キャタピラ ン クール ノット。 結ばなくても良い靴ひも「クールノット」と「キャタピラン」を比較してみた!!

【楽天市場】クールノットジャパンの楽天市場販売ページです。:COOLKNOT JAPAN 楽天市場店[トップページ]

キャタピラ ン クール ノット

先日レポートした、 結ばない靴紐「 キャタピラン」ですが、何やら 特許訴訟になっている模様で、ちょっとだけ、調べてみました。 この のメーカーである株式会社 ツインズ。 それが、 特許を侵害している、ということで訴えられ、東京高裁(知的財産高等裁判所)で 敗訴したようです。 あと 最高裁が残ってるので、まだ確定ではないですが・・・ 訴えたのは、 のメーカーである株式会社 COOLKNOT JAPANの 社長。 どうやら、特許は会社でなく社長個人が持っているようです。 訴訟の詳細は、に掲載されています。 しかし、内容をよく見ると、この特許は、訴えたCOOLKNOT社の社長個人と、訴えられたツインズ社の共有。 つまり、訴えた方も特許権者、訴えられた方も特許権者。 どうやら、両者で特許を出したとき、商売に関しても 契約していたようで、今回の件は、 「ツインズ社が一方的に契約を破った」ということのようです。 経緯を見ると、もともと、 COOLKNOT社が製造(正確には、中国で製造された商品を中国で仕入れる役割)、 ツインズ社が販売(正確には、日本に輸入する役割)、という役割分担だったようです。 それが、COOLKNOT社で製品不良や供給能力の問題が発生。 それが解決されないのに痺れを切らしたツインズ社が、契約を無視して、キャタピランの製造を別のメーカーに切り替えた、ということのようです。 それを機に、COOLKNOT社では、キャタピランと同じものをクールノットと名前を変えて販売を開始した模様。 まあ、どっちもどっちですねえ。 じゃあ、 キャタピランと クールノット、 どっちが本物でどっちが偽物なの?という疑問が・・・。 上記の経緯から、キャタピランは、製造元は変わったが販売者(品質への責任者)は同じ。 一方、クールノットは、製造元は(以前の)キャタピランと同じだが販売者(および商品名)が変わった、ということかと思われます。 そうすると、どっちも本物、と言えなくもない状況。 私なら、どっちを買っても大差ないだろうから、欲しければ安いほうを買うかと思います。 (ちなみに、個人が買って使う分には、偽物を買って使っても、特許権侵害にはなりません。 ) もし、この判決が最高裁でそのまま確定すれば、両者が和解しない限り、いずれはキャタピランの方が製造・販売を禁止される可能性があります。 一方、クールノットの方が逆に改めて訴えられる可能性もないではありません。 つまり、どっちが本物かは、 未だ分かりません、という状況かと・・・。 特許訴訟って、面倒ですねえ・・・ 今日もお読みいただき、ありがとうございました。

次の

キャタピーシリーズの販売継続に関する弊社見解について|株式会社ツインズのプレスリリース

キャタピラ ン クール ノット

先日買った。 履き心地は上々です。 標準装備のゴム紐でも何の問題もありません。 シュッとしとるし。 が、やはりマ用としては普通の紐の方がいいような気も。 ゴム紐は爪先の方には通さないようになっていて、締められないし。 ところが、買ったときから気付いてはいたんですが、靴紐、ついてなかったんですよね。 お店で箱を捨ててもらったんですが、どうやら一緒に捨ててしまったようで。 どうしようかと考えたところ、思い出しました。 漫遊マでもらったキャタピランがあった! ということで、早速試してみました。 の穴が狭いのか、最初は苦労しましたが、どうにか入りました。 引っ張りながら通すと通しやすいですね。 ところがところが、いざ走ってみると、どうにもきつい。 30分ほどジョグっただけでかなりの圧迫感。 調べてみると、もらったキャタピランは60センチで、どうやら靴のサイズ28. 5センチの自分には短いことが判明。 75センチのがあるらしい。 ということで、早速昨日アマゾンでポチって今日届いたので、ジョグってきました。 プライム万歳。 因みに買ったのはキャタピランではなくクールノット 特許共同らしい のほう。 MとLがあったのでLを購入。 締め方は渦巻きのようにするとなにやらちょうどいい締め付けになるそうなので、それで締めました。 なかなかいい感じ、です。 のゴム紐もそうですが、靴を着脱するときに紐を締めたりほどいたりしなくていいのが地味に快適。 あと、私は左足甲が痛みやすく、どうしても緩くなりがちなんですが、これなら部分的に調整出来るし、一度調整したらそのままでいい、というのが素晴らしいですね。 まだまだ調整の余地はありそうですが。 もしよろしければクリックお願いします。 midtatsu.

次の

と でゴルフシューズを強化

キャタピラ ン クール ノット

クールノットは2010年頃から「結ばない靴紐」の研究・開発を進め、2012年に特許権を取得。 その際に、当時のビジネスパートナーであったツインズも登録された。 両社は特許の取扱いについての契約を交わした際、事前の協議および許可なく生産または販売行為を行った場合、特許権を剥奪するという条項を設けていた。 両社は「結ばない靴紐」を「キャタピラン(CATERPYRUN)」の商品名で事業化し、2013年にキャタピランの販売を日本で開始したが、2016年2月頃にツインズはクールノットに無断で、日本で独自にキャタピランの製造・販売を行うことを発表した。 これを受けて、クールノットはツインズを相手取り同年6月に特許権侵害訴訟を提起。 東京地方裁判所ではクールノット側の主張が認められなかったが、2018年12月に知的財産高等裁判所において主張を認める中間判決が下された。 今回の訴訟は、「クールノット(COOLKNOT)」の名称で結ばない靴紐を販売してきたクールノットに対し、ツインズ側が提起したもの。 ツインズは「中間判決の内容に従えばクールノット社の日本における靴ひもの販売もまた同様に違反行為となり、特許権を侵害する」と主張したほか、クールノットおよび同社代表者が行ってきた様々な行為が不法行為に当たるとして損害賠償を求めるとともに、クールノット代表者の特許権持分の剥奪を訴えてきた。 東京地方裁判所は、ツインズが契約違反をした以上、協議および許可を得ることなくクールノットの販売を行っても契約違反にはならないとし、クールノットの行為は特許権を侵害するものではないと判決を下した。 特許権持分は剥奪されず、不法行為にも該当しないとした。 訴訟と同時にツインズが特許庁に対して請求した特許無効審判事件についても、特許庁は既にツインズの請求を退けており、現在はツインズがクールノット代表者に支払う損害賠償の額についての審理が続けられている。

次の