イライラ し て 寝れ ない 時。 旦那のいびきがうるさくてイライラ!寝れない時の5つの対策

眠いのに眠れない時どうする? 原因を知って対策を考える

イライラ し て 寝れ ない 時

就職・転職・人事異動や進学・進級などで人間関係に変化があり、ストレスを感じている。 異動のない職場や夫婦関係など、長く停滞した人間関係に嫌気がさしてきている。 ちょっとした一言やディスコミュニケーション、信じられないような裏切り、積年の恨みつらみ……。 人に対してイライラすることは誰にでもある。 しかし強い怒りの感情はストレスになる。 血圧や心臓、脳や睡眠にも影響を及ぼすとも言われる。 世の中、人と人との関わりによって成り立っていることばかりだ。 人間関係にまつわる悩みは尽きない。 人に腹が立って仕方がないとき、どうすべきか。 怒りに任せて相手に不用意な言葉を投げつけたり、物に当たったりする前に、まずは怒りを鎮めることを考えたい。 筆者自身、未熟ながらアンガーマネジメントを模索してきた。 最近は以下の10パターンのどれか、あるいは組み合わせで心の沈静化をはかるようにしている。 「人を変えることは困難。 結局は他人である」と自らに言い聞かせる。 人に対して怒りの感情を抱くとき、往々にして相手に何かを期待しているものである。 それは時に「私だったらこうするのに」と、自分の感覚や流儀に勝手に当てはめているものだ。 上司が部下に、親が子に、年長者が年少者に、「どうしてできないのか」「どうしてこうしないのか」と詰めるときは、「どうして(私ならできることが)できないのか」「どうして(私ならこうするのにあなたは)こうしないのか」という無意識のフィルターをかけていることがある。 さらに「あなたに変わってほしい」「成長してほしい」という思いが、相手にとってはお仕着せになってしまうこともある。 そもそも目の前にいる相手は自分自身ではないし、相手に自分の思い通りのレスポンスを求めるのは合理的ではない。 ましてや相手の考え方や言動を変えようとするのは、驕りとも言えるかもしれない。 「人の心は移ろうものだ」と認識する。 他人を変えることが困難である一方で、他人は勝手に変わるものだ。 好きな色を問うと、同じ人でも赤が好きな時期と青が好きな時期があったりする。 ゴールドのアクセサリーを身に着けたくなる時もあれば、シルバーで統一したくなる時もある。 「あの時こう言ったじゃない」「以前のあなたはこうだったのに」などと、相手の過去と現在の言動の整合性を問うても仕方がない。 「人の心は移ろう」ということを認識しておけば、過剰に相手に期待しなくてよくなる。 コミュニケーションコストを鑑みる。 コミュニケーションには意外とコストがかかっているものだ。 話の通じない相手に理解してもらおうと努めるほど、時間やエネルギーがかかり、消耗していく。 他人に怒りをぶつけている1時間のあいだに、もっと生産的な仕事や、次の旅の計画ができたかもしれない。 そのエネルギーを他の人に向けていれば、より良い関係性を築けていたかもしれない。 成立しないコミュニケーションを延々と続けているのは、自分にとっても、相手にとっても不経済である。 自分自身を省みる。 他人に怒りを覚えている間は、自分自身が正義だ。 「自分も悪いんだけど、あいつ、本当に頭にくる!」と言っている人はあまりいないように思う。 相手に怒りをぶつけているうちに、自分の心が怒りと興奮で万能感に支配され、相手に過剰な言葉をぶつけてしまう。 そんなことになる前に、「自分はそこまで完璧な人間なのだろうか」と一瞬考える。 自分の過去の失敗を思い起こし、束の間の寛容さを取り戻すことが、結果的に自分自身を守ることにつながるかもしれない。 相手の状況に思いを馳せてみる。 相手が失敗したり、不遜な言動をしたり、もしくはやらなければいけないことをサボっていたり、やってはいけないことをやってしまったり。 それ自体を頭ごなしに詰る前に、なぜそのようなことになってしまったのか、相手の状況を考えてみる余裕が必要だ。 もしかしたら体調がすぐれないのだろうか。 プライベートで辛いことがあったのか。 家族の事情で時間が取れないのだろうか。 そもそもタスク過多に陥っているのかもしれない……。 相手の状況に思いを巡らすことで、思いがけないことに気づき、怒りが収まることもある。

次の

まさに今寝たい!3分で眠くなる寝れない時の対処法11選!

イライラ し て 寝れ ない 時

いつもよりイライラしたり、不安になったり、落ち込んだり。 春になるとなぜか情緒不安定になりやすい…と感じたことはありませんか?実は一年のうちで春は一番「ココロが不安定になりやすい季節」。 これには実は理由があるのです。 春に不安定になりやすいココロの原因を探ってみましょう。 さらに、イライラしたり、不安になる気持ちを解消できる方法をご紹介します。 ココロを安定させて、気持ちのよい春を感じられるようになってくださいね。 春に起こりやすい不安定なココロの原因は? ココロが一番健康なのは、バランスがとれた安定した状態です。 (気血水については、「」をご覧ください。 「気」が安定していればココロも安定しますし、カラダも安定します。 しかし、「気」が乱れればココロもカラダも連動して乱れ、心身ともに不安定になってしまうのです。 季節の変わり目である春先は、寒暖差が激しくなったり、気圧や天候が目まぐるしく変わることで「気」が乱れやすくなると言われています。 そのためこの時期は、一年のうちで一番ココロとカラダの状態が乱れ、イライラしたり、不安になったり、落ち込んだりと精神的に不安定になりやすくなるのです。 これから紹介するイライラ・くよくよ解消術を実践して、常に気を安定させる習慣をつけましょう。 それでも、イライラ・くよくよする方は漢方薬を試してみるのもおすすめです。 「悪い気」を出して「良い気」を巡らせることで「気」が安定します。 「気」を安定させるためのキーワードは「呼吸」、「香り」、「酸味」の3つ。 普段の生活の中で気軽に「気」のめぐりを整えて、イライラや不安を解消する方法をご紹介します。 解消法1 深い呼吸でカラダに溜まった「悪い気」を吐き出そう! 意識的にカラダに溜まった「悪い気」を吐き出すことで、「気」の巡りが良くなります。 おすすめなのが、呼吸によるデトックス。 ストレスも悪い気が滞ることで引き起こされます。 胸だけでなくお腹の中まで、そしてそれがカラダのすみずみまで行きわたるようなイメージで行うのがポイントです。 このような深い呼吸を数回繰り返すことが、「悪い気」のデトックスにつながっていきます。 空気のキレイな朝や落ち着いた夕方、また水辺での呼吸もおすすめです。 滝行に代表されるように川や海など 水の流れる場所は、「邪気」を流すといわれ、「悪い気」を吐き出すのに最適です。 時間がある時にリラックスもかねて訪れてみてはいかがでしょうか。 解消法2 心地よい香りと共にココロのリラックス時間を 良い香りを嗅ぐとココロが休まりませんか? アロマオイルやハーブティーのように、良い香りは気の巡りを良くし、カラダをリラックスした状態へ導いてくれます。 芳香浴を楽しんだり、香りの良い入浴剤をプラスしたり、寝る前にハーブティーを入れて一息ついたり。 1日5分だけでも、 香りと共にココロのリラックス時間を作ることで、気の巡りが良くなります。 どうしても時間の取れないあなたには香りのハンカチがおすすめです。 ハンカチにお好きなアロマオイルを1滴たらすだけ。 煮詰まった時やイライラした時にハンカチの香りを嗅いでリラックスしましょう。 <おすすめアロマオイル> ・イライラなど高揚した気持ちを抑えたいときに 「イランイラン」、「クラリセージ」、「サンダルウッド」の香り ・元気を出したい、リフレッシュしたいときに 「オレンジ」、「グレープフルーツ」、「ベルガモット」などの柑橘系 ・リラックスしたいときや寝る前に神経を落ち着かせたいときに 「ラベンダー」、「ネロリ」、「ローズ」などの香り <おすすめハーブティー> ・イライラしたとき 「ラベンダー」、「リンデン」、「レモンバーム」、「ローズ」、「カモミールジャーマン」など ・気持ちが塞いでくよくよしたとき 暗いココロに明るさを取り戻してくれる「セントジョーンズワート」 ・イライラやくよくよでなかなか眠れないとき 寝る前に飲むと気持ちも落ち着いて眠りやすくなる「パッションフラワー」、「バレリアン」 好む香りは気の状態によって変わってきます。 昨日は心地よく感じたのに今日は苦手に感じたり…なんてことも。 その時に心地よいと思うもの、欲するものを使うのがベスト。 違う香りをいくつか持っておいて、その日の気分によって使い分けるのがおすすめです。 解消法3 酸味はあなたの強い味方! イライラすると酸っぱいものが欲しくなった経験はありませんか?実は 漢方では、気が乱れたときには酸味のものを積極的にとるよう推奨しています。 酸味の中でも特におすすめなのが柑橘類のような程よい酸味です。 <おすすめ柑橘類> 「オレンジ」や「グレープフルーツ」は勿論のこと、日本古来の「ユズ」や「スダチ」、「カボス」など いつもの料理に果汁や擦り下ろした皮をプラスするだけで気の巡りが良くなります。 使い終わった皮はお風呂に入れてアロマ風呂として楽しむのも良いですね。 忙しいあなたには手軽なユズ茶やマーマレードはいかがでしょう。 ハーブティーにマーマレードを入れると美味しいだけでなくダブルの効果が狙えます。 その他、程よい酸味のハイビスカスやローズヒップのハーブティーや最近流行の飲むお酢などもとてもおすすめです。 キーワードは五臓のひとつである「肝」の働きです。 (五臓について詳しくは、「」をご覧ください。 )肝は、「気の流れ」を調整する働きがあります。 漢方の考え方で、「気の流れ」が滞ると、精神的に不安定な状態になると考えます。 しかし、 この「肝」の弱点は、季節の変わり目や新生活のスタートなどの「大きな変化」と「ストレス」。 それにより、「肝」の働きが乱されやすく、その結果、「気の流れ」も乱れ、イライラや不安、落ち込みなど情緒不安定になりやすくなったり、カラダにも様々なトラブルが起こりやすくなるのです。 ご紹介したイライラ・くよくよ解消術や漢方薬を試して、常に気を安定させる習慣をつけましょう。 この記事を書いた薬剤師 芳地 智子 漢方薬剤師・国際中医師・国際中医薬膳管理師・ハーバルセラピスト 漢方薬を専門とする薬剤師。 過去に月200件以上のカウンセリングを行っていた実績を持ち、現在はカウンセリングの傍ら漢方理論を基にしたセルフメディケーションの普及に力を入れ、セミナー活動や新聞・雑誌等でコラム掲載、インターネットサイトの監修など幅広く活動。 <PR> ストレスタイプ別に漢方薬をご紹介.

次の

眠いのに寝れないのはストレス!イライラして眠れない時寝る方法

イライラ し て 寝れ ない 時

上司から理不尽なことで叱られてパワハラを感じるストレス• 客先からのクレームに1ミリも納得いかないのに謝罪しなければならないストレス• 家族の関係が上手くいかないことからくるストレス• 友人に裏切られてがっかりしたことからくるストレス• ダイエットしているのに1グラムも減らないことによるストレス• 相手に期待していることが起こらなかった• どういう人がなりやすいの? このイライラ状態になりやすい人というのが存在します。 真面目• 完璧主義• 几帳面• 心配性• 理想が高い 総じてきちんとした人と言えるのかもしれません。 作業の感性がはっきりイメージできているので、それに向かって頑張るのですが、 一つ一つのことをきちっとしたいのに周りの人は適当だったりする。 とか、 自分も理想通りにできないことがよくあって、 ムキーーーーーってなる。 こうなるともう、 日常的にストレスを感じてイライラしている可能性があります。 価値観の違いがストレスを生み、イライラする こう考えると、人の意識の中にある理想が人それぞれ違っているのに、 思い通りになるように過度に期待してしまうとストレスを感じるのですね。 そして自分ではその違いを改善できないように感じるとか、改善方法が見えないとイライラしてしまうわけです。 ですから、見方を変えますとこうです。 自分の価値観や方法論が一番良いと信じて疑わないので、他の人の言葉や行動が受け入れられないと思ってしまっている可能性があるわけです。 ですから、一つの対処方法は、 他の人とのコミニュケーションを積極的にとってみることです。 この時に自分の考えを押し付けるのではなく、 人の考えを引き出し、最後まで聞いてみると良いでしょう。 交流会などに参加してみるのもいいですね。 「ああ、こんな考え方があるんだ」 「なるほど、こういう気持ちでこの人は動いているんだ」 などと、新しい発見ができるかもしれません。 こうすることで、狭かったかもしれない自分の視野を広く持つことができるでしょう。 体の反応から考える対処法 「いやいや、説教はいいんだよ!今寝れねーんだよ!」 というあなた。 わかります。 今困っているんですよね。 では、今あなたの体の中で起こっている状態から対処法を考えましょう。 イライラしている状態というのは、一言で言うと、 Sponsored Link 体に異常事態が発令されて、体が反応している状態です。 ストレスホルモンと呼ばれる ノルアドレナリンやアドレナリンがたくさん分泌され、心拍数が増加します。 体にダメージが起こらないように、血流が増えます。 血管が増大した血流に耐えれるように収縮します。 筋肉も緊張して鎧状態になります。 狭くなった血管を血液が通るために心臓は頑張ってポンプし、ドキドキします。 血圧も上昇し、脳にも活発に血が流れ、眠れない状態になるのです。 何かが落ちてくるとか、人が喧嘩を売って殴りかからなくとも、考えていることにも体が反応するのですね。 この状態がストレスを感じ、イライラするたびに起こるのですから、 体への負担は大きいです。 実はイライラしやすい人の血管はボロボロになりやすく、 脳梗塞や脳血栓になるリスクが10倍と言う研究結果も出ています。 イライラしたその時に試したい対処法 「いやだから、説明はわかったよ!今寝れねーんだっつってんだろー!」 ごめんなさい。 そうでした。 と言うわけで、対処法を2つ紹介します。 まずは、『呼吸で心を整える』著者倉橋竜哉さんによる、「心と身体を整える呼吸法」です。 心を緩める呼吸 体の状態が緊張して、非常事態なのであれば、これを 緩めるのがベスト。 やり方は簡単。 肩を持ち上げ、鼻から息を吸う。 いっぱいに吸って、吸えなくなったら口から「ハーーー!」と吐き出す。 この時にできるだけ野太い声を出す。 肩を落としながら息を吐き続け、出せるところまで息を出す。 眠れないのに、野太い声って・・・ と思われるかもしれせん。 しかし、この野太い声がイライラを解消するのに役立つ倉橋さんは語ります。 イライラしているのは実は 過去の考えを巡らせているのです。 なので、野太い声を出すことで、 意識を「今」に持っていく。 全身に声の余韻が伝わってくることで、心が整ってくる効果があるのです。 この呼吸を繰り返していると少しづつイライラした気持ちが落ち着いてくるのを感じるはず。 手を使って何かを書く 考えがぐるぐる回り続けて眠れないのであれば、一度起きて、ノートを取り出しましょう。 ブレインダンプ方式と言われる方法です。 今脳の中にある考えを全部吐き出して、目で見えるように 可視化すると言うものです。 悔しいことでもよし、お腹の中にある黒〜い、よどんだ気持ちでもよし、なんでも構いません。 しかし、 一つだけ注意点があります。 これはただ書いて吐き出すと言うことだけでなく、 書くことに集中することで、意識が手に行くと言う効果もあります。 手の動き、筆圧、止め、はね、はらいなど、字の形にも注意して書き出してみましょう。 丁寧に、ゆっくりと。 寝たいのに一度起きると言うのは面倒くさいかもしれませんが、これは 意外とオススメです。 最近はパソコンやスマホを使うので、直筆で文字を書くと言うことが少なくなっていますね。 手を動かして書くというのは、結構気持ちが落ち着くものですよ。 ひとしきり書き出して落ち着いた頃、また布団の中に入ると今度は落ち着いているでしょう。 まとめ いかがでしたか? ストレスでイライラしているのは 体の反応であり、自然なことでした。 しかし、このままでは体にダメージが残ってしまうので、 意識を別のことに向けることで落ち着いて冷静になれる。 その方法2つでした。 体を緩める呼吸法と、手で書き出す方法。 どちらもすぐにできて効果が高いものですので是非試してみてくださいね。 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

次の