日本 郵便 再 配達 受付 センター メール。 日本郵政を装った迷惑メールについて‐日本郵政

0120

日本 郵便 再 配達 受付 センター メール

iPhoneやAndroid等のスマホに不在連絡を装いショートメール(SMS)で送られてきた日本郵便(郵便局)の迷惑メールのURLをクリックしてしまった、偽サイトを開いてしまった、不正アプリをダウンロードしてしまった場合の対処法をそれぞれご紹介します。 日本郵便を装う送信者からSMSが届くと、「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。 下記よりご確認ください。 」といったメッセージとともにURLが送られてきます。 日本郵便ではこのようなSMSを利用した不在連絡などは行っていないため、このような内容のメールが日本郵便を名乗る送信者から届いても、まずは疑いURLはクリックしないことをおすすめします。 公式サイトと偽サイトの違い 上記画像が日本郵便の公式サイトと偽サイトの比較画像となります。 左が公式サイトで、右が偽サイトの画像となっています。 現在出回っている日本郵便の偽サイトはかなり精巧な作りをしており、一見しただけでは日本郵便の公式サイトと見分けを付けることはほとんど困難となっています。 日本郵便に先駆けて出回っていた佐川急便とヤマト運輸の偽サイトの場合は、荷物の問い合わせ検索のボタンが本物とは異なり、「インストール」と書かれたよく見ると怪しいものでした。 しかし、今回の日本郵便の偽サイトの場合はそのような「インストール」ボタンもなくなり、ますます見分けるのが困難なものとなっているので、より一層注意が必要です。 日本郵便の公式サイトは「post. japanpost. jp」というURLなのに対し、偽サイトは「jppost-ri. com」「jppost-pu. com」で終わるURLになっています。 日本郵便の公式サイトで、「. com」が付いたページはありませんので、開いたページのURLの最後が「. com」で終わっていた場合には、まずは偽サイトであることを疑い、心配であれば身の回りの詳しい人に聞いてみると良いでしょう。 なお、このような非常に精巧な作りをした詐欺サイトを防ぐための対策として、確実なのは使用しているスマートフォンにウイルス対策アプリを入れていくことです。 以下のトレンドマイクロのようなスマホ向けのウイルス対策アプリであれば、iPhone・Androidそれぞれに特化したものとなりますので、今後はパソコンだけでなくスマホにもウイルス対策ソフトを入れておくことをおすすめします。 トレンドマイクロ(Android・iOSアプリ) ショートメールが届いてまだクリックしていないときの対策 日本郵便の偽サイトは、上記画像のように日本郵便を名乗る送信者から、不在時連絡としてSMS(ショートメール)で送られてきます。 このようなメッセージ後のURLをクリックしてしまうと、上で解説した日本郵便の偽サイトに飛ぶような仕組みとなっています。 そのため、 最も適切な対処法はこのようなメッセージが届いても無視することです。 日本郵便公式サイトでも記載されているように、日本郵便ではSMSによる不在の連絡は行っていません。 このようなメッセージが届くこと自体、詐欺であることが明らかなので、気になってもURLはクリックせずに、放置しておくことをおすすめします。 URLをクリックし偽サイトを開いてしまったときの対策 上で解説したように、日本郵便ではSMSによる不在連絡は行っていないため、日本郵便を名乗る送信者からメッセージが届いても、一番の対処法は無視しておくことです。 しかし、万が一URLをクリックしてしまい、偽サイトを開いてしまった場合には すぐにそのサイトを閉じるようにしてください。 基本的にこのような詐欺目的のサイトは後述するように不正アプリを密かにインストールさせたり、Apple IDなどを入力させて個人情報を得ることを目的としています。 そのため、 サイトにアクセスした程度では大きな問題にはなりません。 ただし、どの電話番号に送信したメッセージからアクセスを得たと情報は偽サイトの運営者側に知られてしまう危険性はゼロではありません。 万が一リンクのクリック後から、迷惑メールの数が急激に増えたりした場合は、契約している携帯会社に相談するようにしてください。 iPhoneでApple IDを入力してしまったときの対策 今回出回っている日本郵便の詐欺サイトでは、アクセスしたスマホやタブレット端末がiPhoneやiPadのApple製品か、Android端末かによって個人情報の入手方法は異なっています。 使用しているスマホがiPhoneだった場合、偽サイトにアクセスしてもAndroidのように不正アプリのインストールは行われません。 しかし、代わりにiPhoneでは偽サイトを訪れてどれか一つでもリンクやボタンをタップすると、すぐに上記画像のApple IDの入力を促すページに飛びます。 当然、これはアクセスした人のApple ID情報を入手し、登録している住所やクレジットカード番号等を入手するのが目的なので、絶対に入力しないでください。 万が一ここでApple IDとパスワードを入力してしまった場合は、すぐにそのApple IDから 登録していたクレジットカードの情報などを解除し、できればそのクレジットカードはしばらくの間利用停止状態にしておくと良いでしょう。 また、 Apple IDとパスワードはすぐに変更するようにしてください。 その後身に覚えがない請求が来てしまった場合には、消費者センターなどに相談するようにしてください。 Androidで不正アプリをダウンロードしてしまったときの対策 使用しているスマホがAndroidの場合、iPhoneのようにApple IDの入力画面には飛ばされませんが、代わりに不正アプリをインストールさせようとしてくるので、より注意が必要です。 これにはセキュリティ面の仕様から、iPhoneよりもAndroidのほうが乗っ取りなどの行為が行いやすいため、Androidのユーザーを主な対象として詐欺行為が行われているという背景があります。 Androidスマホで日本郵便の偽サイトにアクセスして、どれか一つでもリンクやボタンをタップすると、すぐに上記画像のように「jppost. apk」などと表記されたアプリをインストールさせる画面になります。 さらに、キャンセルボタンをタップしてもすぐに「追跡を行うためには日本郵便の追跡アプリが必要」とで何度もしつこく表示されるので、間違えてOKボタンや保存ボタンを押さないようにご注意下さい。 万が一OKボタンを押してしまい、不正アプリをインストールしてしまった場合には、すぐにスマホ自体を 機内モード(フライトモード)に設定し、外部との通信接続を遮断するようにしてください。 その上で、最も確実な対処法は契約しているドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアショップまで相談しに行くことです。 また、自分でもできる対処法として、端末のダウンロードの履歴やファイル管理アプリからインストールした覚えがないファイルが存在しないかご確認ください。 万が一、身に覚えがない「jppost. apk」などといった「. apk」が最後に付くファイルが偽サイトへのアクセスした時刻と同じタイミングにダウンロードされていたら、それが偽サイトからダウンロードされてしまった不正アプリとなります。 すぐに完全削除を試みてください。 電話してしまったときの対策 日本郵便を名乗る送信者からSMSが届いた際、それが詐欺サイトのものと気が付かずに送信元の電話番号に掛けてしまったとしても、基本的に 電話をかけてしまっただけであれば大きな問題にはならないのでご安心ください。 その理由として、このようなSMSの送信元の電話番号は、多くが今回のような詐欺サイトに引っかかってしまい不正アプリをインストールしてしまった方のものだからです。 前述したAndroidスマホで不正アプリをインストールしてしまった場合は、その不正アプリから勝手に何百通とSMSが送信されてしまいます。 そのため、受信したSMSは詐欺サイトで引っかかってしまった方の電話番号であることがほとんどのため、間違えて電話してしまったとしてもその送信者の個人電話番号に繋がるだけです。 トラブルに巻き込まれることはありませんが、何度も電話をかけたりすると、詐欺サイトに引っかかった送信者の方にストレスを与えるだけなので、いたずら目的での発信は行わないようにしてください。 反対に、万が一日本郵便の偽サイトへアクセス後、 見知らぬ電話番号から何件も電話が掛かってくるようであれば、不正アプリをインストールしてしまった可能性が高いので、一度キャリアショップまで相談しに行くことをおすすめします。 過去の日本郵便を偽った詐欺 今回2019年5月に発生した日本郵便を名乗る迷惑メールの事件以前にも、日本郵便の名前を装った迷惑メールや架空サイトの事件は発生しています。 2015年12月にはPCメールで不在連絡を伝えた上で、注文時に登録していた電話番号に誤りがあったとして不在連絡をメールでしているという文面のものでした。 さらに、添付されている委託運送状を印刷して最寄りの郵便局までお問い合わせくださいとして、添付ファイルとして「日本郵便追跡」というzipファイルが貼り付けられていました。 当然、これはでたらめのファイルであり、その中身には主に ネットバンキングでの不正送金を行うためのPCウィルスが仕込まれてしました。 さらに翌年の2016年6月にも同様の手口の日本郵便を装う迷惑メールが出回っており、前回のものよりもさらにメールの内容が巧妙に作り込まれているものでした。 今回発生している2019年の日本郵便の迷惑メールでは、ターゲットがPCからスマホに変わったとして、より多くの人を狙うことが可能となっているので、今後もこのような詐欺サイトは増え続けると考えられます。 PCだけでなくスマホにもウィルス対策アプリを入れるなどして、セキュリティ対策をしておくことをおすすめします。 もちろん、一番の対策は見に覚えのない怪しいメールやSMSに記載されているリンクは絶対に開かないことです。 迷惑メールの目的と過去の実際の被害 前述してきたように、今回出回っている日本郵便を装う迷惑メールは、日本郵便の偽サイトにアクセスさせ、Apple IDの情報を得たり不正アプリをインストールさせることが目的となっています。 このような迷惑メールに引っかかってしまい、フィッシング詐欺などにあってしまった方の過去の実際の被害の実例をいくつかご紹介します。 Apple社からの配達なのでApple IDとPWが入力するように指示されそのまま入力。 入力後Loading画面のままだったが、その他のボタンを押してみると中国語が出たので初めて騙されたときが付き、すぐにPWを変更し郵便局と警察に通報した。 また不正請求などの被害は出ていないがなにか対策をしたほうがいいのか心配になってしまう。 その後見知らぬ電話番号から何度も掛かってくるようになり、出てみると「日本郵便でしょうか」「再配達の依頼をしたいんですけど」といったようにいきなり言われてしまった。 関連: 当サイトで人気の送り方ランキング 順位 送り方 料金 会社名 370円 日本郵便 810円〜 日本郵便 930円〜 ヤマト運輸 180円〜 日本郵便 198円 日本郵便 送料が安い送り方ランキング 順位 送り方 料金 会社名 63円 日本郵便 84円〜 日本郵便 120円〜 日本郵便 180円 日本郵便 198円 日本郵便 用途別の一番安い送り方 【小型】 【大型】 【追跡】 【着払】 【速達】 【補償】 【複数】 【日時】 近くのコンビニから送る 送り方を探す コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。 宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。 本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。 宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。 着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。 本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。 大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。

次の

郵便物等ご不在連絡票からできる6つの再配達依頼方法を元郵便局員が解説します

日本 郵便 再 配達 受付 センター メール

Contents• 宅配業者を装った「配達確認」「不在通知」「再配達」メール よくあるのが宅配業者を装った 「配達確認」 「不在通知」 「再配達のお知らせ」 の迷惑メールです。 なんか「配達確認」や「不在通知」「再配達のお知らせ」などもっともらしくメールが送られてくると 「えっ何!」 って感じでクリックしたくなりますよね。 本日お届けに伺いましたが、ご不在で.したのでご連絡させていただきました。 といいたものが届きました。 パッみるのなんだかもっともらしいいのですが、よくみると 保管期限.は 迄とな.っております ご不在で.した といった変な点「.」が入っていたりして不自然ですね。 再配達のお知らせ などといった件名のメールもありますが、 そもそもネットショッピングで商品を頼んだ覚えも、 ヤマト運輸さんに携帯電話のメールアドレスを登録した覚えもないのに勝手に送られてくることはありません。 そして クロネコヤマトや佐川急便の「配達確認」や「不在通知」「再配達のお知らせ」は、 勝手にメールで届くことはありません。 ポストに入っている紙だけです。 ですので メールに記載されているURLは絶対にクリックしないでください。 一度URLを踏んでしまうと大量の迷惑メールが届いてしまうといったことが起こります。 どうしても気になる場合は、正規の業者さんのHPなどから問い合わせをして確認しましょう。 日本郵便(郵便局)を装う迷惑メール 日本郵便を装った迷惑メールのパターンを紹介します。 従ってご注文の品はターミナルに返送されました。 ご注文登録時に入力していただいた電話番号に誤りがあったことが分かりました。 このメールに添付されている委託運送状を印刷して、最寄りのEMS取り扱い郵便局までお問い合わせください。 敬具 そしてzip ファイル が添付 されているといったパターンです。 なにかとってももっともらしい文面です。 これが多く発生したのが、 2015年12月頃です。 それから、進化したのが、 2015年6月ぐらいから出回ったこのようなメールです。 [日本郵便] 集荷依頼申込み完了のお知らせ といった件名で届いているようです。 上記の受付番号は、お問い合わせ・内容修正・申込取消の際に必要となります。 このメールを保存または印刷していただくよう、よろしくお願いします。 お申込み内容は以下のとおりです。 本メールに返信されましても、ご質問等にお答えすることは出来かねますのでご了承ください。 これらの メールを受け取っただけでは何も起こりません。 ですが、 添付ファイルを開くとマルウェアに感染するおそれがありますので絶対に開かないようにして下ささい。 場合によっては 自分のパソコンが遠隔操作されたり、データが覗かれたり、ネットバンキングの口座番号や暗証番号が盗まれたりするそうです。 ウイルスに感染してしまったら、ネット回線への接続をはずすことなどの処置をしなくてはいけません。 不在着信の迷惑メール 最近多いのが、 「不在着信のお知らせ」 といった迷惑メールです。 これも思わずクリックしてしまいそうな感じにはなっています。 件名が、 「不在着信のお知らせ」 となっているのもありますね。 このようのシンプルですが、思わずクリックしてしまいそうなのが最近の傾向?なのか。 でもよく考えてみると不在着信はその時間にはありませんでした。 こういったものにも注意しましょう! スポンサードリンク 迷惑メールの目的 これらの迷惑メールは何を目的に送られてくるのでしょうか? 悪質出会い系サイトなどへの誘導することが多くの迷惑メールの目的です。 迷惑メールの最終目的は、 もちろんお金を騙し取ることになります。 悪質出会い系業者は、まずアドレスを入手すると、 脅しや、ありもしないことで興味を持たせるような内容の迷惑メールを送ってきます。 迷惑メールの受信者の不安をあおったり、興味を持たせたりしすることで メールや、サイトへのアクセス、電話などをしてくる、カモを待つのですね。 迷惑メールのURLには、サイト側が勝手に割り振った登録IDの情報が含まれています。 そのURLからサイトにアクセスすると、アドレスから反応があったと迷惑メールが倍増するといったことが起こります。 また、 反応があったアドレスは、他の迷惑メール業者に反応があるアドレスと、転売されたりします。 あとは先ほど言ったように、 パソコンを遠隔操作しネットバンキングの口座番号や暗証番号を盗むといった目的もあるようです。 こういったことから サイトへのアクセスやクリック添付ファイルを開くといったことは絶対しないことです。 迷惑メールの対処は、無視することで、ただ、無視するだけで迷惑メールは止まりません。 迷惑メールはアドレス変更か、受信拒否することをお勧めします。 ということで迷惑メール対策として 宅配便や郵便またネット通販関係のメールでは 「リンクはクリックしない」 「添付ファイルは開かない」 ということです。 簡単に信用しないで、これを原則としましょう。 どうしても必要な場合は公式サイトにアクセスして確かめてください。 差出人が海外であるなど不審なメールは、Gmailなどでは「スパム」として報告するようにしてください。 これにより同種の差出人のメールは「迷惑メール」フォルダーに送られる可能性が高くなります。 一番いいのはアドレス変更ですが、アドレス変更したくない場合は、受信拒否をしましょう。 ま と め 迷惑メールってほんとう嫌ですよね。 アドレスを変更しようと思ってもその迷惑メールでいっぱいになってしまった。 メールアドレスがいろんなところに登録しているメインアドレスなどだった場合、全部変更の手続きをとることはたいへん面倒です。 とにかく、 これらの類のメールに記載されているURLは絶対にクリックしないようにしましょう。 キャリアではこのようなメールがフィルターに引っかかるそうで、届きにくくはなっているようです。 日進月歩???で巧妙になってきていますので、ちょっとでも自分に覚えのないメールが着た場合はスルーするようにくれぐれもお気を付けください! 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の

追跡データの見方(書留やレターパックやゆうパック)

日本 郵便 再 配達 受付 センター メール

被害までの流れ• SMS(ショートメール)で不在通知が届く• メールに記載されているURLにアクセスさせる• 偽サイトに誘導される• 不正アプリのインストールやApple IDの入力を促す• 端末にウイルスを感染させる(または乗っ取る)• 不正課金や情報を抜き取る 当社ではショートメールによるご不在連絡のお知らせは行っておらず、また、Webサイト等に掲載するURLにおいて「. com」を使用しておりません。 参考: 最近増えている詐欺の手口でも、とくにSMS(ショートメール)が悪用されていますが、本物の日本郵便では「SMS(ショートメール)」での不在通知は来ません。 また、偽サイトでは不在のための再配達用のアプリのインストールを促してきますが、不正アプリとなっており、マルウェア(ウイルス)に感染してしまいます。 偽モノの日本郵便はアプリのインストールを促す 今回の被害では、「SMS(ショートメール)」での不在通知が届き、記載されているURLにアクセスすることで、本物そっくりの偽サイトに誘導されます。 そして、それらを被害者が実行することで、被害が発生します。 不正アプリのインストール、Apple IDの入力をしてしまった場合 すでに、偽サイトでアプリをインストールしてしまった、またはApple IDを入力してしまったという場合、すぐにアプリの削除(アンインストール)やApple IDとパスワードの変更を実施してください。 ちなみに、通常のアプリと違って、スマホのホーム画面上にもアプリが表示されない、「Google Play」からアプリの削除(アンインストール)ができないことがあります。 その場合、キャリアで推奨している無料のウイルスソフトで、ウイルススキャンを実施し、対象のアプリを削除してください。 また、iOSの場合、不正アプリをインストールすることはできませんが、Apple IDとパスワードを入力してしまった場合、すぐにIDやパスワード変更を実施してください。 参考: 被害状況 今回、ウイルス感染によって、以下のような被害が報告されています。 今後も記事を更新する予定です。 勝手に自分のケータイからSMSが送信されている• iTunesやGoogle Playで不正課金されている• キャリア決済がされている• 個人情報が抜き取られている キャリア決済の場合は、お客様サポートから決済履歴を確認することができます。 Google Playでは「」、Appleでは「」から確認できます。 上記以外にも、想定できない被害に合ってしまうことがありますので、もし何か心配な点があればすぐにショップ等で相談しましょう。

次の