そうめん うり レシピ。 クラシル 人気のそうめんレシピ10選🎐

そうめんレシピ

そうめん うり レシピ

そうめんかぼちゃは見た目はウリのような形をしており、属性はウリ科カボチャ属。 西洋カボチャの一変種といわれています。 一番の特徴は、中身がそうめんのように糸状にほぐれるというところ。 実はそうめんかぼちゃは俗名で、 正式には「金糸瓜(きんしうり)」という名の野菜。 そうめんかぼちゃというは、その見た目からついた名称です。 他にも、そうめんうり(素麺瓜)、いとかぼちゃ(糸南瓜)という俗名があります。 英語ではスパゲッティ・スカッシュ(Spaghetti squash=スパゲッティ瓜)と呼ばれており、欧米では主菜の付け合わせ、パスタの代わりに食べられている食材です。 日本では 石川県能登の伝統野菜として登録されており、能登以外の地域でも生産されています。 日本では少しめずらしい食べ物ですが、シャキシャキとした食感が特徴で、夏にはさっぱりいただけるおすすめ食材。 そうめんかぼちゃとはどんな野菜なのか、栄養価や下処理の方法、おすすめレシピまでご紹介します!.

次の

そうめんレシピ

そうめん うり レシピ

そうめんかぼちゃ(金糸ウリ)を2㎝~3㎝程の輪切りにしていきます• 輪切りにしたらそこから半分に切り半月型にします• 種やワタを取り出します• フライパンに3をいれます• 水を入れます• 蓋をして沸騰したら弱火で13分ほど蒸します• 蒸しあがったら粗熱をとって、菜箸で実をほぐしていくとそうめん状になります• スープはボウルにトマト出汁、無調整豆乳を加え、調味料であるガーリックパウダーとハーブソルトをいれます• オリーブオイルを通常のそうめんに絡めておきます• スープの入ったボウルにそうめんかぼちゃとそうめんをいれます• お皿に盛り、半分に切ったミニトマトをトッピングすれば完成.

次の

ほぐれて糸に…!? そうめんかぼちゃの茹で方&レシピをチェック

そうめん うり レシピ

そうめんかぼちゃ(金糸瓜 ってどんな野菜? となりに置いた卵と比べてわかるように、両手で抱えるほど大きなこのかぼちゃは、「金糸瓜(きんしうり)」といいます。 加熱すると果肉が麺のようにほぐれることから、地域によっては「そうめんかぼちゃ」とか「そうめんうり」と呼ばれています。 全国的に栽培されているものの、量産されていないためあまりなじみのない野菜ですが、夏になると道の駅などでよく見かけます。 また、近頃では宅配野菜のセットに入っていることもあるようです。 見かけたことはあるけれど…とか、野菜セットで届いたけれど…、調理の仕方に戸惑う方もいるかもしれません。 実は簡単!そうめんかぼちゃを茹でてほぐす作業はとてもおもしろく、味わい方もいろいろとあるので、ぜひトライしてみてください。 そうめんかぼちゃの切り方・茹で方・ほぐし方 1.3〜4センチの輪切りにし、種とワタを取る。 2.鍋に湯を沸かし、1を入れて15〜20分茹でる。 3.冷水に取り、柔らかくなった果肉を手で引っ張りながらほぐす。 4.ほぐれにくくなったら、再び鍋に戻して茹で、同様にほぐす。 5.ザルにあげて水を切る。 そうめんかぼちゃの食べ方いろいろ 「そうめんかぼちゃ」の味は淡白なので酢の物、おひたし、サラダなどに向いています。 きゅうりのような感覚で調理すると暑い夏にぴったりの、ひんやり歯ごたえのよい料理が仕上がります。 呼び名の通り、そうめん同様めんつゆにつけて食べても。 また、「そうめんかぼちゃ」は夏に収穫されますが、冬まで冷暗所で保存できるので、天ぷら、しゃぶしゃぶ、鍋物など冬場の料理でも美味しくいただけます。 そうめんかぼちゃの黄金色は食卓を華やかに彩り、「これなあに!?」から始まって…にぎやかな食卓になること間違いなしです! 写真・文:サゴイシオリ/フードコーディネーター.

次の