新聞 記者 望月。 「新聞記者」

映画『i

新聞 記者 望月

望月氏ツイッター、政府インターネットテレビより 毎日新聞は6日、同社の官房長官番記者である秋山信一氏による記事「」を掲載。 秋山氏が問題視する「事実に反するツイート」とは、望月氏の1月29日の以下のツイートだ。 先週 に抗議して以降、3回連続で指されず。 なんと番記者たちが「望月が手を挙げても指させない」と内々で決めたとの情報が届いた。 長官が他の記者を指名し続け時間切れとなり、 の発言を受けた幹事社が会見を打ち切れば、特定の記者を排除できる。 「桜を見る会」や新型コロナウイルスを巡って全体の質問数が以前より増えた• 12月下旬~1月上旬は、正月休み前後の慣例で会見が1日1回だった• 1月中旬以降は菅氏が国会への出席を求められ、会見に割ける時間が限られた 本編では「望月記者が不当な扱いを受けている」との主張に対し、質問時間に余裕があった会見に望月氏が2度不在だったことなどに触れつつ詳細な反論を展開。 また毎日新聞として問題のツイートの削除要求や質問状を望月記者と東京新聞編集局に送っていることを明かした。 この記事は同業の記者やジャーナリストらの間でも話題となり、「望月氏の危ないツイートがとうとう毎日新聞に書かれるまでに至った」「秋山記者は事実をつぶさに見ている」「悪者にされたメディアの側からの反論」といった反応がみられた。 望月衣塑子のツイートは以前から危ないと指摘してきたが、とうとう毎日新聞に書かれるまでに至ったな。 東京新聞が放置してきたツケだ。 左派メディア内の内ゲバ高みの見物といきたいが、実害もあるので看過できませんな。 — 新田哲史 TetsuNitta 秋山記者は官房長官番記者。 事実をつぶさに見ている。 要するに「望月拒否」はデマだということ。 これから波紋が大きくなりそうですが…望月衣塑子と毎日新聞が内ゲバを始めています。 望月衣塑子の「番記者が質問制限している」という大拡散中のツイートに対して、毎日新聞が怒りの猛反論。 内ゲバだ、と切って捨てることも出来ますが、これまで望月の数々のデマ発信を放置してきたことのツケが回ってきたとも言えます。 どちらが嘘を書いているのかって話にしかならないのだが、毎日がここまで書いた以上、東京新聞も紙面なりサイトで反論記事を書いて貰いたいが。 これまで望月記者のいわばやりたい放題が、「身内」のリベラルメディアにすら批判を招いた格好。 東京新聞の管理体制が問われかねない事態になってきた。

次の

映画『新聞記者』公式サイトBlu

新聞 記者 望月

各界から感想コメントが到着! 新崎盛吾(新聞労連元委員長) 石田純一(俳優) 伊藤恵里奈(朝日新聞記者)• 各界から感想コメントが到着! 今井良(ジャーナリスト・「内閣情報調査室」著者) 太田伊早子(弁護士) 小菅昭彦(時事通信社・編集局編集委員)• 各界から感想コメントが到着! 是枝裕和(映画監督) 鈴木隆(毎日新聞記者) 田原総一朗(ジャーナリスト)• 各界から感想コメントが到着! 寺脇研(映画評論家) 西谷修(哲学者) 古舘寛治(俳優)• 各界から感想コメントが到着! 松江哲明(ドキュメンタリー監督) 松尾貴史(俳優) 室井佑月(作家)• 各界から感想コメントが到着! 山内ケンジ(劇作家・映画監督) 山田洋次(映画監督) 吉田恵輔(映画監督)• 各界から感想コメントが到着! 渡辺祥子(映画評論家) 映画評 FILM CRITIQUES [50音順・敬称略]• 新崎盛吾 新聞労連元委員長(共同通信) ネット時代の今だからこそ、新聞の底力を感じさせてくれる映画は貴重です。 同じ「新聞記者」として、励みになります。 石田純一 俳優 この映画は怖い。 言いたいことが言えない世の中の異常性と緊迫感に満ちている。 だからこそ多くの人に観てもらいたい、そして考えてほしい。 なぜなら、これは今我々が住んでいる日本のことだから。 伊藤恵里奈 朝日新聞記者 映画は時代を映す鏡だ。 『新聞記者』は今の邦画には珍しく、時代の流れに「忖度」せず、現在の日本が置かれた状況に真正面から向き合った映画だ。 一人の新聞記者として、この映画の制作に関わったすべての人にエールを送り、多くの観客に届くことを願っています。 今井良 ジャーナリスト 「内閣情報調査室」著者 権力に仕えた人間が、権力に抗う。 内閣情報調査室が持つ果てしない大きな力とスケールをこの映画では見事に描ききっている。 太田伊早子 弁護士 勇気ある映画でした。 フィクションでありながら、いやフィクションであるからこそ、真実を描き出すことができていると思いました。 真実を求める力、民主主義の在り方を問う作品だと感じます。 著書も映画にも貫かれる勇気に応えたい。 小菅昭彦 時事通信社・編集局編集委員 近年の日本映画で途絶えていた、リアルなポリティカルフィクションの分野に挑んだ製作者の心意気に拍手を送りたい。 組織にあって個人としての良心を問われた登場人物の人間ドラマが、見る者の心を揺さぶるだろう。 是枝裕和 映画監督 これは、新聞記者という職業についての映画ではない。 人が、この時代に、保身を超えて持つべき矜持についての映画だ。 鈴木隆 毎日新聞記者 昨今の日本映画が避けてきた政治という「危ないテーマ」に正面から挑んだ。 無自覚な自主規制や意図的な忖度にまみれた現代社会に楔を打ち込む意欲作だ。 田原総一朗 ジャーナリスト 面白い!!よくぞ作った! 非常にドラマチックかつサスペンスフル! 新聞記者と上層部の関係、官僚機関の構造がよくわかった。 寺脇研 映画評論家 映画人としては日本映画で実に久々の骨太社会派作品であることに、元官僚としては現在の霞ヶ関の空気をみごとに描き出していることに敬服する。 この社会の病巣をえぐるだけの力を持った「知的アクション映画」だ。 西谷修 哲学者 リアルとフィクションの重ね方、現実の写し方とそこからフィクションへの潜り込み方、潜って水圧が限界に達したところで、爆ぜるように観客を「リアル」に晒す、なかなか見事でした。 シムさん、桃李君も好演。 古舘寛治 俳優 こんな日本映画観た事ない! スクリーンと我々の生きる現代日本が激しく共振する。 上質なエンターテイメントとリアリティーの共存。 我々日本人はこの挑戦にどう応えるのか?? 必見映画とはこのことだ!!• 松江哲明 ドキュメンタリー監督 観る人のリテラシーによって作品の深度が変わる作品だ。 故に独りではなく、誰かと観ることを勧めたい。 ラストカットの先はこの国の現在へと繋がっているのだから。 松尾貴史 俳優 必見。 物語はオリジナルだが、登場する事象はそれぞれがリアルで戸惑うほどだ。 今観ないと必ず後に強い後悔にさいなまれる。 現在の日本の、重い病の自覚症状を得るだけでもすこぶる大きな意味がある。 室井佑月 作家 生きながら殺される。 官僚の主人公、ラストの表情がいつまでも頭に残ってる。 あれは、いつかのあたしたちではないか。 そう考えると恐ろしい。 山内ケンジ 劇作家・映画監督 最大の魅力は圧倒的にシム・ウンギョンである。 彼女は号泣から悔し涙、不安の涙まで何種類もの涙を自在にコントロールする。 いや、そりゃあね、いいタイミングで泣ければいい俳優っていうもんでもないですよ。 しかし確実に、あなたも私と同じように110分の間、彼女のあの目に吸い寄せられることになるのだ。 山田洋次 映画監督 今、作らなければならない、そして今、観なければいけない映画。 固唾をのむようなサスペンスを体験させる若い藤井道人監督の技量に心からの賞賛を。 吉田恵輔 映画監督 一部の人により、自分を含め世の中、踊らされているだろうな。 でも、俺は気づかぬ振りして踊り続ける。 踊れるだけ幸せ。 本作のように足を掴まれ、踊るどころか、身動き一つ取れない恐怖は味わいたくないなぁ• 渡辺祥子 映画評論家 ここに知ることを自分の行く道に決めた女性記者がいる。 暗く、笑顔もなく、生真面目。 その姿は痛ましく、応援せずにはいられない。 伊藤恵里奈 朝日新聞記者 映画は時代を映す鏡だ。 『新聞記者』は今の邦画には珍しく、時代の流れに「忖度」せず、現在の日本が置かれた状況に真正面から向き合った映画だ。 一人の新聞記者として、この映画の制作に関わったすべての人にエールを送り、多くの観客に届くことを願っています。 太田伊早子 弁護士 勇気ある映画でした。 フィクションでありながら、いやフィクションであるからこそ、真実を描き出すことができていると思いました。 真実を求める力、民主主義の在り方を問う作品だと感じます。 著書も映画にも貫かれる勇気に応えたい。 小菅昭彦 時事通信社・編集局編集委員 近年の日本映画で途絶えていた、リアルなポリティカルフィクションの分野に挑んだ製作者の心意気に拍手を送りたい。 組織にあって個人としての良心を問われた登場人物の人間ドラマが、見る者の心を揺さぶるだろう。 鈴木隆 毎日新聞記者 昨今の日本映画が避けてきた政治という「危ないテーマ」に正面から挑んだ。 無自覚な自主規制や意図的な忖度にまみれた現代社会に楔を打ち込む意欲作だ。 寺脇研 映画評論家 映画人としては日本映画で実に久々の骨太社会派作品であることに、元官僚としては現在の霞ヶ関の空気をみごとに描き出していることに敬服する。 この社会の病巣をえぐるだけの力を持った「知的アクション映画」だ。 西谷修 哲学者 リアルとフィクションの重ね方、現実写し方とそこからフィクションへの潜り込み方、潜って水圧が限界に達したところで、爆ぜるように観客を「リアル」に晒す、なかなか見事でした。 シムさん、桃李君も好演。 古舘寛治 俳優 こんな日本映画観た事ない! スクリーンと我々の生きる現代日本が激しく共振する。 上質なエンターテイメントとリアリティーの共存。 我々日本人はこの挑戦にどう応えるのか?? 必見映画とはこのことだ!!• 松江哲明 ドキュメンタリー監督 観る人のリテラシーによって作品の深度が変わる作品だ。 故に独りではなく、誰かと観ることを勧めたい。 ラストカットの先はこの国の現在へと繋がっているのだから。 松尾貴史 俳優 必見。 物語はオリジナルだが、登場する事象はそれぞれがリアルで戸惑うほどだ。 今観ないと必ず後に強い後悔にさいなまれる。 現在の日本の、重い病の自覚症状を得るだけでもすこぶる大きな意味がある。 室井佑月 作家 生きながら殺される。 官僚の主人公、ラストの表情がいつまでも頭に残ってる。 あれは、いつかのあたしたちではないか。 そう考えると恐ろしい。 山内ケンジ 劇作家・映画監督 最大の魅力は圧倒的にシム・ウンギョンである。 彼女は号泣から悔し涙、不安の涙まで何種類もの涙を自在にコントロールする。 いや、そりゃあね、いいタイミングで泣ければいい俳優っていうもんでもないですよ。 しかし確実に、あなたも私と同じように110分の間、彼女のあの目に吸い寄せられることになるのだ。 吉田恵輔 映画監督 一部の人により、自分を含め世の中、踊らされているだろうな。 でも、俺は気づかぬ振りして踊り続ける。 踊れるだけ幸せ。 本作のように足を掴まれ、踊るどころか、身動き一つ取れない恐怖は味わいたくないなぁ• 渡辺祥子 映画評論家 ここに知ることを自分の行く道に決めた女性記者がいる。 暗く、笑顔もなく、生真面目。 その姿は痛ましく、応援せずにはいられない。

次の

東京新聞・望月衣塑子記者が産経記事「リーク」発言を撤回 官房長官会見で「まず初めに」と切り出して一方的に…(1/4ページ)

新聞 記者 望月

東京新聞で望月記者が自由に取材できる背景は? 問題意識と覚悟が生んだ映画「新聞記者」 前回は、日本映画が政治をテーマにした作品を作りづらくなっている背景について考察した。 そんななかで上映された『映画「新聞記者」』は、日頃、政権に批判的な東京新聞の望月衣塑子記者の同名ベストセラーを原案に製作された作品だ。 前回は、本作の誕生には、現在の政治状況に問題意識を強めたエグゼクティブプロデューサー河村光庸氏の行動力や覚悟があったこと、テレビ局から仕事がもらえなくなることを懸念し協力できなかった制作プロダクションも存在したことなど、日本映画界、さらには日本のメディア界など、いま日本を覆う空気にも言及した。 今回は、忖度する空気が蔓延する中、原案となった「新聞記者」の著者・望月衣塑子記者がなぜ政権に批判的な姿勢を貫くことができるのか、その背景を考えてみたい。 新聞記者といえども組織内ジャーナリストである 望月記者については、以前、安倍政権の大番頭・菅官房長官の定例記者会見で、毎回のようにバトルを繰り返している記者であることを取り上げた。 度重なる質問攻めに業を煮やした官邸サイドは、望月記者が2018年12月の記者会見で沖縄・辺野古沿岸の土砂投入について「現場ではいま、赤土が広がっております」と質問したことに対し、報道室長名で「特定の記者が事実に基づかない質問を繰り返している」と反論。 内閣記者会(記者クラブ)に問題意識の共有を求めたことで、逆に批判を招いた。 多くの記者は、政権が不都合な記者を排除することに理解を示したら、明日は我が身という危惧を覚えたのかもしれない。 ただ、新聞記者といえども組織内ジャーナリストだ。 外部からの圧力や批判、あるいは新聞社上層部が政権に忖度したら、職場を変えられる運命にある職業でもある。 しかし、長い間、彼女は会見に出席し続けている。 その背景を考えたい。 東京新聞経営陣の静かなる覚悟と使命感を感じる 新聞記者を生かすも殺すも経営陣の考え方次第 東京新聞は、中日新聞の東京本社が発行する一般紙である。 関東地方のブロック紙ではあるが、中部地方や北陸などで発行される中日新聞も合わせると、ある意味全国紙的な新聞ともいえる。 とくに、中日新聞は名古屋市をはじめ中部地方では圧倒的なシェアを誇り、地方紙の雄でもある。 その中日新聞の社長・大島宇一郎氏は創業家の大島家出身。 若い頃は東京新聞政治部で記者経験のある人物だ。 大島宇一郎 中日新聞社(旧:新愛知)の創業家である大島家の出身。 愛知県立旭丘高等学校35期を経て、1987年に早稲田大学政治経済学部卒業。 同年に中日新聞社入社。 2013年に同社取締役、2015年に同社常務取締役東京本社代表に就任。 2017年より現職。 (出典:) 人柄は温厚で極めて常識人。 将来の経営陣になるべく、その後、経済部や人事部も経験し、まだ50代の若き経営者である。 しかし、当時は政権批判に対して、政権もある程度、許容する度量があった。 竹下登は生前、「自民党政権は7割批判されて、3割褒められるくらいがちょうどいい」とも語っていた。 野党やマスコミの追求を受けて立ってこそ、民主主義が成立するし、国がおかしな方向に向かうことはないことを彼は戦争を体験し、感じていたのかもしれない。 話を戻すと、大島社長が「もしも望月はやばい記者だ」と考え、下に異動を命じれば、彼女が官房長官でバトルを繰り返すことはなかったはずだ。 それを容認したのは、大島社長自身がメディアの使命と責任を胸に秘めているからだと思う。 日本は形だけの民主主義国家になるのか? 総理大臣に選出されるのは、衆議院の多数を握った政治家である。 その衆議院の選挙制度が1選挙区から複数の当選者を出す中選挙区から、1人しか当選できない小選挙区制に変わると、自民党政権がメディアに求める基準も変化した。 かつて竹下元首相が言っていた「批判7:賛同3」から「批判5:賛同5」、そして最近は批判を許さないという空気を感じる。 狭量なる政権の体質である。 しかし、政権を擁護、あるいは賛同するメディア、文化人、経営者らには賞賛と笑顔で接する。 仮に、日本が共産主義政権になって、同じ状況になったときに、野に下った現政権の人たちは「OK!」と笑顔で狭量な政治を許すだろうか? どんな権力者もいずれ一市民に戻る。 国家の土台は自由と民主主義が基本でなければ、その報いは自分に降りかかる。 映画『新聞記者』は、最後に強烈なメセージを盛り込んでいる。 本作は若き女性記者・吉岡エリカが政権内の腐敗を暴くストーリーだが、その過程で良心の呵責にさいなまれた内閣情報調査室の官僚・杉原が彼女の取材に協力する。 最後に、その杉原の上司・多田内閣参事官が放った言葉とは・・・ 「日本の民主主義は形だけでいい」 これこそ映画『新聞記者』が伝えたかった警告メッセージだったのではないか。

次の