しんにょう。 【丁寧な字講座】しんにょうの書き方|りおん|note

大腿骨の「腿」は、しんにょうが一点でも二点でも正しいですか?

しんにょう

しんにょうの字体差に隠れた歴史を追う まず前提として知っておいてもらいたいのは、中国の長い歴史の中で、 「正しい漢字の形」も変わってきたということです。 書道の作品などで見られる流れるような草書体や、学校教育で用いられる字体の元となった楷書体は、すべて中国の異なる時代に起源を持っています。 さて、明治時代の日本では学校教育制度の近代化が進み、 子供たちに教える漢字の形を法律で制定しようという動きが生まれました。 このときに模範とされたのが、中国・清の時代(西暦1700年ころ)に編纂された 『康煕字典(こうきじてん)』でした。 つまり、1700年ころの中国で正しいとされていた漢字の形が「 二点しんにょう」だったため、明治政府はそれを取り入れたのです。 時は流れて第二次世界大戦の終結後。 日本の政府はより分かりやすい教育を目指して、 それまで学校で教えていた漢字の一部を簡略化するという計画を実行しました。 このとき、「二点しんにょう」がまとめて「一点しんにょう」に変更されたのです。 ところで、この「しんにょうの点を一つ減らす」というアイデアはどこから生まれたのでしょうか? 実は、「一点しんにょう」が正式な形とされていた時代があったのです。 中国・唐の初期(西暦650年ころ)にあたります。 書道の世界では、楷書の手本は唐の初期にあり、というのが原則でした。 そのため、二点しんにょうが制定される以前も以後も、 書道界では一点しんにょうで書くことが普通だったのです。 また、書道に関わりのない一般人でも、手書きでは一点しんにょうの方が主流でした。 書道家たちは一点しんにょうの伝統を固く守り続けた。 こうして、人々になじみ深い形へ統一されたように思えたしんにょうの字体問題。 しかし、ここでツメの甘さが悪い結果を招いてしまいます。 「 常用漢字は一点しんにょうを正しい形とする」と定めたものの、常用漢字以外の漢字についてはまったく触れず、 二点しんにょうのまま放置してしまったのです。 新たに追加された常用漢字。 扱いはどうするの? 2010年、新たに196字が追加された『新常用漢字表』が作成されました。 このとき、問題が発生しました。 先に述べたように、もともと常用漢字の範囲外だった「二点しんにょう」の漢字を追加するとき、一点に統一するのか、二点のままにするのかで意見が分かれたのです。 結果として、問題のしんにょうが含まれていた「 謎(なぞ)」「 遜(へりくだ-る)」「 遡(さかのぼ-る)」の3文字は、「二点しんにょう」のまま『新常用漢字表』に追加されることになりました。 つまり、「 常用漢字は一点しんにょうが正しい」という原則に例外が生まれてしまったのです。 その主な理由は、パソコンなどの情報面にあるといわれています。 つまり、これらの漢字が常用漢字に追加される前に作られた文字のフォントが広く普及しているため、今から「一点しんにょう」を正式な字体にすると対応が面倒だと考えられたのです。 ただし、原則は「常用漢字は一点しんにょうが正しい」なので、現在これらの3文字については特例として「 二点しんにょうと一点しんにょうのどちらも正しい」として教えられることが多いようです。 「一点しんにょうと二点しんにょう、この漢字はどっちだったっけ?」となって使い分けが面倒な人は、とりあえず 一点しんにょうで書いておきましょう。 なにせ、書道の世界ではすべて一点しんにょうなのですから!.

次の

一点しんにょう、2点しんにょう

しんにょう

以前の漢字文化資料館で掲載していた記事です。 2008 年以前の古い記事のため、ご留意ください。 Q0330 「逍遥」という熟語は、ふつう「逍」は「2点しんにょう」、「遥」は「1点しんにょう」で書かれるみたいですが、どうしてどちらかに統一しないのですか? A この種の問題は、例によって話がややこしくなりますから、覚悟してください。 「逍遥(しょうよう)」とは、「散歩する」といった意味の熟語で、明治の文学者・坪内逍遥の号にも使われていますから、比較的有名なことばでしょう。 この熟語は本来、「逍遙」と書かれるのが普通でした。 「逍遥」と「逍遙」の違う点は、「遥」と「遙」です。 実はこの2文字は 異体字の関係にあります。 つまり、意味も発音も一緒なので、基本的にはどちらを使ってもよいのです。 それならば、昔どおりに「逍遙」と書く方が「2点しんにょう」でそろって気持ちがいいのですが、にもかかわらず「逍遥」と書かれることがあるのには、理由があります。 現代日本で字体の基準になっているのは、まず一番に『 常用漢字表』です。 しかし、常用漢字でない漢字については、特に決まりがないのです。 そこで、古くから字体の基準とされてきた『 康熙字典(こうきじてん)』の字体を、そのまま用いることが多いのです。 「しんにょう」について具体的に説明しますと、『常用漢字表』ではすべて「1点しんにょう」になっています。 しかし、『康熙字典』ではすべて「2点しんにょう」です。 そこで、同じ「しんにょう」を部首として持ちながら、片方は常用漢字、片方はそうでない、という2文字が並んで出てくると、「1点しんにょう」と「2点しんにょう」が混在することになってしまうのです。 そこで問題の「逍遙」ですが、「逍」の字も「遥」の字も常用漢字ではありません。 ですから、そのまま「逍遙」と書いておけばよいように思えます。 しかし、ここでこの問題に新しい要素が加わります。 それは、「遙」は1981年に 人名用漢字に採用され、その際、字体が「遥」に変更された、とういうことです。 人名用漢字とは、法律に基づいて定められた、常用漢字以外に人名に用いてよい漢字のことです。 そこで、これを常用漢字に準ずるものであると考えて、人名用漢字に入っている漢字については、戸籍法施行規則に載っている人名用漢字の字体を基準とする、という立場がありうるのです。 人名用漢字を字体の基準として採用することの正否は、議論のあるところです。 その詳細については省略しますが、多くの漢和辞典や国語辞典は、人名用漢字を字体の基準として採用してきました。 その結果、1981年以降、「逍遥」という書き表し方が定着するようになってきたのです。 ところが、2004年9月、人名用漢字が改定されるにあたって、「遥」と並んで「遙」も人名用漢字に採用されたのですから、辞典編集者はたまりません。 しかもごていねいに、図のようにハイフンまで付けたりして! この改定で、人名用漢字は、字体の基準であることを辞退してしまったのです。 人名用漢字に入っているから「遥」、という理由付けは、崩れ去ってしまったのです。 今後、「逍遥」と「逍遙」については、なりゆきを見守っていく必要があると思われます。

次の

【丁寧な字講座】しんにょうの書き方|りおん|note

しんにょう

以前の漢字文化資料館で掲載していた記事です。 2008 年以前の古い記事のため、ご留意ください。 Q0330 「逍遥」という熟語は、ふつう「逍」は「2点しんにょう」、「遥」は「1点しんにょう」で書かれるみたいですが、どうしてどちらかに統一しないのですか? A この種の問題は、例によって話がややこしくなりますから、覚悟してください。 「逍遥(しょうよう)」とは、「散歩する」といった意味の熟語で、明治の文学者・坪内逍遥の号にも使われていますから、比較的有名なことばでしょう。 この熟語は本来、「逍遙」と書かれるのが普通でした。 「逍遥」と「逍遙」の違う点は、「遥」と「遙」です。 実はこの2文字は 異体字の関係にあります。 つまり、意味も発音も一緒なので、基本的にはどちらを使ってもよいのです。 それならば、昔どおりに「逍遙」と書く方が「2点しんにょう」でそろって気持ちがいいのですが、にもかかわらず「逍遥」と書かれることがあるのには、理由があります。 現代日本で字体の基準になっているのは、まず一番に『 常用漢字表』です。 しかし、常用漢字でない漢字については、特に決まりがないのです。 そこで、古くから字体の基準とされてきた『 康熙字典(こうきじてん)』の字体を、そのまま用いることが多いのです。 「しんにょう」について具体的に説明しますと、『常用漢字表』ではすべて「1点しんにょう」になっています。 しかし、『康熙字典』ではすべて「2点しんにょう」です。 そこで、同じ「しんにょう」を部首として持ちながら、片方は常用漢字、片方はそうでない、という2文字が並んで出てくると、「1点しんにょう」と「2点しんにょう」が混在することになってしまうのです。 そこで問題の「逍遙」ですが、「逍」の字も「遥」の字も常用漢字ではありません。 ですから、そのまま「逍遙」と書いておけばよいように思えます。 しかし、ここでこの問題に新しい要素が加わります。 それは、「遙」は1981年に 人名用漢字に採用され、その際、字体が「遥」に変更された、とういうことです。 人名用漢字とは、法律に基づいて定められた、常用漢字以外に人名に用いてよい漢字のことです。 そこで、これを常用漢字に準ずるものであると考えて、人名用漢字に入っている漢字については、戸籍法施行規則に載っている人名用漢字の字体を基準とする、という立場がありうるのです。 人名用漢字を字体の基準として採用することの正否は、議論のあるところです。 その詳細については省略しますが、多くの漢和辞典や国語辞典は、人名用漢字を字体の基準として採用してきました。 その結果、1981年以降、「逍遥」という書き表し方が定着するようになってきたのです。 ところが、2004年9月、人名用漢字が改定されるにあたって、「遥」と並んで「遙」も人名用漢字に採用されたのですから、辞典編集者はたまりません。 しかもごていねいに、図のようにハイフンまで付けたりして! この改定で、人名用漢字は、字体の基準であることを辞退してしまったのです。 人名用漢字に入っているから「遥」、という理由付けは、崩れ去ってしまったのです。 今後、「逍遥」と「逍遙」については、なりゆきを見守っていく必要があると思われます。

次の