ホジュン 登場 人物。 梨泰院クラス キャスト 登場人物 視聴率 相関図 パクソジュン

韓国ドラマ ホジュン 宮廷医官への道 キャスト 相関図

ホジュン 登場 人物

Contents• ch-ginga. 相関図で整理しながら、続いてはキャストの紹介をしていきます。 2003年の「シングルズ」からとても好きな俳優さんだった…。 — ゆうき yuki7979seoul 両班の庶子、医官 軍人だった父に憧れて育ったジュンは 聡明少年であった。 やがて成長するにつれ、身分の低い側室の母から生まれた 庶子の自分が望み通りにい来るのは難しいと、子供ながらに悟るのであった 成長後、自暴自棄な生活をするジュンは密貿易に手を出して逮捕され 父の配慮もあり、 遠く参院へと逃げることに。 同じころジュンは、父が謀反の疑いをかけられて追われた両班の娘ダヒ と生きる決心をすることに、、 プロフィール• 1972年10月3日生• [血液型]A型• [身長]180cm• [学歴]東国大学校演劇映画科• [デビュー]1998年SBSタレント採用8期• [受賞]2008年第29回青龍映画賞ベストカップル賞• 恋人:イ・ユヨン• 「カイスト」• 「愛は誰でも」• 「ライバル」• 「プラハの恋人」• 「テロワール」• 「武神」• この女優さんは、恋愛マニュアル~まだ結婚したい女で演じた、顔面神経麻痺の姿が、強烈で・・。 キム・ボムとの恋は、微笑ましかったですね!ジャイアントは、はまったドラマでした。 ナム・ジヒョンの成長した姿というのは、ちょっと納得がいかなくて😅 — tatanpapa tatanpapa60 医女 名医ウィテの養女である。 彼の下で医術を学び、ジュンをよく助ける ウィテの息子のドジはひそかに、このイェジンに プロフィール• 1978年1月8日生• [血液型]B型• [身長]167cm• [学歴]延世大学校行政大学院社会福祉学科• [デビュー]1997年KBSドラマ「スタート」• [受賞]2010年SBS演技大賞10大スター賞• 「カムバック!スネさん」• 「銭の戦争 ボーナスラウンド 」• 「銭の戦争」• 「恋愛マニュアル~まだ結婚したい女」• 「ジャイアント」• 「天地人 チョンジイン 」• 「ホジュン~伝説の心医~」• 「記憶~愛する人へ~」• 8月末放送予定。 濡れ衣を着せられ亡くなった父の葬儀をジュンにしてもらう。 将来は、ジュンの妻になり、自身の身分まで捨てて、ジュンを支える良い伴侶となる プロフィール• 1992年9月4日生• [血液型]A型• [デビュー]1998年SBSドラマ「白夜」• 「善徳女王」• 「ドリームハイ」• 「プロポーズ大作戦」• 「チョコバンク」• 「タンタラ」• 「青春時代」• 「江南ロマン・ストリート」• 「青春時代2」• 「グッドモーニング」。 元来、頭脳明晰で医者にはもってこいの実力であったが イェジンのハートだけはなかなか掴むことができないでいる プロフィール• 1978年3月12日生• [血液型]B型• [身長]179cm• [出身]ソウル特別市• [学歴]中央大学校機械工学科• [受賞]2005年KBS演技大賞人気賞• 「私の心が聞こえる?」• 「清潭洞 チョンダムドン アリス」• 「ホジュン~伝説の心医~」• 「マイ・シークレットホテル」• 「匂いを見る少女」• 「リメンバー~記憶の彼方へ~」• 「野獣の美女コンシム」• 「ドクターズ~恋する気持ち」• 「キム課長とソ理事」• 「マンツーマン」• 指揮者シュトレーゼマン役。 1947年3月16日生• [血液型]B型• [出身]ソウル特別市• [学歴]中央大学校演劇映画科• [デビュー]1970年KBS公開採用タレント9期• 「王妃チャン・ノクス~宮廷の陰謀~」• 「日差しに向かって」• 「彼女が好き」• 「女人天下」• 「張禧嬪 チャン・ヒビン 」• 「ヒーロー」• 「危機一髪!プンニョンマンション」• 「根の深い木」• 「キムチ~不朽の名作~」• 1951年5月22日生• [血液型]A型• [身長]161cm• [出身]済州道• [学歴]済州女子高等学校• [デビュー]1972年MBC公開採用タレント5期• 「ディア・マイ・フレンズ」• 「最後から二番目の恋」• 「パーフェクトカップル」• 「私のおじさん」• 「鶏龍<ケリョン>仙女伝」 韓国ドラマ『ホジュン伝説の心医』出演キャスト登場人物の感想 ホジュン~伝説の心医、オクニョも🖐あー、ホジュン破門されちゃったよ😰ダヒの冷静なこと。 でもホジュンが怒る気持ちわかるわ😑頑張ったのは彼なのにユ医院に全部持ってかれるなんてね😰 オクニョも見たけど、所々キャスト被ってて同じドラマやったっけ?と勘違いしそう。 とても可愛い女優さんですよね。 人間の身体にはいくつものツボがありどこをどうすればよい、 分かりやすくホジュンが説明してくれています ホジュンをささえる妻が愛おしくて、ファンになられた方も多いようです! 【ホジュン〜伝説の心医】 好きなドラマの放送が また始まったので 改めて1話から観てる。 まさかホジュン役の キムジュヒョクさんが 亡くなってるとは思わなかった。 しかも私の誕生日に… 素敵な作品をたくさん ありがとうございました。 心からお悔やみ申し上げます。 いかがだったでしょうか。 今作は、1999年に放送され最高視聴率60%超えという 人気の高かった『ホジュン~宮廷医官への道~』の リメイク版です。 基本的なストーリー展開は、以前とあまり変わりませんが より洗練された脚本とキャスト、そしてより美しくなった映像に また違う魅力を感じると思います。 東洋医学の知識や、様々な試練にあいながらも ひたむきに頑張る主人公の姿など 勉強になることがとても多い作品です。 時代劇好きの方なら、きっとハマると思います! まだ視聴していない方は、是非一度ご覧になって下さいね。

次の

亀巌ホ・ジュン キャスト・登場人物

ホジュン 登場 人物

【ユ・ドジ役】キム・ビョンセ ユ・ウィテの息子でホ・ジュンのライバルの医員。 【イム・オグン役】イム・ヒョンシク ユ・ウィテの一番弟子だが医術はイマイチ。 本作は2000年以降のドラマとしては平均視聴率1位、最高視聴率は歴代2位の記録を持つ大ヒット作で、これは時代劇史上最高視聴率となります。 脚本家のチェ・ワンギュさんも大物として知られており、本作以外にもイビョンフン監督とタッグを組んだ「商道(サンド 」や「オクニョ」といった作品をはじめ、時代劇以外でも多くのヒット作を手掛けています。 本作は国民の半分が見たとされる大ヒット作なので、当時はホジュンシンドロームと呼ばれる社会現象となり、メインテーマとなる漢医学の人気が急上昇したほか、大学の漢医学科を目指す人も増えたほどの一大ムーブメントとなりました。 2013年に放送されたドラマ「ホジュン〜伝説の心医〜」は本作のリメイク版。 主演は本作出演により大ブレイクを果たした名優チョン・グァンリョルさん。 これにより2000年MBC演技大賞で大賞を獲得しています。 ちなみに、イ・ビョンフン監督作品である「オクニョ」ではヒロインの師匠となるパク・テス役として出演し話題となりました。 本作の登場人物は数多くいるのですが、大ベテランのイ・スンジェさん、ピョン・ヒボンさん、ユン・ヨジョンさんといった方から、今や主演クラスとなったキム・ヘスクさん、ホン・ウニさん、イ・ユリさん、子役としてペク・ソンヒョンさんやリュ・ドクファンさんが出演していたり、他にもイ・ビョンフン作品の常連俳優も多数出演していますので、キャスティングの豪華さにも注目していただきたいです。 本作のOSTは、イ・ビョンフン作品ではお馴染みの音楽家イム・セヒョンさんが出掛けています。 「チャングム」「イ・サン」「トンイ」なども担当しており、それらの作品のファンなら本作の音楽も気に入ること間違いなし! スポンサーリンク ホジュン宮廷医官への道あらすじ 両班の子として生まれながらも、母親が低い身分の妾であったホ・ジュン(チョングァンリョル)。 頭も良く度胸もあったジュンでしたが、差別と抑圧を受けたことから荒んだ生活を送るようになります。 しかし、ある日イ・ダヒ(ホンチュンミン)という運命の女性と出会ったことからジュンの人生は一変。 しかしダヒの父は反逆者として追われており、ジュンは二人に荷担したことから母親と共に故郷を追放されてしまったのです。 その後、山陰(サヌム)という村に逃れてきたジュンたちは、その地で貧しい人々に医術を施していたユ・ウィテ(イスンジェ)という医師と出会うことに。 彼に師事したジュンは、そこでウィテの息子でライバルとなるドジ(キムビョンセ)や医女イェジン(ファンスジョン)と出会い、辛い下働きやいじめの日々を乗り越えて真の心医を目指すようになります。 ある日、ダヒと再会したジュンは彼女を妻として迎え、より一層医術の道に打ち込むようになります。 しかし、ジュンの前には幾度も困難が訪れ・・・。 スポンサーリンク ホジュン宮廷医官への道みどころ 本作は1500年代の朝鮮を舞台とした医療ドラマで、「宮廷女官チャングムの誓い」などで知られた巨匠イ・ビョンフン監督による最高傑作です! 韓国時代劇が好きなら必ず通る作品であり、現在の韓国時代劇と比べると過剰な演出や愛憎劇の要素が少ないのも特徴といえます。 イ・ビョンフン監督には多くのヒット作がありますが、本作がそれらの源流とも呼べる作品であり、ドラマチックな展開に魅力的なキャラクターたち、多くの人たちの共感を得る感動も兼ね備えています。 医学を通して人間ドラマを描きながらも、この時代特有の身分の差や、差別にも負けない主人公の成長を描き、現代の医療ドラマよりも強い人間味がある作品になっています! スポンサーリンク ホジュン宮廷医官への道感想・評価 このドラマは今から約20年前の作品ですが、この中には古き良き日本のドラマの魅力が詰まっていました。 それは努力、根性、義理人情といったものや、親を敬う心といったもので、これは日本人が見ても共感できる要素だと思います。 愛人の子として生まれたせいで、頭はいいのに荒んだ生活を送っていた主人公が運命の相手と出会い 妻や師匠 医師を目指していくようになるというのは成長ドラマの王道で、誰が見ても共感できる内容になっています。 私的にはヒロインがいじめられるのを見るのが苦手で、韓国時代劇ではそういったタイプが多く敬遠していたんですが、本作の場合は男性主人公がいじめられながらも成長し立派な医師になっていくというもので、女性を主人公としたドラマよりも見やすいと感じました。 ただ近年の時代劇のような派手さはなく、医療ドラマといっても現代劇のようなスタイリッシュさも当然ないので、見る人によっては退屈に感じてしまうかもしれません。 主人公がイケメンでもないですし、周りに女性がいてもベタな三角関係になることもないですし、中盤になるまでなかなか盛り上がりを見せないのも辛いところ。 とはいってもイ・ビョンフン作品でお馴染みの脇役たちによるコミカルなドタバタ劇をはじめとした人間ドラマの面白さは健在なので、そういったテイストが好きなら楽しめること間違いなしです! 最終回は? 最終回は、「トンイ」が最後に民と共に暮らすのを選んだように、ホ・ジュンも野に下り山陰の地へと帰ってきます。 ここまでドラマを見続けて来た人なら感慨深いことこの上なく、最後まで一医官であり続けたホ・ジュンの姿に感動させられます!.

次の

韓国ドラマ ホジュン~伝説の心医~ キャスト 相関図

ホジュン 登場 人物

演出:キム・グノン(김근홍) イ・ビョンフン監督のもとで時代劇演出の修行をしたMBCの監督 脚本:チェ・ウァンギュ(최완규) イ・ビョンフン監督作品ホ・ジュンの脚本も手がけた 原作:イ・ウンソン(이은성)の小説 東医宝鑑(トンイボガム:동의보감) 登場人物 許浚(ホ・ジュン:허준)役 キム・ジュヒョク(김주혁) 賤妾の出自というくびきを背負って生きる義州(ウィジュ)龍川(ヨンチョン)県監(ヒョンガム)の庶子。 幼い頃に字と武術を父から習った記憶がある。 けれど、キーセンを侍らせ余生を送る父は、それ以上ホジュンを顧みなかった。 官奴婢の身分から免賤してもらったと、父から離れない母がもどかしい。 ある日、流刑地から逃げてきた謀反人の娘タヒと知り合い恋に落ちる。 二人は義州を発ち慶尚道山陰(キョンサンド サヌム)ヘと行き夫婦の縁を結ぶ。 その後、ホジュンは名医ユ・ウィテのもとで働き、新しい人生を送り始める。 そこで出会ったイェジンの付き人として明へ言ったことが契機となり本格的に医術を学び始める。 ユ・ウィテの推薦で右議政(ウイジョン:우의정)夫人の中風を治す。 けれどそのことで、ユ・ウィテの息子ユ・ドジから嫉妬される。 内医院(ネイウォン:내의원)に入ってからも試練は続く。 最後には正1品御医となる。 イェジンお嬢様(イェジンアッシ:예진아씨)役 パク・ジニ(박진희) 早くに両親をなくし、父の親友ユ・ウィテの元で過ごす。 トジが自分を愛していることを知り負担に思い医院を去る。 そしてハンセン病患者を診て過ごすことになる。 薬剤探しの職についたホ・ジュンに医書を見せ手ほどきをしたのは彼女だ。 そして、彼を男として診るようになったが、タヘの存在を知り身を引く。 その後、内医院(ネイウォン)の医女となり、ホ・ジュンとともに働き、同じ医の道を進むものとしての情を交わす。 イ・ダヒ(이다희)役 パク・ウンビン(박은빈) 大逆罪で流刑となった病身の父に付き添い流刑地までやってきた。 自分の身を顧みず世話してくれるホ・ジュンを、気づいたら愛していた。 ホ・ジュンの妻となり、姑にも受け入れてもらえた。 両班の地位を捨て、両班家の手伝いをし、泥棒と間違えられても気丈に振る舞う。 ユ・ドジ(유도지)役 ナムグン・ミン(남궁민) ユ・ウィテの息子。 父から医術を伝授され、医員になる準備を怠らない。 小さい笠(カッ)を使う中人のみ分を克服するため、内医院(ネイウォン:내의원)の医員となるのが人生の目標だ。 さらには王を診察する御医になることだ。 常に不足していると言う父を理解できず誤解だけが深くなる。 さらに、父とヤン・イェスの悪縁が道を阻む。 思いを寄せるイェジンがホ・ジュンを慕っていることに気づくが、投書は期に求めていなかった。 けれど、父もホ・ジュンを認めたことで、嫉妬心が大きくなる。 内医院に入ってもヤン・イェスとともにホ・ジュンを苦しめる。 そして、御医の座を狙うトジは本格的にホ・ジュンと競争することになる。 ユ・ウィテ(유의태)役 ペク・ユンシク(백윤식) 慶尚道山陰(キョンサンド サヌム)地方の最高の名医として知られる医員。 名声だけ高いのではなく病人をあわれむ心医として称賛されている。 ホジュンの母ソン氏(허준의 어머니 손 씨)役 コ・ドゥシム(고두심) 官奴婢で使都の恩恵をこうむって両班(ヤンバン)の子供を産んだ喜びもほんの間であった。 さまようホ・ジュンを見るたびに胸が張り裂けそうだ。 官衙妓生の世話までして色々な侮辱を受けながらも、心にわだかまりが出来た息子に見つかるまいと忍苦の歳月を送る。 ホ・ジュンが龍川(ヨンチョン)村を逃げる時に共に離れるが、夫ホ・リュンの恩恵と愛を一時も忘れたことがない。 それで両班家のお嬢さんを愛するホ・ジュンの心を断念させようとしていた意向をまげ、タヒを嫁として受け入れる。 ホ・ジュンとタヒの間に目に入れても惜しくない孫キョムが生まれると、すぐに誠心誠意をつくして育てる。 ユ・ウィテ婦人オ氏(유의태의 부인 오 씨)役 キム・ミスク(김미숙) ユ・ドジの母。 慶尚道地方最高の医員の妻だという名声と富を享受が、医院を探してくる貧しい患者にはケチなことこの上ない。 与えるばかりのユ・ウィテに代わって、医院の財産を維持するには、仕方のないこと。 ユ・ウィテの弟子の妻子を召使いのように働かせてタヒとソン氏に侮蔑感を抱かれる。 夫が田舎の医員であることが一生の不満だと、息子トジだけは内医院ヘ出仕してくれることを切望している。 息子への期待があまりにも大きいため血縁が一つもないタヒとの婚事をいつも反対している。 ヤン・イェス(양예수)役 チェ・ジョンファン(최종환) 内医院(ネイウォン:내의원)正3品御医。 鍼の大家として先大王の時から2代に渡って王と王世子の安否の責任負ってきた当代最高の人だ。 医術はもちろんのこと、優れた政治力を発揮して権力闘争の渦の中でも内医院の地位を確固たるものにしている。 一方、自分の医術を超える医官の芽を事前に切り取る冷徹な一面も同時に持っている。 鍼治療に卓越した実力を備えたユ・ウィテを科挙から落とした逸話は内医院でも密かに語り継がれている秘密だ。 恭嬪 金氏の弟が不治の病・胃ガンにかかったことを知りながら顔面麻痺と診断して、ホ・ジュンに診療を任せ、ホ・ジュンを絶体絶命の危機に追い込む。 キム・ミンセ(김민세)役 イ・ジェヨン(이재용) ユ・ウィテの友人。 法名はサムジョク大師だ。 内医院医員で東宮の病気を完治させて御医ヤン・イェスの寵愛を受け始めた。 優れた医術で御医になる人材という評価を受けたが、予期せぬ不幸により出家を決心した。 幼い息子がハンセン病患者に引きずられて行って殺されたのだ。 子供を失ったみじめな苦痛を耐えることができなくて、ハンセン病患者を殺戮した悪業の報いを洗うために一生涯をハンセン病患者村に留まって医術を行なう。 ホ・ジュンには医術の道を悟った師匠だ。 アン・グァンイク(안광익)役 チョン・ホビン(정호빈) ユ・ウィテの友人。 キム・ミンセとともに内医院に出仕して彼と妹の婚姻を斡旋した。 しかしキム・ミンセ一家に訪れた不幸により妹まで亡くなるとすぐに官職を投げてしまう。 解剖学に心酔して野生の動物の腹を切って内蔵を取り出す奇人としていき、ホ・ジュンに会って鍼術を伝授する。 人の腹を切ってみることが一生の念願だった彼はユ・ウィテが反胃(胃癌)で死んでいき残した遺言を敬って、長い間の友人であったユ・ウィテを解剖するというホ・ジュンを助ける。 ク・イルソ(구일서)役 パク・チョルミン(박철민) 山陰(サヌム)地方の猟師。 智異山(チリサン)あちこちをで山獣を狩猟して熊胆や麝香などを薬剤師らと取り引きする。 荒くて馬鹿正直な猟師の風貌の代わりに詐欺師気質が多く、外部の人に好意を施すふり小金をせしめる。 義州(ウィジュ)から逃げてきたホ・ジュンにも号牌を助けると詐欺を働いて瀕死になるほど殴られてホ・ジュンを兄としてにむかえる。 妻に毎日虐待を受けながらもクムスル一人だけで満ち足りていたが、まだ色白で肉つきよく太っている息子を得ることができず、気をもんでいる。 ハマン宅(ハマンテク:함안댁)役 キョン・ミリ(견미리) ク・イルソの妻。 狭い家に居候していることが不満だとホ・ジュンとソン氏に冷酷にふるまう。 ささいなこと一つでもお金にならないことはしないがめつい面もある。 常日頃から待望していた赤ん坊を持つようになると、人が変わる。 イム・オグン(임오근)役 チョン・ウンピョ(정은표) ユ・ウィテの弟子。 薬剤倉庫を管理して患者に処方された薬剤と施術方法を記録することが主な任務だ。 患者の前に立てば手が震えて膝が震え、鍼を一度もまともに再sたところを見たことがない。 その一方で内医院医員になるという空しい夢を見る。 ふてぶてしくも純朴なところがあって、師匠であるユ・ウィテはもちろん、トジからも信頼を得ている。 蔑げすんでいたホ・ジュンが師匠の印可を受け、中風で死にそうな貞敬夫人まで復活させると、尊重しはじめる。 運良く内医院に入って医員になったホ・ジュンと再会し、医女ホンチュンと燃えるような恋を交わす。 チョン・ヤンテ(천양태)役 イェ・ホミン(여호민) 龍川(ヨンチョン)の密貿易人。 腕力で生きる暴れ者だがホ・ジュンを兄のように、ソン氏を母のように慕う。 ホ・ジュンが龍川から逃げる時も情熱を傾けて官軍を締め出す程義理一つで生きる。 ホ・ジュンに会おうとするタヒを補助して千里の道も拒まず山陰の地まで訪ねてきた後には、暴れ者を止めまっとうな人になる。 ク・イルソとともに狩猟を始めてから家族を保管することができないホ・ジュンを物心両面で助ける。 ユ医員宅の奴婢ユウォルと情を分かち夜逃げする機会だけをのぞく。 メタ情報• 韓国歴史 最近のコメント• に 名無し より• に saksak より• に 通行人1 より• に より• に キャンディ より• に saksak より• に saksak より• に saksak より• 韓国歴史・カテゴリー• 人気記事ランキング(過去30日間)• 360件のビュー• 323件のビュー• 156件のビュー• 149件のビュー• 142件のビュー• 129件のビュー• 122件のビュー• 119件のビュー• 113件のビュー• 111件のビュー.

次の