七夕の飾りの作り方。 【七夕レク】高齢者向け!!デイサービスでおすすめの工作・クイズ・ゲーム集30選

【七夕飾り】折り紙の折り方!織姫と彦星や天の川の簡単な作り方まとめ

七夕の飾りの作り方

仙台七夕祭りの七つ飾り、名前と意味は?• ここでは、各飾りの意味を少し詳しくお伝えさせていただいますね。 七つ飾りの意味:短冊(たんざく) 短冊は、勉強(学問)、書道の上達を願って飾られます。 このような事をしていました。 この風習は徐々に変わっていき、書く内容が天の川や七夕などといった 単語に変わりました。 七つ飾りの意味:折鶴(おりづる) 折鶴は、健康長寿や家内安全を願って飾ります。 昔は、家の年長者の年齢分だけ折っていました。 七つ飾りの意味:巾着(きんちゃく) 巾着は商売繁盛や貯蓄、節約を願って飾ります。 この巾着というのは昔の財布。 紐がしっかりと結ばれていることから、 無駄遣いを戒めているとも言われていますよ。 七つ飾りの意味:投網(とあみ) 投網は豊漁と豊作を祈って飾られます。 また、網で幸福を集めるという意味もありますよ。 七つ飾りの意味:紙衣(かみごろも) 紙衣は、災難や病気の身代わり(厄除け)や、裁縫の上達を願って飾ります。 この紙衣は七夕に使う竹の一番先端に吊るすルールがあります。 紙衣の 由来は、棚機女(たなばたつめ)が織って神に捧げたという衣です。 神に捧げるために、竹の先端に飾るのです。 七つ飾りの意味:屑篭(くずかご) 屑篭は、七夕飾りを一通り作り終わった後に、残ったくずを集めて入れます。 物を粗末にしないことや清潔さを願いながら飾ります。 七つ飾りの意味:吹流し(ふきながし) 吹流しは、機織りや芸事の上達を願って飾ります。 この吹き流しは、織り姫の糸を象徴していて、織り糸を垂らした形を表しています。

次の

おしゃれな七夕飾りを折り紙で作ろう!簡単可愛い作り方を紹介

七夕の飾りの作り方

切れ目の幅が違うものや、色違いのものを何種類か作ると、見栄えが良くなりますよ。 網飾り1と違い、奥行きがありますね。 切れ目の幅が違うものや、色違いのものを何種類か作ると、見栄えが良くなりますよ。 オレンジ色の折り紙で作ると、より提灯(ちょうちん)っぽく見えますね。 形が短冊に似ていますね。 折り紙の代わりに 千代紙を使うと、おしゃれ度が増しますよ。 これが千代紙 織姫と彦星 別パターンその1 こちらは、顔がかわいいタイプの織姫と彦星です。 ちなみに、この動画では笹舟の折り方も紹介されています。 より七夕っぽくなると思いますので、ぜひ作ってみてください。 織姫と彦星 別パターンその2 こちらは、ちょっと大人びた織姫と彦星です。 他の折り方に比べれば少し難しいかもしれませんが、一味違った織姫と彦星ができます。 出来上がったときの達成感があると思いますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 織姫と彦星 別パターンその3 こちらは、短冊に付けるタイプの織姫と彦星です。 織姫と彦星の折り紙の中では、一番簡単な折り方だと思います。 折り方が一緒ですし、折り紙の色で織姫と彦星を分ければ良いだけです。 短冊に付けるというアイデアは、気付きそうで気付きませんでした。 折り方は簡単ですが、出来上がりはとてもかわいいですよね。 保育園や幼稚園など、小さい子供が喜びそうな折り方だと思います。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 何個かつなげてみても良いかもしれませんね。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 それぞれ三角に折って、重ねてのりで貼るだけなので簡単にできます。 金色の折り紙を使えば見栄えが良くなりますよ。 種を描いて、スイカっぽくしましょう。 切れ目の入れ方が特徴的ですが、難しくないのでチャレンジしてみましょう。 折り方に少しだけクセがあります。 3枚星とは形が違うので、違った形の星がほしいときにおすすめです。 吹き流しの種類が増えるので、飾れば見栄えが良くなりますよ。 手順は少し多いですが、折り方はシンプルです。 少し折り方にクセがあり、切り方にコツがいりますが、立体的な星になるのでおすすめです。 4等分に切って、折ってつなげるだけなので簡単にできます。 女の子が喜ぶと思いますので、色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 はさみで星の形がうまく切れるかどうかがポイントになります。 クオリティの高い飾りになるので、ぜひチャレンジしてみてください。 はさみで星の形がうまく切れるかどうかがポイントになります。 2つ作らなければなりませんが、豪華な飾りになりますよ。 つなげる個数が多いほど豪華に見えます。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 色違いの2枚星をたくさん貼り付けてカラフルにしましょう。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 1つ作って飾れば、夏を感じさせてくれること間違いなしですね。 飾りのアクセントとして1つあっても良いかもしれませんね。 いかにも夏という感じがする飾りなのでおすすめです。 一つ一つの部品は簡単にできますよ。 豪華な星になるのでおすすめです。 終盤の段折りがうまくできるかどうかがポイントです。 少し折り方にクセがあり、切り方にコツがいりますが、出来上がりはキレイなのでおすすめです。

次の

「七夕の飾り」は折り紙で簡単にできる♡ 短冊の作り方からおしゃれな作品まで一挙紹介

七夕の飾りの作り方

七夕の飾り付けに欠かせないのがお星さまですね。 お星さまはいろいろな折り方があるのですが、今回は折り紙1枚で、とても簡単な星の折り方をご紹介します。 お子さんと一緒に楽しく折ることができますので、色々な色紙で大きさを変えながら、作ってみて下さい。 出来上がったお星さまを飾るのに、天の川や提灯などの飾りも折り紙で作っても良いですね。 では、折り紙で作る七夕の飾りに使える簡単な星とモビール飾りの折り方・作り方をお伝えします。 折り紙で作る七夕の飾りに使える簡単な星とモビール飾りを折ってみた 今回は、折り紙で七夕の飾りに使える簡単な星とモビール飾りをご紹介します。 お子さんでも簡単に覚えられますので、星の折り紙をたくさん作って、七夕飾りだけでなく、お部屋のいろんな場所に飾ると気分もウキウキしちゃいますよ。 お星さまを作ったら、天の川やちょうちんの飾りも作って、モビールに吊るして飾ってみてください。 お子さんと一緒に楽しめますよ。 折り紙で七夕の飾りに使える簡単な星の折り方 折り紙をひし形において縦・横に折り目を付けます。 正方形の向きに置き、縦・横に折り目を付けます。 それぞれの折り目をきっちり合わせます。 折り目を付けたら開きます。 点線に沿って矢印の方向へ折ります。 点線のように矢印の方向へ折ります。 点線に沿って矢印の方向へ折ります。 左右のバランスを見ながら点線のように折ります。 表側に返します。 お星さまの完成です。 表を向けて上下左右のバランスを微調整してください。 色々な色で折ってみました。 もう一度半分に折ります。 4分の1のサイズになります。 上下交互になるようにハサミを入れます。 この時、最後まで切ってしまわないように注意しましょう。 開きます。 開きます。 天の川の完成です。 お星さまを付けると可愛らしいですよ。 折り紙で七夕の飾りに使えるちょうちんのモビール飾りの作り方 正方形の向きに置き、半分に折ります。 点線に沿って、ハサミを入れます。 最後まで切ってしまわないように注意しましょう。 もう1枚の折り紙を3分の2の位置でハサミで切り落とします。 筒型に丸めてテープか糊で留めます。 筒型の上下に沿って巻いていきます。 巻き始めと巻き終わりはテープか糊で留めます。 ちょうちんの完成です。 色々な色で、サイズも変えて作ってみました。 画像が横向いていて見にくいですが… 笹の葉にだけでなく、こんな風にモビールに飾りにしてお部屋に飾って楽しめますよ。 左右のバランスを調整しながら色々な飾りを付けて楽しんで下さい。 まとめ 笹の葉にたくさんの短冊が揺れる七夕飾りを、より華やかに彩るお星さまや天の川やちょうちんの飾りを作ってみました。 お星さまは折り紙1枚で折れる簡単な折り方ですので、お子さんにお手伝いしてもらってたくさん作って、いろいろなところに飾ってみましょう。 天の川やちょうちんはハサミを使いますので、小さいお子さんがするときはお手伝いしてあげて下さい。 お家にある割り箸と糸を使って、かんたんなモビール飾りが出来ます。 左右のバランスをとるのが少し難しいですが、左右同じ飾りを吊り下げるとバランスがとりやすいです。 笹の葉をお家に飾るのはたいへんですが、モビール飾りにすると、お家のちょっとしたインテリアとして手軽に飾れますよ。

次の