パズ速。 【パズドラ】ランダン盛り上がってるかああああああい?ヴィーザル特化アタッカーがコチラ

超速GPのミニ四駆のチューニングに関するハウツー

パズ速

サンバーバン・サンバーディアスワゴン TV・TW スバルのサンバー・シリーズが1998年の軽自動車規格変更に沿って1999年2月に発表したのが、型式TV型のコマーシャルバンのサンバーディアス。 一方、型式TWは1999年10月に発表された乗用車のディアスワゴンです。 いずれも軽自動車の枠一杯のワンボックスボディを活かした室内&積載能力が自慢のモデルです。 ここでは、バリエーションの豊富なTV型のサンバーディアスをメインに解説します。 車両レイアウト 基本的にはKV型サンバートライと同じで、リアエンジン・リアドライブ(RR)を採用していますが、もちろんスバルが得意な4WD(パートタイム式/フルタイム式)のラインアップも忘れていません。 搭載エンジン サンバートライからのキャリーオーバー。 自然吸気(NA版)とスーパーチャージャー仕様(SC版)の2種です。 出力トルクはそれぞれ前モデルからアップしていて、出力&トルクはNA版が46ps/5. 9kg-m、SC版が58ps/7. 5kg-mとなっています。 サスペンション サンバートライと同じ4輪独立懸架です。 形式もまったく同じ、前輪はストラット式、後輪はセミトレーリングアーム式と軽自動車として贅沢な設計となっています。 トランスミッション 駆動方式とトランスミッションの組み合わせがやや複雑で、2WD車が5速マニュアル(MT)と3速オートマティック(AT)、パートタイム4WDは5MTだけ、フルタイム4WDは3ATだけという構成です。 乗用車のディアスワゴンの駆動方式は2WDとフルタイム4WDで、トランスミッションは3ATだけの設定です。 その後、5MTモデルが追加されました。 なお、ATはインパネシフト、MTはフロアシフトを採用しています。 ですので、AT車は前席左右シート間でウオークスルーが可能です。 安全装備 安全装備も充実していて、運転席エアバッグ、ロードリミッター付きシートベルトを標準で装着し、SCモデルはエアバッグがデュアル、プリテンショナー付きシートベルト、ABSを標準装備しています。 価格帯 デビュー時の価格帯は102. 1万円〜144. 1万円でした。

次の

[B! パズドラ] パズ速

パズ速

ミニ四ワールドのレースに勝つ 質問が最も多かったのが「ミニ四ワールド」の攻略に関する物なのですが、チューニングに関するハウツーの前にこのゲームでレースに勝つ為の大原則を何点か記載していきたいと思います。 スピード・パワーを最重要視 実際のミニ四駆でもそうなのですが、このゲームで最も重要なパーツはモーターです。 お勧めは最高速重視のレブチューンモーターで、現状ラストエリアである5-21までモーターはレブチューンモーターのみで全攻略可能です。 車重は1gでも軽くする モーターを限界まで改造したら次は車重をチェックするのですが、スタビライザーやステーはジャンプやアップダウンの激しいコース以外では機能する場面が無いので外しておきます。 ボディは肉抜きで重量を減らし、 元々重量のあるフルカウルミニ四駆(ソニックセイバー等)ボディは避けて選ぶのがお勧めで、シャーシはモーター同様スピード重視で軽量な タイプ2シャーシがお勧めです。 ローラーに関しても金属製ローラー(アルミローラー等)は高性能な分重量がある上級者向けのパーツなので、慣れるまではプラローラーのみでセッティングしていきましょう。 ローラーの取り付け位置は写真左側のフロント・サイド・リアに1つずつ取り付けたパターンか、写真右側のフロント・サイド・リアウイングに1つずつ取り付けたパターンのどちらかがお勧めですが、後者はウイングを搭載する分重量が増える点に注意します。 後はこれを基本系にしてコース毎にステーを取り付けたり、パーツを改造してステータスをアップしていけばミニ四ワールドで詰まる事はまずありません。 リアにフロントタイヤを装備するのもアリ このゲームはリアとフロントのタイヤとホイールがそれぞれ別パーツになっており、 フロント用のタイヤやホイールをリアに装着・ リア用のタイヤやホイールをフロントに装着するといった事も出来ます。 リアにフロント用のタイヤを装着する一番のメリットは、 フロントタイヤはリアタイヤに比べて厚みが無い分軽いという点で、これは実際のミニ四駆でも軽量化目的で当時良くやられた手法です。 ミニ四駆チューニングに関するハウツー ここからは上記内容からより進んだミニ四駆を速くする為のチューニングハウツーを記載していきたいと思いますが、ミニ四駆はスピード・パワーが同程度なら差が出るのはコーナーリングです。 コーナーリングといえば差に直結するのはローラーという事で、ここではローラー径による違いや取り付け位置による違いを記載していきたいと思います。 ローラー材質と取り付け位置 ローラーは軽量で摩擦抵抗の少ないプラローラーを最も多用するのですが、 プラローラーは摩擦抵抗が少ない=マシンを抑える力が少ないのでフロントのローラーには向かない欠点があります。 その欠点がわかり易いのが、フロントにのみローラーを付けたマシンでコーナーが連続するコースを走った時で、上の2台のアバンテはそれぞれフロントローラーのみを装備、ローラー素材がそれぞれアルミ(左側)とプラ(右側)という違いのみの同性能マシンなのですが、 完走出来たのはアルミローラー装備の左側のアバンテのみ(右側は最初のコーナーでコースアウト)です。 この事からも明確な通り、プラローラーは フロント以外・ リア寄りの位置に取り付けるというのがお勧めです。 ローラー径によるコーナーリング性能の違い• スピード:遅い• スピード: 速い• 安定性: 高い• 安定性:低い ローラーは径が大きくなる程コーナーの内側を走る事になりますから、走行距離が短くなって結果的にコーナーリングスピードは速くなり、小径ローラーは大径ローラーよりも外側を走る事になるので、走行距離が長く緩やかになってコーナーリングが安定します。 速いマシンをセッティングしたいならローラーは全て14mm以上の大径ローラーを使う事が理想的ですが、スピードと安定性はトレードオフの関係なので、コースアウトしないギリギリの安定性を得る為に一部をゴムローラーにするといった工夫も必要です。 ローラーの取り付け位置による違い 超速GPでは二段ステーといった例外を除き、ローラーは最大6個取り付ける事が出来ますが、取り付け位置によってもコーナーリングスピードや安定性に違いが出ます。 一般的なのはフロントとサイドにローラーを付けた写真左側のパターンと、フロントとリアにローラーを付けた写真右側のパターン、後はフロントとサイドとリア全てにローラーを取り付けたパターンの3つです。 ボディやシャーシによってもスピードや安定感は変わってきますが、基本的に ローラー間の距離が短くなる程コーナーリングスピードは上がって安定感が下がります(荷重バランスが悪くなる為)ので、あまりにも前傾になって遠心力でコースアウトする様なら、ウイングを付けてコーナーリングを安定させるといった工夫が必要になります。 安定性とスピードのバランスが良いのはフロント・サイド・リア全てにローラーを装備したパターンですが、より性能を尖らせたい場合は上記の2パターンのどちらかでセッティングしていくというのが良いでしょう。 ローラーの取り付け高さによる違い ローラーの高さは遠心力の影響に直結する要素で、 取り付け位置が高い程遠心力による傾きが抑えらてコーナーリングは安定する様になります。 ミニ四駆のバランスで言うと、フロントはローラーを低く取り付け・リアは高く取り付けする方が安定性が高くなるので、安定性を高くしたい(遠心力を抑えたい)場合はリアウイングの両サイドにローラーを取り付けたり、サイドポールにローラーを付けて調整するというのが良いでしょう。 これは車高にも当てはまる要素なので、写真のアバンテの様にフロントタイヤを小径・リアタイヤを大径にするというのもお勧めです。

次の

超速GPのミニ四駆のチューニングに関するハウツー

パズ速

ミニ四ワールドのレースに勝つ 質問が最も多かったのが「ミニ四ワールド」の攻略に関する物なのですが、チューニングに関するハウツーの前にこのゲームでレースに勝つ為の大原則を何点か記載していきたいと思います。 スピード・パワーを最重要視 実際のミニ四駆でもそうなのですが、このゲームで最も重要なパーツはモーターです。 お勧めは最高速重視のレブチューンモーターで、現状ラストエリアである5-21までモーターはレブチューンモーターのみで全攻略可能です。 車重は1gでも軽くする モーターを限界まで改造したら次は車重をチェックするのですが、スタビライザーやステーはジャンプやアップダウンの激しいコース以外では機能する場面が無いので外しておきます。 ボディは肉抜きで重量を減らし、 元々重量のあるフルカウルミニ四駆(ソニックセイバー等)ボディは避けて選ぶのがお勧めで、シャーシはモーター同様スピード重視で軽量な タイプ2シャーシがお勧めです。 ローラーに関しても金属製ローラー(アルミローラー等)は高性能な分重量がある上級者向けのパーツなので、慣れるまではプラローラーのみでセッティングしていきましょう。 ローラーの取り付け位置は写真左側のフロント・サイド・リアに1つずつ取り付けたパターンか、写真右側のフロント・サイド・リアウイングに1つずつ取り付けたパターンのどちらかがお勧めですが、後者はウイングを搭載する分重量が増える点に注意します。 後はこれを基本系にしてコース毎にステーを取り付けたり、パーツを改造してステータスをアップしていけばミニ四ワールドで詰まる事はまずありません。 リアにフロントタイヤを装備するのもアリ このゲームはリアとフロントのタイヤとホイールがそれぞれ別パーツになっており、 フロント用のタイヤやホイールをリアに装着・ リア用のタイヤやホイールをフロントに装着するといった事も出来ます。 リアにフロント用のタイヤを装着する一番のメリットは、 フロントタイヤはリアタイヤに比べて厚みが無い分軽いという点で、これは実際のミニ四駆でも軽量化目的で当時良くやられた手法です。 ミニ四駆チューニングに関するハウツー ここからは上記内容からより進んだミニ四駆を速くする為のチューニングハウツーを記載していきたいと思いますが、ミニ四駆はスピード・パワーが同程度なら差が出るのはコーナーリングです。 コーナーリングといえば差に直結するのはローラーという事で、ここではローラー径による違いや取り付け位置による違いを記載していきたいと思います。 ローラー材質と取り付け位置 ローラーは軽量で摩擦抵抗の少ないプラローラーを最も多用するのですが、 プラローラーは摩擦抵抗が少ない=マシンを抑える力が少ないのでフロントのローラーには向かない欠点があります。 その欠点がわかり易いのが、フロントにのみローラーを付けたマシンでコーナーが連続するコースを走った時で、上の2台のアバンテはそれぞれフロントローラーのみを装備、ローラー素材がそれぞれアルミ(左側)とプラ(右側)という違いのみの同性能マシンなのですが、 完走出来たのはアルミローラー装備の左側のアバンテのみ(右側は最初のコーナーでコースアウト)です。 この事からも明確な通り、プラローラーは フロント以外・ リア寄りの位置に取り付けるというのがお勧めです。 ローラー径によるコーナーリング性能の違い• スピード:遅い• スピード: 速い• 安定性: 高い• 安定性:低い ローラーは径が大きくなる程コーナーの内側を走る事になりますから、走行距離が短くなって結果的にコーナーリングスピードは速くなり、小径ローラーは大径ローラーよりも外側を走る事になるので、走行距離が長く緩やかになってコーナーリングが安定します。 速いマシンをセッティングしたいならローラーは全て14mm以上の大径ローラーを使う事が理想的ですが、スピードと安定性はトレードオフの関係なので、コースアウトしないギリギリの安定性を得る為に一部をゴムローラーにするといった工夫も必要です。 ローラーの取り付け位置による違い 超速GPでは二段ステーといった例外を除き、ローラーは最大6個取り付ける事が出来ますが、取り付け位置によってもコーナーリングスピードや安定性に違いが出ます。 一般的なのはフロントとサイドにローラーを付けた写真左側のパターンと、フロントとリアにローラーを付けた写真右側のパターン、後はフロントとサイドとリア全てにローラーを取り付けたパターンの3つです。 ボディやシャーシによってもスピードや安定感は変わってきますが、基本的に ローラー間の距離が短くなる程コーナーリングスピードは上がって安定感が下がります(荷重バランスが悪くなる為)ので、あまりにも前傾になって遠心力でコースアウトする様なら、ウイングを付けてコーナーリングを安定させるといった工夫が必要になります。 安定性とスピードのバランスが良いのはフロント・サイド・リア全てにローラーを装備したパターンですが、より性能を尖らせたい場合は上記の2パターンのどちらかでセッティングしていくというのが良いでしょう。 ローラーの取り付け高さによる違い ローラーの高さは遠心力の影響に直結する要素で、 取り付け位置が高い程遠心力による傾きが抑えらてコーナーリングは安定する様になります。 ミニ四駆のバランスで言うと、フロントはローラーを低く取り付け・リアは高く取り付けする方が安定性が高くなるので、安定性を高くしたい(遠心力を抑えたい)場合はリアウイングの両サイドにローラーを取り付けたり、サイドポールにローラーを付けて調整するというのが良いでしょう。 これは車高にも当てはまる要素なので、写真のアバンテの様にフロントタイヤを小径・リアタイヤを大径にするというのもお勧めです。

次の