転職エージェントとは。 Web業界に強い転職エージェント

【おすすめ】転職5回で本当に役立ったおすすめ転職サイトと転職エージェント

転職エージェントとは

経験・キャリアを積んできた20代後半から30代は、転職のプロである転職エージェントを利用• ハイキャリア・エグゼクティブであればヘッドハンティングサービスを利用• キャリアが浅い20代で待遇条件にこだわらないのであればリクナビNEXT・マイナビ転職を利用 しかし、今や転職エージェントも進化し20代後半から30代向けの転職エージェント、ハイクラス向けの転職エージェント、そして職歴なし・第二新卒向け転職エージェントとそれぞれの年齢・スキル・経験に合った転職エージェントが増えてきているのです。 そのため転職エージェントを利用する際は自分の年齢・スキル・経験に合った転職エージェントを選ばなりません。 そこで今回、実際に20代のビジネス経験浅いときから転職エージェントを利用し転職を成功させてきた筆者が特徴別に おすすめ転職エージェントを分かりやすくご紹介。 転職エージェント探している方はぜひ参考にしてください。 転職のプロがアナタの転職希望を聞きその人に合った企業を紹介してくれる• アナタの経験・スキル・人柄にあった企業を紹介• 企業の人事担当者・経営層と面識・コネクションがある• 特別な非公開求人をもっていることがある• 転職エージェントの利用は無料• もちろんエージェント(代理人)は企業側の人事担当や経営層と直接連絡できる関係なので、応募を有利にすすめることが可能です。 また転職エージェントは企業と直接やり取りをしているため、非公開求人や特殊ポジションの募集などの案件を持っています。 優秀な転職エージェントに出会うことで、一般的には公開していない求人情報に応募することもできるのです。 利用料金に関しては求職者(アナタ)は無料です。 職種やポジションによっては数百万円の採用費を企業側は転職エージェントに対して支払うので、それなりの人材を期待しますよね。 転職エージェントとしても自分が紹介した人が採用されれば数百万円の売上になるので、必死にサポートしてくれるというメリットがあるのです。 転職エージェントと転職サイトの違い よく聞く「転職サイト」とは厳密に違いがあります。 転職サイトの場合は、サイトに登録して自分で条件を入れて検索をし企業に応募をします。 基本的には企業側・求職者(アナタ)をオンラインで自由にマッチングさせているサービスです。 転職サイトは気軽なのと求人登録数が多いのが特徴です。 転職エージェントが転職サイトを運営しているところも多いから同じ意味で使っている人も多いな。 20代後半から30代全般と幅広い年齢層で、さまざまな業界に対して多数の求人案件をもつ「」。 dodaやマイナビエージェント、そしてリクルートエージェントなどが有名です。 20代若手向けの「」。 マイナビエージェントや20代の転職相談所(ブラッシュアップジャパン)が有名です。 経営者・部長・マネージャー級・特殊資格者を中心とした「」。 BIZREACHやJACリクルートメントなどが有名です。 職歴なし・フリーター・第二新卒向けの「」。 JAICや就職Shop(リクルート)が有名です。 このように年齢・スキル・経験によって利用すべき転職エージェントがことなります。 自分の特性にあった転職エージェントを選びましょう。 転職エージェントを選ぶ際の注意点 日本にはたくさんの転職エージェントがあり、正直なところ質はピンキリです。 転職エージェントもビジネスですから、 悪質な場合は転職希望者に対して本人の意向とは無関係に内定の出しやすい企業を強引に勧めてくる場合などがあります。 担当者の口車に乗せられて自分の意に沿わない転職をしないように、転職エージェントは注意して選ぶようにしましょう。 基本的には、まだ登録してないのであれば 大手の「総合型転職エージェント」1〜2社に登録し、追加で自分の特性にあった転職エージェントを1〜2社登録しましょう。 求職者(アナタ)は登録・利用は無料ですからなるべく多くの転職エージェントを一旦は複数選んで、その後「ここが合いそう」という1,2社に絞り込んでいきましょう。 もちろん大手の転職エージェントでも担当者によってサービスの質が変わることがあるので、担当者と合わないと感じたら担当者を変えてもらうか別の転職エージェントを利用しましょう。 キャリアありではじめての登録は大手転職エージェント2〜3社に登録するのがおすすめだ。 利用しながら担当の違いなどをしっかり比較して欲しい。 総合型おすすめ転職エージェント それではここから当サイトが調査した おすすめの転職エージェントを具体的にご紹介いたします。 () 最初にご紹介するのは、20代後半から30代全般と幅広い年齢層でさまざまな業界に対して多数の求人案件をもつ「 総合型転職エージェント 」です。 一定のキャリアがある20代後半から30代はまだまだ求人案件の種類・ポジションも多く余裕がありますから。 転職エージェントはまずは案件数の多い大手から選びましょう。 おすすめは次の4つです。 どれも大手なのでまだ登録していなところがあれば登録してみましょう。 doda 【おすすめ度】 【公式サイト】 転職エージェントおすすめNo. 1は転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。 老舗・大手ということで案件が豊富で、キャリアカウンセラーからのサポートにチカラを入れているのがポイントです。 紹介される案件は大企業から中規模の企業、伸び盛りのベンチャー企業まで幅広くあります。 dodaはまず登録すべき転職エージェントです。 新卒採用で圧倒的に強いマイナビグループ マイナビAGENTは新卒採用で有名な「マイナビ」グループの転職エージェント。 マイナビならではの非公開求人 新卒採用の強みを活かした非公開優良企業求人が多数• はじめての転職もしっかりサポート 20代ではじめての転職をサポートするキャリアアドバイザー。 リクルートエージェント 【おすすめ度】 【公式サイト】 業界最大手で求人案件数はNo. 1、求人業界トップのリクルートが運営している転職エージェントが「 リクルートエージェント」です。 登録者が多く、非公開求人もトップラスの多さの転職エージェントです。 人材・転職業界でも歴史があるため転職に関するノウハウも豊富です。 dodaに続き、登録しなければ登録するべき転職エージェントのです。 人材派遣のコネクションで他社にはない優良案件あり パソナキャリアは人材派遣の流れで他社にはない非公開求人があります。 取引実績も25万人16,000社以上 転職エージェントとしては大手2社と比べると見落としそうですが16,000社以上の実績あり。 女性に人気の転職エージェント 人材派遣のパソナの流れを受け女性に人気の転職エージェントです。 type転職エージェント 【おすすめ度】 【公式サイト】 type転職エージェントは首都圏(東京・埼玉・千葉・神奈川)の案件を主に取り扱うサービス開始から24年の老舗エージェントです。 @typeというITエンジニアに強い転職サイトを運営している会社です。 年収アップにこだわった転職エージェントで転職者の71%が年収アップに成功しています。 30代で未経験可の案件も多くありますので未経験の業界や職種を希望する場合は相談してみましょう。 新卒採用で圧倒的に強いマイナビグループ マイナビAGENTは新卒採用で有名な「マイナビ」グループの転職エージェント。 マイナビならではの非公開求人 新卒採用の強みを活かした非公開優良企業求人が多数• はじめての転職もしっかりサポート 20代ではじめての転職をサポートするキャリアアドバイザー。 20代の転職相談所 【おすすめ度】 【公式サイト】 第二新卒・20代向け総合転職サービスのブラッシュアップ・ジャパン株式会社が手がけるのが「20代の転職相談所」。 その名の通り20代向けの転職エージェントです。 相談所のエリアは東京・大阪・名古屋・横浜と限られますが、20代に親身になってサポートする転職エージェントとして人気です。 求人数も5,000件と少なめですが、担当者が取材訪問をして「若手が成長できる企業」を紹介してくれます。 ハイクラス外資系企業を目指すならJACリクルートメントおすすめだ。 リクルートの経験豊富なヘッドハンターが求職と企業の間に入り転職活動をサポート。 複数の企業顧問案件などエクゼクティブの方は登録しておくのはいかがでしょうか。 ランスタッド 【おすすめ度】 【公式サイト】 世界39ヶ国で展開する世界最大級の転職エージェント「ランスタッド」。 海外企業や外資系企業に強い転職エージェントです。 求人案件も半数が年収1,000万円以上、またグローバル企業のランスタッドならでは独占求人案件も多数あります。 年収800万円以上狙う転職なら「ランスタッド」登録必須です。 職歴なし・フリーター・第二新卒向け転職エージェント 最後に最近増えてきている・・第二新卒向けの転職エージェントです。 学校を卒業したものの就職のタイミングを失ったしまった20代若手に対してビジネスマナーから書類の書き方、面接の方法まで丁寧にサポートしている転職エージェントです。 まずは正社員になりそこで数年キャリア積んでさらなるステップアップするために・・すぐに辞めてしまった第二新卒はこの転職エージェント利用しましょう。 JAIC(ジェイック) 【おすすめ度】 【公式サイト】 JAICはフリーターや職歴がない既卒に対してビジネスマナーから書類の書き方、面接の仕方までしっかりと研修を行う転職エージェントです。 研修を受ければ書類選考なしで登録企業と面接も受けられます。 またJAICのスタッフは1社1社取材訪問しており、飲食や投資用不動産、保険といった離職率の高い業種や、そもそも若手を育てる気がない企業を排除し、安心して働ける企業を紹介しています。 そのため就職後も定着率94. 3%と高いのです。 「就職Shop」は 安心のリクルートグループの転職エージェントだ。 転職エージェントを利用する際の重要なこと 「総合型転職エージェント」「20代向け転職エージェント」「ハイクラス向け転職エージェント」「職歴なし・フリーター・第二新卒向け転職エージェント」をご紹介してきました。 最後に重要な事をお伝えします。 最終的に 転職エージェント経由で転職するかどうかは別にして転職エージェントは複数登録しておきましょう。 転職は情報量が重要です。 転職エージェントによって扱っている転職情報がまったく異なるのです。 転職エージェントは担当者が一人ひとりついて企業と求職者(アナタ)の間に入って紹介や転職サポートをしてくれます。 そのため求職者(アナタ)に合った求人案件がないと、紹介できる企業がないためそもそも登録を断られてしまうこともあるんです。 もし 断られても落ち込んだりする必要はありません。 それは求人企業側の時期や転職エージェントの他の求職者の登録状況によって変わるからです。 今は断られても半年後は登録できることもありますし、もちろんその逆もあります。 人によってはA社の転職エージェントでは紹介案件がなくてもB社の転職エージェントでは案件多数で登録歓迎される、ということもよくあります。 そのB社から紹介された転職先がまさに希望通りだった!なんてことも。 転職エージェントの上手な活用方法を教えるぞ step 1まずは大手の「 総合型転職エージェント」2〜3社登録 この中でも 「doda」「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」の3社は登録必須の転職エージェントです。 まだ登録していない人は登録しておきましょう。 step 2追加で自分の特性に合った転職エージェントを1〜2社登録 「20代向け」「ハイキャリア向け」「職歴なし向け」「総合型」と大きく4つに分類しています。 自分に合った転職エージェントに申し込みましょう。 step 3利用は無料なので複数選んでから最終1〜2社に絞り込む 登録ができたら求人案件の紹介がはじまります。 自分に合いそうな企業を紹介しくれる転職エージェントに絞り込みましょう。 step 4合わないと感じたら担当者変更か別の転職エージェントを利用 転職エージェント担当者との相性も大事です。 どうしても合わなければ別に転職エージェントの利用も検討しましょう。 (そのために複数社登録しておきましょう。 ) 売り手市場の現在では新しい会社に挑戦できるチャンスは確実に増えています。 複数の転職エージェントを上手に使い分け、転職を成功させましょう。 タイプ別おすすめ転職エージェント 一覧 今回ご紹介した転職エージェントを一覧でまとめています。

次の

転職エージェントなら 【エン エージェント】 エンジャパン

転職エージェントとは

件名:内定のお礼 (自分の名前) (担当者名)様 いつもお世話になっております。 (自分の名前)です。 この度は(担当者名)様にこれまでのお礼をお伝えしたく、メールさせていただきました。 半年もの間、転職活動をサポートいただき、本当にありがとうございました。 初めての転職活動で右も左も分からなかった私ですが、初回面談から親切丁寧に接してくださった(担当者名)様によるサポートのおかげで、希望条件を満たす企業から内定をいただくことができました。 ひとまずは次の環境で努力する心づもりではありますが、 もしまた今後のキャリアについて考える際は、改めてご相談させていただければ幸いです。 引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。 もし具体的なエピソードがあれば、そのことに触れてもいいと思うデジ。 求人の条件について無理を言った場合なんかも、この場できちんとお礼をしたいよね。 当分はお世話になることも無いかもデジが、将来的に再転職で利用する可能性も皆無じゃないデジし、失礼のないメールで好印象のまま転職エージェントの利用を終了したいデジね。 転職活動が終わったからってお礼も言わないような人は・・・マナーを疑われちゃうよね。 なお、可能であればメールをした後に、訪問してお礼をすると、より丁寧さが伝わるかもデジ。 もし改めて伺う気があるなら「近日中にお礼に伺わせていただきます」などの文章を加えておくと良いデジね。 今月の申込数ランキング• 転職者満足度No. 1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。 転職支援実績No. 1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。 年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!• 女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67. 1%! 企業に内定のお礼メールを送るのもあり 内定後、お世話になった転職エージェントの担当者はもちろん、 企業の方にお礼メールをするのもおすすめデジよ。 これから入社する企業に対して「きちんとお礼を言える人」と好印象を与えられるデジ。 なるほど。 たしかに転職エージェントだけじゃなく、企業にもお礼をすべきかも。 企業へお礼メールを送る時はエージェントに相談! 転職エージェントだけでなく内定企業の方にもお礼メールを出すべきだとは思うデジが、 転職エージェントによっては、企業との連絡についてはエージェント経由を前提としてる場合もあるデジ。 そんなことあるのか! せっかく内定を貰った後にトラブルを起こすのもよくないデジから、 企業へのお礼メールを送る前には、必ず転職エージェントに相談するデジよ。 転職エージェントを利用している以上、基本はエージェント経由でしか連絡できないと思った方がいいデジ。 いくら内定を貰った後でも転職エージェントから嫌われるのはちょっと、ね。 それに、転職エージェントの担当者はビジネスマナーに詳しいデジから、メールに関するアドバイスを貰えるかもしれないデジよ。 この点でも事前に相談しておくのが賢いと思うデジ。 企業に送る内定のお礼メール例文 企業にお礼メールを送る時は、以下のような文章にするのがおすすめデジ。 この度は内定をいただき本当にありがとうございます。 ぜひ入社をさせていただきたいと考えております。 1日でも早く貴社に貢献できるよう、一生懸命努力して参ります。 何かと至らぬ点も多いとは思いますが、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 内容としては 「内定を貰ったお礼」「入社に対しての意気込み」などを盛り込みたいところデジ。 シンプルな内容でOKなんだね。 もし面接の時にした会話で印象的な部分があれば、そのことに触れてもOKデジ。 内定獲得時のお礼メールに関するQ&A 最後に、内定獲得時のお礼メールに関して、よくある質問と回答を紹介するデジ! Q. 訪問してお礼をするのは駄目ですか?.

次の

転職エージェントとの面談で聞かれる内容3つとしておくべき準備

転職エージェントとは

転職エージェント(人材紹介会社)は、転職を希望するあなたのアドバイザーであり、最適な求人を紹介します。 登録をすると一人ひとりに担当が付き、さまざまな相談に乗ってくれるのが特徴です。 一方で、企業から求人を預かるのも転職エージェントの役割のひとつです。 つまり、転職を希望するあなたと企業側をつなぐ架け橋として、双方の利益のために存在するのが転職エージェントなのです。 ちなみに、転職希望者が無料で転職エージェントを利用できるのは、入社が決定した企業から報酬を受け取るからです。 これは、入社が決まったときのみ発生する成功報酬なので、双方にとってリスクが低いサービスとなっています。 転職エージェントの役割• 自分の客観的な価値を発見できる 転職をしようと考えたとき、ほとんどの人が一度は転職サイトを見るのではないでしょうか。 気軽に多数の情報を収集でき、自分のペースで転職活動が進められるという点で転職サイトは優れています。 では、転職エージェントの最大のメリットは何かといえば、専任のコンサルタントが付くという一点に尽きます。 エン エージェントでは「キャリアパートナー」と呼んでいますが、その名のとおりあなたのパートナーとして、転職を成功に導くことをミッションとしています。 そのためにまず行うのが、あなたの価値を明らかにすることです。 自分の「強み」や特性を明確に把握している人は意外と少ないものです。 その人自身も気付いていない価値を見つけ出し、最適な求人をご紹介するため、入社後のミスマッチを防ぐことができるのです。 非公開求人の紹介が受けられる 転職サイトから応募する場合は、面接の日時調整はもちろん、条件交渉まですべて自分で行わなければなりません。 しかし、転職エージェントの場合はすべてキャリアパートナーが代行します。 特に、勤務を続けながら転職活動をする人にとって、調整・交渉の時間を確保するのは困難なので、面倒な手続きを代わりに行ってくれる転職エージェントは非常に便利だと言えるでしょう。 また、先に触れたように、キャリアパートナーは企業側の内情にも詳しいため、どのような点を重視するかなど人事担当者の情報を得られるのも大きなメリットです。 職務経歴書の書き方や面接対策など、不安に思うポイントがあればそれぞれ教えてくれるのも大きな魅力と言えるでしょう。 初めての転職に強い転職支援サービスご利用の流れ 転職エージェントのサービスの流れをご紹介します。 あなたにとってもメリットがたくさんあり、スムーズに転職活動をおこなえます。 step1 入社後のサポート 入社おめでとうございます! エン エージェントでは、転職者の皆さまが新しい職場でご活躍いただけるよう入社後サポートも行っています。 入社したら終わりではなく、入社後も転職者の皆さまのパートナーとして支援いたします。 入社後、2週間・1ヶ月・2ヶ月・6ヶ月・1年・1. 5年・2年・2. 5年・3年のタイミングでフォローのご連絡をさせて頂きます。 転職エージェントと転職サイトの比較 転職エージェント 転職サイト 気軽さ 専任のキャリアパートナーがキャリアカウンセリングをしまして、求人の紹介を行うため気軽さはあまりありません。 転職活動の開始時期や求人の応募、面接日時の調整もすべてあなたが行いますので、いつでも転職活動が行えます。 転職活動 期間 通常の転職活動期間は1~2ヶ月です。 活動期間の要望は専任のキャリアパートナーに伝えながら進めてください。 あなたの都合に合わせて転職活動(企業の応募や面接日時の調整)ができるため、あなた次第で期間を短くすることも可能です。 第3者の 評価 専任のキャリアパートナーがキャリアカウンセリングを行い、あなたの強みや特性を明らかにします。 求人広告サイトに掲載している転職ノウハウや適性・適職診断などであなたの評価を知ることができます。 転職 アドバイス 転職先企業を選ぶポイントや職務経歴書の書き方のアドバイスや面接対策、現職の退職交渉の極意をお伝えます。 求人広告サイトに掲載している転職ノウハウを確認しながら転職活動を進めていただけます。 応募求人数 あなたのキャリアパスや強みをもとに厳選して求人を紹介をします。 非公開求人も応募できます。 求人広告サイトに掲載している企業は何社でも応募できます。 業界・企業の 情報量 求人広告には掲載しないような企業の詳細情報(企業文化や配属部署の環境)もお伝えします。 ) 求人広告サイトに掲載している業界情報や求人を通して企業を知ることができます。 未経験への 挑戦 専任のキャリアパートナーがあなたの適性を考えたうえで未経験求人をご紹介すべきかをお伝えします。 求人広告サイトに掲載している企業に何社でも応募できます。 企業との 調整 専任のキャリアパートナーが企業への応募から面接日時の調整、入社の条件交渉をおこないます。 求人の応募や面談日時の調整、内定後の入社の条件などはあなたがおこなっていただきます。 入社成功率 職務経歴書の書き方のアドバイスや面接対策、応募した企業の採用担当者が重視するポイントをお伝えしますので、入社成功率が上がります。 求人広告サイトに掲載している転職成功ノウハウを確認して面接にのぞんでいただけます。 入社成功を 喜ぶ人 +1 あなたとあなたの大切な人と あなた専任のキャリアパートナー。 あなたとあなたが大切にしている人.

次の