スペースワイファイ 速度制限。 【SPACE WiFi(スペースワイファイ)】の最新レビュー|デメリット・メリット紹介

SPACE WiFiに速度制限はあるの?1日・3日・月間あたりの通信制限や条件を分かりやすく紹介【スペースワイファイ】

スペースワイファイ 速度制限

SPACE Wi-Fi スペースワイファイとは?民泊用Wi-Fi SPACE Wi-Fi スペースワイファイ は、株式会社スペースエージェントが運営する通信サービスです。 民泊物件に設置することを主な目的に提供されている、民泊用Wi-Fiとなっています。 SPACE Wi-Fiには、下記のような特長がありますよ。 SPACE Wi-Fiの特長4つ• 月額料金が3,680円のみで各種手数料が一切かからないシンプルな料金体系• 初期費用、契約手数料、解約手数料、端末代金すべて0円• 契約期間の縛りがないからいつでも解約できて安心• 月間通信がほぼ無制限• 多言語マニュアル、コールセンター対応 月額料金3,680円のみの、シンプルな料金体系なので、わかりやすいです。 また、初期費用、契約手数料、解約手数料といった通信業界によくある費用が0円なのも魅力です。 いろいろな通信サービスがありますが、初期費用、契約手数料、解約手数料が無料のサービスは非常に珍しいです。 民泊用Wi-Fi「SPACE Wi-Fi」には2種類の回線がある 民泊用Wi-Fiの「SPACE Wi-Fi」には、下記の2種類の回線があります。 SPACE Wi-Fiの2種類の回線• ソフトバンク回線• WiMAX回線 なお、回線はランダムで決まりますが、申し込み後にサポートセンターへ連絡すれば自分が好きな回線を選択できますよ。 SPACE Wi-Fiサポートセンター• 0120-546-573• info spacewifi. ソフトバンク回線、WiMAX回線それぞれの通信制限について説明しますね。 ソフトバンク回線は1日で3GBを越えると通信制限 ソフトバンク回線は、「1日で3GB」を超えると通信制限がかかります。 ソフトバンク回線で通信制限になると、通信制限になった当日の一部時間帯のみ通信速度が制限されますよ。 128kbpsという、超低速の通信速度になってしまいます。 1日3GBは、高画質な動画を3時間くらい見るとかかる恐れがあるので、ちょっと嫌な制限ですね。 WiMAX回線は3日間で10GBを越えると通信制限 WiMAX回線は、「3日間で10GB」を超えると通信制限がかかります。 WiMAX回線で通信制限になると、通信制限になった日の翌日の18~26時のみ、通信速度が制限されます。 通信速度は1Mbpsなので、ギリギリYouTubeの動画が再生できるレベルです。 SPACE Wi-Fiの月額料金は3,680円 上でもお伝えしましたが、SPACE Wi-Fiの月額料金は3,680円です。 民泊Wi-Fiの中では最安値です。 シンプルな料金プランですね。 支払い方法は口座振替とクレジットカードのみ SPACE Wi-Fiの支払い方法は、下記の2種類です。 SPACE Wi-Fiの支払い方法2種類• 口座振替• クレジットカード 支払いに便利な、クレジットカードが使えるのは嬉しいですね。 なお、SPACE Wi-Fiの支払いで使えるクレジットカードは下記のとおりです。 SPACE Wi-Fiの支払いで使えるクレジットカード• VISA• MasterCard• JCB• AMERICAN EXPRESS• Diners Club• Discover クレジットカードの5大国際ブランドに加えて、Discoverも利用可能です。 クレジットカード払いなら、初回は初月分の料金が日割りで決済されます。 日割り決済だから、月の途中で契約しても安心ですね。 口座振替の場合は、ご利用開始翌月27日に初月分と2月目分がまとめて引き落とされます。 SPACE Wi-Fiのメリット SPACE Wi-Fiメリットを3つ紹介します。 SPACE Wi-Fiの3つのメリット• 他のサービスでは、契約事務手数料が3,000円以上かかりますが、SPACE Wi-Fiは初回無料。 しかも、端末代金や送料も無料です。 初期費用を抑えられるから、SPACE Wi-Fiは手軽に始めやすいですね。 「何が最安値なの?」と疑問を持ちますよね。 最安値保証は、契約から2年利用して解約するまでの「総費用」を最安値保証しています。 この上位10件の中で、SPACE Wi-Fiよりも安いサービスがあれば、その価格が適用されます。 なので、海外の人が民泊に来てもスムーズにWi-Fiを使ってもらえます。 Wi-Fiの設備があれば、海外の人も嬉しいので、また泊まりに来てくれるかもしれませんよ。 SPACE Wi-Fiのデメリット SPACE Wi-Fiの、3つのデメリットを紹介します。 SPACE Wi-Fiの3つのデメリット• WiMAX回線を利用した端末は、「Speed Wi-Fi NEXT W04」。 ソフトバンク回線を利用した端末は、「Pocket WiFi 801ZT」が基本です。 機種名 発売日 Speed Wi-Fi NEXT W04 2017年2月17日 Pocket WiFi 801ZT 2019年4月8日 WiMAX回線を使う「Speed Wi-Fi NEXT W04」は、最新の機種ではありませんが、下りは最大440Mbpsと申し分ない速度が出ますよ。 一方、ソフトバンク回線を使う「Pocket WiFi 801ZT」は、2019年4月発売の比較的新しい機種です。 最新機種の「Pocket WiFi 802ZT」で、SPACE Wi-Fiで使う「Pocket WiFi 801ZT」は2番目に新しい端末。 「Pocket WiFi 801ZT」は、1辺わずか71mmのコンパクトボディで人気の機種です。 「やっぱり縛り期間は、2年以上あるんだ」と思うかもしれません。 しかし、SPACE Wi-Fiの縛り期間は年単位ではなく、たったの1ヶ月のみ。 1ヶ月の最低利用期間が経過した後は、いつでも解約できます。 ただし、解約月の翌月5日までに、端末一式を返却する必要があります。 もし、解約月の翌月5日以降に端末一式が返却先に届いた場合、1ヶ月分の利用料金が発生するので早めに返却するようにしてください。 SPACE Wi-Fi返却先住所• 〒060-0061• 北海道札幌市中央区南1条西5丁目20• 郵政福祉札幌第一ビル1F• 《札幌南1条郵便局留め》• SPACE Wi-Fi宛• 0120-546-573 返却する端末一式• WiFiルーター本体• 充電ケーブル• ACアダプタ 端末一式を返却するときの送料は、自分で払う必要があります。 この点はちょっと面倒ですね。 通信制限は、利用している回線の種類によって異なります。 回線ごとの通信制限• ソフトバンク回線は「1日で3GB」を超えると通信制限• WiMAX回線は「3日間で10GB」を越えると通信制限 ただ、この通信制限はほとんどのWi-Fiサービスで共有なので仕方ないですね。 SPACE Wi-Fiがオススメの人 SPACE Wi-Fiがオススメなのは、下記に当てはまる人です。 SPACE Wi-Fiがオススメの人• 自分の部屋を民泊に利用をしたい人(多言語マニュアル、コールセンター対応)• 縛り期間なしで契約したい人• 月額料金のみのシンプルな料金にしたい人 縛り期間がなく、契約や解約にかかる費用がかからないといった初期費用や解約費用のハードルの低さに加えて、多言語のマニュアルとコールセンターに対応しています。 そのため、海外のお客様の利用が多い民泊オーナーの方には、特におすすめの通信サービスです。 まとめ:民泊をしたい人にはオススメのサービス 民泊をしたい人には、SPACE Wi-Fiはオススメのサービスです。 SPACE Wi-Fiをオススメする理由を、下記にまとめます。 SPACE Wi-Fiをオススメする理由• 月額料金が3,680円のみで各種手数料が一切かからないシンプルな料金体系• 初期費用、契約手数料、解約手数料、端末代金すべて0円• 契約期間の縛りがないからいつでも解約できて安心• 月間通信が無制限• 多言語マニュアル、コールセンター対応 SPACE Wi-Fiは、契約や解約手数料が一切かからず、月額料金3,680円のみのシンプルな料金です。 多言語マニュアル、コールセンター対応しているので、海外のお客様が多い民泊オーナーの方には、特におすすめしたいサービスです。 民泊をしたい方、されている方は、ぜひSPACE Wi-Fiを検討してみてくださいね。

次の

SPACE Wi

スペースワイファイ 速度制限

ポケットWiFiは、速度制限があるから「一日中動画を視聴したりできない」という人多いですよね。 そんな悩みに対応した 速度制限なしの無制限に使えるポケットWiFiを紹介していきます。 動画を一日中見ても、オンラインゲームを一日中プレイしても大丈夫なWi-Fiがありました! 月間無制限・縛りなし・大容量といわれているポケットWiFiについて 一般的に知られているポケットWiFiは殆ど速度制限が存在しており、無制限に使う事ができません。 データ通信量 制限事由 WiMAX 月間無制限 3日で10GBの速度制限有 縛りなしWiFi 月間無制限 1日で3GB or 3日で10GBの速度制限有 大容量プラン 月100GB迄 100GBを超えた時点で速度制限 どれも見た目は無制限に使えるのでは?と勘違いしてしまう文言が多いのですが、実際は3日で10GBや1日3GBの速度制限があり、 利用者も「えっ、速度が遅くなったけど・・・」と困惑するケースが多いです。 僕も使ってるけど、速度制限になったことは無いよ!動画視聴程度であれば問題ないね! 実際に300GB使っても大丈夫でしたが、それ以上を使う場合は、光回線の方がおすすめです。 ゼウスWiFiの凄い所は、無制限に使える点だけではありません。 それ以外にも、 ソフトバンク・ドコモ・auのトリプルキャリアの回線を利用する事ができます! 正確に言うと、ゼウスWiFiのモバイルルーターH01が その場所にあった最適な通信キャリアの電波を自動で掴みます。 端末側で設定する必要がないので簡単に利用できます。 料金も安く使える ゼウスWiFiは1~6ヶ月目は月額2,980円、7ヶ月目以降は月額3,280円となっており、他の無制限WiFiやWiMAXと比較しても、格安で使う事ができます。 3日で10GBの速度制限があるUQ WiMAXは月額3,880円となっておりますのでそれよりも安く利用できます。 契約期間 2年間 キャッシュバック なし 契約期間の縛りがないWiFi「縛りなしWiFi」 縛りなしWiFiは制限なしで使うことはできませんが、契約期間の縛りがないため人気です。 縛りなしWiFiでは3つのプランが用意されており、• 1ヶ月20GB• 1日2GB• 3日で10GB(WiMAX) となっており、ご利用予定の通信量にあわせて契約すると良いです。 そうだね。 少し前なら「クラウドWiFi東京」があったけど、 今は申し込みを停止しているから他はないよ。 そのため契約期間の縛りがないWiFiは「縛りなしWiFi」がおすすめです。 初期費用も1,000円と安いため気軽に始めることができます。 月額料金 1日2GBプラン:3,300円 1ヶ月20GBプラン:3,000円 WiMAXプラン:4,300円 初期費用 1,000円 契約期間 縛りなし 縛りなしWiFiは「1日2GB」利用可能の通常プランが人気です。 また、WiMAXプランも少し料金は高いですが、契約期間の縛りがなくテレワークの人に人気です。 契約期間の縛りなし! 無制限、100GBプラン、200GBプラン、WiMAX等、大容量のWi-Fiを比較 今回比較するのはネットで人気が高いレンタルWiFiを中心に紹介していきます。 一部レンタルではないポケットWiFiもあります。 モナWiFi• 縛りなしWiFi• FUJI WiFi• GMOとくとくBB• どんなときもWiFi 上記の5社を比較していきます。 速度制限になりづらいのはどこ? さっそく、何処が一番速度制限になりづらいか比較してみましょう! 通信制限 月額料金 縛りなしWiFi 3日で10GB or 1日3GB 3,300円 GMOとくとくBB 3日で10GB 3,480円 モナWiFi 100GB 3,500円 FUJI WiFi 200GB 4,800円 どんなときもWiFi 無制限 3,480円 比較してわかりますが、 どんなときもWiFiは無制限のため基本的に速度制限になりませんので、圧倒的1位です。 次に沢山使えるのが、使い方次第ですが「 FUJI WiFiの200GBプラン」です。 FUJI WiFiの200GBプランは3日で10GBや1日3GBと言った速度制限はありませんので、1ヶ月で200GB迄使い放題です。 注意点としては、200GBプランは月額4,800円とちょっと高いですね。 この料金になってくると、 自宅でWiFiを利用する場合は、光回線を引いてしまったほうが安上がりという場合もあります。 速度制限で言えば、無制限に使えるどんなときもWiFiの圧勝です。 最大速度はどこが一番速いの? 最大速度は、基本的に出ないと思っておいてください。 私自身もポケットWiFiを複数台所有していますが、どれも家の中で利用した際は20Mbps~50Mbpsです。 最大下り速度 最大上り速度 縛りなしWiFi 440Mbps 75Mbps GMOとくとくBB 1. 2Gbps 75Mbps モナWiFi 350Mbps 37. 速度を見ると最新端末を取り扱っているGMOとくとくBBが1. 2Gbpsと1ギガ超えのスピードです。 私も 1. 2Gbpsが可能なW06を持っていますが、実際に出る速度は50Mbps前後です。 最大速度で見れば「GMOとくとくBB」の圧勝ですが、 実際にでる速度を考えるとそこまで大差はありません。 契約期間と料金はどうなの? 通信制限 月額料金 初期費用等 縛りなしWiFi 特になし 3,300円 なし GMOとくとくBB 3年間 3,480円 契約事務手数料3,000円 モナWiFi 特になし 3,500円 初回事務手数料5,000円 FUJI WiFi 特になし 4,800円 手数料2,000円 どんなときもWiFi 2年間 3,480円 事務手数料3,000円 縛りなしWiFi、モナWiFi、FUJI WiFiは契約期間の縛りが無いのに対して、 GMOとくとくBBは3年間、どんなときもWiFiは2年間の契約期間の縛りがあります。 はじめから長期間利用するから大丈夫という人はいいのですが、もしかしたら2ヶ月で辞めるかも、半年で辞める可能性があるという人は、レンタルWiFiを選んだほうが良いです。 レンタルWiFiでおすすめしているのは、初期費用0円で利用できる「縛りなしWiFi」です。 完全無制限ではないけど、WiMAXという選択肢もあり どんなときもWiFiは無制限に使えるポケットWiFiとして魅力的ですが、 WiMAXのギガ放題プランも人気です。 WiMAXのおすすめの理由として• 月間無制限(3日で10GB制限有)• 平均速度はどんなときもWiFiよりも速い(弊社調べ)• 最高速度もどんなときもWiFiよりも速い(最大1. 2Gbps) となっており、3日で10GB位しか使わないという人であればWiMAXの方がおすすめです。 WiMAXは月間での速度制限はなく無制限に利用可能ですが、 直近の3日間で10GBを超えてしまうと翌日の18時から2時が1Mbpsの速度制限になります。 WiMAXを使ったことない人は、WiMAXは電波が悪いっていうけど、都会で使用した時に高速通信ができるのはWiMAXっていうケースが多かったよ! WiMAXでおすすめは「GMOとくとくBB WiMAX」 WiMAXで月額料金が安いのはGMOとくとくBBです。 料金は、• 初月 2,590円(日割り)• 1~2ヶ月目 月額2,590円• 3~24ヶ月目 月額3,344円• 25ヶ月目以降 月額4,263円 見ての通り格安でWiMAXが利用できます。 しかもGMOとくとくBBではサービス内容が充実しており、• au 4G LTEオプション無料• 最短即日発送(平日15時半、土日祝日14時迄の申込に限り)• 安心サポート2か月間無料• 期間限定3,000円キャッシュバック 他のWiMAXやポケットWiFiでは行っていないサービスがあります。 月額料金が安く、月間無制限に使えるWiMAXはGMOとくとくBBからの申込がおすすめです。 \WiMAXが月額2,590円~3,344円で使えるのはGMOとくとくBBだけ!/ 制限なしのポケットWiFiのまとめ 国内で販売されているポケットWiFiの中で速度制限にかかりづらいのは「Mugen WiFi」等、クラウドSIMを利用したポケットWiFiです。 しかし、最近では無制限と言われていた 「限界突破WiFi」が1日5GBの制限を設けたり、 「どんなときもWiFi」は通信障害で速度が遅く使えません。 このように、 無制限と言っても結局制限されてしまう可能性は十分あるという事だけ覚えておいてください。

次の

SPACE Wi

スペースワイファイ 速度制限

などが、SPACE WiFiを使う最大のメリットです。 ちなみに民泊レンタルwifi同士の料金比較表は公式サイトに詳しく書いてあります。 常に最安値保証をしてくれています。 民泊以外の も作成しましたので、民泊wifiを個人利用するかどうかの検討用に使ってください。 wifi選びで困った経験、ありませんか。 複雑すぎるプランにウンザリ Wi-Fiなどのインターネット回線って• キャッシュバックキャンペーン• 実質料金• 3年契約 など、月額料金や契約プラン内容が非常に複雑ではないでしょうか? 結局どれがいいの?とか混乱した経験は誰しもがあるかと思います。 そして必死に選ぼうとするともう面倒になって、結局家電屋でオススメされるがままに契約してしまったって経験ないですか? 私の妻がそうでした(笑) もともと契約していたYモバイルのポケットwifiが、月額料金高い上になにもキャンペーンなしに契約していたというので解約しようとしたら みたいなとんでもない状況になりました。 同じことで失敗してしまう方を減らすために、SPACE WiFiだけでなく、有名どころのWiMAXプロパイダも徹底料金比較しました。 その中で一番条件の良かったSPACE WiFiを、実際に個人で利用して、通信費を大幅に節約できたので紹介します。 民泊wifiとは??個人利用にもメリット多数 まずは民泊wifiについてです。 民泊というのは今流行のAirbnb(エアビーアンドビー)で自分の住まいを、民宿のように貸し出すサービスですね。 もともと民泊wifiはその泊まりにくるゲストのために、自宅のオーナーが契約する専用のwifiだったのですが、実は民泊やってなくても申し込みできる製品があります。 「そもそも民泊wifiってなんなの?普通のwifiとなにが違うの?個人で利用するメリットあるの?」 そんな疑問にお答えるするために、まずはそのメリットを列挙していきます。 そして次に泊まる人のことなんて、各個人レベルでは当然考えないので、wifiを制限気にせず利用します。 仮に、通信制限が発生したらそれはもう、次のゲストからクレームです。 なので、民泊wifiは基本的に月間使用量無制限になっております。 大抵のプロパイダでギガ放題プランという無制限プランはあります。 最大のメリットはいつ解約しても違約金がかからないということ! 民泊wifiはなんと、契約期間が定められておりません。 というのも、民泊って思ったより利益が出なくてやめてしまうリスクもありますよね? そんなケースに備えて、民泊wifiには最低1か月の利用期間はありますが、それ以上の契約期間が定められていないのでなんと違約料が発生しません。 この特徴は、民泊wifiを個人で利用する人にもとてもありがたいことです。 成長の早いIT業界だと2年とか3年あれば、より素晴らしいサービスが出る可能性だって大きいです。 (事実、この民泊wifiが生まれました) 違約金なんてうんざり!という人には本当にオススメです。 よくある• キャンペーン適用で端末代金無料、とか• スマホみたいに月額利用料が安くなって端末代金が相殺扱い、とか• キャッシュバックで実質無料、とか そういった煩わしさは全くありません。 分かりやすいシンプルな料金体型です。 レンタルはデメリットに思えますが、3年使用したwifi端末って手元に残ってもしょうがないので全く問題ないです。 ということで民泊向けで嬉しい内容は個人利用でも嬉しいものばかりです。 民泊wifiの個人利用にオススメは「SPACE WiFi」 結論からいうと、民泊wifiを個人利用するのであれば間違いなく SPACE Wi-Fi です。 民泊用wifiでは最安値の価格になっていますし、サポート体制も万全です。 民泊ホスト向けへのサービスを展開している「株式会社SPACE AGENT」が運営していることが安心ポイントですね。 「SPACE WiFi」の料金 公式サイトを見てみると• 契約事務手数料• 解約事務手数料 この2つさえもかからないのです。 最安値保証をしているだけあります。 公式サイト には他社民泊wifiとの料金比較表が載っていますので、一度確認してみてください。 とあります。 今後も、仮により安い民泊wifiが登場しても、最安値を更新してきそうです。 「SPACE WiFi」のデメリット 最新の端末が選べないことだけが、強いてあげるならばデメリットかなと思います。 レンタルできるのは旧端末にはなりますが、正直そこまで不便はありません。 最安値は「GMOとくとくBB」、2 位は「カシモWiMAX」となっています。 肝心の「SPACE WiFi」は4位なのですが月額の差額料金は• 1位のとくとくBBとは189円の差• 2位のカシモWiMAXとは72円の差• 3位のBroad WiMAXとは24円の差 これなら、正直私は 契約期間の縛りや違約金のかからない「SPACE WiFi」を選びます。 他のWiMAXは違約金が1万円以上かかることが多いので、たったこれだけの料金の差であれば「 SPACE WiFi」が断然オススメです。 WiMAX端末は3日10GBです。 ソフトバンク端末は1日2GBです。 スマホ代も含めて、SPACE WiFiで家計を節約すると更にオススメ ここまで見てきてSPACE WiFiがどれだけオススメできるかは分かっていただけたかと思います。 最後にもうひとつ、家計の節約方法です。 ドコモ、au、ソフトバンクユーザーの方は最後までお読みください。 格安SIMはLINEモバイルを使用する せっかくモバイルwifiを契約するなら、スマホのデータ量を最小プランして節約しましょう。 そして更に通信費を安くしたい方は、スマホも格安SIMに乗り換えましょう。 格安SIMは一択だと個人的には思っています。 というのもLINEモバイルにはコミュニケーションフリープランというものがあり.

次の