大辞林。 大辞林第三版(デュアル大辞林)

大辞林と広辞苑

大辞林

見出しは原則として「現代仮名遣い」(昭和61年7月内閣告示)の方式によって示した。 和語・漢語は平仮名、外来語は片仮名で示した。 外来語は「外来語の表記」(平成3年6月内閣告示)によって示し、長音を表すには「ー」を用いた。 また、「ヴ」は用いず、「バ ・ ビ ・ ブ ・ ベ ・ ボ」を用いた。 ハープ [1]【 harp 】 バイオリン [0]【 violin 】 ベネチア 【 Venezia 】 3. ABC略語など、単語ではないがアルファベットで表記されることが多い見出しは、日本語の見出しと異なっている。 読みが記載されず、漢字にはルビがつけられている。 ただし、慣用的なつづり読みの読み方がある場合は、外来語に準じた。 見出し語の語構成は、語源をふまえつつ現代の言語意識も考慮し、原則として二つの部分に分け、その間を少しあけて示した。 あん ぜん [0]【 安全 】 うえ き うゑ- [0]【 植木 】 な べ [1]【 鍋 】 2. また、地名は「山」「川」「海」などが接辞的に付くものはその前で分けたが、その他の地名や、年号 ・ 作品名などの固有名詞は原則として分けて示さなかった。 区分しがたいものや、区分が「 ・ 」と重なるものには示さなかった。 活用する語は原則として終止形を見出しとした。 形容動詞は語幹を見出しとした。 口語形と文語形の両形があるものは原則として口語形で見出しを立て、見出しの下に文語形を示した。 おもな文語形は見出しとして立て、口語形が参照できるようにした。 ただし、口語形と文語形が配列上並ぶ場合は、文語形見出しを立てなかった。 活用する語には、語幹と語尾の間に「 ・ 」を入れて示した。 語幹・語尾の区別のできないものには示さなかった。 あお ・ ぐ あふぐ [2]【 仰ぐ 】(動 ガ五[ 四 ]) あさ ・ い [0] [2]【 浅い 】(形)[文] ク あさ ・ し みる [1]【 見る 】(動 マ上一)[文] マ上一 活用する連語・慣用句で、活用する部分が語幹・語尾の区別のできないものは、活用語の直前に「・」を入れて示した。 可能動詞形の見出しは、原則として独立の見出しとして立てず、本項目の末尾に [可能]として、その語形を示した。 たお ・ す たふす [2]【 倒す 】(動 サ五[ 四 ]) [可能]たおせる 5. アクセント 1. 見出し語のうち、現代語および現代でも使用されることのある語にアクセントを示した。 ただし、方言、古語、人名・地名・作品名などのいわゆる固有名詞、仏教その他特殊な専門分野の用語、および付属語には原則として示さなかった。 また、二語以上の要素から成る語で一語化の度合いが薄く、それぞれの構成要素のアクセントから類推できると思われる語にも示さなかったものが多い。 本辞典で示したアクセントは、現在テレビ・ラジオなどで用いられている全国共通語のアクセントである。 アクセントは単語ごとに、高く発音される部分から低く発音される部分へ移る境目の音が何番目の音であるかを[1]・[2]・[3]…によって示した。 低くならない語は0とした。 動詞・形容詞など活用する語は、見出し語としての終止形のアクセントのみを示した。 また、「十人十色」などのように、一つの見出し語に二つのアクセントの単位を含むものは[1]-[1]のように示した。 表記欄 1. 見出し語に当てられる漢字を中心とする標準的な書き表し方を【 】の中に示した。 その際、国語審議会報告「同音の漢字による書きかえ」を参考にした。 二つ以上の表記法がある場合、一般的と思われる順に「 ・ 」で併記した。 1 「常用漢字表」および「人名用漢字別表」の漢字は、いわゆる新字体を用いた。 とう だい [0]【 灯台 】 りゅう こ [1]【 竜虎 】 2 常用漢字とその音訓を表示した。 また、「常用漢字表」の「付表」の語は 《 》で囲んで示した。 あまのうずめ の みこと 【 天鈿女命・天宇受売命 】 さらしなにっき 【 更級日記 】 たじま たぢま 【 但馬 】 3 送り仮名は「送り仮名の付け方」(昭和48年6月内閣告示)の通則に基づいて示した。 ア 「常用漢字表」の音訓によるものは、省略の許容についてはその仮名を( )で囲んで示し、多く送る許容については全体を( )で囲んで示した。 きこ ・ える [0]【 聞(こ)える 】(動 ア下一)[文] ヤ下二 きこ ・ ゆ くもり [3]【 曇(り) 】 あらわ ・ す あらはす [3]【 著す(著わす) 】(動 サ五[ 四 ]) おこな ・ う おこなふ [0]【 行う(行なう) 】 イ 「常用漢字表」にない漢字および音訓によるものには許容を示さなかった。 必要に応じてその複合語に相当する原語のローマ字綴りを示した。 エーご はん [0]【 A5判 】 6 近代中国語などで、一般に漢字を用いるものについては 【 】の中に示した。 マージャン [0] [1]【 麻雀 】 2. 外来語については、【】の中に、日本に直接伝来したと考えられる原語を掲げ、その言語名・国籍を注記した。 ギリシャ語・ペルシャ語・ロシア語などは適宜ローマ字綴りに直して掲げた。 また、原則として英語は国籍の注記を省略した。 ただし、複数の国籍を注記するような場合は、他の国籍注記と区別するために、「英」と記すことも適宜行なった。 ガーゼ [1]【 ドイツ Gaze 】 カーテン [1]【 curtain 】 カッパ [0]【 ポルトガル capa 】 グラム [1]【 フランス gramme; 英 gram 】 1 地名・人名などの固有名詞には原則として国籍を示さず、解説文中で理解できるようにした。 2 原語音からいちじるしく転訛した外来語や、外国語に擬して日本で作られた片仮名の語などは〔 〕の中にその語源などを示した。 パンク [0]〔puncture〕 ナイター [1]〔 和製語 night+er〕 3 外来語のうち、かつては漢字を当てて書くことが多かったり、現在でも漢字で書く場合がある語には、その旨を〔 〕の中に補説として示した。 アイルランド【 Ireland 】 〔 「愛蘭」 とも当てた〕 インチ [1]【 inch 】 〔 「吋」 とも書く〕 6. 品詞・活用 見出し語の品詞・活用等の表示は、見出しの下に略語をもって()内に示した。 (「略語・記号一覧」参照) 1. 名詞には原則として品詞の表示を省略した。 ただし、同一項目で、名詞とそれ以外の品詞の用法とがある場合は名詞用法を(名)と示した。 あじ あぢ [0]【 味 】 一( 名 ) 二( 形動 )[文] ナリ かち き [0] [3]【 勝(ち)気 】( 名・形動 )[文] ナリ 2. 動詞には活用の種類、活用の行を示し、文語形容詞・文語形容動詞には活用の種類を示した。 あき な ・ う -なふ [3]【 商う 】(動 ワ五[ ハ四 ] ) あざら け ・ し 【 鮮らけし 】( 形ク ) つきづき ・ し 【 付き付きし 】( 形シク ) おだい おだひ 【 穏ひ 】( 形動ナリ ) せい せい [0]【 凄凄 】( 形動タリ ) 3. 活用語で、口語形と文語形のあるものは、口語形の見出しの品詞欄の次に[文]として文語形を示した。 ただし、口語 ・ 文語同形の場合は文語形を省略した。 あ ・ ける [0]【 明ける・空ける・開ける 】(動 カ下一)[文] カ下二 あ ・ く あら ・ い [0] [2]【 荒い 】(形)[文] ク あら ・ し いる [1]【 射る 】(動 ア上一)[文] ヤ上一 おだ やか [2]【 穏やか 】(形動)[文] ナリ 4. 「する」が付いてサ変動詞としても用いられるものは (名) スル (副) スル などの形で示した。 主な助動詞については、語釈の前に活用変化を示した。 連語は、(連語)と示した。 連語の子見出しには(連語)表示を省略した。 活用語で口語形と文語形の異なるものは、口語形見出しのあとに[文]として活用の種類と文語形を示した。 解説 1. 語義解説 1 意味の記述順序は次のようにした。 ア 現代語として用いられている意味・用法を先にし、古語としての意味・用法をあとに記述した。 イ 現代語は一般的な語義を先にし、特殊な語義や専門的な語義をあとに記述した。 ウ 古語は、原義を先にし、その転義を順を追って記述した。 2 語義区分 語義・用法を分ける場合、次の区分記号を用いた。 イ 品詞・活用が異なる場合は 一 二 三…を用いた。 3 解説の冒頭に、必要に応じ、語源・語誌、翻訳語の語源、用法、清濁、位相、字音の種類などを〔 〕で囲んで記した。 さらに詳述する場合は補説欄として解説末尾に〔 〕で囲んで記した。 4 専門用語にはその分野を明らかにするため、必要に応じて〘 〙で囲んで分野名を示した。 (「略語・記号一覧」参照) 5 二つ以上の漢字表記がある語で、語義によって用い方が異なる場合は語義解説のあとに《 》で囲んで示した。 7 2~3語の同音の語で、その使い分けがむずかしい語には、補説欄で使い分けを解説した。 8 2~3語の間で類義関係があり、その使い分けがむずかしい語には、補説欄で使い分けを解説した。 9 おもな動詞・形容詞には、慣用句として特別の意味で用いられるものを [慣用] という記号の次に示した。 13 季語として用いられるものは [季] 新年 のように、[季] のあとに新年・春・夏・秋・冬を示した。 また、句例《 》の中に示した。 14 歌枕とされているものは 歌枕 と示した。 15 人名は、解説の冒頭に生没年を記した。 16 中国の現代地名・現代人名には、原則として原語の音に近い形を片仮名で解説末尾に示した。 17 外国の作品名には、その原題を示した。 本文の表記 1 解説の本文は、平易を旨とし、おおむね「常用漢字表」「現代仮名遣い」「送り仮名の付け方」に従って記した。 2 漢字の字体は、「常用漢字表」ならびに「人名用漢字別表」のいわゆる新字体を用い、他はなるべく一般に通用している字体を用いた。 3 動植物名・化学物質名などは適宜片仮名を用いた。 用例 1. 見出し語の語義・用法を具体的に示し、また典拠などを示すために、国語項目を中心に、用例を語釈のあとに「 」で囲んで示した。 1 現代語には作例を掲げた。 ただし今日ではやや特殊な語義・用法などについては明治以降の文献からの引用例を掲げた。 2 古語には古典からの引用例を掲げた。 初出例にこだわらず、語釈・用法の理解の助けとなるものを掲げた。 みみ [2]【 耳 】 耳に・する「変なうわさを-・した」 2. 引用例文・出典の示し方 1 引用文献のうち古典の書名は多く略称を用い、主要な作品には巻名・章段名・部立てなどを小字で付記した。 また、近代の書名は原則として全形を示し、作者名を略して小字で付記した。 読みやすさを考慮し、原典の仮名を漢字に改め、句読点・濁点を補うなどしたため、必ずしも原典のままではない。 なお、読み仮名は現代かなづかいで付した。 近代の用例は原則として原典のままとした。 3 用例中、語句の一部を省略した場合は「…」で示した。 また、必要に応じ、語句の注釈を( )で囲んで片仮名で示した。 4 「日葡辞書」「ヘボン」(和英語林集成)などのローマ字書きは片仮名でうつした。 〔新撰字鏡〕 6 万葉集は「国歌大観番号」(旧)で示した。 また、日本書紀・古事記などの訓・訓注の部分はその旨を示した。 『大辞林 第三版』のアクセント表示 ・日本語のアクセントは、単語を発音するさいに、その単語の中に含まれる個々の「拍」を高く発音するか低く発音するかによって決まる。 拍とは日本語の音の長さの単位をいい、「キャ・シュ・チョ」などの拗音はカナ2字で1拍である。 ・共通語では、1拍目と2拍目との間に必ず音の高低の変化がある。 ・1拍目が高で2拍目以降が低である語は「頭高型」と言い、この辞典では [1] で示した。 ・1拍目が低で、あとに続く助詞を含め高から低に移る箇所のない語は「平板式」と言い [0] で示した。 ・1拍目が低で、2拍目以降が高になり、語中、語末に高から低に移る箇所のある語は「中高型」または「尾高型」と言い、低に移る直前の音の位置が2拍目であれば [2]、3拍目であれば [3]… のように示した。 その位置が語中にあるものを「中高型」、語末にあるものを「尾高型」と言う。 ・以上のうち、平板式を除く「頭高型」「中高型」「尾高型」を総称して「起伏式」と言う。

次の

大辞林

大辞林

本格派日本語[国語+百科]辞典の最高峰 「大辞林」は、本格派日本語[国語+百科]辞典の最高峰、三省堂「スーパー大辞林3. 0」を搭載した日本語電子辞典の決定版です。 「スーパー大辞林3. 0」は書籍版の「大辞林 第三版」に収録された項目に、さらに約3万項目を追加した、約26万5千項目を収録しています。 辞典はただの検索ツールではありません。 我々の日常や今までの歴史を集めた文化の集合です。 iPhone や iPod touch だけでなく iPad でもご利用頂けるユニバーサルアプリケーション「大辞林」を、ぜひお試しください。 インデックスで新しい出会い まだまだ知らない事だらけです。 「大辞林」では既存の電子辞典には無かった、書籍をぱらぱらとめくって知らない言葉に出会う楽しみがあります。 正方形のタイルが敷き詰められたインデックスではスムーズなスクロールで見出しを表示します。 見出しはテーマごとに分類され、「すべて」では「大辞林」に収録されている約26万5千語すべてをブラウズできます。 そのほか「五十音/季語/ABC略語/人名/地名/作品名/動物/植物/芸術・芸能/四字熟語/故事成語/慣用句・ことわざ/名数/擬声語・擬態語/外来語」のインデックスが用意されています。 テーマに合わせたインデックスで新しい言葉との出会いをお楽しみください。 美しい縦書きを 日本語は妥協しない。 国語辞典はやっぱり縦書きが一番です。 本製品では、独自のテキストレイアウトエンジンによる美しい縦書きを実現しています。 行末をそろえ禁則処理された説明文は、読みやすく自然に頭に入ってきます。 またピンチ操作による拡大機能も搭載し、難しい漢字も確実に確認できます。 3D Touch にも対応 iPhone 6s からの新機能である「3D Touch」にも対応しました。 検索結果やブックマーク、表示一覧を軽くプレスすると 3D Touch の Peek を使って解説文を覗いてみることができます。 さらに深くプレスすると Pop して解説文が開きます。 また、クイックアクションにも対応しているので、検索とブックマーク、履歴にホーム画面から素早くアクセスすることができます。 Split View でスマートに 「Slide Over」と「Split View」にも対応。 電子書籍や、ウェブページを読んでいる時に分らない単語があってもアプリを閉じなくて大丈夫。 「Slide Over」を使えば、今開いているアプリを立上げたまま辞典を立上げて調べることができます。 辞典を開いたままにしたい場合は、「Split View」を使いましょう。 さらに「クリップボード検索」機能を使えば、分らない言葉をコピーすれば、瞬時に検索をかけることができます。 ブックマークと履歴 さっきも調べたぞ。 本製品では、「ブックマーク」および「履歴」機能を搭載しているので、重要な単語や何度も調べてしまう単語をブックマークしたり、直前に調べた単語を履歴から確認することが簡単に行なえます。 また見出しだけでなく用例などもブックマークに登録出来ますし、履歴も表示履歴と検索履歴が用意されているので、より細かく確実に調べた事を記録出来ます。 ブックマークは無制限、履歴は500件まで登録出来て、個別削除やブックマークの並べ替えも可能です。 さらに iCloud を使用して複数のデバイスでブックマークを同期する事が出来ます。 移動中に気になった単語をブックマークしておけば、家に置いてある iPadにもその単語がブックマークされ大変便利です。 さまざまな設定をご用意 お好みでどうぞ。 「大辞林」では次の設定を用意し、お好みの設定でアプリケーションをご利用頂けます。 本文の文字サイズなどが変更できますので、使いやすい、見やすいサイズに調整いただけます。 カラー設定 背景が白またはセピアモードの時のみ• 本文の文字サイズ• 一覧の文字サイズ• 背景色の変更• 文字のコントラスト• 検索文字を消去• シェイクで消去• ブックマークを同期• 日本語キーボードを優先 コンテンツについて スーパー大辞林3. 0 現代の文字・活字文化を支える基本辞典として、また 21世紀初頭の日本語の姿を映し出す辞典として編纂された本格派日本語[国語+百科]辞典の最高峰「大辞林 第三版」に、新語の増補や社会情勢などの変化を反映させ編集。 徹底した「現代語義優先方式」により意味・用法をより現代的なものから配列。 類書に見られない懇切丁寧で詳しい解説や大型国語辞典に唯一のアクセント表示を搭載した充実の内容。 収録項目数:約26万5千項目• 書籍版から約3万項目を追加。 画像データ:約2千7百項目 その他、本製品にも引き継がれている書籍版「大辞林 第三版」の特徴についてはをごらんください。 0」の書籍版は刊行されておりません。 「楽ひら」はパナソニック株式会社の登録商標です。

次の

「大辞林」第4版を引いてみた

大辞林

言葉と知への水先案内、令和の国語辞典最新改訂第四版 松村明 三省堂編修所 編• 古代から現代まで繋がる日本語の縦のつながりと、グローバルな現代社会の言葉の広範なひろがりと、その両方を現代の視点からしっかりととらえ、1冊に収めた最新改訂第四版。 日本語の歴史と伝統を意識するとともに、今の時代の国語辞典のあり方を深く追求し、内容の充実と大幅な増補を実現。 日本語の基本辞典として: 近代の知を形作った近代漢語の語誌解説を拡充、また近代作家用例の追加・増補、および特別ページに「日本の辞書」「国語施策」の2つを新規追加。 今の時代の社会・文化を映す言葉の基本辞典: 国際化・多文化共生社会を意識し、母語話者には自明であるが説明の難しい語、接続語と複合動詞を充実させた。 また、アルファベットや数字で表記される語の増加への対応、かつ「異字同訓」の漢字の使い分けなど国語施策への対応。 新語・新語義、学術・科学用語、法改正・諸制度の変更等への対応などで約1万3000語増の総収録項目数約25万1000。 杉浦康平+佐藤篤司による華やかな装丁。 また、ページ数の大幅増を用紙の改良と造本の工夫によって克服、引きやすく使いやすい1冊の美しい冊子を実現。 「季語」「類義語」「漢字音・漢語」「万葉集」など多様な日本語の姿をそれぞれのテーマからビジュアルに表現した「特別ページ」を巻頭に配置。 一つの辞書を書籍でも電子でも双方で利用でき、冊子未収録およびアップデートによる増補にも対応する電子版を書籍購入特典として実現。 あらゆる物事の根底にある言葉の理解を助け、航路を指し示す羅針盤となる国語辞典。 関連リンク 見本ページなど詳しい内容をご覧いただけます。 さらに詳しい内容をご紹介 「名入れ大辞林」のご案内 心に残る信頼と気品の贈り物• 辞書づくり130余年の総力を結集して編まれた『大辞林 第四版』を、ぜひ贈り物にご採用ください。

次の