エクセル if 複数。 【Excel 関数】IF関数にOR/ANDを組み合わせて複数条件に対応させる方法

関数で複数データを取り出す:Excel関数の技

エクセル if 複数

IF関数のネスト 入れ子 の方法:Excel関数の技• IF関数のネスト 入れ子 の方法 スポンサードリンク• Excel2003以前では最大7個となっていましたが、Excel2007,Excel2010では64個となっています。 IF関数で多くの条件を使うことが可能にはなったのですが、数式の可読性が悪くなります。 多くの条件で分けたい場合は、リストを作成するなどしてLOOKUP関数、VLOOKUP関数、HLOOKUP関数を使うことをお勧めします。 ネスト 入れ子 の一例としては以下のような数式が挙げられます。 逆に真の場合に入れることもできますが、ちょっと理解しづらいかもしれません。 練習1• 条件の付け方によって数式はいろいろなものができます。 ここでは、得点の低い方から順番に処理してみます。 なお、空白の処理を最後に持ってくると、以下のように書くこともできます。 各区分ごとに判定すると考えると・・・• これらの数式の・・・・部分に、次の数式を入れれば完成となります。 下図のようになります。 このページのタイトルからは脱線してしまいますが、条件分岐にはIF関数がよくつかわれますが、他の関数でも数式を作ることができます。 問題1• 上記と同じ問題です。 条件は3つあって、それぞれで分岐できればよいのですからCHOOSE関数を使う方法も考えられます。 0以上で1point、30を超えたら1point、60を超えたら1pointと加算することで可能と考えました。 なお、CHOOSE関数のインデックスには、1〜254の数値、または1〜254 の数値を返す数式またはセル参照を指定することができます。 IF関数でのネストして作成する例とCHOOSE関数で作成した例で違いを見てみます。 問題例:A1セルの値が「1のときはAを表示、2のときはBを表示、3のときはCを表示、4のときはDを表示する。 それ以外はXを表示する」• しかし、CHOOSE関数では「それ以外はXを表示する」といった処理ができませんので、この部分はIF関数を利用します。 問題2• 得点が80以上は5、70以上は4、60以上は3、40以上は2、それ以外は1 と5段階表示したい。 B C D 2 名前 得点 評価 3 井上 80 5 4 上野 54 2 5 内田 30 1 6 榎田 51 2 7 岡本 77 4 8 大野 60 3• IF関数での解答例• 論理和を使って求めることができます。 LOOKUP関数で求めることもできます。 VLOOKUP関数で求めることもできます。 MATCH関数で求めることもできます。 5段階評価で1〜5と数値を返す例でしたので、上記のようにシンプルな数式になりました。 では、返す値が文字列であったら? A,B,C,D,Eの文字列で評価することにします。 B C D 2 名前 得点 評価 3 井上 80 A 4 上野 54 D 5 内田 30 E 6 榎田 51 D 7 岡本 77 B 8 大野 60 C• IF関数での解答例• 論理和を使って求めることができます。 LOOKUP関数で求めることもできます。 VLOOKUP関数で求めることもできます。 INDEX関数とMATCH関数で求めることもできます。

次の

IF関数&IS関数の使い方:Excel関数

エクセル if 複数

使用例• 解説 構文 IF 条件, TRUE の処理 条件を満たすときは TRUE の処理を返します。 満たさないときは FALSE を返します。 IF 条件, TRUE の処理, FALSE の処理 条件を満たさないときは FALSE の処理を返します。 引数「条件」 条件を比較演算子を使って指定します。 引数「TRUE の処理」 引数「条件」を満たすときに返す値を指定します。 数値、文字列、セル参照、関数などを指定できます。 引数「FALSE の処理」 省略できます。 省略すると FALSE を返します。 引数「条件」を満たさないときに返す値を指定します。 数値、文字列、セル参照、関数などを指定できます。 引数「条件」に使用できる比較演算子には次のものがあります。 条件によって TRUE の処理か FALSE の処理のどちらか一方が実行されます。 条件が一つ セル「B3」がエクセルなら「Office」、それ以外は「違う」と表示する。 「」や「」と組み合わせても複数条件に対応できます。 その他の条件指定 条件が複雑すぎると、処理がどのようになっているのか判断できなくなるので次の関数の使用を検討します。 1 なら A、2 なら B といったインデックスに対応した値を取得するには「」を使用します。 好きな数値や文字列に対応した値を取得するには「」を使用します。 20 点以上なら D、40 点以上なら C といった評価を付けたいときは「」を使用します。 検索する値に対応した値を指定の列から取得するには「」を使用します。 検索する値に対応した値を指定の行から取得するには「」を使用します。

次の

【Excel】ifで複数条件を使う(or・and)

エクセル if 複数

IF関数ネスト AND関数・OR関数 で複数条件を設定してランク判定 使用関数:IF、AND、OR 二つ以上の条件からランクを判定して表示させてみましょう。 IF関数にネスト(入れ子)するのはAND関数とOR関数。 もしも(IF関数)これ とこれ(AND関数)が合ってればこのランク、これ かこれ(OR関数)が合ってればこのランクという仕様です。 上図はこのページの例題サンプルです。 会員が商品Aと商品Bの両方を購入した場合は「特典1」が付き、どちらか一つを購入すれば「特典2」が付き、何も購入しなければ「特典なし」と表示されるよう設定してみましょう。 AND関数・OR関数を軽く理解する AND関数もOR関数もIF関数も「 論理」の関数です。 AND関数とは・・・ 文字から推測される通り、「1の条件 &2の条件 &…が揃えばOK」という関数です。 指定した複数の条件全てに合致した場合に「TRUE(真)」を返します。 一つでも合致しないものがあれば「FALSE(偽)」を返します。 OR関数とは・・・ 文字から推測される通り、「1の条件、 または2の条件…のどれかが合致すればOK」という関数です。 指定した複数の条件の内、どれか一つに合致した場合に「TRUE(真)」を返します。 一つも合致しない場合にだけ「FALSE(偽)」を返します。 AND関数、OR関数はどちらもTRUEとFALSEの二つの値しか返しません。 条件が合えば「TRUE」と表示され、合わなければ「FALSE」と表示されるだけです。 ですから、単独で使用されることはあまり無く、多くの場合、IF関数と組合せて使われることになります。 IF関数に入れ子してランク判定させる IF関数は「 もし、この条件だったら、こうなる」を実装する関数です。 ANDとOR関数と違って「こうなる」の値を指定できるところがとってもフレンドリー。 例題の「特典1」「特典2」はIF関数で設定します。 「 関数の引数」ダイアログボックスが開いたら、一番上の「 論理式」に AND関数を入れ子します。 「 ANDの関数の引数」ダイアログボックスが開いたら、 「 論理式1」に一つ目の条件を入力し、「 論理式2」に二つ目の条件を入力します。 「論理式」の欄は入力毎に増えていき、最高255個までの条件をプラスできます。 IF関数の中に更にIF関数を入れ子するわけです。 二つ目の「IF関数の引数」ダイアログボックスが開いたら、一番上の「論理式」に、今度はOR関数を入れ子します。 「 OR関数の引数」ダイアログボックス が開いたら、 「 論理式1」と「 論理式2」に「 AND関数の引数」の時と同じ値を入力します。 やっと「OK」が押せます!w 後は、オートフィルでコピーすればいいだけです。

次の