テニス アンダー サーブ。 ソフトテニスのセカンドサーブとは?【基本的な打ち方やコツも解説】

テニスでアンダーサーブをする時はどんな時ですか?

テニス アンダー サーブ

相手も打ち込まれるのを覚悟して打ってきていますし、試合の緊張感は球出し練習とは全く違います。 いつも通りのスィングで打てると思って油断していると、思わぬミスが出て流れが大きく変わるでしょう。 少しでも高い打点で捕えたほうが、相手コートに入る確率が高く安定した攻撃に繋がります。 ダブルスの試合で相手前衛が下がって2バックの陣形になっていたら、センターへのリターンもお勧め。 どちらかが触って、その空いた方を狙いましょう。 そこで、そういう選手をしっかり攻撃していくには、ドロップショットが必要です。 痙攣して前に走れない選手にトドメをさせるかどうかは、テニス選手にとって必要なスキルです。 試合に勝つには、細かいシチュエーションごとに必要な技術を身に付けていかなければなりません。 ベテランの大会では、スライス回転をかけたいやらしいアンダーサーブを得意にしている選手もいます。 「対策を練っている」という事実が、アナタ自身の自信になり、しっかり攻撃していくメンタルとなってくれるはずです。 アンダーサーブは、奥が深い。 それはベテランの方々の試合を観ているとより感じます。 また試合で勝ち進む選手は、こういったアンダーサーブの返球パターンをいくつか持っており、決してポイントを落としません。 テニスにおいては何事も見下すような気持ちは、思わぬ落とし穴になります。 今一度、意識を見直してみましょう!.

次の

【ソフトテニス×脳科学】沈んで、入る!「ショルダーカットサーブ」のコツ!

テニス アンダー サーブ

Contents• ソフトテニスのセカンドサーブとは? ソフトテニスのセカンドサーブとは 2回目に打つサーブのことで、 セカンドサーブの目的は フォルトしないことが第一条件です。 しかし、 ただ入れるために軽くボールを打つだけでは 相手のチャンスボールとなり、 一発で決められてしまう可能性があります。 今後成長していくためには、 回転を意識した打ち方や しっかり振り切り速さのある 安定したセカンドサーブが打てるように 基本や コツをつかむ必要があります。 セカンドサーブの基本的な打ち方 セカンドサーブにもさまざまな種類がありますが、 自身が 安定してコートに入る球を選びます。 今回は一般的な アンダーサーブについて 基本的な打ち方やポイントをまとめていきます。 「アンダーサーブ」は文字通り、 下から打つサーブのことです。 基本的な打ち方は左手でボールを持ち、 胸ぐらいの高さから軽くボールを落として 腰と太股の間ぐらいの高さを ノーバウンドで打ちます。 無回転のアンダーサーブは レシーバーが 圧倒的に有利になってしまうので 打つにも ポイントがあります。 横の回転をかけた アンダーカットサーブを学びたい方は こちらの記事を参考になさってください。 コース• バウンド この 2つを ポイントに練習を行いましょう。 アンダーサーブのポイント【コース】 アンダーサーブを打つ場合、 コントロールに磨きをかけましょう。 そのために相手が攻めこみにくいコースである 後衛側であればセンター寄りの深いところ、 前衛側であれば逆クロスの深いところが 狙う場所です。 バックハンド側に深い球でくると 相手はつまりやすく 思ったように返球しずらいので攻めにくくなります。 アンダーサーブのポイント【バウンド】 ボールのバウンドを抑えるために、 サーブの軌道を低くしましょう。 あまり高さのあるボールですと 相手が打ちこみやすいチャンスボールになってしまいますので バウンドの目安は ネットの半分ぐらいにしましょう。 セカンドサーブを決めるコツ セカンドサーブは 常に安定したサーブを 入れることが求められます。 そのため、 セカンドサーブを 安定させるコツは• ラケットを大きく 振りすぎない• 手首を 動かさない• 膝を柔らかく使う• ちょうどいい スタンスを見つける• 手の平で打つ 感覚を身につける この 5つを意識して練習することで フォルトしないセカンドサーブへと 自信が持てるようになります。 まとめ セカンドサーブは 確実に入るサーブを選ぶことも必要ですが、 相手にチャンスボールを与えるだけでは 自分自身が試合で苦労します。 そのためには 基本的な打ち方と コツを しっかり抑えて、 安定したサーブと相手が打ちにくいコースを狙う コントロール力を身につけましょう。

次の

【テニスの王子様】最強サーブは誰だ!?最強サーブランキングベスト10!!

テニス アンダー サーブ

上の動画はサミュエル・グロート選手が世界最速をマークしたときの動画です。 画質は少々荒いですが、世界最速のサーブの威力は伝わるかと思います。 世界最速ランキングTOP10 男子 【男子サーブスピード世界ランキング】 1位 サミュエル・グロート (オーストラリア) ・速度:263. 平均身長はなんと198. やはりビッグサーバーにとって高身長は必須であることがわかります。 サーブに課題ありといわれている錦織選手の身長は178㎝で、最高速度は時速201㎞。 スピード勝負ではなくテクニックで差をつけなくてはならないことがわかります。 しかし最速ランキング2位のアルバーノ・オリベッティ選手の世界ランキング最高は110位です。 サーブが速いだけでは世界のトッププロとは渡り合えないということでしょう。 男子の上位10人の最高ランク平均が34. 9位なのに対し、女子の平均は33位とほぼ同じです。 しかし 女子のランキングには世界ランク1位を経験した選手が3人もいますので、速くて強力なサーブは世界最強女王への必須条件といえるのかもしれません。 勝利に必要なのは速さではない? 速ければ速いほど強力に思えるサーブですが、どうやらトッププロの世界では一概にはそうではないようです。 例えば、2018年のBIG4フェデラー選手とサーブ最速ランク3位のイスナー選手のファーストサーブ時の得点率を比較すると、フェデラー選手80. 3%に対しイスナー選手81. 1%と ほぼ変わらない数字であることがわかりました。 つまりトッププロの世界ではサーブの速さと得点率の間に相関関係はほぼ無いといえます。 テニスで勝利するために必要なことは、いかに速いサーブを打つか、ではなく 試合展開を有利に進めることができるサーブを的確に打つことができるかどうかが最も重要なことであることがわかります。

次の