっていたのです。 その代表的な技が 「桜花衝(おうかしょう)」。 チャクラを瞬時に拳に集める事で爆発的な怪力となり、一発で地面を叩き割る程の威力を発揮します。 チャクラを必要な時に、必要な分だけ拳に集める技術が必要で、これはチャクラコントロールが得意なサクラに合った戦闘スタイルといえるでしょう。 戦闘シーンではもっぱらこの桜花衝を披露する事が多く、当たれば相手はただでは済まない程の威力を誇ります。 まさに、一撃必殺。 彼女の必殺技といってよいでしょう。 さらに 口寄せの術として、大ナメクジの 「カツユ」を召喚し、負傷者の治療もおこないます。 カツユは綱手と契約しているナメクジですが、サクラも口寄せ出来る事が大戦中に明らかになりました。 また、 「百豪の術」を綱手から教わって受け継いでおり、大戦中にその技を披露。 これはチャクラを一定期間、一定量を額に溜めて完成する術です。 シズネによれば、チャクラを溜めるのに通常では3年は掛かるらしいところを、サクラは修業期間を換算したとしても2年足らずで溜めていた事になります。 これも、彼女のチャクラコントロールの細密さが大きく関係しているでしょう。 大戦中にチャクラを溜め終えた彼女の額には、ひし形の百豪の印が刻まれます。 膨大なチャクラを溜めた事で怪力にさらに磨きが掛かり、巨大な敵を一撃で吹っ飛ばす力を見せつけるのです。 ナルトやサスケには一歩およばずながらも、肩を並べて戦うのに遜色ない程の戦闘力を手に入れたサクラ。 頼もしいの一言に尽きます。 春野サクラの事実6:火影・綱手を超えた?最強の怪力! 綱手曰くシズネ以来、才ある弟子はいなかった様子。 サクラが医療忍術の修行中、その発言を確認する事が出来ます。 綱手は「シズネ以来の逸材か」と心の中で関心する場面があるのです。 医療忍術のスペシャリストである彼女にこの発言をさせるという事は、サクラは天才である、という事が出来るでしょう。 怪力に関しても、チャクラコントロールが精密に出来る彼女は無駄な消費をする事もなく、必要な時に必要な分だけチャクラを引き出せるので、戦闘の最中でも技を最大限の効果で発揮する事が出来るのです。 師匠である綱手から認められた彼女は、医療忍術だけでなく怪力をも自在に操る事が出来るようになりました。 春野サクラの事実7:医療忍術も取得!貴重な存在 医療忍者は戦場で味方の傷を癒し、チャクラを回復させるなど貴重な存在。 サクラは若くして綱手に認められる程、その才を見せます。 第2部が始まるまでの僅か2年の間で医療忍術を取得して、戦場で支障ない程の実力を発揮するのです。 医療忍術はチャクラコントロールが重要となり、精神力も必要です。 簡単には取得できません。 そんなサクラの医療忍術の技術が初めて発揮されたのは、砂の里の カンクロウの治療にあたった時でした。 暁のサソリの毒に侵され、一刻を争うカンクロウは、通常の治療では間に合わない状態でした。 しかしサクラが解毒剤を作り、彼の体内にある毒を直接摘出する事で命を救ったのです。 体内の毒を摘出する際に使用した医療忍術は「細患抽出の術」で、手に集めたチャクラで毒や病原体を直接抜き取るというもの。 集中力と細かいチャクラコントロールが必要な技術で、その場にサクラがいなければ、カンクロウの命はおそらくなかったと推測されます。 彼女の医療忍術が確かなものだとわかる場面という事で、印象深かった読者も多かったのではないでしょうか。 春野サクラの事実8:師匠・綱手との絆! 2位 どうせ死ぬなら・・・ 何もしないより・・・自分なりに戦って死ぬ!! (『NARUTO -ナルト-』66巻より引用) 大戦中に出た台詞。 絶望的な戦いのなかでも望みを捨てず、最後まであきらめないという決意表明です。 1位 この私が看るかぎり簡単に死なせやしないわ!! (『NARUTO -ナルト-』69巻より引用) 医療忍者として、綱手の弟子として、その自負から出た台詞でしょう。 実際に医療忍者としてトップレベルであろうサクラから出たこの発言は、頼もしい限りでした。 春野サクラに関してご紹介しましたが、彼女の魅力は伝わったでしょうか?彼女には、他にも多くの魅力があります。 『NARUTO -ナルト-』を読んだことのない方は、ぜひこの機会に読んでみてください。

次の

ナルヒナ (なるひな)とは【ピクシブ百科事典】

ナルト サクラ 告白

0cm 18歳 体重 35. 、淡いのを持つ少女。 率いるの。 は「」。 気合を入れるときの口癖は「 しゃーんなろー! や親族は原作では未登場だが、アニメ版では父の と母の が登場している。 をはじめ特別な血統や秘伝忍術を持つ家柄の出身が多いナルト世代のの中では唯一ごく普通の家柄の出身であり、や家に代々伝わる秘術などは持っていない。 のの相手。 にされるなど、美しい容姿を持つ(しかし、初期のデザイン画の関係で、当時のアシスタントからは「かわいくない」と評されていたと作者は語っている)。 には初対面で「感じのいいブス」と言われてしまい、怒りを露わにしていた。 幼い頃からに恋愛感情を抱いており、後に抜け忍となった彼の現状を知らされ苦悩するも、想いを捨てられずにいる。 系統の色の服装が多く、第一部では風のを好んで着ていた。 第二部では着風のになっており(『者の書』より)にを付けるなど、より活動的な印象のスタイルになっている。 広いがチャームポイントだが、時代は「デコリン」などとあだ名をつけられるなど広い額をからかわれ、いじめられた事が原因でを伸ばしていた。 もともと気が弱くだったのが、と友人になりをプレゼントされ、それ以来のようにリボンを頭に巻き、前髪は中央で大きく分けるようになる。 いのの友人たちとも仲良くなり、徐々に明るいへと変わっていったが、いのが自分と同様にサスケを好いていることを知ると恋敵として彼女に戦線布告し、それ以降は段々と強気な性格に変わっていく。 そしてアカデミーの卒業試験に合格して下忍となった際に、弱い自分との決別としてリボンをいのに返した。 その後はをリボンの代わりとして髪をまとめるために使っており、彼女らしいトレードマークとなっている。 中忍試験でいのと戦った際、一度だけ額に装着していた。 成績優秀でハッキリした性格をしているいのは幼少時代の憧れの対象であり、現在も唯一無二の親友だが、中忍試験以前はのとして顔を合わせる度に「デコリン」「いのぶた」など互いに罵詈雑言を浴びせ合い、口喧嘩ばかりしていた。 しかし、第三試験の予選で本気でぶつかり合ったことでお互いに認め合い、それ以降は激しく衝突することは少なくなっている。 物語当初はサスケを意識してをまで長く伸ばし、女の子らしくよく手入れをしていたが、中忍試験の第二試験の最中、のとの戦闘中にをにされて身動きが取れなくなったことで ナルトやサスケを守るために覚悟を決め、自らでバッサリと切り落とした。 それ以降はに変わっている。 に修行をつけてもらっていた頃は初期のように髪を伸ばしていたようだが、第二部ではまたショートヘアに落ち着いている。 基本的にしっかり者で落ち着いており要領が良いが、年相応な言動もある。 感情的かつ強気な側面もあり、それを表に出しづらい状況では脳内の「内なるサクラ」が過激なことを口走っている。 初対面や目上の人間には礼儀正しい。 学年主席のサスケを含めた他の下忍がほとんど手も足も出ず、実は「公認の情報収集能力試験」というカラクリだった中忍試験の筆記試験においては、 自分の頭脳のみで全ての問題に解答するなど、 頭脳はぬきんでて優秀であり、いのにカンニングの対象にされている。 第二部では激しい感情を抑え込むことがなくなり自信も生まれたため、原作・アニメ共に周囲からに似てきたと発言される事が多い。 涙脆いが芯は強く、に「 男気を持ち合わせている」と評された。 ナルトのことは当初「自分の恋路を邪魔して楽しんでいるウザイ奴」と見なして嫌悪感を丸出しにしていたが、家族や友人が居ない彼の孤独な心情を知り、ナルトと同じ班で任務をこなしていくうちにだんだんと接し方が軟化していく。 ナルトの身を案じて庇おうとしたり、彼によって危機から救われたことを知って頼もしく感じる様子を見せていた。 現在は 大切な守るべき仲間と考えており、姉か母親のようにナルトをサポートしている。 その為、から「ナルトが情報を渡さないためにに殴られ続けた事」や「にサスケの許しを請いに行った事」を告げられ、そしてナルトが自分に本当に好意を抱いている故に、「サスケを連れ戻す」という2人の約束が、まるで呪印のようにナルトを苦しめているという事実を指摘されるとショックを受け、強い後悔の念に襲われていた。 を阻止するため、サスケ討伐を決意したら同期の提案を受け入れた後、と、、サイと共にナルトを追ってに赴き、「ナルトのことが好きになったからサスケの事はもうどうでもいい。 だからあのはもう無しにしよう」と告白し「サスケを連れ戻す」約束の破棄を迫る。 この言葉の真意は、サスケを諦めナルトを好きになった、と言うことで「サスケを連れ戻す」という一生の約束の重荷を解き、今回こそは自分でケリをつけようという意味であった。 しかし当のナルトにはその告白はだと見抜かれ、「オレは自分に嘘をつくような奴は嫌いだ」「約束が無くても自分の意思でサスケを追い続ける」と告げられる。 サスケを想う自分を見抜いたナルトの言葉を受け入れる姿勢を見せることは無かったが、心の中でナルトに謝罪しながら、サスケ粛清の話を伝えぬままその場を立ち去る。 キバからサスケの正確な位置を聞き、自分一人で殺そうと考え、サスケの元に向かう。 しかし、それは変わってしまうサスケを止めるため、愛するが故の行動だった。 男女の関係を使いサスケを揺さぶろうとするが、そのを見破られ背後から攻撃されそうになり、駆け付けたカカシに助けられる。 もう一度、目に違和感を覚えたサスケの背後を取り、寸前まで毒を塗ったクナイを突きつけ奇襲をしかけたが、やはりサスケへの想いや過去の思い出を振り切る事はできなかった。 逆にサスケに首を絞められ、奪われたクナイを向けられる。 しかし、ナルトに間一髪で救出された。 ナルトに頼り切っていた自分を振り切ったつもりだったが、優柔不断で何も変わっていないこと、ナルトの強い思いや決意を聞き覚悟の差を改めて思い知る。 自分にできることは「 両者を信じる事」とし、ナルトのおかげでまたで笑い合える未来を諦めないでいられることに心の中で礼を述べた。 木ノ葉の里に帰還した後、綱手が意識を取り戻した際、ナルトにもその事を知らせているが、同期達との話し合いでサスケを殺さなかった事を咎められながらも、何かを隠している彼を見て違和感を抱いている。 第四次忍界大戦では医療班に配属され、負傷者の治療にあたっていたほか、に化けて医療班のテントに侵入してきたの変化を見破る活躍を見せた。 本物のの出現後は連合軍の忍達と共にナルトのもとへ駆けつけ、と交戦。 その最中、百毫の印を開放してを口寄せし、仲間達の回復を行った。 マダラが無限月読を発動させた際はサスケので難を逃れ、マダラを触媒にして復活したと相対する…。 能力 第一部からも座学やコントロール技術は(当時)作中のの中でもトップレベルだった。 それらに関してはをも上回るものの、戦闘技術に関してはこれといった特技が無く、の才能の片鱗が見られる程度だった。 オリジナルでは活躍の場も増えていた。 編では、当初は戦闘で役に立てないことで試験への参加を躊躇していたが、サスケの励ましを受けて自ら参加の意志を見せ、「守られてばかりではいけない」と粘り強さを表すようになる。 意識不明のナルト、サスケを捨て身での襲撃から守り、また「心転身の術」で自身に乗り移ってきたいのを「内なるサクラ」の強靭な精神力で追い出すという力技も見せている。 また後には綱手の厳しい修行を乗り越えるなど、持ち前のと度胸はナルト同様、相当なものがある。 ナルトと違い多量のを持っているわけではないが、前述したとおりを発動するのに必要なだけチャクラを引き出して余計なを抑えるためのコントロール能力に優れており、曰くサスケ以上の腕前。 またカカシによればの才能があるらしく、幻術に掛からず見破ったり、誰に教わるでもなく幻術返しをするなど片鱗は見受けられ、ファンブックでは彼女のオリジナル幻術の募集まで行われたが、幻術のプロに師事することがなかったためか、本編では自ら幻術を使用する描写はなかった。 第二部では師匠となった綱手から教わった 医療忍術と高度なチャクラコントロールを利用した身体強化による を身に付ける。 修行の腕試しとしてナルトともにカカシと鈴取り合戦を行った際には、 拳一発で地面を叩き割ってカカシの土遁術を破り、カカシばかりかナルトさえも戦慄させた。 「サ…サクラちゃんの前でバカするのはもうやめよ… 殺される…! 」 また頭脳面でも磨きがかかっており、とっさの機転に加え、度胸が養われたことで上手を相手に善戦できるようになった。 特に風影奪還編では解毒薬を調合する描写もあり、戦はシリーズでもサクラ一番の見せ場として人気があり、彼女の頭脳と腕っ節が遺憾なく発揮されている。 医療忍術の腕も折紙つきで、サソリとの戦闘で重傷と毒を受けたを的確に処置し、一命を取り留めている。 ここでも頭脳面が活きており、綱手や姉弟子シズネの教えを忠実に記憶しており、それを基盤に以後も味方の治療を率先して行っている。 忍界大戦でも前半は医療班に配属され、次々と重傷者が運ばれてくる地獄絵図にも臆することなく、現場を的確に取り仕切っている。 時においては綱手より「百豪の術」も受け継いでいたことが判明し、サクラの額に百豪の印が現れている。 さらに「」で大のを呼び出した。 百毫の術は潜在的チャクラ量が素質として必須だが、サクラは姉弟子をも唸らせる超精密チャクラコントロールを利用し、数年に渡り百毫の印開眼に必要なチャクラを体内に貯蔵し続けていたらしい。 その一発目での分裂体を見るも無残に殴り飛ばして見せた。 「もう2度と…サクラちゃんに歯向うのはよそう…塵にされる…」(632話) 最終回後の後日談「」ではうっかりがを直撃してその余波で自宅を全壊させてしまうなど、戦闘力には拍車がかかっていた。 また、の中でも一切特殊な血筋や才能、背景が無く、一歩及ばないまでも唯一自らの努力と修行のみでとに比肩するほどの能力を手に入れたため、NARUTOキャラの中でも「努力」で大成した人物の筆頭として挙げられることがある。 内なるサクラ 内心のサクラの 本音を具現化したようなもので、ナルトやカカシへの複雑な想いやサスケへの葛藤を吐露していた。 いのの「心転身の術」で体を乗っ取られた際も、前述のように「内なるサクラ」によって無理矢理体を奪い返し、彼女を驚嘆させた。 一種、的な表現を含んだ描写でもあったためか、物語の傾向がよりシリアスに向かっていき、ギャグ要素が殆ど見られなくなった第二部からは、この「内なるサクラ」が出てくることは少なくなり、怒りなどの感情を素直に表に出すようになった。 使用術一覧• 変わり身の術• 分身の術• ブービートラップ• 内なるサクラ• サクラ吹雪の術(映画オリジナル)• 忍法・雪桜の舞(ナルティメットヒーロー3、ナルティメットアクセル1~2、ナルティメットクロス)• 医療忍術• 細患抽出の術• 創造再生• 百豪の術• 乱身衝• 掌仙術()• 曼我蘇生()• 癒力変生の術• 痛天脚• 岩盤破砕の術()• 地丘環裏の術()• 通天脚の術()• 幻術破り• 幻術返し• 2年前と比べるとかなり落ち着いたようで、昔のようにナルトにキツいツッコみを入れる描写はない。 原作最終話となる第700話までの間にサスケと結ばれたようで、の義妹すなわちとなっている。 700話ではと共に登場しているが、娘からは主に、の話を良く聞かされている。 本編と変わらぬ戦闘力は健在。 また木の葉の医療部門の責任者を務めている。 関連イラスト 第一部.

次の