生 チョコ の 作り方 簡単。 ホワイトチョコの生チョコが固まらない?簡単な作り方は?原因と対処法は?

抹茶生チョコの作り方。分離を戻す方法と生クリームなしのレシピを紹介。簡単に真似できるおしゃれな生チョコだよ!

生 チョコ の 作り方 簡単

餃子の皮アレンジ!材料3つで作業3分で作れる一番簡単な焼きチョコバナナタルトです。 のせて焼くだけなので、お子さんと一緒に作りやすいです。 調理時間:5分 人数:2~3人分• 餃子の皮 5枚• バナナ 小1本• 板チョコレート 2列(20g)• アルミカップに餃子の皮を入れる。 バナナは5ミリの厚さに切り、餃子の皮の上にのせる。 板チョコは1個を半分にちぎり、バナナの上にのせる。 トースターで2分~焼き、餃子の皮にパリッと焼き色がついたらできあがり。 トースターは1000wで200度の設定です。 春巻きの皮でも作れますか? 春巻きの皮のほうが薄く、焦げやすいので焦げないように加熱時間を短めにして様子を見てください。

次の

生チョコを牛乳で作る!生クリーム不要で簡単に美味しい作り方のコツ!

生 チョコ の 作り方 簡単

チョコレートを溶かす方法として、一般的なのは「湯煎」ですよね。 あと、レンジで溶かすやり方もありますね。 ただ、 湯煎だとお湯の温度が高すぎたり・低すぎたり、うまくいかないことがあります。 レンジの場合はチョコが焦げる、そもそもチョコが溶けないなんてこともあります。 湯煎やレンジよりも、もっと簡単で絶対失敗しないチョコの溶かし方は「 ドライヤー」を使用することです。 どこのご家庭にもあると思いますが、お風呂上りに髪の毛を乾かすドライヤーですね。 「なぜ、ドライヤー?」と思われたかもしれませんが、ドライヤーを使った方が簡単で失敗しない理由が、ちゃんとあるんです。 ドライヤーでチョコレートを溶かした方が良い理由と、実際にチョコを溶かすとどうなるのかを見ていきましょう。 チョコの溶かし方でドライヤーを使う理由 なぜ、チョコを溶かすのにドライヤーを使うのか? 理由は、 湯煎するよりも時間が短く済みますし、 チョコの溶け具合を確認しやすく調節しやすいからです。 レンジだと、チョコの溶け具合を調節するのが難しいですよね。 しかも、電子レンジの場合は、チョコレートを刻んでからでないと、溶けきらない部分や焦げる部分が出てきます。 ドライヤーの場合は、刻まなくても粗くくだけばOKです。 実際に、どんな感じになるのか確認してください。 スポンサーリンク チョコの溶かし方を失敗しないやり方 今回使用したのは、「ガーナミルクチョコレート」です。 チョコレートの種類は、なんでも大丈夫です。 割らずに、板チョコのままでも溶けますが、ある程度割った方が、溶ける時間は短くなります。 今回は、こんな感じに割ってみました。 チョコを入れるのは、普通のお皿で大丈夫です。 強風だとチョコが飛んでいってしまうので、 ドライヤーの風量は必ず「弱」にしてください。 温風を当ててから、 30秒後のチョコレートです。 少し溶け始めてきていますね。 次は、 1分後のチョコレートです。 結構、ドロっとした感じになってきました。 ほぼ、固形の部分がありません。 そして、ドライヤーの熱を当ててから 1分30秒後のチョコレートです。 ほぼ、ドロドロです。 チョコが液体状になっているので、スプーンで簡単に混ぜられる状態です。 そして、いよいよ2分後です。 最初にご紹介したように、 2分で完全にチョコが溶けました。 2分間、ただドライヤーの熱を当てていただけで、簡単にチョコを溶かすことができました。 湯煎やレンジだと時間がかかってしまい失敗もありますが、ドライヤーだと絶対に失敗することがありませんよ。 時間ごとに、チョコレートの溶け具合を確認しながらできるのが良いところですね。 チョコの溶かし方で一番簡単な方法!まとめ ドライヤーを使えば、誰でも簡単にチョコレートを溶かすことができます。 「チョコを手作りしたいけど、溶かす作業が面倒・・・」という場合は、かなりオススメの方法です。 今回は、板チョコ1枚ですが、チョコレートの量を増やしても簡単に溶かすことができるので、レンジや湯煎でするよりも便利だと思います。 「 湯煎だとチョコがうまく溶けない」「 レンジでチョコが焦げてしまった」など、お悩みの方は、ぜひ一度試してみてください。 【チョコ関連】 ・ ・.

次の

ホワイトチョコの生チョコが固まらない?簡単な作り方は?原因と対処法は?

生 チョコ の 作り方 簡単

チョコレートを溶かす方法として、一般的なのは「湯煎」ですよね。 あと、レンジで溶かすやり方もありますね。 ただ、 湯煎だとお湯の温度が高すぎたり・低すぎたり、うまくいかないことがあります。 レンジの場合はチョコが焦げる、そもそもチョコが溶けないなんてこともあります。 湯煎やレンジよりも、もっと簡単で絶対失敗しないチョコの溶かし方は「 ドライヤー」を使用することです。 どこのご家庭にもあると思いますが、お風呂上りに髪の毛を乾かすドライヤーですね。 「なぜ、ドライヤー?」と思われたかもしれませんが、ドライヤーを使った方が簡単で失敗しない理由が、ちゃんとあるんです。 ドライヤーでチョコレートを溶かした方が良い理由と、実際にチョコを溶かすとどうなるのかを見ていきましょう。 チョコの溶かし方でドライヤーを使う理由 なぜ、チョコを溶かすのにドライヤーを使うのか? 理由は、 湯煎するよりも時間が短く済みますし、 チョコの溶け具合を確認しやすく調節しやすいからです。 レンジだと、チョコの溶け具合を調節するのが難しいですよね。 しかも、電子レンジの場合は、チョコレートを刻んでからでないと、溶けきらない部分や焦げる部分が出てきます。 ドライヤーの場合は、刻まなくても粗くくだけばOKです。 実際に、どんな感じになるのか確認してください。 スポンサーリンク チョコの溶かし方を失敗しないやり方 今回使用したのは、「ガーナミルクチョコレート」です。 チョコレートの種類は、なんでも大丈夫です。 割らずに、板チョコのままでも溶けますが、ある程度割った方が、溶ける時間は短くなります。 今回は、こんな感じに割ってみました。 チョコを入れるのは、普通のお皿で大丈夫です。 強風だとチョコが飛んでいってしまうので、 ドライヤーの風量は必ず「弱」にしてください。 温風を当ててから、 30秒後のチョコレートです。 少し溶け始めてきていますね。 次は、 1分後のチョコレートです。 結構、ドロっとした感じになってきました。 ほぼ、固形の部分がありません。 そして、ドライヤーの熱を当ててから 1分30秒後のチョコレートです。 ほぼ、ドロドロです。 チョコが液体状になっているので、スプーンで簡単に混ぜられる状態です。 そして、いよいよ2分後です。 最初にご紹介したように、 2分で完全にチョコが溶けました。 2分間、ただドライヤーの熱を当てていただけで、簡単にチョコを溶かすことができました。 湯煎やレンジだと時間がかかってしまい失敗もありますが、ドライヤーだと絶対に失敗することがありませんよ。 時間ごとに、チョコレートの溶け具合を確認しながらできるのが良いところですね。 チョコの溶かし方で一番簡単な方法!まとめ ドライヤーを使えば、誰でも簡単にチョコレートを溶かすことができます。 「チョコを手作りしたいけど、溶かす作業が面倒・・・」という場合は、かなりオススメの方法です。 今回は、板チョコ1枚ですが、チョコレートの量を増やしても簡単に溶かすことができるので、レンジや湯煎でするよりも便利だと思います。 「 湯煎だとチョコがうまく溶けない」「 レンジでチョコが焦げてしまった」など、お悩みの方は、ぜひ一度試してみてください。 【チョコ関連】 ・ ・.

次の